つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

1997 ('90th Reggae)

今回はSizzlaのアルバム 「Black Woman And Child」です。 Sizzla(本名:Miguel Orlando Collins) は、90年代から活躍するシング・ジェイ のディージェイです。 ボボ・アシャンティという頭にターバンを 巻くラスタファリズムの宗派に属し、その 教えを歌ったコンシャス
『Sizzla「Black Woman And Child」』の画像

今回はBushmanのアルバム 「Nyah Man Chant」です。 Bushman(本名:Dwight Duncan)は 90年代から活躍するコンシャス系の シンガーです。 ネットのDiscogsによると、共演盤を 含めて10枚ぐらいのアルバムと、 152枚ぐらいのシングル盤をリリース しています。 Bu
『Bushman「Nyah Man Chant」』の画像

今回はSizzlaのアルバム 「Praise Ye Jah」です。 Sizzla(本名:Miguel Orlando Collins) は、90年代から活躍するシング・ジェイ のディージェイです。 ボボ・アシャンティという頭いターバンを 巻くラスタファリズムの宗派に属し、その 教えを歌ったコンシャスなメッセ
『Sizzla「Praise Ye Jah」』の画像

今回はTony Rebelのアルバム 「If Jah」です。 Tony Rebel(本名Patrick George Anthony Barrett)は80年代半ばから活躍する レゲエのディージェイであり、シンガーで ある人です。 あの若くして亡くなったGarnet Silkの親友 としても知られ、レゲエという音楽が スラ
『Tony Rebel「If Jah」』の画像

今回はMad Professorのアルバム 「Dub You Crazy With Love」です。 Mad Professorはイギリスの自身のスタジオ Ariwaを拠点に活躍するプロデューサーであり、 ダブののクリエイターである人です。 80年代の初めから自身のレーベルAriwaで、 KofiやSandra Crossといった
『Mad Professor / Ariwa Artists「Dub You Crazy With Love」』の画像

今回はEarl Sixteenのアルバム 「Wondrous Works」です。 Earl Sixteen70年代のルーツ・レゲエの時代から 活躍するシンガーです。 彼の名前の由来は、彼がBoris Gardinerのバンド The Boris Gardiner Happeningのヴォーカリストを していた時代に、バンド仲間がどんどん
『Earl Sixteen「Wondrous Works」』の画像

↑このページのトップヘ