つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

1980 (Early Dancehall期)

今回はRanking Dreadのアルバム 「Lots Of Loving」です。 Ranking DreadはU RoyやI Royといった第1世代 に影響を受けた第2世代のディージェイとして 知られている人です。 彼の活躍した70年代のジャマイカは、極貧国の ひとつで、政治抗争も激しく人民国家党 (PNP)
『Ranking Dread「Lots Of Loving」』の画像

今回はBunny Wailerのアルバム 「Bunny Wailer Sings The Wailers」です。 Bunny Wailerはスカの時代にBob Marleyや Peter ToshとともにThe Wailersで活躍した シンガーです。 このThe Wailersはこの後ロックステディ→ ルーツ・レゲエと時代が進むうちにBarrett兄弟 を加
『Bunny Wailer「Bunny Wailer Sings The Wailers」』の画像

今回はEarl Sixteenのアルバム 「Showcase」です。 Earl Sixteenは70年代のルーツ・レゲエの 時代はBoris GardinerのバンドThe Boris Gardiner Happeningのリード・ヴォーカルとして活躍し、 80年代のダンスホール・レゲエの時代以降は ソロとして活躍したシンガーで
『Earl Sixteen「Showcase」』の画像

今回はMadooのアルバム 「Best Of Madoo」です。 Madooは80年代から90年代にかけて活躍した シンガーのようです。 今回のアルバムはMadooという名義になっています が、Papa Madoo名義やOsbert Madoo名義も含めて 1980年から90年の間に、少なくとも4枚の アル
『Madoo「Best Of Madoo」』の画像

今回はScientistとRoots Radicsのアルバム 「Scientist Meets The Roots Radics」です。 ScientistことOverton Brownは、ミキサーやダブの クリエイターとして活躍した人です。 70代の後半にミックスやダブのスペシャリスト King TubbyのスタジオKing Tubby'sで助手とし
『Scientist, Roots Radics「Scientist Meets The Roots Radics」』の画像

今回はSons Of Jahのアルバム 「Reggae Hit Showcase」です。 今回のSons Of Jahですが、ネットで情報を探した んですが、あまり情報は見つかりませんでした。 ただ表ジャケの裏側にSons Of Jahのメンバーとして、 Trevor Bow、Deego Reuben、Bunny McKenzieという 3人の
『Sons Of Jah「Reggae Hit Showcase」』の画像

今回はBlack Uhuruのアルバム 「Sinsemilla」です。 Black Uhuruは何回かのメンバー・チェンジ を繰り返しながら、世界的に活躍した レゲエ・ヴォーカル・トリオです。 Black Uhuru (ブラック・ユフル) 今回のアルバムは1980年の作品です。 この時のメンバーはDuc
『Black Uhuru「Sinsemilla」』の画像

今回はThe Overnight Playersのアルバム 「Babylon Destruction」です。 The Overnight Playersをネットで調べてみました が、よく解りませんでした。 今回のアルバムは昨年2014年の秋頃にdisk unionなどで売られていたCorn-Fedというレーベル のCD-Rです。 CD
『Overnight Players「Babylon Destruction」』の画像

今回はHugh Mundellのアルバム 「Time And Place」です。 Hugh MundellはAugustus Pbloの元から1978年 に「Africa Must Be Free By 1983」でデビュー したラスタ・シンガーです。 Hugh Mundell - Africa Must Be Free By 1983 + Dub 彼は83年に銃弾に倒れて20歳
『Hugh Mundell「Time And Place」』の画像

今回はScientistのアルバム 「Jah Life In Dub」です。 Scientistはダブの師匠であるKing Tubbyの元で ミックスの勉強をしたのちに独立し、ダブの スペシャリストとして活躍した人です。 VolcanoレーベルのHenry 'Junjo' Lawesの元で 当時売り出し中だったバンドRoots Rad
『Scientist「Jah Life In Dub」』の画像

今回はRanking Joeのアルバム 「Dub It In A Dance」です。 Ranking Joeは70年代から活躍するレゲエ・ ディージェイです。 Ranking Joe (ランキン・ジョー) 今回のアルバムは1980年の作品です。 手に入れたのは2004年にTrojanから CD化された時のものです
『Ranking Joe「Dub It In A Dance」』の画像

今回はScientistのアルバム 「Heavyweight Dub Champion」です。 Scientistはダブ・マスターKing Tubbyのスタジオ でミキサーとしての経験を積んだのちに独立し、 80年代の初めから現在に至るまで数々の素晴らしい ダブを作り続けてきたダブのクリエイターです。 Scien
『Scientist「Heavyweight Dub Champion」』の画像

今回はScientist vs Prince Jammyのアルバム 「Big Showdown」です。 Scientistはダブ・マスターKing Tubbyの元で ミックスの勉強をしたのちに独立し、80年代 の初めから新しいダブのクリエイターとして 活躍した人です。 Scientist (サイエンティスト) Prince Jamm
『Scientist vs Prince Jammy「Big Showdown」』の画像

今回はThe Regularsのアルバム 「I & I」です。 今回は中古CD店disk unionで一時売っていた Corn-FedというCD-Rからの紹介です。 このCorn-Fed、ちょっと聞いた事のないレーベル なんですが、少なくともアルバムの内容はとても 良いです。 ただCD-Rなのでプレイ
『Regulars「I & I」』の画像

今回はWayne Wadeのアルバム 「Poor And Humble」です。 ネットで調べてみたところWayne Wadeはルーツ期 から活躍するシンガーのようです。 私が資料として使っている本シンコー・ミュージック 刊行の「Roots Rock Reggae」には、このWayne Wade のアルバムが「Black Is O
『Wayne Wade「Poor And Humble」』の画像

今回はJacob Millerのアルバム 「Lives On」です。 Jacob MillerはInner Circleのヴォーカリスト としても知られるシンガーです。 その人気はBob Marleyをも凌ぐとまで言われた 人だったのですが、惜しくも27歳の若さで 交通事故で亡くなっています。 Jacob Miller(ジ
『Jacob Miller「Lives On」』の画像

今回はのアルバム 「Robin Hood」です。 Barrington Levyは「カナリア・ヴォイス」で知られる ダンスホール・シンガーです。 Barrington Levy (バーリントン・リーヴィ) 今回のアルバムはレゲエレコード・コムなどによると、 79年のデビュー・アルバム「English Man
『Barrington Levy「Robin Hood」』の画像

今回はのRoots Radicsアルバム 「Clocktower Records Presents Prophecy Of Dub: With Roots Radics」です。 Roots Radicsは80年代のダンスホール・レゲエの 時代に台頭したバック・バンドです。 この80年代に入ると、それまでThe Revolutionaries などで中心人物だ
『Roots Radics「Clocktower Records Presents Prophecy Of Dub: With Roots Radics」』の画像

今回はPrince Lincoln & The Rassesのアルバム 「Natural Wild + Dub」です。 Prince Lincolnはレゲエのルーツ・シンガーです。 デビュー当時は自らのバンドThe Royal Rassesを 率いて活動していましたが、別のバンドThe Royals との混同を避ける為にバンド名をThe Rasses
『Prince Lincoln & The Rasses「Natural Wild + Dub」』の画像

今回はHugh Mundell Featuring Lasky Castel & Augustus Pabloのアルバム 「Jah Fire」です。 Hugh Mundellはレゲエの歴史にあまりに鮮烈な印象 を残したシンガーです。 彼は師であるAugustus Pabloに可愛がられ、1978年に 「Africa Must Be Free By 1983」で衝撃的
『Hugh Mundell Featuring Lasky Castel & Augustus Pablo「Jah Fire」』の画像

今回はBurning Spearのアルバム 「Hail H.I.M.」です。 Burning Spearは70年代から活躍するルーツ・レゲエ を代表するシンガーのひとりです。 彼は敬虔なラスタファリアンとしても知られ、「African Teacher」とも呼ばれ人々の尊敬を集めています。 彼のアルバム「Mar
『Burning Spear「Hail H.I.M.」』の画像

今回はMichael Prophetのアルバム 「Serious Reasoning」です。 Michael Prophetは70年代の終わりごろから Yabby Youのもとで活躍をはじめ、ダンスホール・ レゲエの時代になってもHenry 'junjo' Lawesの Volcanoレーベルなどで活躍したシンガーです。 Michael Prophet
『Michael Prophet「Serious Reasoning」』の画像

今回はPablo Gadのアルバム 「Trafalgar Square」です。 Pablo Gadは70年代の半ばごろからUK(イギリス)で 活躍するルーツ系のシンガーのようです。 今回のアルバム「Trafalgar Square」は、1980年に 出されたアルバムです。 (サイトによっては78年、79年にな
『Pablo Gad「Trafalgar Square」』の画像

今回はのアルバム 「I'm Not So Lucky」です。 Barry Brownは70年代のルーツ・レゲエの時代から 80年代のダンスホール・レゲエの時代に活躍した シンガーです。 Barry Brown (バリー・ブラウン) 今回のアルバムのオリジナルは1980年に発売された 前半が歌で後
『Barry Brown「I'm Not So Lucky」』の画像

今回はJezzreelのアルバム 「Great Jah Jah: Showcase」です。 ネットなどの情報によるとJezzreelは、 ニューヨークのWackiesで活躍したClive DavisとChristopher Harveyからなる ヴォーカル・デュオとのことです。 ちなみに「Jezzreel」の読み方ですが、 「ジェジベル」
『Jezzreel「Great Jah Jah: Showcase」』の画像

↑このページのトップヘ