つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

1978 (Roots Reggae期)

今回はDillingerのアルバム 「Best Of Live」です。 Dillinger(本名:Lester Bullock)は 70年代のルーツ・レゲエの時代から活躍 するディージェイです。 ディージェイを始めた当初は「ヤング・ アルカポーン」と名乗るほど、当時の人気 ディージェイDenis Alcaponeに
『Dillinger「Best Of Live」』の画像

今回はKeith Hudsonのアルバム 「Rasta Communication」です。 Keith Hudson(本名同じ)はレゲエの歴史 に名を刻むプロデューサーであり、 シンガーである人として知られています。 1974年に発表された彼のアルバム 「Flesh Of My Skin Blood Of My Blood」 は、「レ
『Keith Hudson「Rasta Communication」』の画像

今回はLloyd Parks & We The Peopleの アルバム 「Meet The People」です。 Lloyd Parks(本名: Noel Lloyd Parks) は72年の「Slaving」のヒットで知ら れるシンガーです。 60年代後半のロックステディの時代に Studio OneからWentworth Vernalとの ヴォーカル・デ
『Lloyd Parks & We The People「Meet The People」』の画像

今回はAugustus Pabloのアルバム 「East Of The River Nile」です。 Augustus Pablo(本名:Horace Swaby)は 70年代のルーツ・レゲエの時代から活躍 したメロディカ奏者、キーボード奏者、 プロデューサーとして知られている人 です。 それまで練習用の楽器ぐらいにし
『Augustus Pablo「East Of The River Nile」』の画像

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「Planet Earth & Planet Mars Dub」 です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホール の時代に活躍したコーラス・グループ です。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shawを中心にコーラ
『Mighty Diamonds「Planet Earth & Planet Mars Dub」』の画像

今回はCultureのアルバム 「Africa Stand Alone」です。 Cultureは1976年にJoe Gibbs プロデュースの曲「Two Sevens Clash」 で衝撃的なデビューを飾った3人組の コーラス・グループです。 Culture ‎– Two Sevens Clash (1977) リード・ヴォーカルのJoseph Hill
『Culture「Africa Stand Alone」』の画像

今回はHarry MudieとKing Tubbyの アルバム 「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3」です。 Harry Mudie(本名:Harry Agustas Mudie)はジャマイカの音楽がラスタ ファリズムに基づいたプロテスト・ソング 一色の70年代のルーツ・レゲエの時代 に、
『Harry Mudie, King Tubby「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3」』の画像

今回はTetrackとAugustus Pabloの アルバム 「Let's Get Started / Eastman Dub」 です。 TetrackはCarlton HinesとPaul Mangaroo、 Dave Harveyの3人からなるコーラス・ グループです。 おもに70年代後半から80年代に、 Augustus PabloのレーベルMessageや Rockers
『Tetrack, Augustus Pablo「Let's Get Started / Eastman Dub」』の画像

今回はOssie All Starsのアルバム 「Leggo Dub」です。 Ossie All Starsはキーボード奏者の Ossie Hibbertを中心としたオール スター・メンバーという意味です。 という事でOssie Hibbertについて説明 しておくと、Ossie Hibbert(本名: Oswald Hibbert)は70年代のル
『Ossie All Stars「Leggo Dub」』の画像

今回はBob Marley & The Wailersのアルバム 「Kaya」です。 Bob Marley & The Wailersはもともとは The Wailersという名前で、60年代の スカの時代にBob MarleyとPeter Tosh、 Bunny Wailerの3人組コーラス・グループ として結成されたグループです。 名門レーベルStud
『Bob Marley & The Wailers「Kaya」』の画像

今回はKen Bootheのアルバム 「Got To Get Away Showcase」です。 Ken Bootheは60年代のスカ、ロック ステディの時代から70年代のルーツ・ レゲエの時代にかけて活躍した名シンガー です。 スカ→ロックステディ→ルーツ・レゲエと 活躍した彼ですが、特にロックステ
『Ken Boothe「Got To Get Away Showcase」』の画像

今回はTrevor HartleyとEarl George (George Faith)のアルバム 「Innocent Lover / One & Only」です。 Trevor Hartleyについてはあまり情報が なく、UKで活躍したレゲエ・シンガー という事ぐらいしか解りません。 1979年に今回のアルバム「Innocent Lover」と、
『Trevor Hartley / Earl George (George Faith)「Innocent Lover / One & Only」』の画像

今回はJoe Gibbs & The Professionals のアルバム 「African Dub All-Mighty Chapter 3」 です。 Joe Gibbsはレゲエの歴史に数々の名曲を 残したプロデューサーとして知られて います。 彼とエンジニアのErrol Thompsonのコンビ はThe Mighty Twoと名乗り、レゲエの歴史に
『Joe Gibbs & The Professionals「African Dub All-Mighty Chapter 3」』の画像

今回はThe Twinkle Brothersのアルバム 「Love」です。 The Twinkle Brothersはドラムの Norman Grantとリズム・ギターのRalston GrantのGrant兄弟を中心としたレゲエ・ グループです。 60年代から活動していた彼らですが、 75年に「Rasta Pon Top」でアルバム・ デ
『Twinkle Brothers「Love」』の画像

今回はJackie Mittooのアルバム 「The Money Makers」です。 Jackie Mittooは60年代のスカの時代に 伝説のスカ・バンドThe Skatalitesの キーボード奏者として活躍し、さらにレゲエ の前身のロックステディの時代になると Studio Oneのバック・バンドSoul Defenders →S
『Jackie Mittoo「The Money Makers」』の画像

今回はCornell Campbellのアルバム 「Sweet Baby」です。 Cornell Campbellはロックステディの時代に The Eternalsのリード・ヴォーカルとして活躍 し、「Stars」や「Queen Of The Minstrels」 などのヒット曲を持つシンガーです。 その後のレゲエの時代になっても同郷の
『Cornell Campbell「Sweet Baby」』の画像

今回はAl Campbellのアルバム 「Rainy Days / Diamonds」です。 Al Campbell(本名Alphonso Campbell)は 70年代のルーツ・レゲエの時代から 80年代のダンスホール・レゲエの時代に 活躍したシンガーです。 ネットのDiscogsには彼のプロフィールと して、次のような事
『Al Campbell「Rainy Days / Diamonds」』の画像

今回はMatumbiのアルバム 「Seven Seals」です。 Matumbiについては英語のWikipediaに次の ように書かれています。 Matumbi were one of the top British reggae bands of the 1970s and early 1980s, and are best known as the first successful band of guitarist an
『 Matumbi「Seven Seals」』の画像

今回はU-Brownのアルバム 「You Can't Keep A Good Man Down」です。 U-Brownは70年代のルーツ・レゲエの時代 から活躍したディージェイです。 U Royのフォロワーとして登場した彼は、 70~80年代にかけて様々なサウンド システムを渡り歩き、活躍した事で知られて
『U-Brown「You Can't Keep A Good Man Down」』の画像

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「Stand Up To Your Judgement」です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホールの 時代に活躍したコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shawを 中心にコーラスのL
『Mighty Diamonds「Stand Up To Your Judgement」』の画像

今回はPhillip Frazerのアルバム 「Come Ethiopians」です。 Phillip Frazer(Phillip Fraser)は70年代 のルーツ・レゲエの時代から80年代の ダンスホール・レゲエの時代にかけて活躍 したシンガーであり、プロデューサーでも ある人です。 自身のレーベルRazer Sounds
『Phillip Frazer「Come Ethiopians」』の画像

今回はHarold Butlerのアルバム 「Africa On My Mind」です。 Harold Butlerはキーボード・プレイヤーと してジャマイカの音楽界で活躍した人です。 76~78年の3年間に5枚のアルバムを リリースしているほか、セッション・ ミュージシャンとしてCultureの「Two Seve
『Harold Butler「Africa On My Mind」』の画像

今回はG.G.'s All Starsのアルバム 「Roots Man Dub」です。 今回のアルバムはタイトルだけで誰々という 名義が書かれていないんですね。 ネットで調べると名義はDiscogsでは The Revolutionariesとなっていて、他に VariousとかG.G.'s All Starsなどと書かれて いるとこ
『G.G.'s All Stars「Roots Man Dub」』の画像

↑このページのトップヘ