つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

1977 (Roots Reggae期)

今回はBig Joeのアルバム 「Keep Rocking And Swinging」です。 Big Joe(本名:Joseph Spalding)は 70年代のルーツ・レゲエのの時代に活躍 したディージェイです。 ネットのDiscogsでこの人の履歴を見る と、72年頃から79年頃まで コンスタントにシングルをリリー
『Big Joe「Keep Rocking And Swinging」』の画像

今回はHarry MudieとKing Tubbyのアルバム 「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.2」です。 Harry Mudieはジャマイカの音楽がラスタ ファリズムに基づいたプロテスト・ソング 一色の70年代のルーツ・レゲエの時代 に、ラヴ・ソング中心の独自路線をと
『Harry Mudie, King Tubby「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.2」』の画像

今回はAl Campbellのアルバム 「Gee Baby / No More Running」です。 Al Campbell(本名Alphonso Campbell)は 70年代のルーツ・レゲエの時代から 80年代のダンスホール・レゲエの時代に 活躍したシンガーです。 ネットのDiscogsには彼のプロフィールと して、次のよ
『Al Campbell「Gee Baby / No More Running」』の画像

今回はCultureのアルバム 「Two Sevens Clash」です。 Cultureは1976年にJoe Gibbs プロデュースの曲「Two Sevens Clash」 で衝撃的なデビューを飾った3人組の コーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのJoseph Hill、 コーラスのAlbert WalkerとKenneth Paley
『Culture「Two Sevens Clash」』の画像

今回はBob Marley & The Wailersの アルバム 「Exodus」です。 Bob Marley & The Wailersはもともとは The Wailersという名前で、60年代の スカの時代にBob MarleyとPeter Tosh、 Bunny Wailerの3人組コーラス・グループ として結成されたグループです。 名門レーベルS
『Bob Marley & The Wailers「Exodus」』の画像

今回はKeith Hudsonのアルバム 「Brand: Creative Reggae Instrumental Dub: The Joint」です。 Keith Hudsonはレゲエの歴史に名を刻む プロデューサーであり、シンガーである人 として知られています。 1974年に発表された彼のファースト・ アルバム「Flesh Of My S
『Keith Hudson「Brand: Creative Reggae Instrumental Dub: The Joint」』の画像

今回はBunny Wailerのアルバム 「Protest」です。 Bunny Wailerはスカの時代からThe Wailers の一人として活躍したのちに、ソロとしても 活躍したシンガーです。 スカの時代にBob MarleyとPeter Toshと 3人組コーラス・グループThe Wailersを 結成した彼は、名門レーベ
『Bunny Wailer「Protest」』の画像

今回はThe Meditationsのアルバム 「Wake Up!」です。 The Meditationsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から活躍したコーラス・ グループです。 76年にファースト・アルバム「Message from the Meditations」でデビューした彼ら はその後も長く活躍を続け、多くのア
『Meditations「Wake Up!」』の画像

今回はThe Ethiopiansのアルバム 「Slave Call」です。 The Ethiopiansはロックステディの時代から 活躍するヴォーカル・グループです。 ネットのDiscogsには彼らについて次のように 書かれています。 The Ethiopians are a ska, rocksteady, and reggae vocal group, f
『Ethiopians「Slave Call」』の画像

今回はVarious (Wackie's)のアルバム 「Reggae Goodies Vol.1 & 2」です。 Wackiesは70年代から主催者のLloyd Burns を中心に、ニューヨークの地下室を拠点に 活動するレゲエ・レーベルです。 UK(イギリス)では早くからレゲエが受け 入れられたのに対して、アメリカ
『Various (Wackies)「Reggae Goodies Vol.1 & 2」』の画像

今回はThe Travellersのアルバム 「King Jammy's Presents: Black Black Minds」 です。 The Travellersは70年代中頃から後半に かけてジャマイカで活躍した、Nevilleと Lerch、Hoffman、Frayからなる4人組の コーラス・グループのようです。 今回のアルバムは197
『Travellers「King Jammy's Presents: Black Black Minds」』の画像

今回はLone Rangerのアルバム 「On The Other Side Of Dub (Deluxe Edition)」です。 Lone Ranger70年代のルーツ・レゲエの時代 から活躍するディージェイです。 ルーツ・レゲエの時代にはStudio Oneから Dub Specialistのダブが半分収められた ユニークな今回のアルバ
『Lone Ranger「On The Other Side Of Dub (Deluxe Edition)」』の画像

今回はThe Congosのアルバム 「Heart Of The Congos」です。 The Congosは70年代のルーツレゲエの時代 から活躍するヴォーカル・グループです。 もともとはCedric MytonとRoydel Johnsonの 2人のコーラス・デュオとしてスタートした 彼らは、1977年にLee Perryの元
『Congos「Heart Of The Congos」』の画像

今回はPeter Toshのアルバム 「Equal Rights」です。 Peter Toshは60年代のスカやロックステディ の時代から70年代のルーツ・レゲエの時代に 活躍した、有名なシンガーです。 彼はBob MarleyとBunny Livingston(Wailer) とともに、スカの時代に伝説のグループThe Wai
『Peter Tosh「Equal Rights」』の画像

今回はDennis Brownのアルバム 「Wolf & Leopards」です。 Dennis Brownは70年代のルーツ・レゲエ の時代から活躍した名シンガーです。 Studio Oneからアルバム・デビューした彼 はその後も活躍を続け、その後もJoe Gibbs やWinston 'Niney' Holnessといった プロデュ
『Dennis Brown「Wolf & Leopards」』の画像

今回はThe Aggrovatorsのアルバム 「Kaya Dub」です。 The Aggrovatorsは70年代のルーツ・レゲエ の時代に、プロデューサーのBunny Leeの ハウス・バンドとして活躍したグループです。 数々の歌手のバック・バンドとして活躍した ほか、Kingu Tubbyなどのミックスによる
『Aggrovators「Kaya Dub」』の画像

今回はSoul Syndicateのアルバム 「Harvest Uptown / Famine Downtown」です。 Soul Syndicateはジャマイカの伝説的なギタリ ストEarl 'China' Smithをリーダーとする グループです。 グループとして今回のアルバム「Harvest Uptown」 など数枚のアルバムを出している他、
『Soul Syndicate「Harvest Uptown / Famine Downtown」』の画像

今回はRas Michael & The Sons Of Negusのアルバム 「Kibir Am Lak」です。 Ras Michael & The Sons Of Negusはレゲエの 中でも特にディープな、ラスタファリアンの 集会音楽「ナイヤビンギ」のグループとして 知られています。 2002年シンコー・ミュージック刊行の本
『Ras Michael & The Sons Of Negus「Kibir Am Lak」』の画像

今回はU Royのアルバム 「Rasta Ambassador」です。 U Royはレゲエのディージェイ・スタイルを 確立したディージェイとしてよく知られて います。 それまでもCount MachukiやKing Stittなど、 サウンド・システムで曲と曲の間や間奏部分 で「掛け声係」として観客を盛り上
『U Roy「Rasta Ambassador」』の画像

今回はJackie Mittooのアルバム 「Show Case Volume 3」です。 Jackie Mittooは60年代のスカの時代に伝説 のスカ・バンドThe Skatalitesのキーボード 奏者として活躍し、さらにレゲエの前身の ロックステディの時代になるとStudio Oneの バック・バンドSoul Defenders→
『Jackie Mittoo「Show Case Volume 3」』の画像

今回はLeroy Smartのアルバム 「Dread Hot In Africa / Propaganda」です。 Leroy Smartは70年代のルーツ・レゲエの 時代から活躍したシンガーです。 2歳で孤児となった彼は養護施設で育ち、 ジャマイカの多くのミュージシャンを輩出した 不良少年の為の更生施設アルフ
『Leroy Smart「Dread Hot In Africa / Propaganda」』の画像

今回はJunior Murvinのアルバム 「Police & Thieves」です。 Junior Murvinはその独特のファルセット・ ヴォイスが特徴的な70年代のルーツ期から 活躍するシンガーです。 彼の最大のヒット曲は1977年のLee Perry プロデュースの曲「Police & Thieves」で、 この曲は
『Junior Murvin「Police & Thieves」』の画像

今回はTrinityのアルバム 「Shanty Town Determination」です。 Trinity(本名Wade Brammer)は、70年代の ルーツ・レゲエの時代に活躍したディージェイ です。 Joe Gibbsの元で制作した「Three Piece Suit」 のほか、数多くの作品をこの70年代に残して います。 Tri
『Trinity「Shanty Town Determination」』の画像

今回はU Royのアルバム 「Hold On Rasta」です。 U Royはレゲエのディージェイ・スタイルを 確立したディージェイとしてよく知られて います。 それまでもCount MachukiやKing Stittなど、 サウンド・システムで曲と曲の間や間奏部分 で「掛け声係」として観客を盛り上げ
『U Roy「Hold On Rasta」』の画像

↑このページのトップヘ