つれづれげえ日記

All rights reserved 無断流用や転載は禁止です。 許可なく「まとめサイト」などに勝手に登録する事は、絶対にやめて下さい。原則的に勝手に文章を流用する事は、許可していません。 70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

(コンピュレーション・ルーツ・レゲエ)

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「If Deejay Was Your Trade.」です。 これは今は活動を停止しているBlood & Fireレーベル から出ているコンピュレーション・アルバムです。 ネットなどの情報によるとこのアルバムがBlood & Fire から出された初めて
『Various「If Deejay Was Your Trade.」』の画像

今回はKing TubbyとErrol Thompsonのアルバム 「The Black Foundation In Dub」です。 King Tubbyはダブにミキサー、プロデューサーと してレゲエの歴史に偉大な足跡を残した人です。 ダブは70年代頃から作り始められたレゲエの 新しい形態で、エコーやリバーブ
『King Tubby, Errol Thompson「The Black Foundation In Dub」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Jack Ruby Presents The Black Foundation」です。 Jack Rubyはレゲエのプロデューサーです。 彼のプロデュースした作品としては、あのBurning Spearの代表作「Marcus Garvey」が有名です。 Horsemouse Wallaceの叩
『Various「Jack Ruby Presents The Black Foundation」』の画像

今回はMighty Diamondsのアルバム 「Go Seek Your Rights」です。 Mighty Diamondsはルーツ・レゲエの時代から 活躍するレゲエのヴォーカル・トリオの代表格 とも言えるグループです。 その素晴らしいコーラス・ワークは他の追随 を許しません。 Mighty Diamonds(マイテ
『Mighty Diamonds「Go Seek Your Rights」』の画像

今回はJohn Holtのアルバム 「Memories By The Score: Classic Singles 1968-74」です。 John Holtはレゲエの前身のロックステディの時代 にコーラス・グループThe Paragonsのリード・ ヴォーカルとしてデビューして「The Tide Is High」 などの数々のヒットを飛
『John Holt「Memories By The Score: Classic Singles 1968-74」』の画像

今回はThe Gladiatorsのアルバム 「Dreadlocks The Time Is Now」です。 The Gladiatorsは70年代のルーツ・レゲエの時代 にStudio Oneなどでジャマイカ国内で人気を博した のちに、 76年にメジャー・レーベルVirginから 「Trenchtown Mix Up」でメジャー・デビューし
『Gladiators「Dreadlocks The Time Is Now」』の画像

今回はPrince Allaのアルバム 「Only Love Can Conquer 1976-1979」です。 Prince Allaは70年代のルーツ・レゲエの時代 から活躍するシンガーです。 後にWackiesでシンガーとマネージャーとして活躍 するMilton Henryと、The Leadersというグループ でキャリア
『Prince Alla「Only Love Can Conquer 1976-1979」』の画像

今回はKing Tubby'sのアルバム 「African Love Dub 1974-1979」です。 King Tubbyは本名をOsbourne Ruddockと言い、レゲエの ダブのミキサー、プロデューサーとして大きな功績を 残した人です。 ダブという音楽は70年代の初めぐらいからレゲエで 作り始めら
『King Tubby's「African Love Dub 1974-1979」』の画像

今回はCarlton Patterson & King Tubbyのアルバム 「Black & White In Dub」です。 Carlton Pattersonは70年代にBlack & Whiteという レーベルを持っていたプロデューサーです。 このCarlton PattersonはKing Tubbyとも親交が深く、 この70年代に最も成功し
『Carlton Patterson & King Tubby「Black & White In Dub」』の画像

今回はJohn Holtのアルバム 「500 Volts Of Dub」です。 John Holtはロックステディの時期から活躍する レゲエを代表するシンガーのひとりです。 ロックステディの人気グループThe Paragonsで キャリアをスタートさせた彼は、その後のルーツ・ レゲエ、ダンスホール・レゲ
『John Holt「500 Volts Of Dub」』の画像

今回はKing Stittのアルバム 「Reggae Fire Beat」です。 King Stittは最初期のディージェイのひとりです。 もともとディージェイというのは60年代頃音楽を 流して人々を楽しませる「サウンド・システム」の、 観客を盛り上げる「掛け声係」として発展したもの だったん
『King Stitt「Reggae Fire Beat」』の画像

今回はPrince JammyとKing Tubbysのアルバム 「His Majestys Dub」です。 Prince Jammyはレゲエの歴史に偉大な足跡を残した 音楽プロデューサーであり、エンジニアでもある 人です。 彼はダブ・マスターとして知られるKing Tubbyの スタジオKing Tubbysでエンジニアとして
『Prince Jammy VS King Tubbys「His Majestys Dub」』の画像

今回はPrince Far Iのアルバム 「Silver & Gold 1973-1979」です。 Prince Far Iは独特のダミ声から「Voice Of Thander(雷声)」と呼ばれたディージェイです。 レゲエの中でもパンク色の強いイギリスのレーベル On U Soundsを率いる白人のAdrian Sherwoodとも
『Prince Far I「Silver & Gold 1973-1979」』の画像

今回はDennis Alcaponeのアルバム 「My Voice Is Insured For Half A Million Dollars」です。 Dennis Alcaponeは70年代のルーツ・ レゲエの時代に活躍したディージェイ です。 そのディージェイ・スタイルは多くの ディージェイに影響を与えたそうで、 あのDillingerも
『Dennis Alcapone「My Voice Is Insured For Half A Million Dollars」』の画像

今回はKing Tubby & Soul Syndicateのアルバム 「Freedom Sounds In Dub」です。 King Tubbyはレゲエを聴く人で知らない人は 居ないほどのダブのクリエーターです。 ダブというのはリミックスの元祖とも言われる ジャマイカで誕生した音楽なのですが、曲の リズムを強調
『King Tubby & Soul Syndicate「Freedom Sounds In Dub」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Dubwise & Otherwise 2: A Blood & Fire Audio Catalogue」です。 これは今は活動を停止しているBlood & Fire レーベルのサンプラーです。 本来はアルバムの販促の為に作成されたアルバムなの でしょうが、アルバ
『Various「Dubwise & Otherwise 2: A Blood And Fire Audio Catalogue」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Kingston Allstars Meet Downtown At King Tubbys 1972-1975」です。 今回のアルバムは名義がKingston Allstarsと なっていますが、実際にはそういうバンドの アルバムというよりは、このアルバムに曲が 使われている
『Various「Kingston Allstars Meet Downtown At King Tubbys 1972-1975」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Randy's - 17 North Parade」です。 今回のアルバムはClive Chinが主催する老舗 レーベルRandy'sのルーツ期70年代の音源を 集めたアルバムです。 レゲエ・リイシュー・レーベルPressure Sounds から発売されているアルバム
『Various「Randy's - 17 North Parade」』の画像

今回はBig Youthのアルバム 「Reggae Phenomenon」です。 Big Youthはルーツ・レゲエの時代から活躍 するディージェイとして知られている人です。 Big Youth (ビッグ・ユース) ネットの情報によると今回のアルバムは 1978年のアルバムで、彼のCD2枚組 のベスト
『Big Youth「Reggae Phenomenon」』の画像

今回はBurning Spearのアルバム 「Travelling」です。 Burning SpearことWinston Rodneyは、敬虔な ラスタファリアンとして知られるルーツ・ シンガーです。 彼はその姿勢から「African Teacher」と いう愛称で呼ばれ、多くの人達の尊敬を集めて います。 またグラミー賞
『Burning Spear「Travelling」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Sounds And Pressure Vol.3」です。 これはレゲエ・リイシュー・レーベルPressure Soundsの、これまでに出したアルバムのサンプラー 的な位置付けのアルバム「Sounds And Pressure」 シリーズの第3集です。 リリー
『Various「Sounds And Pressure Vol.3」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Studio One Kings」です。 Soul Jazz Recordsから出ているStudio Oneシリーズ ですが、今回はStudio Oneの男性ヴォーカリストに 焦点を当てた1枚です。 このシリーズの良いところは、とにかくハズレと いうアルバ
『Various「Studio One Kings」』の画像

今回はAugustus Pabloのアルバム 「Skanking With Pablo: Mlodica For Hire 1971-77」です。 Augustus Pabloはルーツ・レゲエが好きな人 なら知らない人は居ないくらいに有名な メロディカ奏者であり、プロデューサーでもある 人です。 それまでの音楽であまり使
『Augustus Pablo「Skanking With Pablo: Mlodica For Hire 1971-77」』の画像

今回はNiney The Observerのアルバム 「Microphone Attack 1974-78」です。 Niney The ObserverことWinston 'Niney' Holness はレゲエの名プロデューサーとして有名な人です。 ネットで調べたところ彼はCs Dodd、Joe Gibbs、 Lee Perryなど様々な名プロデューサー
『Niney The Observer「Microphone Attack 1974-78」』の画像

↑このページのトップヘ