つれづれげえ日記

All rights reserved 無断流用や転載は禁止です。 許可なく「まとめサイト」などに勝手に登録する事は、絶対にやめて下さい。原則的に勝手に文章を流用する事は、許可していません。 70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

(コンピュレーション・ルーツ・レゲエ)

今回はThe Viceroysのアルバム 「Ghetto Vibes」です。 The Viceroysはレゲエの前身ロックステディ の時代から活躍する3人組のコーラス・ グループです。 2002年シンコー・ミュージック刊行の本 「Roots Rock Reggae」にはこのグループに ついて次のような解説文があ
『Viceroys「Ghetto Vibes」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Aquarius Rock: The Hip Reggae World Of Herman Chin-Loy」です。 まずこのアルバムの重要人物であるHerman Chin-Loyについて紹介します。 Herman Chin-LoyはAquariusレーベルと Aquarius Studioのオーナーであり、プロ
『Various「Aquarius Rock: The Hip Reggae World Of Herman Chin-Loy」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Studio One Roots Vol.3」です。 ずは今回のアルバムの元になっている Studio Oneというレーベルについて書いて おきます。 Studio Oneは主催者のC.S. Doddを中心に、 ジャマイカの音楽界をスカ→ロックステディ →レゲエと
『Various「Studio One Roots Vol.3」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Studio One Roots 2」です。 まずは今回のアルバムの元になっている Studio Oneというレーベルについて書いて おきます。 Studio Oneは主催者のC.S. Doddを中心に、 ジャマイカの音楽界をスカ→ロックステディ →レゲエとけ
『Various「Studio One Roots 2」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Studio One Soul 2」です。 まずは今回のアルバムの元になっている Studio Oneというレーベルについて書いて おきます。 Studio Oneは主催者のC.S. Doddを中心に、 ジャマイカの音楽界をスカ→ロックステディ →レゲエとけん
『Various「Studio One Soul 2」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Phil Pratt Thing」です。 まず今回のアルバムの重要人物Phil Prattに ついて説明しておきます。 Phill Pratt(本名George Phillips)はロック ステディの時代にシンガーとして活躍し、その後 Studio Oneレーベルで働いたの
『Various「Phil Pratt Thing」』の画像

今回はCornell Campbellのアルバム 「I Shall Not Remove 1975-80」です。 Cornell Campbellはロックステディの時代に The Eternalsのリード・ヴォーカルとして活躍 し、「Stars」や「Queen Of The Minstrels」 などのヒット曲を持つシンガーです。 その後のレゲエの時代
『Cornell Campbell「I Shall Not Remove 1975-80」』の画像

今回はLittle Royのアルバム 「Tafari Earth Uprising」です。 Little Royは70年代のルーツ・レゲエの 時代から活躍した、シンガーでプロデューサー である人です。 「Prophesy」や「Tribal War」などのヒット 曲があります。 アーティスト特集 Little Roy (リトル・
『Little Roy「Tafari Earth Uprising」』の画像

今回はThe Aggrovatorsのアルバム 「Dubbing At King Tubby's」です。 The Aggrovatorsは70年代のルーツ・レゲエ の時代に、プロデューサーのBunny Leeの ハウス・バンドとして活躍したグループです。 数々の歌手のバック・バンドとして活躍した ほか、Kingu Tubbyなど
『Aggrovators「Dubbing At King Tubby's」』の画像

今回はAfrican Brothersのアルバム 「Want Some Freedom」です。 African Brothersは70年代のルーツ・ レゲエの時代に活躍したコーラス・ グループです。 Tony TuffとSugar Minott、Derrick Howard の3人組で、3人ともがリード・ヴォーカル が取れるスタイルで人気を
『African Brothers「Want Some Freedom」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Tapper Zukie Productions : Rootsman Connection」です。 Tapper Zukie(Tappa Zukie)はRanking Dread などとともに「第2世代」のディージェイと して知られている人です。 この「第2世代」のディージェイ特徴は、 U Royな
『Various「Tapper Zukie Productions: Rootsman Connection」』の画像

今回はBurning Spearのアルバム 「Sounds From The Burning Spear」です。 Burning Spear(本名Winston Rodney)は、 レゲエを聴く人なら知らない人は居ない ほど有名なルーツ・シンガーです。 Studio Oneからデビューした彼は常に ディープなルーツ・レゲエを歌い続けた
『Burning Spear「Sounds From The Burning Spear」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Heavyweight 3: A Blood And Fire Sampler」 です。 今回はレゲエ・リイシュー・レーベルBlood & Fireの、1999年に発表されたサンプラー です。 レゲエ・リイシュー・レーベルBlood & Fire は1993年に
『Various「Heavyweight 3: A Blood And Fire Sampler」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「2 Heavyweight: Another Blood And Fire Sampler」です。 今回はレゲエ・リイシュー・レーベルBlood & Fireの、1997年に発表されたサンプラー です。 レゲエ・リイシュー・レーベルBlood & Fire は199
『Various「2 Heavyweight: Another Blood And Fire Sampler」』の画像

今回はWailing Soulsのアルバム 「Wailing Souls At Channel One: 7's, 12's And Versions」です。 The Wailing Soulsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホール・ レゲエの時代になってからも、常に活躍し 続けたコーラス・グループです。 Winston‘P
『Wailing Souls「Wailing Souls At Channel One: 7's, 12's And Versions」』の画像

今回はSugar Minottのアルバム 「Sugar Minott At Studio One」です。 Sugar Minottはレゲエを代表するシンガー の一人です。 70年代のルーツ・レゲエの時代にDerek 'Eric Bubbles' HowardとWinston 'Tony Tuff' MorrisとAfrican Brothersという3人組 コー
『 Sugar Minott「Sugar Minott At Studio One」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「From 'Bam-Bam' To 'Cherry Oh! Baby'」です。 ネットの情報によると今回のアルバムは、 1966年から72年までの「ジャマイカ・ ソング・フェスティバル」の入賞曲を 集めたアルバムなんだそうです。 66年から68年と
『Various「From 'Bam-Bam' To 'Cherry Oh! Baby'」』の画像

今回はKiddus Iのアルバム 「Rockers: Graduation In Zion 1978-1980」です。 Kiddus IはネットのDiscogsのプロフィールに 次のように書かれています。 Jamaican reggae musician and vocalist, born December 1944 in Port Maria. From 1971 to 1978 member o
『Kiddus I「Rockers: Graduation In Zion 1978-1980」』の画像

今回はDennis Brownのアルバム 「Tribulation Times」です。 Dennis Brownは70年代のルーツ・レゲエ の時代から活躍した名シンガーです。 その実力からSugar Minott、Grgory Isaacs、 Fraddie McGregorと並んで「レゲエ・ヴォー カリスト四天王」と称されることもあり
『Dennis Brown「Tribulation Times」』の画像

今回はBunny Wailerのアルバム 「Solomonic Singles 2: Rise & Shine 1977-1986」です。 Bunny Wailerはスカの時代からThe Wailersの 一人として活躍したのちに、ソロとしても活躍 したシンガーです。 スカの時代にBob MarleyとPeter Toshと3人組 コーラス・
『Bunny Wailer「Solomonic Singles 2: Rise & Shine 1977-1986」』の画像

今回はThe Royalsのアルバム 「Dubbing With The Royals」です。 The RoyalsはRoy Cousinsを中心とした、 60年代後半のロックステディの時代から 70年代のルーツ・レゲエの時代にかけて 活躍したコーラス・グループです。 またRoy Cousinsは自身のレーベルTamoki Wam
『Royals「Dubbing With The Royals」』の画像

今回はBunny Wailerのアルバム 「Solomonic Singles 1: Tread Along 1969-1976」 です。 Bunny Wailerはスカの時代からThe Wailersの 一人として活躍したのちに、ソロとしても活躍 したシンガーです。 スカの時代にBob MarleyとPeter Toshと3人組 コーラス・
『Bunny Wailer「Solomonic Singles 1: Tread Along 1969-1976」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Down Santic Way: Santic Jamaican Productions 1973-1975」です。 今回のアルバムは2005年にレゲエ・ リイシュー・レーベルPressure Soundsが発表 した、70年代のルーツ・レゲエの時代に 活躍したSanticと
『Various「Down Santic Way: Santic Jamaican Productions 1973-1975」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「Once Upon A Time At King Tubbys」です。 今回はアルバムの中心になっているI Royと Prince Jazzboについてまずは説明します。 I Royは70年代のルーツ・レゲエの時代に 人気を博したディージェイです。 60
『Various「Once Upon A Time At King Tubbys」』の画像

↑このページのトップヘ