つれづれげえ日記

All rights reserved 無断流用や転載は禁止です。 許可なく「まとめサイト」などに勝手に登録する事は、絶対にやめて下さい。原則的に勝手に文章を流用する事は、許可していません。 70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

レゲエ - アルバム

今回はJackie Mittooのアルバム 「Keep On Dancing」です。 Jackie Mittooは60年代のスカの時代に伝説 のスカ・バンドThe Skatalitesのキーボード 奏者として活躍し、さらにレゲエの前身の ロックステディの時代になるとStudio Oneの バック・バンドSoul Defenders→Sou
『Jackie Mittoo「Keep On Dancing」』の画像

今回はAugustus Pabloのアルバム 「King David's Melody」です。 Augustus Pabloは70年代のルーツ・レゲエの 時代から活躍したメロディカ奏者、キーボード 奏者、プロデューサーとして知られている人 です。 それまで練習用の楽器ぐらいにしか思われて いなかったメロデ
『Augustus Pablo「King David's Melody」』の画像

今回はThe Mighty Upsetter (Lee Perry)の アルバム 「Kung Fu Meets The Dragon」です。 まずはThe Mighty UpsetterことLee Perryに ついて、説明しておきます。 Lee 'Scratch' Perryは60年代後半から 活躍するプロデューサーです。 60年代後半に自身のハウス・バン
『Mighty Upsetter (Lee Perry)「Kung Fu Meets The Dragon」』の画像

今回はThe Abyssiniansのアルバム 「Satta Massagana (Deluxe Edition)」です。 Abyssiniansはロックステディの時代に 「Love Me Forever」のヒット曲を持つ Carlton & The ShoesのManning3兄弟のうち のコーラスを担当していた(The Shoesの方) のDonald ManningとLinf
『Abyssinians「Satta Massagana (Deluxe Edition)」』の画像

今回はLone Rangerのアルバム 「On The Other Side Of Dub (Deluxe Edition)」です。 Lone Ranger70年代のルーツ・レゲエの時代 から活躍するディージェイです。 ルーツ・レゲエの時代にはStudio Oneから Dub Specialistのダブが半分収められた ユニークな今回のアルバ
『Lone Ranger「On The Other Side Of Dub (Deluxe Edition)」』の画像

今回はLee Perry & The Upsettersのアルバム 「Musical Bones」です。 Lee 'Scratch' Perryは60年代後半から 活躍するプロデューサーです。 60年代後半に自身のハウス・バンド The Upsettersを率いて軽快なインスト・ ナンバーの「スキンヘッド・レゲエ」の プロデュ
『Lee Perry & The Upsetters「Musical Bones」』の画像

今回はThe Congosのアルバム 「Heart Of The Congos」です。 The Congosは70年代のルーツレゲエの時代 から活躍するヴォーカル・グループです。 もともとはCedric MytonとRoydel Johnsonの 2人のコーラス・デュオとしてスタートした 彼らは、1977年にLee Perryの元
『Congos「Heart Of The Congos」』の画像

今回はDave And Ansel Collinsのアルバム 「Double Barrel」です。 Dave And Ansel Collinsは歌手のDave Barker とキーボード奏者のAnsel Collinsからなる 2人組ユニットです。 60年代後半にLee Perryの元でキャリアを スタートさせた彼らは、71年に今回の表題曲 で
『Dave And Ansel Collins「Double Barrel」』の画像

今回はThe Revolutionariesのアルバム 「Goldmine Dub」です。 The RevolutionariesはHookim兄弟が率いる レーベルChannel Oneで活躍した、ドラムの Sly Dunbarをリーダーとするバック・バンド です。 この時代のジャマイカのバック・バンドは、 その時集まれるミュージ
『Revolutionaries「Goldmine Dub」』の画像

今回はAugustus Pabloのアルバム 「Earth's Rightful Ruler」です。 Augustus Pabloは70年代のルーツ・レゲエの 時代から活躍したメロディカ奏者、キーボード 奏者、プロデューサーとして知られている人 です。 それまで練習用の楽器ぐらいにしか思われて いなかったメ
『Augustus Pablo「Earth's Rightful Ruler」』の画像

今回はErnie Ranglin (Ernest Ranglin)の アルバム 「A Mod A Mod Ranglin」です。 Ernie Ranglin (Ernest Ranglin)はスカの 時代から活躍するジャマイカを代表する ギタリストです。 スカの時代には伝説のグループThe Skatalites でそのギターの腕前を披露したほか、多く
『Ernie Ranglin (Ernest Ranglin)「A Mod A Mod Ranglin」』の画像

今回はU Royのアルバム 「Jah Son Of Africa」です。 U Royはレゲエのトースティング・スタイル を確立したディージェイとしてよく知られ ています。 それまでもCount MachukiやKing Stittなど、 サウンド・システムで曲と曲の間や間奏部分 で「掛け声係」として観客を盛
『U Roy「Jah Son Of Africa」』の画像

今回はAlthea & Donnaのアルバム 「Uptown Top Ranking」です。 Althea & Donnaは今回の表題曲である「Uptown Top Ranking」が、英国シングル・チャートで No.1を獲得した2人組の女性ヴォーカル・ ユニットです。 当時17歳のAlthea Forrestと18歳のDonna Reidから
『Althea & Donna「Uptown Top Ranking」』の画像

今回はTapper Zukieのアルバム 「The Man From Bozrah」です。 Tapper Zukie(Tappa Zukie)はRanking Dread などとともに「第2世代」のディージェイと して知られている人です。 この「第2世代」のディージェイ特徴として は、U Royなどの「第1世代」のディージェイ と
『Tapper Zukie「The Man From Bozrah」』の画像

今回はHugh Mundellのアルバム 「Arise」です。 Hugh MundellはAugustus Pbloの元から 78年に「Africa Must Be Free By 1983」 でデビューしたラスタ・シンガーです。 Hugh Mundell - Africa Must Be Free By 1983 + Dub 80年に「Time & Place」とLacksley Castell
『Hugh Mundell「Arise」』の画像

今回はYellowmanのアルバム 「Mister Yellowman」です。 Yellowmanは80年代のダンスホール・ レゲエの時代に「King」と呼ばれるほど の人気を博したディージェイです。 アルビノ(先天性色素欠乏症)で生まれた 彼は、幼い頃に両親に捨てられ孤児院で 育つという辛い経験
『Yellowman「Mister Yellowman」』の画像

今回はLinval Thompsonのアルバム 「Ride On Dreadlocks 1975-77」です。 Linval Thompsonは70年代から80年代の 初めにシンガーとして活躍した人で、また 80年代頃からはプロデューサーとして ダンスホール・レゲエの多くのアーティスト をプロデュースした事でも知
『Linval Thompson「Ride On Dreadlocks 1975-77」』の画像

今回はDub Specialistのアルバム 「Version Dread: 18 Dub Hits From Studio One」です。 Dub SpecialistのついてはネットのDiscogs のDub Specialistのページに、次のような 記述があります。 Dub Specialist is a name used for a series of dub LP releases from Stu
『Dub Specialist「Version Dread: 18 Dub Hits From Studio One」』の画像

今回はDennis Alcaponeのアルバム 「Yeah Yeah Yeah Mash Up The Dance」です。 Dennis Alcaponeは70年代のルーツ・ レゲエの時代に活躍したディージェイ です。 そのディージェイ・スタイルは多くの ディージェイに影響を与えたそうで、 あのDillingerも初めはYoung Al
『Dennis Alcapone「Yeah Yeah Yeah Mash Up The Dance」』の画像

今回はPeter Toshのアルバム 「Equal Rights」です。 Peter Toshは60年代のスカやロックステディ の時代から70年代のルーツ・レゲエの時代に 活躍した、有名なシンガーです。 彼はBob MarleyとBunny Livingston(Wailer) とともに、スカの時代に伝説のグループThe Wai
『Peter Tosh「Equal Rights」』の画像

今回はErnie Ranglin (Ernest Ranglin)の アルバム 「Boss Reggae」です。 Ernie Ranglin (Ernest Ranglin)はスカの 時代から活躍するジャマイカを代表する ギタリストです。 スカの時代には伝説のグループThe Skatalites でそのギターの腕前を披露したほか、多くの セッ
『Ernie Ranglin (Ernest Ranglin)「Boss Reggae」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「DJ Dubcuts: Dubbing With The DJ's Volume 1 1970 - 1975」です。 今回は2003年にレゲエ・リイシュー・ レーベルJamaican Recordingsから発表された、 ディージェイのダブ・ヴァージョンの曲を 集めたアルバムです。
『Various「DJ Dubcuts: Dubbing With The DJ's Volume 1 1970 - 1975」』の画像

今回はYellowman & Fatheadのアルバム 「Live At Aces」です。 Yellowmanは80年代のダンスホール・ レゲエの時代に「King」と呼ばれるほど の人気を博したディージェイです。 アルビノ(先天性色素欠乏症)で生まれた 彼は、幼い頃に両親に捨てられ孤児院で 育つという辛
『Yellowman & Fathead「Live At Aces」』の画像

今回はJustin Hinds & The Dominoesのアルバム 「Ska Uprising」です。 Justin Hinesはスカ→ロックステディ→レゲエ と活躍したシンガーです。 スカの時代の1963年に出した彼の曲「Carry Go Bring Come」はジャマイカで大ヒット曲と なり、曲を出したDuke Reidのレ
『Justin Hinds & The Dominoes「Ska Uprising」』の画像

↑このページのトップヘ