つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

レゲエ - アルバム

今回はPablo Mosesのアルバム 「Pave The Way」です。 Pablo Moses(本名:Pableto Henry)は 70年代半ば頃から活躍するルーツ・ シンガーです。 80年代に入るとジャマイカのレゲエも ダンスホール・レゲエが主流になり、ラスタ ファリズムに基づいたルーツ・レゲエは
『Pablo Moses「Pave The Way」』の画像

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「Right Time」です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホールの 時代に活躍したコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shaw を中心にコーラスのLloyd 'Judge' Fer
『Mighty Diamonds「Right Time」』の画像

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「When The Right Time Come I Need A Roof」です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホールの 時代に活躍したコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shaw を中心
『Mighty Diamonds「When The Right Time Come I Need A Roof」』の画像

今回はDub Specialistのアルバム 「17 Dub Shots From Studio One」です。 Dub SpecialistはStudio Oneなど多くの レーベルでミキサーとして活躍した Sylvan Morrisの別名だと思われています が、正確にはStudio Oneのダブ作成の プロジェクト名のようです。 ネットのDis
『Dub Specialist「17 Dub Shots From Studio One」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style」です。 まずはこのアルバムに関係のあるKing Tubby (King Tubbys)について語っておこうと 思います。 King Tubbyはルーツの時代から活躍するダブ のミキサーであり、プ
『Various「King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style」』の画像

今回はToyanとTipper Lee、Johnny Slaughter のアルバム 「Murder」です。 Toyan(本名:Byron Everton Letts)は 80年代のダンスホール・レゲエで活躍した ディージェイです。 この人のDiscogsなどのディスコグラフィー を見ると、82年と83年にすごく多くの アルバ
『Toyan with Tipper Lee + Johnny Slaughter「Murder」』の画像

今回はCornell Campbellのアルバム 「Sweet Baby」です。 Cornell Campbellはロックステディの時代に The Eternalsのリード・ヴォーカルとして活躍 し、「Stars」や「Queen Of The Minstrels」 などのヒット曲を持つシンガーです。 その後のレゲエの時代になっても同郷の
『Cornell Campbell「Sweet Baby」』の画像

今回はI Royのアルバム 「Gussie Presenting I Roy」です。 I Royは70年代から活躍したルーツ・ ディージェイの中でも、もっとも人気を 博したディージェイです。 その鋭いトースティングで、デビューから 10年間常にトップ・ディージェイの地位 を維持し続けたという
『I Roy「Gussie Presenting I Roy」』の画像

今回はBig Youthのアルバム 「Screaming Target」です。 Big Youthは70年代のルーツ・レゲエの 時代から活躍するルーツ・ディージェイ です。 その息遣いまで曲にしてしまうような自由 なディージェイ・スタイルで70年代に 人気を博し、「Hit The Road Jack」や 「Eve
『Big Youth「Screaming Target」』の画像

今回はBarrington Levyのアルバム 「Shaolin Temple」です。 Barrington Levyは80年代のダンス ホール・レゲエで活躍したシンガーです。 70年代にルーツ・レゲエで世界的に認知 されたレゲエは、80年代になるとさらに 新しい音楽と、Bob Marleyに変わる新しい スタ
『Barrington Levy「Shaolin Temple」』の画像

今回はBunny Wailerのアルバム 「Protest」です。 Bunny Wailerはスカの時代からThe Wailers の一人として活躍したのちに、ソロとしても 活躍したシンガーです。 スカの時代にBob MarleyとPeter Toshと 3人組コーラス・グループThe Wailersを 結成した彼は、名門レーベ
『Bunny Wailer「Protest」』の画像

今回はAl Campbellのアルバム 「Rainy Days / Diamonds」です。 Al Campbell(本名Alphonso Campbell)は 70年代のルーツ・レゲエの時代から 80年代のダンスホール・レゲエの時代に 活躍したシンガーです。 ネットのDiscogsには彼のプロフィールと して、次のような事
『Al Campbell「Rainy Days / Diamonds」』の画像

今回はJunior Keattingのアルバム 「Weekend Lover」です。 Junior Keattingについてはあまり情報が ありません。 ネットのDiscogsを見ると、彼が1980年 に今回のアルバム「Weekend Lover」を リリースしている事と、1980年から 2013年にかけて14枚くらいの
『Junior Keatting「Weekend Lover」』の画像

今回はLittle John / Anthony Johnsonの アルバム 「Unite / Reggae Feelings」です。 Little John(本名John McMorris)は 80年代のダンスホール・レゲエの時代に 活躍したシンガーです。 1970年に生まれた彼は80年代前半の アーリー・ダンスホールで、10歳に
『Little John / Anthony Johnson「Unite / Reggae Feelings」』の画像

今回はThe Heptonesのアルバム 「On Top」です。 The Heptonesはロックステディの時代から ルーツ・レゲエの時代に活躍した、リード・ ヴォーカルのLeroy Sibbles、コーラスの Earl MorganとBarry Llewelynからなる、 3人組のコーラス・グループです。 特にロックステデ
『Heptones「On Top」』の画像

今回はThe Abyssiniansのアルバム 「Satta Dub」です。 The Abyssiniansはロックステディの 時代に「Love Me Forever」のヒット曲を 持つCarlton & The ShoesのManning3兄弟 のコーラスを担当していた(The Shoesの 方)のDonald ManningとLinford Manning の2人と、ソ
『Abyssinians「Satta Dub」』の画像

今回はJackie Mittoo And The Soul Vendors のアルバム 「Evening Time」です。 Jackie Mittooは60年代のスカの時代に 伝説のスカ・バンドThe Skatalitesの キーボード奏者として活躍し、さらにレゲエ の前身のロックステディの時代になると Studio Oneのバック・バンド
『Jackie Mittoo And The Soul Vendors「Evening Time」』の画像

今回はBob Marley And The Wailersの アルバム 「Live!」です。 Bob Marley & The Wailersはもともとは The Wailersという名前で、60年代のス カの時代にBob MarleyとPeter Tosh、 Bunny Wailerの3人組コーラス・グループ として結成されたグループです。 名門レーベル
『Bob Marley And The Wailers「Live!」』の画像

今回はTony Rebelのアルバム 「If Jah」です。 Tony Rebel(本名Patrick George Anthony Barrett)は80年代半ばから活躍する レゲエのディージェイであり、シンガーで ある人です。 あの若くして亡くなったGarnet Silkの親友 としても知られ、レゲエという音楽が スラ
『Tony Rebel「If Jah」』の画像

今回はPeter Metro Also Featuring Tonto Metroのアルバム 「No Problem」です。 Peter Metro(本名Peter Clarke)は、Discogs やWikipediaの彼の解説文によると、初めは Peter Rankingの名前でディージェイを始めた ものの、同名のディジェイがいる事が解り Peter Metro
『Peter Metro Also Featuring Tonto Metro「No Problem」』の画像

↑このページのトップヘ