つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

レゲエ - アルバム

今回はPinchersとPliersのアルバム 「Pinchers With Pliers」です。 Pinchers(本名:Delroy Thompson)は 80年代の半ばごろから活躍するダンス ホール・レゲエのシンガーです。 Tenor Sawばりのアウト・オブ・キーを 得意としたシンガーで、ヒット曲に 「Bandelero」など
『Pinchers, Pliers「Pinchers With Pliers」』の画像

今回はErrol Scorcherのアルバム 「Roach In A De Corner」です。 Errol Scorcher(本名:Errol Archer) は、70年代後半から80年代にかけて 活躍したディージェイです。 ネットのDiscogsによると、78年に Tony Tuffとのクラッシュ・アルバム 「Tony Tuff Meets Err
『Errol Scorcher「Roach In A De Corner」』の画像

今回はHarry MudieとKing Tubbyの アルバム 「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3」です。 Harry Mudie(本名:Harry Agustas Mudie)はジャマイカの音楽がラスタ ファリズムに基づいたプロテスト・ソング 一色の70年代のルーツ・レゲエの時代 に、
『Harry Mudie, King Tubby「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3」』の画像

今回はCocoa Teaのアルバム 「Rikers Island」です。 Cocoa Tea(本名:Calvin George Scott) は80年代のダンスホール・レゲエの時代 から活躍するシンガーです。 キャリアの初めはなかなかヒットに恵まれ ず苦労したものの、Henry 'Junjo' Lawsの Volcanoレーベルから「
『Cocoa Tea「Rikers Island」』の画像

今回はPinchersのアルバム 「Bandelero」です。 Pinchers(本名:Delroy Thompson)は 80年代の半ばごろから活躍するダンス ホール・レゲエのシンガーです。 ネットのDiscogsの彼の履歴を見ると、 86年にアルバム「Can't Take The Pressure」をリリースしてから現在ま
『Pinchers「Bandelero」』の画像

今回はThe Revolutionariesのアルバム 「Earthquake Dub」です。 The RevolutionariesはHookim兄弟の レーベルChannel Oneで活躍した、 ドラムのSly Dunbarをリーダーとする バック・バンドです。 この時代のジャマイカのバック・バンド は、その時集まれるミュージシャ
『Revolutionaries「Earthquake Dub」』の画像

今回はTetrackとAugustus Pabloの アルバム 「Let's Get Started / Eastman Dub」 です。 TetrackはCarlton HinesとPaul Mangaroo、 Dave Harveyの3人からなるコーラス・ グループです。 おもに70年代後半から80年代に、 Augustus PabloのレーベルMessageや Rockers
『Tetrack, Augustus Pablo「Let's Get Started / Eastman Dub」』の画像

今回はJoseph Cottonのアルバム 「No Touch The Style」です。 Joseph Cotton(本名Silbert Walton)は 70年代半ば~80年代半ばまで Jah Waltonの名前で活躍していたディー ジェイで、その期間にアルバム1枚と多く のシングル盤をリリースしています。 80年代半ば
『Joseph Cotton「No Touch The Style」』の画像

今回はAugustus Pabloのアルバム 「Eastman Dub」です。 Augustus Pablo(本名:Horace Swaby)は 70年代のルーツ・レゲエの時代から活躍 したメロディカ奏者、キーボード奏者、 プロデューサーとして知られている人 です。 それまで練習用の楽器ぐらいにしか思われ て
『Augustus Pablo「Eastman Dub」』の画像

今回はSpanner Bannerのアルバム 「Chill」です。 Spanner Banner(本名:Joseph Bonner) は80年代の後半から活躍する、美声で 知られるダンスホール・レゲエ・シンガー です。 90年にファースト・アルバム「Life Goes On」でアルバム・デビューした 彼は、95年に
『Spanner Banner「Chill」』の画像

今回はPrince Hammerのアルバム 「World War Dub Part 1」です。 Prince Hammer(本名:Beris Simpson)は 70年代の半ばから活躍するディージェイ、 シンガー、プロデューサーとして知られて いる人です。 ネットのDiscogsによると、現在までに 7枚ぐらいのアルバムと
『Prince Hammer「World War Dub Part 1」』の画像

今回はVarious(オムニバス)ものの アルバム 「Africa Iron Gate Showcase」です。 今回のアルバムはいろいろなアーティスト を集めたコンピュレーションアルバムなの で、まずはその中の何人かを紹介しておき ます。 Prince Hammer(本名:Beris Simpson)は 70年代
『Various「Africa Iron Gate Showcase」』の画像

今回はTippa Irieのアルバム 「Two Sides Of Tippa Irie」です。 Tippa Irie(本名Anthony Henry)は 80年代半ば頃からUKで活躍するレゲエ のディージェイです。 ネットのDiscogsによると、現在までに 共演盤を含めて14枚ぐらいのアルバム と、114枚ぐらいのシン
『Tippa Irie「Two Sides Of Tippa Irie」』の画像

今回はCutty RanksとTony Rebelのアルバム 「Die Hard Pt.1」です。 Cutty Ranks(本名:Philip Thomas)は 80年代後半から活躍するダンスホール・ ディージェイです。 クロスオーヴァーな成功を収めたディー ジェイで、ネットのDiscogsによると共演 盤を含めた11枚ぐ
『Cutty Ranks, Tony Rebel「Die Hard Pt.1」』の画像

今回はOssie All Starsのアルバム 「Leggo Dub」です。 Ossie All Starsはキーボード奏者の Ossie Hibbertを中心としたオール スター・メンバーという意味です。 という事でOssie Hibbertについて説明 しておくと、Ossie Hibbert(本名: Oswald Hibbert)は70年代のル
『Ossie All Stars「Leggo Dub」』の画像

今回はNinjaman, Johnny Pのアルバム 「Big Showdown」です。 Ninjaman(本名:Desmond John Ballentine)は80年代後半から活躍 する、バッドマン・スタイルのダンス ホール・ディージェイです。 87年にCourtney Melodyとのコンビ ネーション曲「Protection」でシン
『Ninjaman, Johnny P「Big Showdown」』の画像

今回はSpanner Bannerのアルバム 「Life Goes On」です。 Spanner Banner(本名:Joseph Bonner) は80年代の後半から活躍する、美声で 知られるダンスホール・レゲエ・シンガー です。 90年に今回のアルバム「Life Goes On」 でアルバム・デビューした彼は、95年
『Spanner Banner「Life Goes On」』の画像

今回はPinchersのアルバム 「Lift It Up Again」です。 Pinchers(本名:Delroy Thompson)は 80年代の半ばごろから活躍するダンス ホール・レゲエのシンガーです。 ネットのDiscogsの彼の履歴を見ると、 86年にアルバム「Can't Take The Pressure」をリリースしてから
『Pinchers「Lift It Up Again」』の画像

今回はDennis Bovellのアルバム 「Brain Damage」です。 Dennis Bovellはバルバドス出身のマルチ プレイヤーであり、音楽プロデューサー であり、エンジニアである人です。 バルバトスからUKに12歳の時に移住 した彼は、71年にUKレゲエのバンド Matumbiを結成し
『Dennis Bovell「Brain Damage」』の画像

今回はHarry MudieとKing Tubbyのアルバム 「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.2」です。 Harry Mudieはジャマイカの音楽がラスタ ファリズムに基づいたプロテスト・ソング 一色の70年代のルーツ・レゲエの時代 に、ラヴ・ソング中心の独自路線をと
『Harry Mudie, King Tubby「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.2」』の画像

今回はSizzlaのアルバム 「Kalonji」です。 SizzlaSizzla(本名:Miguel Orlando Collins) は、90年代から活躍するシング・ジェイ のディージェイです。 ボボ・アシャンティという頭いターバンを 巻くラスタファリズムの宗派に属し、その 教えを歌ったコンシャスなメッセ
『Sizzla「Kalonji」』の画像

今回はJohn Holtのアルバム (外カヴァー) (内ジャケ) 「1000 Volts Of Holt (Deluxe Edition)」 です。 John Holt(本名:John Kenneth Holt)は レゲエの60年代後半のロックステディの 時代にコーラス・グループThe Paragonsの リード・ヴォーカルとして活躍し、
『John Holt「1000 Volts Of Holt (Deluxe Edition)」』の画像

今回はRas Michael And The Sons Of Negus のアルバム 「Nyahbinghi」です。 Ras Michael & The Sons Of Negusは レゲエの中でも特にディープな、ラスタ ファリアンの集会音楽「ナイヤビンギ」の グループとして知られています。 レゲエという音楽が誕生する以前の60年
『Ras Michael And The Sons Of Negus「Nyahbinghi」』の画像

今回はImpact All Starsのアルバム 「Java Java Java Java」です。 Impact All StarsはVincent Chinの レーベルRandy's傘下のレーベルImpact のオールスター・メンバーという意味 です。 Randy'sは60年代からジャマイカで活動 する老舗のレーベルで、キングストンで レ
『Impact All Stars「Java Java Java Java」』の画像

今回はThe Wailersのアルバム (ビニール・カヴァー付き) (ビニール・カヴァー無し) 「Catch A Fire (Deluxe Edition)」です。 The Wailersは60年代のスカの時代に Bob MarleyとPeter Tosh、Bunny Wailer の3人で結成されたコーラス・グループ です。 ジャマイカの
『Wailers「Catch A Fire (Deluxe Edition)」』の画像

↑このページのトップヘ