つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

レゲエ - アルバム

今回はToyanのアルバム 「Toyan」です。 Toyan(本名:Byron Everton Letts)は 80年代のダンスホール・レゲエで活躍 したディージェイです。 この人のDiscogsなどのディスコグラフィ を見ると、82年と83年にすごく多くの アルバムを出しているんですが、それ以降
『Toyan「Toyan」』の画像

今回はWayne Wadeのアルバム 「Black Is Our Colour」です。 Wayne WadeについてはネットのDiscogsに 次のように書かれています。 Wayne Wade (born 19 March 1959, Kingston, Jamaica) is a roots reggae singer best known for his work with producer Yabby You in t
『Wayne Wade「Black Is Our Colour」』の画像

今回はCharlie Chaplinのアルバム 「Two Sides Of Charlie Chaplin」です。 Charlie Chaplin(本名:Richard Patrick Bennett)は、80年代のダンスホール・ レゲエで活躍したディージェイです。 ルーツ・ディージェイのU Royに才能を 認められた彼は、U Royのサウンド
『Charlie Chaplin「Two Sides Of Charlie Chaplin」』の画像

今回はJah Wooshのアルバム 「Some Sign」です。 Jah Woosh(本名:Neville Beckford)は レゲエのディージェイやプロデューサーと して活躍した人です。 おもに70年代から80年代前半に ディージェイとして多くのアルバムや シングルをリリースしているほか、 プロデ
『Jah Woosh「Some Sign」』の画像

今回はJohnny Osbourneのアルバム 「Dancing Time」です。 Johnny Osbourne(本名:Errol Osbourne) は60年代のロックステディの時代から 80年代のデジタルのダンスホール・ レゲエの時代まで長く活躍したシンガー です。 ロックステディの時代にはThe Sensations の
『Johnny Osbourne「Dancing Time」』の画像

今回はMichael Palmerのアルバム 「Pull It Up Now」です。 Michael Palmer(本名同じ)は80年代の アーリー・ダンスホールの時代頃から活躍 するダンスホール・レゲエのシンガー です。 Power Houseからリリースの「Lick Shot」 が大ヒットしたシンガーで、アーリー・
『Michael Palmer「Pull It Up Now」』の画像

今回はNinjamanのアルバム 「Ting A Ling A Ling A School Pickney Sing Ting」です。 Ninjaman(本名:Desmond John Ballentine)は80年代後半から活躍 する、バッドマン・スタイルのダンス ホール・ディージェイです。 87年にCourtney Melodyとのコンビ ネーショ
『Ninjaman「Ting A Ling A Ling A School Pickney Sing Ting」』の画像

今回はClint Eastwoodのアルバム 「Jah Lights Shining」です。 Clint Eastwood(本名:Robert Brammer) は70年代のルーツ・レゲエの時代から 活躍するディージェイです。 もともとはシリアスなステッパーズ・ スタイルを得意としていた彼ですが、 80年代のダンスホ
『 Clint Eastwood「Jah Lights Shining」』の画像

今回はJah9のアルバム 「New Name (Deluxe Edition)」です。 Jah9(本名:Janine Cunningham)は、 2010年代頃から活躍する女性シンガー です。 レゲエにジャズを取り入れたような個性的 な歌い方が特徴のシンガーで、2010年 代に入って起こったラスタ・リヴァイ
『Jah9「New Name (Deluxe Edition)」』の画像

今回はU Brownのアルバム 「Superstar」です。 U Brown(本名:Huford Brown)は70年 代のルーツ・レゲエの時代から活躍した ディージェイです。 U Royのフォロワーとして登場した彼は、 70~80年代にかけて様々なサウンド・ システムを渡り歩き、活躍した事で知ら
『U Brown「Superstar」』の画像

今回はYellowman, Toyan, (Ringo)の アルバム 「Super Star Yellowman Has Arrived With Toyan」です。 Yellowman(本名:)は80年代の ダンスホール・レゲエの時代に 「King」と呼ばれるほどの人気を博した ディージェイです。 アルビノ(先天性色素欠乏症)で生まれた
『Yellowman, Toyan, (Ringo)「Super Star Yellowman Has Arrived With Toyan」』の画像

今回はDillingerのアルバム 「Best Of Live」です。 Dillinger(本名:Lester Bullock)は 70年代のルーツ・レゲエの時代から活躍 するディージェイです。 ディージェイを始めた当初は「ヤング・ アルカポーン」と名乗るほど、当時の人気 ディージェイDenis Alcaponeに
『Dillinger「Best Of Live」』の画像

今回はLittle Johnのアルバム 「English Woman」です。 Little John(本名John McMorris)は 80年代のダンスホール・レゲエの時代に 活躍したシンガーです。 1970年に生まれた彼は80年代前半の アーリー・ダンスホールで、10歳に満た ない年齢からシンガーとし
『Little John「English Woman」』の画像

今回はJunior Delgadoのアルバム 「Taste Of The Young Heart」です。 Junior Delgado(本名:Oscar Delgado Hibbert)は、過激な政治的な歌詞で人気 を博したルーツ系のレゲエ・シンガーの ようです。 ネットのDiscogsによると、共演盤を含め て21枚ぐらいのアルバム
『Jnr Delgado (Junior Delgado)「Taste Of The Young Heart」』の画像

今回はTommy McCookのアルバム 「Real Cool: The Jamaican King Of The Saxophone '66-'77」です。 Tommy McCook(本名:Thomas Matthew McCook)はスカ→ロックステディ→ ルーツ・レゲエと、レゲエの歴史に偉大な 足跡を残したサックス・プレイヤーです。 ジャズのサ
『Tommy McCook「Real Cool: The Jamaican King Of The Saxophone '66-'77」』の画像

今回はAlpha Blondy And The Solar Systemのアルバム 「Masada」です。 Alpha Blondy(本名:Seydou Koné)は 70年代から活躍する、コートジボワール 出身のレゲエ・シンガーです。 そのメッセージ性の強い歌の内容から 「アフリカのBob Marley」と称される ほど、人
『Alpha Blondy And The Solar System「Masada」』の画像

今回はSingers & Playersのアルバム 「Revenge Of The Underdog」です。 Singers & Playersはレゲエとパンクの 中間的なレーベルOn-U Soundで活動した ユニットです。 シンガーのBim Shermanやディージェイの Prince Far IやJah Wooshなどが参加した、 ヴォーカルを中心と
『Singers & Players「Revenge Of The Underdog」』の画像

今回はMichael Palmerのアルバム 「I'm So Attractive」です。 Michael Palmer(本名同じ)は80年代の アーリー・ダンスホールの時代頃から活躍 するダンスホール・レゲエのシンガー です。 Power Houseからリリースの「Lick Shot」 が大ヒットしたシンガーで、アーリー
『Michael Palmer「I'm So Attractive」』の画像

今回はFlourgonのアルバム 「Count Out」です。 Flourgon(本名:Michael May)は Red Dragonの弟して知られるダンス ホール・ディージェイです。 兄と同じく80年代後半から90年代に かけて活躍したディージェイで、ネットの Discogsによると今回の共演盤を含めて 2
『Flourgon「Count Out」』の画像

今回はJah Wooshのアルバム 「Dub Plate Specials」です。 Jah Woosh(本名:Neville Beckford)は レゲエのディージェイやプロデューサーと して活躍した人です。 おもに70年代から80年代前半にディー ジェイとして多くのアルバムやシングルを リリースしているほか
『Jah Woosh「Dub Plate Specials」』の画像

今回はSymaripのアルバム 「Skinhead Moonstomp」です。 Simaryp (Symarip)は他にThe Pyramids やThe Bees、Seven Lettersという名前で 活動した黒人のスキンヘッド・レゲエ・ バンドです。 おもに60年代後半から70年代前半に かけて活躍したグループで、Simarypと し
『Simaryp (Symarip)「Skinhead Moonstomp」』の画像

今回はSingers & Playersのアルバム 「War Of Words」です。 Singers & Playersはレゲエとパンクの 中間的なレーベルOn-U Soundで活動した ユニットです。 シンガーのBim Shermanやディージェイの Prince Far IやJah Wooshなどが参加した、 ヴォーカルを中心としたユニッ
『Singers & Players「War Of Words」』の画像

今回はBlack Uhuruのアルバム 「Red」です。 Black Uhuruは70年代中頃から80年代 にかけて世界的にも活躍したヴォーカル・ グループです。 1974年にGarth DennisとDucky Simpson、Don Carlosで結成されました が、Garth DennisとDon Carlosが抜け 代わりにMichae
『Black Uhuru「Red」』の画像

今回はWarrior Kingのアルバム 「Virtuous Woman」です。 Warrior King(本名:Mark Dyer)は、 2000年代から活躍するラスタ・ シンガーです。 2001年に女性賛歌の「Virtuous Woman」でシングル・デビューした彼は、 その曲が世界中で大ヒットし、翌年の 2002
『Warrior King「Virtuous Woman」』の画像

今回はJesse Royalのアルバム 「Hope & Love」です。 Jesse Royal(本名:Jesse David Leroi Grey)は2010年代から盛んになった ラスタ・リヴァイヴァル・ムーヴメントの 中心的なアーティストのひとりとして 知られているシンガーです。 ネットのDiscogsによると、
『Jesse Royal「Hope & Love」』の画像

↑このページのトップヘ