つれづれげえ日記

70年代のルーツ・レゲエを中心に、80年代のダンスホール・レゲエや60年代のスカやロックステディなどのアルバム評を中心に、ブログを書いています。 良かったら読んでみてください。

つれづれげえ日記 イメージ画像

レゲエ - アルバム

今回はVarious(オムニバス)ものの アルバム 「Studio One Disco Mix」です。 まずは今回のアルバムの元になっている Studio Oneというレーベルについて書いて おきます。 Studio Oneは主催者のC.S. Doddを中心に、 ジャマイカの音楽界をスカ→ロックステディ →レゲエと
『Various「Studio One Disco Mix」』の画像

今回はJoe Gibbs & The Professionalsのアルバム 「African Dub All-Mighty Chapter Two」です。 Joe Gibbsはレゲエの歴史に数々の名曲を 残したプロデューサーとして知られて います。 彼とエンジニアのErrol Thompsonのコンビ はThe Mighty Twoと名乗り、レゲエの歴史に
『Joe Gibbs & The Professionals「African Dub All-Mighty Chapter Two」』の画像

今回はVarious(オムニバス)ものの アルバム 「A Scorcha From Studio One」です。 まずは今回のアルバムの元になっている Studio Oneというレーベルについて書いて おきます。 Studio Oneは主催者のC.S. Doddを中心に、 ジャマイカの音楽界をスカ→ロックステディ →レ
『Various「A Scorcha From Studio One」』の画像

今回はJoe Gibbs & The Professionalsの アルバム 「African Dub All-Mighty」です。 Joe Gibbsはレゲエの歴史に数々の名曲を 残したプロデューサーとして知られて います。 彼とエンジニアのErrol Thompsonのコンビ はThe Mighty Twoと名乗り、レゲエの歴史に 数々の名曲
『Joe Gibbs & The Professionals「African Dub All-Mighty」』の画像

今回はBunny Lee & King Tubby Present Tommy McCook And The Aggravatorsの アルバム 「Brass Rockers」です。 Tommy McCookはスカ→ロックステディ→ ルーツ・レゲエと、レゲエの歴史に偉大な 足跡を残したサックス・プレイヤーです。 ジャズのサックス・プレイヤーの
『Bunny Lee & King Tubby Present Tommy McCook And The Aggravators「Brass Rockers」』の画像

今回はTommy McCook and The Agrovatorsの アルバム 「Cookin'」です。 Tommy McCookはスカ→ロックステディ→ ルーツ・レゲエと、レゲエの歴史に偉大な 足跡を残したサックス・プレイヤーです。 ジャズのサックス・プレイヤーの John Coltraneに憧れて音楽を始めた彼は、
『Tommy McCook and The Agrovators「Cookin'」』の画像

今回はVarious(オムニバス)ものの アルバム 「Rockers All Stars」です。 まずこのアルバムに深い関わりのある Augustus Pabloについて書いておきます。 Augustus Pabloは70年代のルーツ・レゲエ の時代から活躍したメロディカ奏者、 キーボード奏者、プロデューサー
『Various「Rockers All Stars」』の画像

今回はAswadのアルバム 「New Chapter」です。 AswadはUKレゲエの先駆的なバンドとして 知られているグループです。 UK(イギリス)では早くからジャマイカ の音楽が認められていて、古くはスカの時代 から輸入元のレーベルの名前からブルー・ ビート(Blue Beat)の名
『Aswad「New Chapter」』の画像

今回はShineheadのアルバム 「Unity」です。 Shinehead(本名:Edmund Carl Aiken)は 80年代半ばから90年代に活躍した、 レゲエとヒップホップを融合したラガ・ ヒップホップ・スタイルで人気を博した ディージェイです。 ネットのDiscogsを見ると、8枚ぐらいの ア
『Shinehead「Unity」』の画像

今回はKing Tubbyのアルバム 「King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style Part 2」です。 King Tubbyはルーツの時代から活躍するダブ のミキサーであり、プロデューサーである人 です。 もともと電気技師だった彼は、ルーツ・ レゲエの時代からミキサーとして活躍
『King Tubby「King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style Part 2」』の画像

今回はLucky Dubeのアルバム 「Prisoner」です。 Lucky Dube(本名:Lucky Philip Dube)は 南アフリカ出身のレゲエ・シンガーです。 もともとは南アフリカのズールーの音楽を 起源とする音楽「ムバカンガ」の歌手として キャリアをスタートさせ人気歌手となった 彼ですが
『Lucky Dube「Prisoner」』の画像

今回はJackie Mittooのアルバム 「The Money Makers」です。 Jackie Mittooは60年代のスカの時代に 伝説のスカ・バンドThe Skatalitesの キーボード奏者として活躍し、さらにレゲエ の前身のロックステディの時代になると Studio Oneのバック・バンドSoul Defenders →S
『Jackie Mittoo「The Money Makers」』の画像

今回はEarl 'Chinna' Smith & Idrensのアルバム 「Inna De Yard Vol.2」です。 Earl 'Chinna' Smithは70年代のルーツ・ レゲエの時代から現在に至るまで、長く 活躍するレゲエを代表するギタリストです。 この人の活動歴は本当に凄くて、70年代の ルーツ・レゲエの時
『Earl 'Chinna' Smith & Idrens「Inna De Yard Vol.2」』の画像

今回はYabby You & The Prophetsの アルバム 「Deeper Roots Part 2: More Dubs And Rarities」です。 Yabby You(本名Vivian Jackson)は ルーツ・レゲエの時代から活躍したシンガー であり、プロデューサーでもある人です。 70年代のルーツ・レゲエの時代はラスタ フ
『Yabby You & The Prophets「Deeper Roots Part 2: More Dubs And Rarities」』の画像

今回はBlack Rootsのアルバム 「On The Frontline」です。 Black RootsはUKで1979年に結成 された、8人組のルーツ・レゲエ・バンド のようです。 ネットのDiscogsによれば、彼らについて 次のような記述があります。 Hailing from the St Paul's area of Bristol,
『Black Roots「On The Frontline」』の画像

今回はPablo Mosesのアルバム 「Pave The Way」です。 Pablo Moses(本名:Pableto Henry)は 70年代半ば頃から活躍するルーツ・ シンガーです。 80年代に入るとジャマイカのレゲエも ダンスホール・レゲエが主流になり、ラスタ ファリズムに基づいたルーツ・レゲエは
『Pablo Moses「Pave The Way」』の画像

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「Right Time」です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホールの 時代に活躍したコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shaw を中心にコーラスのLloyd 'Judge' Fer
『Mighty Diamonds「Right Time」』の画像

今回はThe Mighty Diamondsのアルバム 「When The Right Time Come I Need A Roof」です。 The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・ レゲエの時代から80年代のダンスホールの 時代に活躍したコーラス・グループです。 リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shaw を中心
『Mighty Diamonds「When The Right Time Come I Need A Roof」』の画像

今回はDub Specialistのアルバム 「17 Dub Shots From Studio One」です。 Dub SpecialistはStudio Oneなど多くの レーベルでミキサーとして活躍した Sylvan Morrisの別名だと思われています が、正確にはStudio Oneのダブ作成の プロジェクト名のようです。 ネットのDis
『Dub Specialist「17 Dub Shots From Studio One」』の画像

今回はVarious(オムニバス)もののアルバム 「King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style」です。 まずはこのアルバムに関係のあるKing Tubby (King Tubbys)について語っておこうと 思います。 King Tubbyはルーツの時代から活躍するダブ のミキサーであり、プ
『Various「King Tubbys Presents Soundclash Dubplate Style」』の画像

今回はToyanとTipper Lee、Johnny Slaughter のアルバム 「Murder」です。 Toyan(本名:Byron Everton Letts)は 80年代のダンスホール・レゲエで活躍した ディージェイです。 この人のDiscogsなどのディスコグラフィー を見ると、82年と83年にすごく多くの アルバ
『Toyan with Tipper Lee + Johnny Slaughter「Murder」』の画像

今回はCornell Campbellのアルバム 「Sweet Baby」です。 Cornell Campbellはロックステディの時代に The Eternalsのリード・ヴォーカルとして活躍 し、「Stars」や「Queen Of The Minstrels」 などのヒット曲を持つシンガーです。 その後のレゲエの時代になっても同郷の
『Cornell Campbell「Sweet Baby」』の画像

↑このページのトップヘ