今回はGeneral Degreeのアルバム

general_degree_01a

「Granny」です。

General Degree(本名:Cardiff Butt)
は80年代後半から活躍するダンス
ホール・ディージェイです。

ネットのDiscogsには彼について次のよう
に書かれています。

Jamaican Dancehall producer, artist and Deejay. General Degree started out as a deejay in the second half of the 1990's, with an x-rated style. Runs Size 8 Productions.
b. 28 April 1968.

《ジャマイカのダンスホールプロデュー
サー、アーティスト、ディージェイ。
General Degreeは1990年代後半に
ディージェイとしてスタートし、
X-Rated(成人向け)なスタイルで活動
していた。Size 8 Productionsを運営。
1968年4月28日生まれ。》

General Degree - Wikipedia

ジェネラル・ディグリー(General Degree)、ショートインタビュー

ネットのDiscogsによると、共演盤を含め
て10枚ぐらいのアルバムと、345枚
ぐらいのシングル盤をリリースしていま
す。

今回のアルバムは1992年にUSの
VP Recordsからリリースされた彼の
ファースト・アルバムです。

プロデュースとアレンジ、バックを
Danny Brownieが担当したアルバムで、
表題曲の「Granny(おばあちゃん)」は
老婆と若者の声をGeneral Degreeが一人
で演じ分けた口芸が光る曲で、明るい
陽性のノリがとても楽しいアルバムに
仕上がっています。

手に入れたのはVP Recordsからリリース
されたLPの中古盤でした。

Side 1が6曲、Side 2が5曲の全11曲。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Produced & Arranged by: Danny Brownie
Musicians: All Tracks by Danny Brownie
Except Robbie Shakespeare - Bass on Granny
Recorded & Mixed at: One At A Time Studio, Kingston, Ja. by Danny Brownie
All songs written by: Cardiff Butt, H. Browne
Except Granny by Cardiff Butt, H. Browne & R. Shakespeare

A Studio Case Design

となっています。

プロデュースとアレンジ、バックの演奏は
Danny Brownie(本名:Haldane Wayne
Browne)で、Side 1の1曲目「Granny」に
Robbie Shakespeareがベースで参加して
います。
全ての曲の作曲はCardiff Butt(General
Degree)とH. Browne(Danny Brownie)
で、「Granny」にはRobbie Shakespeareも
参加しています。

ジャケット・デザインはA Studio Caseが
担当しています。
表ジャケは杖を持ったGeneral Degreeと
みられる男性と、何か細い棒を持った
おばあさんのイラストです。

general_degree_02a
裏ジャケ

さて今回のアルバムですが、老婆と若者の
声を演じ分けたGeneral Degreeのコミカル
な口芸が楽しい表題曲「Granny」をはじめ
として、General Degreeの陽気で器用な
トースティングが光る、好内容のアルバム
となっています。

80年代の半ば頃からジャマイカでは
デジタルのダンスホール・レゲエが人気の
音楽となり、早口でまくし立てるディー
ジェイなど、様々な口芸を持ったディー
ジェイが登場して来ます。
今回のGeneral Degreeは老婆と若者の2つ
の声を使い分けた表題曲の「Granny」で
人気に火が付いたディージェイですが、
そうしたコミカルでいろいろな声色を使い
分けるディージェイとして人気が出たのは
Lieutenant Stitchie(Lt. Stitchie)
あたりが最初だったようです。
そうしたコミカルで陽気な芸風が、明るい
音楽を好むジャマイカの人々の心を捉えた
のでしょうか。
こうしたLt. Stitchieの流れを汲む様々な
声色を使い分けるディージェイは、この
General Degree以外にも、ダンスホール・
レゲエの隆盛と共にその後も多く登場して
来ています。
ある意味とてもダンスホール・レゲエ
らしい、コミカルで陽気な芸風といえる
かもしれません。

今回のアルバムは90年代あたりの音楽を
もう少し勉強したかった事と、値段が比較
的安かった事、ジャケットのイラストが
ちょっと気に入った事などで購入しまし
た。
正直それほど期待して買ったアルバムでは
無かったのですが、General Degreeの巧み
な口芸が面白く、この時代らしい明るい
グルーヴ感があり意外と好内容のアルバム
だと思いました。

ちなみにこの老婆と若者を使い分ける口芸
がウケた為か、今回のアルバムでは他にも
「Granny Walk An' Rock」や「Granny
Granny Cry」など何曲かでこの口芸を披露
しています。
そうした楽しいサービス精神も、この
ジャマイカのダンスホールらしいところ
なのかもしれません。

Side 1の1曲目は表題曲の「Granny」
です。
書いたように老婆と若者を使い分ける口芸
が面白い、彼の初期のヒット曲です。
なんでも罵るお婆ちゃんと孫のやり取りが
とても楽しい曲です。
楽し気なドラミングとキーボードを中心と
したメロディに、老婆と若者を使い分けた
General Degreeの技巧的でコミカルな
トースティングが面白い曲です。

General Degree - Granny


2曲目は「Lampshade Body」です。
デジタルらしいドラミングにちょっと
コミカルなキーボードのメロディ、
明るいGeneral Degreeの流れるような
トースティングがイイ感じ。

Lampshade Body


3曲目は「Mother Rule Pickney」です。
こちらも老婆と若者を使い分けた曲です。
デジタルなキーボードのメロディに、
甲高い老婆のと若者のコミカルな会話を
うまく使い分けたGeneral Degreeの
トースティングがとても面白い曲です。

Mother Rule Pickney


4曲目は「Inna Order」です。
明るいキーボードのメロディに、デジタル
のドラミング、ノリの良いGeneral Degree
のトースティングがイイ感じ。

Inna Order


5曲目は「Granny Walk An' Rock」です。
この曲をネットのRiddimguideで検索した
ところ、「Jam」というリディムだそう
です。
こちらも老婆と若者を使い分けたトース
ティングが聴きどころの曲です。
デジタルなキーボードのメロディに、
老婆と若者を使い分けたGeneral Degree
の愉快なトースティング。

General Degree Granny walk and rock


6曲目は「Girls Calling」です。
ホーンとデジタルなキーボードのメロディ
に、ノリの良いGeneral Degreeのほとんど
歌っているようなシング・ジェイの入った
トースティング。

Girls Calling


Side 2の1曲目は「Country Livity」
です。
ホーン音の明るいオープニングから、キー
ボードとドラミングが印象的なメロディ、
表情豊かなGeneral Degreeのトース
ティングが楽しい曲です。

Country Livity


2曲目は「Food-A-Rama」です。
デジタルなギター音のメロディに、歯切れ
の良いデジタルのドラミング、時折老婆の
モノマネも入るGeneral Degreeの楽しい
トースティング。

General Degree - Food A Rama


3曲目は「Can't Understand」です。
デジタルなホーン音のメロディに、
デジタルな歯切れの良いドラミング、畳み
掛けるようなGeneral Degreeのトース
ティングが楽しい曲です。

Can't Understand


4曲目は「Tek Weh Di Crowning」です。
いかにもダンスホールらしいデジタルな
キーボードのメロディに、歯切れの良い
ドラミング、流れるように滑らかな
General Degreeのトースティングがイイ
感じ。

Tek Weh Di Crowning


5曲目は「Granny Granny Cry」です。
こちらも老婆と若者を使い分けた曲です
が、泣き声なども入ったより演劇性の強い
曲です。
デジタルのキーボードに、芸達者な
General Degreeのトースティングが
楽しい曲です。

General Degree & Papa San - Granny Granny Cry


ざっと追いかけて来ましたが、デジタルな
リズムに乗せたコミカルで明るいトース
ティングは、いかにもこの時代のダンス
ホール・レゲエらしい底抜けの明るさが
ありとても面白いです。

General Degreeはその後もパトワ語の発音
がピアニストと男性器ペ○スが似ている事
をネタにしたX-Rated(下ネタ)な曲
「Pianist」を大ヒットさせたりと、
90年代のダンスホールで人気のディー
ジェイとして活躍をした人なんですね。

General Degree - Pianist


今回のアルバムはそんな彼の出発点と
なったアルバムで、芸達者な彼の個性が
よく発揮された、なかなか好内容な
アルバムだと思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。

General Degree Live 1993


General Degree - Traffic Blocking | Official Video



○アーティスト: General Degree
○アルバム: Granny
○レーベル: VP Records
○フォーマット: LP
○オリジナル・アルバム制作年: 1992

○General Degree「Granny」曲目
Side 1
1. Granny
2. Lampshade Body
3. Mother Rule Pickney
4. Inna Order
5. Granny Walk An' Rock
6. Girls Calling
Side 2
1. Country Livity
2. Food-A-Rama
3. Can't Understand
4. Tek Weh Di Crowning
5. Granny Granny Cry