2021_07_12_05a


2021年7月6日(火)にネットの
レゲエ・ショップLion Music Denで購入
したアルバムが届きました。

●Lion Music Denで購入したCD
○Ginjah「The Reggae Soul Man」
○Chezidek「Hello Africa」

2021_07_12_01a


●Lion Music Denで購入したLP
○Sam Carty & The Astronauts「International Slackness」
○Micael Palmer「Micael Palmer Showcase: I'm Still Dancing」
○Johnny Osbourne「Groovin'」
○Johnny Osbourne「Cool Down」
○Prince Jazzbo「Choice Of Version」

2021_07_12_02a


2021_07_12_03a


2021_07_12_04a


Lion Music Denは愛知県の名古屋市に
あるレゲエ・ショップのようで、以前に
あまり日本では売られていなかった
Mr. VegasのCD「Ism」を売っていたの
で、その「Ism」と数枚のCDを購入した
事がありました。
それ以来時々このサイトを覗いています。
今回はに日本ではあまり売られていない
Ginjahの「The Reggae Soul Man」と、
レゲエレコード・コムで売られていたもの
の現在は「取り寄せ」になっている
Chezidekの「Hello Africa」、さらには
かなりレアなSam Carty & The Astronauts
のアルバムを見つけたので、久しぶりに
注文してみました。


Ginjahの「The Reggae Soul Man」は、
今年2021年にUSのNatures Way
Entertainmentからリリースされた彼の
ファースト・アルバムです。
(ちなみにデータのリリースとしては
2014年に「Urge To Love」、17年に
「Roots」、20年に「Survival」という
アルバムがあります。
それを含めると今回のアルバムは4枚目の
アルバムという事になります。)

GinjahというとYoTubeにアップされた
I-Octaneとの共演曲「One Chance」など
がよく知られていると思います。

I-Octane feat. Ginjah - One Chance [Official Video 2017]


映像を見るとかなり大柄な人で、伸びやか
な美声がとても魅力的なシンガーです。
この「One Chance」を聴いて以来ずっと
気になっていた人なんですが、ネットで
調べた限りでは3つぐらいのデータ・
ファイルでのアルバム・リリースはある
ものの、CDなどのリリースはありません
でした。
今回このLion Music DenでCDを見つけた
ので、ぜひとも購入したいと思い手に入れ
ました。

今回の「The Reggae Soul Man」という
アルバムでは、すでにYoTubeにアップされ
た「Bible And Key」など、タイトル通り
の彼らしいソウルフルな歌声が楽しめる
アルバムとなっているようです。

Ginjah - Bible and Key [Official Video | Short Film 2020]


Ginjah - Midnight Train [Nature Ways Entertainment] (New Song2021)


何曲か聴いた印象では彼は近年流行の
ラスタ・リヴァイバル系のアーティスト
ではなさそうで、I-Octaneなどに近い
ルーツからダンス・ホールのラヴ・ソング
などもこなす、ある意味「万能タイプ」と
いったシンガーのようです。
近年ルーツとダンスホールの敷居が下がっ
て来ておりこうしたアーティストが増えて
いますが、彼の説得力のある歌声はとても
魅力的です。


Chezidekの「Hello Africa」は2020年
にUSのTad's Recordからリリースされた
アルバムです。
90年代の終わり頃からルーツ系の
シンガーとして永く活躍するChezidekです
が、このアルバムをリリースした20年に
はフランスのバンドLigeriansと共作した
アルバムをリリースするなど、今も精力的
に活動を続けています。

今回のアルバムはネットの情報によると、
「今年のセラシアイ誕生日にリリースされ
たチェジデックのニューアルバム!」なん
だそうです。
実はこのアルバムネットのレゲエ
レコード・コムでも売られていて、試聴
した感じも良かったので購入したいなと
思っていたアルバムでした。
ただ買わずに迷っている間に「お取り
寄せ」となってしまったので、手に入れる
のを失敗したなぁと思っていたアルバム
でした。
それがこのLion Music DenでCDが売ら
れていたので購入しました。

正統派のラスタ系のアーティストである
Chezidekの11枚目か12枚目にあたる
ソロ・アルバムで、彼の飽くなきルーツへ
の想いの詰まったアルバムとなっていま
す。

Chezidek - March [Official Video 2020]


Chezidek - Unite (Official Video)


Chezidek - Because I'm Black (Official Video)



Sam Carty & The Astronautsの
「International Slackness」は、
1981年にジャマイカのDynamic Sounds
の子レーベルNuraからリリースされた
アルバムです。
Sam Cartyは60年代後半ぐらいから活躍
するシンガーのようで、この80年代前半
のアーリー・ダンスホールの時代に特に
活躍が際立つシンガーのようです。
The AstronautsはDonald Wrightと
Zac Henryから成る、2人組のコーラス・
グループのようです。

今回のアルバムはプロデュースは
Rodguel 'Blackbeard' Sinclairで、
The Ring Craft Posseがバックを務めた
アルバムで、ヒットした表題曲の
「International Slackness」など、
アーリー・ダンスホールの空気感を感じ
られる内容となっています。

ちなみにこのアルバムは翌82年に同じ
Nuraレーベルより「Stand United」と改題
されて、別ジャケットで再リリースされて
います。
そのSam Carty & The Astronautsの
「Stand United」は、あのレゲエ本
「Roots Rock Reggae」に紹介されている
アルバムのひとつなんですね。
この「International Slackness」や
別ジャケの「Stand United」にしても、
レゲエの中古探しをしてもあまり見かけた
事の無いアルバムで、今回このLion Music
Denで初めて見つけたので、ぜひ手に入れ
たいと思ったアルバムでした。

Sam Carty And The Astronauts - International Slackness


Sam Carty & The Astronauts - Stand United


Sam Carty & The Astronauts - Africa We Want To Go "STAND UNITED"



Micael Palmerの「Micael Palmer
Showcase: I'm Still Dancing」は
1983年にジャマイカのNkrumah 'Jah'
ThomasのレーベルMidnight Rockから
リリースされた彼のファースト・アルバム
です。

タイトルから解るように歌とダブが交互に
収められた「ショーケース・スタイル」の
アルバムで、プロデュースはJah' Thomas
で、バックはこの時代にスローなワン・
ドロップのリズムで大活躍した
Roots Radics Bandという布陣のアルバム
です。
Micael Palmerと言えば84年の
セカンド・アルバム「Lick Shot」が有名
ですが、このアルバムもアーリー・ダンス
ホール好きなら押さえておきたいアルバム
ではないかと思います。

Michael Palmer - ghetto dance


MICHAEL PALMER - Looking Good + Dub



次のJohnny Osbourneの2枚のLPは中古
で、どちらも1000円と比較的安かった
ので購入しました。

Johnny Osbourneは60年代後半のロック
ステディの時代から活躍するシンガーで、
当初はThe Sensationsのリード・
ヴォーカルとして活躍していました。
そのJohnny Osbourne & The Sensationsの
デビュー・アルバム「Come Back Darling」
のリリース直後にカナダに渡米し、
ジャマイカでレゲエが流行した70年代は
カナダで音楽活動をしていました。
その後70年代の終わり頃にジャマイカに
戻り、それからはそれまでの音楽経験を
活かして80年代前半のアーリー・ダンス
ホールから80年代の中期以降のデジタル
のダンスホール・レゲエの時代と常に一線
で活躍したのがこの人なんですね。
そうした経験豊富な人なのでこの人の
アルバムは歌唱が安定しており、あまり
ハズレというアルバムが少ないんですね。
今回のアルバムどちらも全盛期という
アルバムでは無いかもしれませんが、その
安定した歌唱を評価して購入しました。

Johnny Osbourne「Groovin'」は1991年
にUSのVP Recordsからリリースされた
彼のソロ・アルバムです。
プロデュースはE.J. Robinsonで、バック
はSteely & ClevieやDanny Browneなどが
担当したアルバムで、デジタルの演奏を
バックに、Johnny Osbourneらしいどんな
楽曲も乗りこなすヴォーカルが楽しめる
アルバムとなっているようです。

Johnny Osbourne - Groovin' (Cherry O Baby Riddim)


Johnny Osbourne-Kill A Sound Tonight (Clash Chunes)


Johnny Osbourne「Cool Down」は、ネット
のDiscogsでは「Unknown(作成年不詳)」
となっていますが、いくつかの英文の
ディスコグラフィーでは1989年と
なっているアルバムで、ジャマイカの
Top Rankというレーベルからリリースされ
たアルバムです。

ネットの販売サイトに書かれた文章による
と、「ピーター・フランプトンの名曲
『BABY I LOVE YOUR WAY』や、こちらも
フィル・コリンズの名曲『GROOVY KIND OF
LOVE』など美味しいカヴァーを含む全10曲
収録!」のアルバムなんだそうです。

ピーター・フランプトン!
ちょっと懐かしい人ですね!
ピーター・フランプトン(Peter
Frampton)はUK出身のロック・
ミュージシャンで、The HerdやHumble Pie
などのロック・グループを渡り歩いた後に
ソロとして成功した人です。
私が20代の頃にライヴ・アルバムが
大ヒットし、そのライヴからシングル・
カットされた「Show Me The Way」や
「Baby, I Love Your Way」などの楽曲が
ビルボードの上位にノミネートされた事で
知られています。
調べてみると75年ぐらいの事だったよう
です。
私ぐらいの60代ぐらいの人間にはとても
懐かしい人なんですね(笑)。

またフィル・コリンズ(Phil Collins)
はロック・バンドジェネシス(Genesis)
のドラマーで、ソロとしても数々のヒット
曲を出した事で知られる人です。
ちなみに今回Johnny Osbourneが歌って
いる「A Groovy Kind Of Love」は、
88年のヒット曲のようです。

今回のアルバムはこうしたポピュラーの
ヒット曲も盛り込んだ内容で、70年代に
カナダで経験を積んだJohnny Osbourneの
歌唱が楽しめるアルバムとなっているよう
です。

Johnny Osbourne - Baby I Love Your Way.


Johnny Osbourne - What About Me aka Wedding Invitations



Prince Jazzboの「Choice Of Version」
は、1992年にUSのStudio Oneから
リリースされたアルバムです。
ネットの販売サイトの情報によると、
「73年にStudio Oneで制作されながらも、
90年代に入るまではお蔵入りとなっていた
曰く付きの」アルバムなんだとか。
リリースはかなり遅いですが、全盛期の
Studio Oneの濃厚なサウンドをバックに、
Prince Jazzboのトースティングが冴える
アルバムとなっています。

なおこのアルバムですが、2002年に
UKの Studio Oneからリリースされた
Prince Jazzboのアルバム「Pepper Rock」
と曲順違いのほぼ同内容のアルバムのよう
です。

Prince Jazzbo / Choice of version ( DJ version of the Heptones Classic Choice of colour )


Prince Jazzbo - Imperial I - (Pepper Rock)



以上が今回購入したアルバムです。
まだ注文は2回目だったネットのレゲエ・
ショップLion Music Denでしたが、注文
した翌日には発送してくれて、その翌日の
午前中にはアルバムを受け取る事が出来ま
した。
意外と品揃えも良く、たまに他では見かけ
ないアルバムも売っている事があるので、
けっこうおススメです。


ここのところアルバムをよく購入していま
すが、実はまだあまり聴いていません。
90を過ぎた母と暮らしているので掃除や
洗濯、洋服の準備など多少時間を取られる
ようになった事もあるのですが、やはり
大きいのはコロナ禍で気持ちに元気が無い
事が大きいのかなと思います。
なんだかゆっくりレゲエを聴いている気分
に、なかなかなれないんですね(苦笑)。

そのせいか先月(6月)はブログを1つ
しかアップ出来ませんでした。
ここのところメチャクチャ「遅筆」に
なっています。
どうも気持ちに元気が無くて、なかなか
文章が書けずにいます。

もうじきオリンピックだというのにまた
東京に緊急事態宣言が出たようだし、一体
どうなるのでしょうね(苦笑)。
東京で1000人台が身近に迫っていて、
とても不安です。
オリンピックが無事に出来るのかな…。

とりあえず我が家では母の2回のワクチン
接種が終わり、私と兄も今月の終わり頃に
は2回目のワクチンが打てそうなので、
ワクチンの効果が発揮する8月の終わり頃
まで2重マスクをしておとなしく暮らして
いれば何とかなりそうです。

今はまだワクチンが打てていない50代
ぐらいの人が一番大変そうですね。
早く多くの人にワクチンが行き渡る事を
心から願っています。

出来ればもう少しブログを書くのを頑張り
たいと思っています。
少しでも心の慰めになってくれると嬉しい
です。

ではこの辺で。

Protoje - Self Defense (Official Video)