今回はBim Shermanのアルバム

bim_sherman_08a

「Miracle」です。

Bim Sherman(本名:Jarrett Lloyd
Tomlinson Vincent)Bim Shermanは70年
代の後半ぐらいから活躍するシンガーで、
プロデューサーでもある人です。

ネットのDiscogsには彼について次のよう
に書かれています。

Born Jarrett Tomlinson in 1952 in Kingston, Jamaica, Bim Sherman alias J. Vincent,
started his career in 1975. He released many 7" records in Jamaica via his own
labels, "Scorpio" and "Red Sea". One of his biggest fans, the then young reggae
producer Adrian Sherwood asked him in 1979 to come to England and tour with
Prince Far I, Creation Rebel and Prince Hammer. Bim Sherman decided to stay in
London and became a regular collaborator for On-U Sound. He also started his own
label, Century Records. Sadly, Bim Sherman died, as a result of cancer, on
November 17, 2000, London, England.

《ジャマイカのキングストンで1952年
にJarrett Tomlinsonとして生まれた
Bim Sherman(別名:J. Vincent)は、
1975年にキャリアを開始しました。
彼は自身のレーベル「Scorpio」および
「Red Sea」を通じてジャマイカで多くの
7インチ・レコードをリリースしました。
当時の若手のレゲエ・プロデューサーで
あったAdrian Sherwoodは、1979年に
イギリスに来て、Prince Far Iや
Creation Rebel、Prince Hammerとツアー
をするように要請しました。Bim Sherman
はロンドンに留まることを決め、On-U
Soundのレギュラー・コラボレーターに
なりました。そして彼は自身のレーベルで
あるCentury Recordsをスタートさせまし
た。悲しいことに2000年11月17日
に、Bim Shermanはイギリスのロンドンで
ガンで亡くなりました。》

彼はUKのパンクレゲエの中間ぐらいの
レーベル、白人のAdrian Sherwoodの主催
するOn U Soundsでも活躍したシンガーと
してよく知られています。

2000年にロンドンで50歳という若さ
でガンで亡くなっています。

ネットのDiscogsによると、共演盤を含め
て21枚ぐらいのアルバムと、56枚
ぐらいのシングル盤をン個しています。

Bim Sherman - Wikipedia

bim_sherman_05a
Bim Sherman ‎– Across The Red Sea (1982)

今回のアルバムは1996年にUKの
Mantra Recordingsからリリースされた
彼のソロ・アルバムです。

プロデュースはAdrian SherwoodとSkip
McDonald、Talvin Singhで、全編生ギター
とストリングスを使ったアコースティック
なサウンドで、82年のアルバム
「Across The Red Sea」に収められた
「Golden Locks」の再演など、哀愁溢れる
Bim Shermanらしい匂い立つような
ヴォーカルの個性が光るアルバムとなって
います。

手に入れたのはMantra Recordingsから
リリースされたCDの中古盤でした。

全11曲で収録時間は52分37秒。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Vocals: Bim Sherman
Acoustic Guitars, Backing Vocals: Skip McDonald
Tablas, Percussion: Talvin Singh
Bass: Doug Wimbish
Backing Vocals: Carlton 'Bubblers' Ogilvie
Strings: Studio Beat Orchestra Bombay
Strings Arranged by: Suraj Sathe

Produced by: Adrian Sherwood, Skip McDonald, Talvin Singh
Special Thanks to Hari Haran and Steve Barker

Engineered by: Paul Becket, Andy Montgomerey, Jeremy Wheatley, Alan Branch, Tony Brown, Alan Adiri
Assistant Engineers: Darren Grant, Maggie Apostolou
Recorded at Roundhouse, The Manor and On-U-Sound Studios, London E17

Design & Art Direction: Nick Edwards
Photography: Colin Hawkins

となっています。

ヴォーカルはBim Shermanで、
アコースティック・ギターとバック・
ヴォーカルにSkip McDonald、タブラー
(北インドの太鼓の1種)と
パーカッションにTalvin Singh、ベース
にDoug Wimbish、バック・ヴォーカルに
Carlton 'Bubblers' Ogilvie、ストリング
スにStudio Beat Orchestra Bombay、
ストリングス・アレンジにSuraj Satheと
いう布陣です。

プロデュースはAdrian SherwoodとSkip
McDonald、Talvin Singhとなっています。
「Special Thanks」としてHari Haranと
Steve Barkerという名前があります。

エンジニアはaul BecketとAndy
Montgomerey、Jeremy Wheatley、Alan
Branch、Tony Brown、Alan Adiri、
アシスタント・エンジニアはDarren Grant
とMaggie Apostolouとなっています。

レコーディングはロンドンのRoundhouse
とThe Manor、On-U-Sound Studiosで行わ
れています。

ジャケット・デザインはNick Edwards、
写真はColin Hawkinsとなっています。

bim_sherman_09a
裏ジャケ

さて今回のアルバムですが、アコース
ティック・ギターにパーカッション、
ベース、ストリングスといったシンプルな
バックのサウンドに、Bim Shermanの呟く
ような寂寥感のあるヴォーカルが乗った、
いかにも彼Bim Shermanらしい個性的な
サウンドで、なかなか面白いアルバムだと
思います。

今回のアルバムですが、ネットの販売
サイトに書かれていたこのアルバム評には
「オリエンタルなオーガニックサウンド」
だとか「フォーキーで哀愁味あふれる異色
サウンド」というような事が書かれていま
した。
こうした評価からも解るように、この
アルバムのサウンドはかなりアコース
ティックなシンプルなサウンドでありなが
ら、どこか深い悲しみをたたえたような
独特の寂寥感のあるサウンドで、ちょっと
普通のレゲエとは違った、すごく個性的な
サウンドなんですね。
アコースティックな軽めの音作りであり
ながら、内容的にはかなりヘヴィーな
サウンドなんですね。
ある意味人によって好き嫌いが分かれる
サウンドかもしれません。

このアルバムの4年後の2000年に
Bim Shermanはガンで亡くなっています
が、それを予見させるような愁いを帯びた
サウンドなんですね。
ちょっと推論が入りますが、もうこの
96年頃には彼の体調は少し悪化していた
のかもしれません。
そうした彼を心配したAdrian Sherwoodを
はじめとする彼の仲間が企画したのが、
今回のアルバムなのではないか?
ちょっとそんな思いがしました。

Adrian SherwoodのOn-U Soundで制作され
た82年のアルバム「Across The Red
Sea」に収められた「Golden Locks」で
始まる今回のアルバムは、まるで彼の履歴
を辿って行くような内容です。
「Golden Locks」の静かに語り出すような
歌いぶりから、最後の11曲目「Just
Can't Stand It」で聴かれるBill Withers
のソウルの名曲「Ain't No Sunshineの
リディムの、「I Know, I know, Iknow,
…」のフレーズの繰り返しまで、深い慈愛
と悲しみに満ちたような楽曲は、彼の
集大成を温かく見守る仲間の視線が感じ
られます。
重くて暗い内容のアルバムなのだけれど、
すごく心を揺さぶられるアルバムなんです
ね。

アルバムのタイトルは「Miracle(奇跡)」
ですが、これは何を意味しているので
しょう?
ネットで調べると奇跡とは、「人間の力や
自然法則を超え、神など超自然のものと
されるできごと。基本的には宗教および
信仰と結びついていることが多い。
奇跡、miracleという表現はどちらかと
言うとキリスト教などを中心として用いら
れる用語で、それに相当するような内容を
仏教や神道では『霊験』(れいげん)と
言い、たとえば『霊験あらたか」などと
表現する。」とあるのですが…。
やはり彼の回復を願ってのタイトルなので
しょうか。

奇跡 - Wikipedia

1曲目は「Golden Locks」です。
書いたように、彼の82年のアルバム
「Across The Red Sea」に収められた曲
です。
ストリングスにアコースティック・ギター
の静かなメロディに、Bim Shermanの
優しい力の抜けたソフトなヴォーカルが、
胸に沁みわたるような曲です。

Bim Sherman - Golden Locks


2曲目は「Bewildered」です。
生ギターとストリングの優しいメロディ
に、心地良い打楽器のリズム、心を込めて
歌うBim Shermanのスローなヴォーカルが
魅力的。

Bim Sherman Bewildered


3曲目は「Over The Rainbow」です。
ギターと心地良いパーカッション、
ストリングスのメロディに、Bim Sherman
の感情を乗せたソフトなヴォーカルが
イイ感じ。

Bim Sherman - Over The Rainbow [Miracle 1996.]


4曲目は「Must Be A Dream」です。
リリカルな木管楽器のような音色から、
ギターとストリングスのメロディ、
Bim Shermanのソフトなヴォーカルが
イイ感じ。

Must Be a Dream


5曲目は「Simple Life」です。
心地良うパーカッションに弦楽器、
ストリングスのメロディ、Bim Shermanの
ナイスなヴォーカル。

6曲目は「Solid As A Rock」です。
ギターとシタールのような弦楽器の
メロディに、ソフトなBim Shermanらしい
湿り気を帯びたヴォーカルが魅力的。

Solid As a Rock


7曲目は「My Woman」です。
ギターと弦楽器のメロディに、心地良い
パーカッション、ソフトなBim Shermanの
ヴォーカル…。

8曲目は「Missing You」です。
リリカルなピアノにストリングス、ソフト
な男性コーラスの悲し気なメロディに、
Bim Shermanの味わいのあるヴォーカルが
魅力的。

Missing You


9曲目は「Can I Be Free From Crying」
です。
心地良い打楽器に、民族楽器のような
音色、ソフトなBim Shermanらしい
ヴォーカルがイイ感じ。

BIM SHERMAN "Can I Be Free From Crying"


10曲目は「Lovers Leap」です。
生ギターに心地良い打楽器の音色、ソフト
に入って来るBim Shermanのナイスな
ヴォーカル。

Lovers Leap


11曲目は「Just Can't Stand It」
です。
オリエンタルな弦楽器のメロディに、
心地良いパーカッションのリズム、
Bim Shermanの囁くようなソフトな
ヴォーカルがとても魅力的。
書いたようにサビの部分はBill Withers
のソウルの名曲「Ain't No Sunshineの
リディムです。
「I Know, I know, Iknow, …」という
フレーズに、かなりヤラレます。

Bim Sherman "Just Cant Stand It" Live Studio Session


ざっと追いかけて来ましたが、自身の
セルフ・カヴァーのようなアルバムで、
そのひとつひとつの言葉がズシっと心に
残る、Bim Shermanの集大成のような
アルバムです。
そしてこのアルバムを聴いた後からは、
彼というと真っ先にこの「Miracle」を
思い出すような、強烈なインパクトを心に
残すアルバムです。

このアルバムにはBim Shermanという
シンガーの、生きた証しと魂が宿って
います。

機会があればぜひ聴いてみてください。

the making of bim sherman's 'miracle'

↑「Miracle」のメイキング・ヴィデオを
YouTubeで見つけました。

Bim Sherman "Solid as a rock" Live France.wmv



○アーティスト: Bim Sherman
○アルバム: Miracle
○レーベル: Mantra Recordings
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1996

○Bim Sherman「Miracle」曲目
1. Golden Locks
2. Bewildered
3. Over The Rainbow
4. Must Be A Dream
5. Simple Life
6. Solid As A Rock
7. My Woman
8. Missing You
9. Can I Be Free From Crying
10. Lovers Leap
11. Just Can't Stand It

●今までアップしたBim Sherman関連の記事
〇Bim Sherman, Horace Andy, U Black「Bim Sherman Meets Horace Andy And U Black: In A Rub-A-Dub Style」
〇Bim Sherman「Across The Red Sea」
〇Bim Sherman「Ghetto Dub」
〇Bim Sherman「Love Forever: The Classic Jamaican Recordings」
〇Bim Sherman「Rub-A-Dub」
〇Bim Sherman「The Need To Live」