今回はJunior Kellyのアルバム

junior_kelly_01a

「Smile」です。

Junior Kelly(本名:Keith Morgan、
1970年9月23日キングストン
生まれ)は、90年代後半からジャマイカ
で活躍するラスタ系のディージェイです。

Killamanjaroで活躍したディージェイ
Jim Kellyは彼の兄で、彼の死後Junior
Kellyと名乗って活躍を続けています。
95年にリリースしたシングル「Go to
Hell」は、母国ジャマイカの政治システム
を批判した事で放送禁止になったんだそう
です。
99年にリリースした「If Love So Nice」
は大ヒットし、彼の代表曲として知られて
います。

Junior Kelly - Love so nice


ネットのDiscogsによると、共演盤を含め
て17枚ぐらいのアルバムと、204枚
ぐらいのシングル盤をリリースしているの
が、このJunior Kellyという人です。

Junior Kelly - Wikipedia

今回のアルバムは2003年にUSの
VP Recordsからリリースされた彼のソロ・
アルバムです。

彼の代表作のひとつともいえる力の入った
アルバムで、表題曲の「Smile」をはじめ
としてJunior Kellyらしいシング・ジェイ
が楽しめる好内容のアルバムです。

手に入れたのはVP Recordsからリリース
されたCD(新盤)でした。

全16曲で収録時間は64分51秒。
オリジナルは12曲で、残りの4曲は
CDのみのボーナス・トラック。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

1. I Nah Bow
Writer: K. Morgan
Drums: Deleon 'Jubba' White
Bass: Strickland Stone
Guitars: Rohan 'Fireball' Gordon
Keyboards: Phillip 'Wintah' James
Percussion: Alvin Haughton, Dean Fraser
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: K. Morgan
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Roland McDermott
Assistant: Gregory Morris
Mixing Engineer: Nigel Burrell
Publisher: Boomdraw Music (Ascap)

2. Just Another Blend
Writer: K. Morgan
Drums: Deleon 'Jubba' White
Bass: Strickland Stone
Guitars: Rohan 'Fireball' Gordon
Keyboards: Phillip 'Wintah' James
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: K. Morgan
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Roland McDermott
Assistant: Gregory Morris
Mixing Engineer: Rudy Valentino
Publisher: Boomdraw Music (Ascap)

3. African Bound
Writers: K. Morgan, C. Miller
Drums: Sean Darson
Bass: Michael Flecher
Guitars: Junior Murvin
Keyboards: Christpher Birch
Percussion: Uzziah hompson
Background Vocals: L. Hibbert, K. Wisdom, M. Phillips
Produced by: C. Miller
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Chrispher Miller
Mixing Engineer: Shane Brown
Publisher: Boomdraw Music (Ascap)/(Ascap)

4. Baby Can We Meet
Writers: K. Morgan, M. Heritage
Musicians: Morgan Heritage
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: Morgan Heritage
Recorded at: Mixing Lab
Mixed by: Lynford 'Fatta' Marshall
Publishers: Boomdraw Music (Ascap), Denloy Music (Ascap)

5. Smile
Writer: K. Morgan
Drums: George 'Dusty' Miller
Bass: Strickland Stone
Guitars: Rohan 'Fireball' Gordon
Keyboards: Phillip 'Wintah' James
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: K. Morgan
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Roland McDermott
Assistant: Gregory Morris
Mixing Engineer: Shane Brown
Publisher: Boomdraw Music (Ascap)

6. Take Me There - featuring Calibe
Writers: K. Morgan, S. Dunbar OD, R. Shakespeare OD, C. Thompson, S. Marsden
Drums: Sly Dunbar OD
Bass: Robbie Shakespeare OD
Keyboards: Steven 'Lenky' Marsden
Background Vocals: Calibe Thompson
Additional Production: Orville 'Rory' Baker
Produced by: Sly Dunbar OD, Robbie Shakespeare OD, Steven 'Lenky' Marsden
Recorded at: One Pop Studio
Recording Engineer: Orville 'Rory' Baker
Mixing Engineer: Orville 'Rory' Baker
Publishers: Boomdraw Music (Ascap), Greensleeves Music Publishing, Riddim Twins Music

7. Till The Soil
Writers: K. Morgan, D. Harriott, K. Rokie
Drums: Anthony Thomas
Bass: Andrew 'Bassie' Campbell
Guitars: Mitchum Khali
Keyboards & Organs: Phillip 'Wintah' James
Sax: Dean Fraser
Arranged & Produced by: Roland 'Rolie' McDermott for Rollin Records
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Roland McDermott
Assistant: Gregory Morris
Mixing Engineer: Shane Brown
Publishers: Boom Draw Music (Ascap), Musical Chariot Music, Mullo Music

8. Black Am I
Writers: K. Morgan, D. Dennis, M. Miller, P. Crossdale
Drums: George 'Dusty' Miller
Bass: Donald 'Danny Bassie' Dennis
Keyboards: Paul 'Wrongmove' Crossdale
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: George 'Dusty' Miller
Mixing Engineer: Collin 'Bulby' York
Publishers: Boom Draw Music (Ascap), Dubplate Music, Royalty Network

9. Youth Dem Scared
Writer: K. Morgan
Drums: Leroy 'Horsemouth' Wallace
Bass: Strickland Stone
Guitars: Rohan 'Fireball' Gordon
Keyboards: Phillip 'Wintah' James
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: K. Morgan
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Roland McDermott
Assistant: Rohan Gibson
Mixing Engineer: Robert Murphy
Publisher: Boom Draw Music (Ascap)

10. Do Them Something
Writers: K. Morgan, Adapted
Drums: Deleon 'Jubba' White
Bass: Strickland Stone
Guitars: Rohan 'Fireball' Gordon
Keyboards: Phillip 'Wintah' James
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: K. Morgan
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Roland McDermott
Assistant: Gregory Morris
Mixing Engineer: Roland McDermott
Publishers: Boom Draw Music (Ascap), Copyright Control

11. Sinking Feeling
Writers: K. Morgan, Adapted
Drums: George 'Dusty' Miller
Bass, Guitars: Danny Axeman
Keyboards: Robbie Lyn
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: Ernest Braithwaite
Executive Producer: Lance Dyer
Recorded at: Black Scorpio
Mixing Engineers: Noel Browne & Nigel Burrell
Publishers: Boom Draw Music (Ascap), Copyright Control

12. Never Let You Down
Writer: K. Morgan
Drums: George 'Dusty' Miller
Bass: Strickland Stone
Guitars: Paul 'Wrongmove' Crossdale
Keyboards: Paul 'Wrongmove' Crossdale
Produced by: K. Morgan
Recorded at: Stephen Stanley
Mixing Engineer: Rudy Valentino
Publisher: Boom Draw Music (Ascap)

13. Running From The Law
Writer: K. Morgan
Drums: Deleon 'Jubba' White
Bass: Strickland Stone
Guitars: Rohan 'Fireball' Gordon
Keyboards: Phillip 'Wintah' James
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: K. Morgan
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Roland McDermott
Assistant: Gregory Morris
Mixing Engineer: Garfield McDonald
Publisher: Boom Draw Music (Ascap)

14. Can't Meditate
Writers: K. Morgan, L. Grant
Produced by: Lloyd 'Cat' Grant
Recorded at: Tuff Gong
Mixing Engineer: Roland McDermott
Publishers: Boom Draw Music (Ascap), PRS Music, Copyright Control

15. Truthful
Writer: K. Morgan
Drums: Deleon 'Jubba' White
Bass: Strickland Stone
Guitars: Rohan 'Fireball' Gordon
Keyboards: Phillip 'Wintah' James
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: K. Morgan
Recorded at: Tuff Gong
Recording Engineer: Roland McDermott
Assistant: Gregory Morris
Mixing Engineer: Rudy Valentino
Publisher: Boom Draw Music (Ascap)

16. Trod
Writers: K. Morgan, C.S. Dodd
Drums: George 'Dusty' Miller
Bass: Donald 'Danny Bassie' Dennis
Guitars: M. Chin
Keyboards: Paul 'Wrongmove' Crossdale
Background Vocals: Daffodils (C. Campbell, S. Sharpe, A. Hamilton)
Produced by: Cedrica 'Soljie' Hamilton
Recorded at: 321 Strong
Mixing Engineer: Soljie Hamilton
Recording Engineer: Paul Daley
Publishers: Boom Draw Music (Ascap), Jamrec Music

Project Co-Dinator: Joel Chin
Edited and Mastered by: Paul Shields & Joel Chin at VP Mastering
Art Direction & Design by: Kerry DeBruce
Photogarapher: Stella Magliore

となっています。

ミュージシャンが多いので詳細は省きます
が、Sly & RobbieやサックスのDean
Fraser、ドラマーのLeroy 'Horsemouth'
Wallaceなどの古くから活躍するミュージ
シャンから、現在でも活躍するMorgan
Heritageまで、ゲストも多彩なアルバム
です。
そのあたりからもこのアルバムに対する、
力の入れ具合がよく解ります。

ジャケット・デザインはKerry DeBruce、
写真はStella Maglioreとなっています。

junior_kelly_02a
裏ジャケ

さて今回のアルバムですが、2001年の
アルバム「Love So Nice」と並ぶ、彼の
代表作のひとつともいえるアルバムで、
多彩なバック陣に彼のカラっと乾いた
トースティングが光る、なかなか好内容の
アルバムとなっています。

今回のアルバムは2006年にTokyo FM
出版より刊行されたレゲエ本「Dancehall
Reggae Standards」にも、「2000年代
のラスタ・アーティスト」というページに
「田中」さんという方の文章で紹介されて
います。
その文章には次のような事が書かれていま
す。

「2000年に"Love So Nice"や"Boom
Draw"のヒットでブレイクを果たした
ラスタ系シング・ジェイのひとり。今作
は、これらのヒットにより何枚かの編集盤
的性格のアルバムをリリースした後に発表
された2作目。制作陣も気合の入った
粒揃いの楽曲を提供しており、ドライで
ヘヴィー、そして憂いを帯びた彼のマイク
さばきの魅力を活かした作品となって
いる。(後略)」

ここでいう「2作目」とはVP Recordsから
「Love So Nice」でメジャー・デビュー
してからのメジャーの2作目という事の
ようです。
(ネットのDiscogsではそうした「編集盤」
や共演盤を含めて9作目ぐらいのアルバム
となっています。)

文中に「ドライでヘヴィー」と書かれて
いますが、このJunior Kellyのシング・
ジェイはまさにそんな感じで、ヒット曲の
「If Love So Nice」などを聴いても
どこかユーモラスな明るさがあります。
そのあたりはまさに70年代のルーツ・
レゲエのBurning Spearなどが持って
いた、独特の素朴で明るい味わいと共通
する部分があります。
70年代から続くルーツ・レゲエの味わい
が、このアルバムにはあるんですね。

またJunior Kellyのヴォーカルには力が
あり、曲によって時に明るく時に憂いを
帯びた、素晴らしいシング・ジェイを聴か
せています。
多彩なバックを活かし切ったその優れた
ヴォーカル力は、高く評価したいと思い
ます。

1曲目は「I Nah Bow」です。
刻むようなギターと歯切れの良いパーカッ
ションのリズム、ちょっとアクの強い
Junior Kellyのシング・ジェイに、追い
かけるようなコーラス・ワーク。

Junior Kelly I Nah Bow


2曲目は「Just Another Blend」です。
漂うようなキーボードとギターのメロディ
に、ソフトな女性コーラス、流れるように
滑らかなJunior Kellyのシング・ジェイ。

3曲目は「African Bound」です。
明るいキーボードとギターのメロディに、
歯切れの良いドラミング、心地良さそうな
Junior Kellyのシング・ジェイがイイ感じ
の曲です。

4曲目は「Baby Can We Meet」です。
バックの演奏はMorgan Heritageですが、
Beres HammondとMorgan Heritageの楽曲
「Help The Needy」のようです。
歯切れの良いドラミングに、心地良い
ギターを中心としたメロディ、心地良さ
そうなJunior Kellyのシング・ジェイに
優しい女性コーラスがグッド。

Junior Kelly Baby Can We Meet


5曲目は表題曲の「Smile」です。
ギターとサックスの明るいメロディに、
感情をうまく乗せたJunior Kellyの
ほとんど歌っているようなシング・ジェイ
と、女性コーラスがとても心地良い
グルーヴ感を醸し出している曲です。

Junior kelly Smile


6曲目はCalibeとの共演曲「Take Me
There」です。
緊張感のあるキーボードのメロディに、
優しい女性ヴォーカル、Junior kellyの
語りかけるようなトースティング。

JUNIOR KELLY TAKE ME THERE


7曲目は「Till The Soil」です。
心地良いDean Fraserのサックスとギター
とキーボードのメロディ、感情を乗せた
Junior Kellyのシング・ジェイがイイ
感じ。

till the soil-junior kelly


8曲目は「Black Am I」です。
情感たっぷりのサックスと刻むような
ギター、キーボードのメロディに、
レゲエならではの歯切れの良い
パーカッションのリズム、ちょっとア
ンニュイな女性コーラス、感情を乗せた
Junior Kellyのシング・ジェイがとても
魅力的。

Black Am I


9曲目は「Youth Dem Scared」です。
表情豊かなキーボードと刻むような
ギター、心地良いドラミング、感情を
乗せたJunior Kellyのシング・ジェイに
女性コーラス。

10曲目は「Do Them Something」です。
ギターとベース、キーボードを中心とした
明るいメロディに、女性コーラス、少し
おどけたようなJunior Kellyの表情豊かな
シング・ジェイがイイ感じ。

11曲目は「Sinking Feeling」です。
ギターとホーンの明るいメロディに、心地
良いパーカッションに女性コーラス、
表豊かに歌うJunior Kellyのシング・
ジェイ。

12曲目は「Never Let You Down」です。
明るいキーボードのリズミカルなメロディ
に、心地良さそうなほとんど歌っている
Junior Kellyのシング・ジェイが魅力的。

Never Let You Down


13~16曲目の4曲はCDのみの
ボーナス・トラックのようです。

13曲目は「Running From The Law」
です。
ギターとキーボードのグルーヴィーな
メロディに、女性コーラスに乗せた、
Junior Kellyのナイスなヴォーカルが
イイ感じ。

14曲目は「Can't Meditate」です。
ギターと中心としたメロディに、表情豊か
なJunior Kellyのシング・ジェイ。

15曲目は「Truthful」です。
緊迫感のあるキーボードを中心とした
メロディに、畳み掛けるようなJunior
Kellyのシング・ジェイが魅力的。

16曲目は「Trod」です。
明るいキーボードとギターのメロディに、
ノリの良いJunior Kellyのシング・ジェイ。

ざっと追いかけて来ましたが、1曲1曲が
とても丁寧に作られていて、そこからも
このアルバムの力の入れ具合がよく解り
ます。
ルーツ・レゲエという音楽の魅力をこれ
でもかと表現したアルバムで、ある意味
目新しさはありませんが、聴けば聴くほど
ハマる、好内容のアルバムだと思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Junior Kelly live - Blaze



○アーティスト: Junior Kelly
○アルバム: Smile
○レーベル: VP Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2003

○Junior Kelly「Smile」曲目
1. I Nah Bow
2. Just Another Blend
3. African Bound
4. Baby Can We Meet
5. Smile
6. Take Me There - featuring Calibe
7. Till The Soil
8. Black Am I
9. Youth Dem Scared
10. Do Them Something
11. Sinking Feeling
12. Never Let You Down
(CD Bonus Tracks)
13. Running From The Law
14. Can't Meditate
15. Truthful
16. Trod