今回はDoctor Pablo & The Dub Syndicate
のアルバム

doctor_pablo_01a

「North Of The River Thames」です。

Doctor Pablo(本名:Peter Stroud)は
70年代から80年代にかけて、おもに
UKのAdrian Sherwoodが主催するパンク
とレゲエの中間的なレーベルOn-U Sound
で、スタジオ・ミュージシャンとして活躍
したメロディカとキーボードの奏者です。

ネットのDiscogsには、彼について次の
ような文章があります。

Instrumentalist and composer whose most well known work was with
Adrian Sherwood's On-U Sound System.
He played melodica (hence the use of the name Pablo - took from
Reggae's most famous melodica player Augustus Pablo) as well as
composed songs on numerous Creation Rebel, London Underground,
African Head Charge and Dub Syndicate releases.

《最もよく知られている作品がエイドリ
アン・シャーウッドのOn-U Sound System
であるインストゥル演奏家および作曲家。
彼はメロディカを演奏しました(その為の
Pabloという名前の使用は、レゲエで最も
有名なメロディカ奏者のオーガスタス・
パブロに由来します)。
クリエーション・レベルや、ロンドン・
アンダーグラウンド、アフリカン・
ヘッド・チャージ、ダブ・シンジケート
など、数々のリリースで作曲しました。》

Creation RebelやLondon Underground、
African Head Charge、Dub Syndicateは
On-U Soundで活躍したバンドで、その
バンドでおもにメロディカを担当していた
のが彼Doctor Pabloだったんですね。

ネットのDiscogsによると、1枚ぐらいの
アルバムと1枚ぐらいのシングル盤を残し
ています。

The Dub SyndicateはUKのAdrian
Sherwoodが主催するパンクとレゲエの
中間的なレーベルOn-U Soundで活躍した
バンドです。
Style ScottやEric 'Bingy Bunny'
Lamont、Flabba Holtなど当時ジャマイカ
で活躍したRoots Radicsのメンバーが
多く参加した事から、Roots Radicsの
別名バンドとも言われますが、メンバー
はその時々で違う事もあり、必ずしも別名
バンドとは言えない部分もあります。
On-U Soundのセッション・バンドというの
が正しいようです。

ネットのDiscogsによると、共演盤を含め
て25枚ぐらいのアルバムと、14枚
ぐらいのシングル盤を残しています。

Dub Syndicate - Wikipedia

今回のアルバムは1984年にUKの
On-U Soundからリリースされた、Doctor
Pabloのファーストにして唯一のソロ・
アルバムです。

「North Of The River」というタイトル
からも解るように、Augustus Pabloの
アルバム「East Of The River Nile」の
タイトルをもじって付けられたアルバム
で、メロディカ奏者として尊敬する
Augustus Pabloのオマージュが込められ
た、寂寥感のあるメロディカが強く印象に
残るインスト・アルバムとなっています。

augustus_pablo_07a
Augustus Pablo ‎– East Of The River Nile (1978)

手に入れたのは日本のBeat Recordsから
2005年にリリースされたCDの中古盤
でした。
紙ジャケットのアルバムで、中には長井
'Mighty Massa' 政一さんという方の書か
れた、4つ折りの、解説文が入っていまし
た。

全10曲で収録時間は50分08秒。
オリジナルは8曲で、残りの2曲は日本盤
のみのCDボーナス・トラックです。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Melodica: Dr. Pablo
Drums: Style Scott, Fox
Bass: George Oban, Ras Ani, Frederix, Evar, Lizard
Keyboards: Dr. Pablo, Fatfingers, Webster, Kishi
Guitar: Frederix, Ashanti, Dr. Pablo, Bloodvessel
Percussion: Bonjo, Ashanti, Jah Dave

Produced by: Adrian Sherwood

Inspiration: Hon. R.N. Marley O.M., H. Swabyrand Prince Far I
Recorded and mixed at Berry St. & Southern, Dec.'82 ~ Jan.'84.
Mastered by Kevin 'Harbstalk' Metcalfe at Utopia

Special Thanks to: Adrian, Kishi and Martin

Photo by Jane Stroud
Sleeve Design by Kishi

となっています。

バックのバンドはThe Dub Syndicateで、
メロディカにDr. Pablo、ドラムはRoots
Radicsでも活躍するStyle ScottとFox
(Eskimo Fox)、ベースにGeorge Obanと
Ras Ani、Frederix、Evar、Lizard、
キーボードにDr. PabloとFatfingers、
Webster、Kishi(Kishi Yamamoto)、
ギターにFrederixとAshanti(Congo
Ashanti Roy)、Dr. Pablo、Bloodvessel、
パーカッションにBonjoとAshanti、Jah
Daveという布陣です。

プロデュースはAdrian Sherwood。

インスピレーションとしてHonとR.N. Marley
(Bob Marleyの本名)、H. Swabyrand
(Augustus Pabloのことか?)Prince Far I
の名前があります。
On-U Soundでも活躍したディージェイの
Prince Far Iですが、1983年に銃殺
されて亡くなっています。

レコーディングとミックスは82年12月
と84年7月に、Berry St.とSouthernと
いうスタジオで行われています。
マスターはUtopiaのKevin 'Harbstalk'
Metcalfeという人になっています。

写真はJane Stroud、ジャケット・デザイン
はKishi Yamamotoが担当しています。

doctor_pablo_02a
裏ジャケ

さて今回のアルバムですが、Augustus
Pabloへのオマージュが込められた、寂寥
感のあるメロディカの音色が強く心に残る
インスト・アルバムで、内容はなかなか
良いと思います。

やはりメロディカという楽器と多くの人は
Augustus Pabloの名前を思い浮かべると
思います。
Augustus Pablo(本名:Horace Swaby)は
70年代から亡くなった1999年頃まで
活躍した、メロディカとキーボードの奏者
です。
それまで子供のキーボードの練習用の楽器
としか思われていなかったメロディカを、
レゲエに独特の寂寥感を与える楽器として
使用した、演奏者として知られています。

オーガスタス・パブロ - Wikipedia

アーティスト特集:Augustus Pablo(オーガスタス・パブロ)

このAugustus Pabloの登場以降、特に
レゲエの世界では多くの追随者が現れまし
たが、このDoctor Pabloもそうした彼の
フォロワーとして知られている演奏者の
ひとりです。
上にも書きましたが、「North Of The
River Thames(テムズ川の北)」という
タイトルは、Augustus Pabloの有名な
アルバム「East Of The River Nile
(ナイル川の東)」をもじって付けられた
タイトルなんですね。
そのタイトルからもこのDoctor Pabloの
Augustus Pabloに対するリスペクトぶりが
うかがえます。

このDoctor PabloはUKのパンクとレゲエ
の中間的なレーベルOn-U Soundで、
スタジオ・ミュージシャンとして活躍した
メロディカとキーボードの奏者で、今回の
アルバムの他に、On-U SoundのCreation
RebelやAfrican Head Charge、Singers &
Players、New Age Steppers、そして
Dub Syndicateなどのユニットで活躍した
メロディカ・プレイヤーとして知られて
います。

creation_rebel_01a
Creation Rebel ‎– Dub From Creation (1978)

african_head_charge_01a
African Head Charge ‎– Environmental Studies (1982)

singers_&_players_01a
Singers & Players ‎– War Of Words (1981)

今回のアルバムを聴くとそのメロディカの
特徴がよく解りますが、本家のAugustus
Pabloがイマジネーションが豊かなカラフル
でふくよかなサウンドなのに対して、この
Doctor Pabloのサウンドはハード・エッジ
でモノトーンなサウンドなんですね。
やはりイマジネーションの豊かさでは本家
のAugustus Pabloには劣りますが、無駄を
省いたメロディカ独特の寂寥感がビシッと
迫って来るようなサウンドで、その
ソリッドな感覚がこのアルバムの大きな
魅力になっています。
表題曲の「North Of The River Thames」
をはじめとして、Doctor Pabloの個性と
Adrian Sherwoodのプロデュースする
On-U Soundの個性、特にStyle Scottの
この時代らしいスローなワン・ドロップ
のリズムなどがうまく融合した内容で、
この80年代前半のUKの空気感もうまく
盛り込まれた、好内容のアルバムとなって
います。

1曲目は「Man Of Mystery」です。
Style Scottらしいスローなワン・
ドロップのリズムに、Doctor Pabloの寂寥
感のあるメロディカを中心に、リリカルな
ピアノなどでイイ感じに色付けされた
インスト曲です。

Dr Pablo & The Dub Syndicate - Man Of Mystery


2曲目は「Dr Who?」です。
緊迫感の得るエフェクトから、朗々と演奏
されるメロディカの音色、Adrian Sherwood
らしいダブワイズも入った曲です。

3曲目は「Pressurized」です。
ユッタリとしたワン・ドロップのリズム
に、寂寥感のあるメロディカのメロディ
と、何となくユーモラスなエフェクト…。
ダブワイズも効いた曲です。

4曲目は「Tribute」です。
心地良いパーカッションとピアノとキー
ボードのメロディを中心とした曲です。

Doctor Pablo & The Dub Syndicate - Tribute


5曲目は「Taste Of Honey」です。
刻むようにユッタリとしたギターとピアノ
のメロディに、哀愁を帯びたメロディカの
メロディが心に響く曲です。

Dr Pablo & The Dub Syndicate - Taste Of Honey


6曲目は表題曲の「North Of The River
Thames」です。
リズミカルなドラミングに、朗々と流れる
哀愁のあるメロディカのメロディ…。

Doctor Pablo & Dub Syndicate - North Of River Thames


7曲目は「Red Sea」です。
心地良いパーカッション、ギターと重い
ベースのメロディに乗せた、漂うような
メロディカがイイ感じ。

Red Sea - Doctor Pablo & The Dub Syndicate


8曲目は「We Like It Hot」です。
心地良いワン・ドロップのリズムに、刻む
ようなピアノのメロディ、心に迫るような
メロディカ…。

ここまでがオリジナルで、残りの2曲は
日本盤のみのCDボーナス・トラック
です。
この2曲もなかなか面白い曲ですが、ここ
では説明を省略します。

ざっと追いかけて来ましたが、バックの
The Dub Syndicateの演奏もこの時代なら
ではのスローなワン・ドロップの演奏で、
うまくDoctor Pabloの寂寥感のある
メロディカの演奏を引き立てています。
このOn-U Soundのアルバムでは、時に
Adrian Sherwoodのプロデュースの個性が
前に立ち過ぎてしまう傾向がありますが、
このアルバムの場合にはそういう事も
無く、なかなか好内容のアルバムに
仕上がっています。

On-U Soundのアルバムの中でも、聴いて
みる価値のある1枚だと思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。

やはりメロディカというと、レゲエという
音楽にこの楽器で特別なニュアンスを加え
たAugustus Pabloの存在が際立っていま
す。
ただ彼の他にもPablove Blackや、Bobby
Kalphat、Peter Tosh、Glen Brown、Hugh
Izachaar、日本人のRas Takashi、そして
息子のAddis Pabloなど、メロディカを
演奏している人は何人か居るんですね。
そういう人達も聴き較べてみるとけっこう
面白いので、興味のある人は聴いてみて
ください。


○アーティスト: Doctor Pablo & The Dub Syndicate
○アルバム: North Of The River Thames
○レーベル: Beat Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1984

○Doctor Pablo & The Dub Syndicate「North Of The River Thames」曲目
1. Man Of Mystery
2. Dr Who?
3. Pressurized
4. Tribute
5. Taste Of Honey
6. North Of The River Thames
7. Red Sea
8. We Like It Hot
(Bonus Tracks for Japan)
9. Can't Stop Jumping
10. Pablo's African Blood