今回はMad Cobraのアルバム

mad_cobra_01a

「Hard To Wet, Easy To Dry」です。

Mad Cobra(別名:Cobra、本名:Ewart
Everton Brown)は、90年代に世界的な
大ヒットをした「Flex」などの楽曲で知ら
れるジャマイカのダンスホール・シンガー
です。

ネットのDiscogsによると、共演盤を含め
て19枚ぐらいのアルバムと、537枚
ぐらいのシングル盤をリリースしていま
す。

Mad Cobra – Wikipedia

アーティスト特集 Mad Cobra (マッド・コブラ)

今回のアルバムは1992年にジャマイカ
のShang Muzikというレーベルから
リリースされた彼のソロ・アルバムです。

エグゼクティブ・プロデューサーはClifton
'Specialist' DillonとSly Dunbarで、
Tony 'C.D.' KellyやSly Dunbar、Steely
& Clevieなどがバックに参加したアルバム
で、表題曲の「Hard To Wet, Easy To
Dry」や、世界的にヒットした「Flex」、
彼の代表曲として知られるRichie
Stephensとの共演曲「Legacy」など、
Mad Cobraの代表作ともいえるアルバムに
仕上がっています。

手に入れたのは日本のSony Recordsから
リリースされたCDの中古盤でした。
表ジャケが24ページの小冊子になって
いて、そのには英文の曲ごとに参加した
アーティストや、沖野正明さんという方
の日本語の解説文(4ページ分)、英文
の曲ごとの歌詞などが書かれていまし
た。

ちなみに「Hard To Wet, Easy To Dry」
というタイトルをネットの自動翻訳で
訳してみると、「濡れにくく、乾燥し
やすい」という意味のようです。

全17曲で収録時間は68分50秒。
オリジナルな12曲で、残りはCDのみの
ボーナス・トラックのようです。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

1. Mi Sorry (E. Brown)
Bass & Keyboards: Richard Folks
Drum Programming: Sly Dunbar
Samples & Programming: Tony 'C.D.' Kelly & Andre 'Deady Ranks' Tyrell

Recorded by Colin 'Bulby' York & Wingy at Mixing Lab, Kingston, JA.
Mixed by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell

2. Flex (E. Brown / C. Dillon / B. Thompson)
Keyboards: Handel Tocker & Leroy 'Barbie' Romans
Bass: Richard Folks
Drum Programming: Sly Dunbar
Background Vocals: Chevelle Franklin & Brian Gold
Samples & Programming: Tony 'C.D.' Kelly

Recorded by Tony 'C.D.' Kelly, Syl 'Sample' Gordon & One Track Zele at
Penthouse Studio, Kingston, JA.
Mixed by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell

3. If Looks Could Kill (E. Brown)
Keyboards: steely Wycliffe Johnson
Guitar: Cat Coore
Bass: Richard Folks
Drum Programming: Sly Dunbar
Recorded by Colin 'Bulby' York at Mixing Lab, Kingston, JA.
Mixed by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell

4. Hard To Wet, Easy To Dry (E. Brown)
Bass & Keyboards: Richard Folks (E. Brown)
Drum Programming: Sly Dunbar
Samples & Programming: Tony 'C.D.' Kelly

Recorded & Mixed by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell

5. Good Body Gal (E. Brown)
Bass: Tony 'C.D.' Kelly
Drum Programming: Sly Dunbar & Tony 'C.D.' Kelly

Recorded & Mixed by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell

6. Legacy - feat. Richie Stephens (E. Brown / R. Stephenson)
Keyboards: Tony 'C.D.' Kelly
Keyboard Programming: Daniel Beroff
Bass: Herbie Harris
Drum Programming: Sly Dunbar
Background Vocals: Richie Stephens & Sabelle
Remote Production from Japan: Clifton 'Specialist' Duillon

Recorded by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell
Mixed by John Pace & Tony 'C.D.' Kelly at Unique Studios, New York City, NY.
Additional Overdubs by John Pace at Unique Studios, New York City, NY.
Assistant Engineer: Daniel Beroff

7. Run Him (E. Brown)
Bass & Keyboards: Herbie Harris
Drum Programming: Sly Dunbar

Recorded by Tony 'C.D.' Kelly & One Track Zele at Penthouse Studio,
Kingston, JA.
Mixed by John Pace & Tony 'C.D.' Kelly at Unique Studios, New York City, NY.
Additional Overdubs by John Pace at Unique Studios, New York City, NY.
Assistant Engineer: Daniel Beroff

8. Release (E. Brown)
Bass & Keyboards: Richard Folks
Drum Programming: Sly Dunbar
Samples: Tony 'C.D.' Kelly

Recorded by Colin 'Bulby' York at Mixing Lab, Kingston, JA.
Mixed by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell

9. Wet Dream (E. Brown)
Bass & Keyboards: Herbie Harris
Drum Programming: Sly Dunbar
Samples: Tony 'C.D.' Kelly & Andre 'Deady Ranks' Tyrell

Recorded & Mixed by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell

10. Dead End Street - feat. The Geto Boys (E. Brown / C. Dillon /
B. Jordan / R. Shaw / N. Barnett)
Bass : Herbie Harris
Drum Programming: Sly Dunbar
Background Vocals: Tony 'C.D.' Kelly, Desmond'Buggy' Dillon, Miss Linda
from World-A-Girls
Samples & Programming: Tony 'C.D.' Kelly, Ian 'The Mix Master' from London
& Daniel Beroff

Recorded & Mixed by Tony 'C.D.' Kelly & Andre 'Deady Ranks' Tyrell at
Penthouse Studio, Kingston, JA.
Additional Recording by John Pace at Unique Studios, New York City, NY.
Mixed by John Pace & Tony 'C.D.' Kelly at Unique Studios, New York City, NY.
Assistant Engineer: Daniel Beroff
Vocal Overdubs by Tony 'C.D.' Kelly at Digitai Services, Houston, TX.

11. Mate A Talk (E. Brown)
All Instruments: Steely Wycliffe John Son & Clevie Browne

Recorded & Mixed by Colin 'Bulby' York, Steely Wycliffe John Son &
Clevie Browne at Mixing Lab, Kingston, JA.
Arranged by Steely Wycliffe John Son & Clevie Browne

12. Minute To Pray (E. Brown)
Keyboards: Herbie Harris & Tony 'C.D.' Kelly
Bass: Herbie Harris
Drum Programming: Sly Dunbar
Sample Programming: Tony 'C.D.' Kelly

Recorded by Tony 'C.D.' Kelly & Andre 'Deady Ranks' Tyrell at
Penthouse Studio, Kingston, JA.
Mixed by John Pace at Unique Studios, New York City, NY.
Mix Assistant: John McGloin

13. Really Do It - feat. Lady Patra (E. Brown / D. Smith)
Piano: Tony 'C.D.' Kelly
Bass & Keyboards: Herbie Harris
Drum Programming: Sly Dunbar

Recorded by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell
Mixed by John Pace & Tony 'C.D.' Kelly at Unique Studios, New York City, NY.
Assistant Engineer: Daniel Beroff

14. Glue (E. Brown)
Keyboards, Bass & Background Vocals: Tony 'C.D.' Kelly
Drum Programming: Sly Dunbar
Samples & Programming: Tony 'C.D.' Kelly & Andre 'Deady Ranks' Tyrell

Recorded & Mixed by Colin 'Bulby' York at Mixing Lab, Kingston, JA.
Mixed by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell

15. Elbow (E. Brown)
Keyboards: Herbie Harris & Tony 'C.D.' Kelly
Bass: Herbie Harris
Drum Programming: Sly Dunbar

Recorded by Tony 'C.D.' Kelly at Penthouse Studio, Kingston, JA.
Assistant Engineer: Andre 'Deady Ranks' Tyrell
Mixed by John Pace & Tony 'C.D.' Kelly at Unique Studios, New York City, NY.
Assistant Engineer: John McGloin

Produced by Clifton 'Specialist' Dillon & Sly Dunbar
Tracks 7,10 Co-Produced by Tony 'C.D.' Kelly
Track11 Produced by Steely Wycliffe Johnson & Clevie Browne
Executive Producer: Clifton 'Specialist' Dillon
Executive Assistants: Carlton Burrell & Desmond Dillon
Special Assistant: Henry The Night Manager From Penthouse Studio
Arranged by Clifton 'Specialist' Dillon & Sly Dunbar

Art Direction: Tony Sellari
Photography: Gehard Yurkovic
Styling: Bernard Jacobs

となっています。

長いので細かいアーティストの説明は省き
ますが、エグゼクティブ・プロデューサー
はClifton 'Specialist' Dillonで、7曲目
「Run Him」と10曲目「Dead End Street」
のプロデュースがTony 'C.D.' Kelly、
11曲目「Mate A Talk」のプロデュースが
Steely Wycliffe Johnson & Clevie Browne
(通称Steely & Clevie)で、残りの全ての
曲のプロデュースがClifton 'Specialist'
DillonとSly Dunbarとなっています。
またアレンジもClifton 'Specialist'
DillonとSly Dunbarが担当しています。

アート・ディレクションはTony Sellari、
写真はGehard Yurkovic、スタイリングは
Bernard Jacobsとなっています。

mad_cobra_02a
裏ジャケ

さて今回のアルバムですが、この90年代
らしいデジタルでモダンなサウンドを
バックに、Mad Cobraの生きの良いトース
ティングが冴えるアルバムで、内容は悪く
ないと思います。

付いていた沖野正明さんという方の解説文
などによるとこのMad Cobraは、ジャマイカ
ではShang Musicというプロダクションに
所属するアーティストなんだそうです。
このShangにはあの瀬下敵に活躍した
Shabba Ranksや、今回のアルバムに参加
しているLady PatraとRichie Stephens
などが所属しているプロダクションなんだ
とか。
ある意味世界的なアーティストになった
Shabba Ranksが居るプロダクションに所属
して、自身も世界的に活躍するという
恵まれたスタートを切ったアーティストの
ようです。
ちなみにネットのDiscogsには、彼に
ついて次のような記述もありました。

His uncle is Delroy Spiderman Thompson
(彼の叔父はデルロイ・スパイダーマン・
トンプソンです。)

Spider Man Recordというレーベルを主催
するエンジニアでプロデューサーの
Delroy 'Spiderman' Thompsonが彼の叔父
さんのようです。
どうやら音楽に近い環境で生まれた人の
ようで、その環境が彼の音楽活動に有利に
働いたのかもしれません。
ジャマイカではSpanner Banner(本名:
Joseph Bonner)とPliers(本名:
Everton Bonner)、Richie Spice(本名:
Richell Bonner)のBonner3兄弟のよう
に、兄弟や親子で音楽をやっている、音楽
家族がけっこう多いんですね。

このMad Cobraですが、ネットのDiscogs
を見ると91年に5枚、この92年に
3枚、93年に1枚、94年に2枚、
95年に1枚、96年に3枚と、全部で
19枚のアルバムのうち実に15枚が
91~96年の6年間に集中しています。
特に91年とこの92年は合計8枚の
アルバムをリリースしていて、この
アーティストのブレイクぶりがうかがえ
ます。
この時期にヒットしたのがこのアルバムに
収められている「Flex」で、この曲は全米
のヒップホップ・チャートで1位を記録
した曲なんだとか。

Mad Cobra - Flex (Official Video)


その勢いをかってメジャー・デビュー・
アルバムとしてリリースされたのが、今回
のアルバムのようです。
この90年代にはShabba RanksやSuper
Cat、Chaka Demus & Pliersなど多くの
アーティストがジャマイカ国内に止まらず
メジャー・デビューして、大活躍している
んですね。
このMad Cobraもメジャー・デビューした
直後は、大人気のアーティストだったよう
です。
残念ながら今回のメジャー・デビュー・
アルバムはあまりヒットしなかったよう
ですが、この「Flex」というヒット曲が
あるせいか、Mad Cobraはその後も活躍を
続け、現在まで現役で活躍しているそう
です。

ちなみにこの「Flex」という曲は、飛行機
で移動中に彼が歌詞を思い付き、嘔吐用の
「ゲロ袋」に書いたリリックなんだそう
です(笑)。
そのリリックを聞いたSly Dunbarが、
ソウル・グループThe Temptationsの
ヒット曲「Just My Imagination」を逆に
演奏して出来上がった曲なんだとか。

マッド・コブラ(Mad Cobra)、「Flex」 - World Reggae News

The Temptations - Just My Imagination (Running Away with Me) HD


かなりメローなメロディの曲ですが、その
成り立ちにはSly Dunbarが大きく関わった
曲なんですね。
今となるとこのMad Cobraはその「Flex」
の「一発屋」のシンガーという事になって
しまいそうですが、そういう誰の心にも
残る曲を持っているという事はシンガーに
とってけっこう大事な事なんですね。

またこのアルバムの6曲目のRichie
Stephensとの共演曲「Legacy」は彼の
代表曲として認知されている曲のよう
です。
「Flex」程のヒットはしなかったようです
が、そういう愛されている曲を持っている
事が、この歌手が長く続けられた秘密なの
かもしれません。

バックを担当したPenthouseの洗練された
モダンなサウンドも、このアルバムを大い
に盛り上げています。

1曲目は「Mi Sorry」です。
リディムはAdmiral Baileyの「Punanny」
のようです。
人の喘ぎ声のエフェクトに、デジタル
らしいダンサブルなリズム、ノリノリの
Mad Cobraのトースティングがイイ感じ。

Mad Cobra


リズム特集 Punanny (プナニー)

2曲目は「Flex」です。
書いたようにThe Temptationsのヒット曲
「Just My Imagination」のリズムが使わ
れているようです。
男性コーラスから女性コーラスに変わって
始まるスローでメローなメロディに、思い
入れタップリなMad Cobraのトース
ティングが魅力的。
彼の世界的な大ヒット曲です。

3曲目は「If Looks Could Kill」です。
デジタルでダンサブルなドラミングに乗せ
たメロディに、流れるように滑らかなMad
Cobraのトースティングがイイ感じ。

4曲目は表題曲の「Hard To Wet, Easy
To Dry」です。
リズミカルなキーボードのメロディに、
Mad Cobraの流ちょうなトースティング。

Mad Cobra - Hard To Wet, Easy To Dry


5曲目は「Good Body Gal」です。
Mad Cobraの口上から、リズミカルな
ドラミングに、瓶が割れるような破裂音
のエフェクト、滑らかなMad Cobraの
トースティング。

6曲目はRichie Stephensとの共演曲
「Legacy」です。
リズミカルなドラミングに合いの手、
Richie Stephensの滑らかなソフトで
心地良いヴォーカルに、Mad Cobraの
イイ感じのトースティング。
完成度の高い1曲です。

Mad Cobra - LEGACY (Official Video)


7曲目は「Run Him」です。
スローなキーボードの雄大なメロディに、
デジタルなドラミング、そこからベース音
を中心としたリズミカルなサウンドに
チェンジして行きます。
生きの良いMad Cobraのトースティングも
魅力的。

8曲目は「Release」です。
リズミカルなデジタルのキーボードに、
Mad Cobraのトースティングが冴える曲
です。

9曲目は「Wet Dream」です。
キーボードとホーンのメロディにデジタル
らしいリズム、滑らかなMad Cobraの
トースティング。

10曲目はThe Geto Boysとの共演曲
「Dead End Street」です。
Mad Cobraの煽るようなトースティング
から、賑やかなデジタルなリズム…。
かなりラップ色の強い曲です。

Mad Cobra - Dead End Street


11曲目は「Mate A Talk」です。
リズミカルなドラミングに重いベースを
中心としたメロディ、言葉が溢れ出すよう
なMad Cobraの滑らかなトースティング。
この曲のみSteely & Clevieが演奏と
プロデュースに関わった曲のようです。

Mad Cobra-Mate A Talk-Hard To Wet, Easy To Dry


12曲目は「Minute To Pray」です。
Mad Cobraの口上から、ドスの効いた
ベース音を中心とした演奏に、Mad Cobra
の滑らかなトースティング。

ここまでがオリジナルで、残りはCDのみ
のボーナス・トラックのようです。
ここでは説明を省略します。

ざっと追いかけて来ましたが、この
90年代らしいモダンなサウンドに乗せた
Mad Cobraの生きの良いトースティングが
冴えるアルバムで、内容は悪くないと思い
ます。

このアルバムに収められた「Flex」と
いうヒット曲を武器にダンスホール・
ディージェイとして活躍した、Mad Cobra
という人を知るには、良いアルバムだと
思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Mad Cobra Flex live



○アーティスト: Mad Cobra
○アルバム: Hard To Wet, Easy To Dry
○レーベル: Sony Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1992

○Mad Cobra「Hard To Wet, Easy To Dry」曲目
1. Mi Sorry
2. Flex
3. If Looks Could Kill
4. Hard To Wet, Easy To Dry
5. Good Body Gal
6. Legacy - feat. Richie Stephens
7. Run Him
8. Release
9. Wet Dream
10. Dead End Street - feat. The Geto Boys
11. Mate A Talk
12. Minute To Pray
(CD Bonus Tracks)
13. Really Do It - feat. Lady Patra
14. Glue
15. Elbow
16. Flex (Sex Mix)
17. Yes Or No