今回はBob Marley & The Wailersのアルバム

bob_marley_28a

「Babylon By Bus」です。

Bob Marley & The Wailersはもともとは
The Wailersという名前で、60年代の
スカの時代にBob MarleyとPeter Tosh、
Bunny Wailerの3人組コーラス・グループ
として結成されたグループです。
名門レーベルStudio OneからThe Skatalites
をバックにした「Simmer Down」など多く
のヒット曲を飛ばし、スカの時代に
ジャマイカで人気グループになった彼ら
は、その後ロックステディ→ルーツ・レゲエ
と時代が進むうちに、リズム隊のBarrett
兄弟なども加えたバンド形式の5人組
グループThe Wailersへと変化して行き
ます。
そしてメジャー・レーベルIslandと契約し、
1973年に「Catch A Fire」で念願の
世界デビューを果たすんですね。

bob_marley_03a
The Wailers - Catch A Fire (1973)

ところが世界デビュー2枚目のアルバム
「Burnin'」をリリースしたところで、
Bunny WailerとPeter Toshがグループを
脱退してしまうんですね。

bob_marley_02a
The Wailers ‎– Burnin' (1973)

その理由は世界を回るツアーの辛さの為
だとも、Islandが「白人にも解る音楽を」
という要求をし、二人がそれに反発した
為だとも言われています。

残されたBob Marleyはその後Bob Marley &
The Wailersと名乗ってバンド活動を続け、
レゲエを世界に広め、自身も世界的なスター
へとなって行くんですね。

そうした活躍をしたBob Marleyでしたが、
1981年にガンの為に亡くなっていま
す。

アーティスト特集 Bob Marley (ボブ・マーリー)

今回のアルバムは1978年にUKの
Island Recordsからリリースされた
Bob Marley & The WailersのLP2枚組の
ライヴ・アルバムです。

Island Recordsからメジャー・デビュー
以降通算8枚目のアルバムで、75年の
「Live!」に続くBob Marleyの生前に出さ
れた2枚のライヴ・アルバムのうちの1枚
が今回のアルバムです。

プロデュースはIsland RecordsのChris
BlackwellとJack Nuberで、パリとコペン
ハーゲン、ロンドン、アムステルダムの
ライヴの模様を集めたアルバムとなって
います。
ライヴ・パフォーマンスの評価の高かった
彼らですが、「Positive Vibration」から
始まり、「Punky Reggae Party」や
「Exodus」、「Concrete Jungle」、
「Lively Up Yourself」、「Is This
Love」、「Jamming」へと続く
パフォーマンスは圧巻で、リズム隊の
Barrettのガシっと硬い演奏や、ギターの
Junior Marvinの変幻自在のギター・
ワークなど、聴きどころ満載の内容と
なっています。

手に入れたのは私がまだ初めにレゲエを
聴いていた20代の頃で、おそらく78年
頃だったと思います。

Side 1が3曲、Side 2が4曲、Side 3が
3曲、Side 4が3曲の全13曲。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Music Produced by Bob Marley & The Wailers
Recorded Live in Paris, Copenhagen, London & Amudterdam
Mixed by: Jack Nuber
Record Produced by Chris Blackwell & Jack Nuber
Recorded by Island Mobile Studio 1978
Tour Photos: Kate Simon, Junior Marvin, & Neville Garrick, Laurie Lewis
Art Direction & Graphics: Neville Garrick

Lead Vocals & Lead Guitar: Bob Marley
Drums: Carlton Barrett
Bass: Aston 'Familyman' Barrett
Keyboards: Tyrone Downie
Lead Guitar: Junior Marvin, Al Anderson
Percussions: Alvin 'Seeco' Patterson
Organ & Clavinet: Wire Lindo
Backing Vocals: I Three (Rita Marley, Judy Mowatt, Marcia Griffiths)

となっています。

ライヴのレコーディングはパリとコペン
ハーゲン、ロンドン、アムステルダムで
行われ、そのライヴ音源のミックスは
Jack Nuberが担当しています。
レコードのプロデュースはIsland Records
の主催者Chris BlackwellとJack Nuberが
担当しています。

Bob Marley & The Wailersのメンバーは
リード・ヴォーカルとリード・ギターに
Bob Marley、ドラムスにCarlton Barrett、
ベースにAston 'Familyman' Barrett、
キーボードにTyrone Downie、リード・
ギターにJunior MarvinとAl Anderson、
パーカッションにAlvin 'Seeco'
Patterson、オルガンとクラヴィネット
にWire Lindo、バッキング・ヴォーカル
は女性ヴォーカル・トリオのI Threeで、
メンバーはRita MarleyとJudy Mowatt、
Marcia Griffithsの3人です。

使われているツアーの写真はKate Simon
とJunior Marvin、Neville Garrick、
Laurie Lewisが撮影しています。

アート・ディレクションとグラフィックス
はNeville Garrickが担当しています。
実は今回のジャケットはちょっと凝った
ジャケットで、表ジャケはツアー用のバス
のイラストで上にBob Marley & The
Wailersの文字、下に「Babylon By Bus」
の文字、その上の地球のイラストの上に
「Deluxe 2 Record Set」の文字が斜めに
入っています。
さらに2つの窓のところがくり抜かれた
ジャケットで、2枚の内袋の両面に写真や
イラストが印刷されていて、くり抜かれた
窓枠から写真が見えるような仕様になって
います。
つまり中の内袋の入れ方次第で、4種類の
違う写真のジャケットが楽しめるように
なっているんですね。

bob_marley_29a
裏ジャケ

bob_marley_30a
内袋1a

bob_marley_31a
内袋1b(内袋1aの裏側)

bob_marley_32a
内袋2a

bob_marley_33a
内袋2b(内袋2aの裏側)

ちなみに一番上にあげた写真は表ジャケ+
内袋1aという組み合わせですが、他にも
次のような組み合わせが出来ます。
(1aや1bというのは仮の名称。)

bob_marley_34a
表ジャケ+1b

bob_marley_35a
表ジャケ+2a

bob_marley_36a
表ジャケ+2b

ちなみに後にCDになった時は1枚の印刷
物になっていますが、表ジャケ+2aと
いう組み合わせで、Bob MarleyとI Three
の写真の位置や大きさを調整したものが
使われているようです。

bob_marley_14a
Bob Marley & The Wailers - Babylon By Bus (CD)

また今回のアルバムは78年当時に輸入盤
で購入したものだと思いますが、オマケと
して2つ折りのBob MarleyとI Threeの
ポスターが付いていました。

bob_marley_27a
Bob MarleyとI Threeのポスター

さて今回のアルバムですが、Bob Marley
がメジャー・デビューして生前に出された
2枚のライヴ・アルバムのうちの1枚で、
あの75年のライヴ・アルバム「Live!」
よりはだいぶ知名度が落ちますが、とても
貴重なライヴ・アルバムである事は間違い
ありません。

The Wailersとして1973年にアルバム
「Catch A Fire」で念願のメジャー・
デビューを果たした彼らですが、同年に
2枚目のアルバム「Burnin'」をリリース
したところでBunnyとPeterが脱退し、
Bob Marley & The Wailersとして再
スタート、74年に「Natty Dread」、
75年にライヴ・アルバムの「Live!」、
76年に「Rastaman Vibration」、77年
に「Exodus」、78年に「Kaya」、そして
同年にこのライヴ・アルバム、79年に
「Survival」、80年に「Uprising」と
いうアルバムを残しています。

bob_marley_09a
Bob Marley & The Wailers ‎– Natty Dread (1974)

bob_marley_07a
Bob Marley And The Wailers ‎– Live! (1975)

bob_marley_05a
Bob Marley & The Wailers ‎– Rastaman Vibration (1976)

bob_marley_18a
Bob Marley & The Wailers ‎– Exodus (1977)

bob_marley_19a
Bob Marley & The Wailers ‎– Kaya (1978)

bob_marley_10a
Bob Marley & The Wailers ‎– Survival (1979)

bob_marley_16a
Bob Marley & The Wailers ‎– Uprising (1980)

この10枚のアルバムが、Bob Marley &
The Wailersとしてのメジャー・デビュー
後の、彼らのもっとも正式なアルバムなん
ですね。
その後83年にはIsland Recordsから
追悼盤の「Confrontation」という
アルバムがリリースされていますが、それ
を含めても11枚のアルバムがBob Marley
& The Wailersとしてのもっとも正式な
アルバムという事が出来ます。
要するにBob Marley & The Wailers、
あるいはThe Wailersを語る上で、もっとも
貴重なIsland Records時代のアルバムが
この11枚という事になります。

Bob Marleyの死後には他にもたくさんの
アルバムやライヴ・アルバムがリリース
されていますが、マニアックな意味では
それなりに面白いアルバムもありますが、
アルバムとしてはこれらのアルバムは、
Bob Marleyが生きていた時に残した、より
重要なアルバムなんですね。

今回のアルバムもBob Marleyが生前に
残した2枚のライヴ・アルバムのうちの
1枚で、知名度こそ75年の「Live!」に
は劣るものの、なかなか好内容のアルバム
となっています。
「Live!」ではBunnyとPeterが抜けた、
Bob Marleyを中心とした新生The Wailers
の緊迫感のあるパフォーマンスが印象的
でしたが、3年後の今回のアルバムは
同年に発売された「Kaya」の後に発売
されたアルバムで、すでにライヴ・
パフォーマンスで世界的に認知された
彼らの、円熟味があるパフォーマンスが
魅力のアルバムとなっています。

特に印象的なのがリズム隊として
The Wailersのサウンドを支える、
Barrett兄弟のひとりCarlton Barrettの
ドラミングです。
レゲエのドラマーとしてSly Dunbarと
並んで特に評価の高い彼ですが、今回の
ライヴ・アルバムではまるですべてを打ち
砕くような激しいドラム・パフォーマンス
が特に際立っています。
スタジオ録音盤と較べても激しい彼の
パフォーマンスは、このグループのライヴ
を盛り上げるひとつの「華」になっていた
ような気がします。

余談ですがこのCarlton Barrettの激しい
ドラム・パフォーマンスは、のちにSly &
Robbieのプロデュースで世界デビューした
Black Uhuruのサウンドにも影響を与えて
いるような気がします。
Black Uhuruのサウンドというのは重苦しい
ほどにヘヴィーでしたが、そのSly Dunbar
のヘヴィー過ぎるほどよりヘヴィーな
ドラミングが彼の通常のドラミングとは
かけ離れていて、このThe Wailersのライヴ
のCarlton Barrettのドラミングを意識した
ものに感じられるんですね。
ただその「鬱になるほど暗い」とまで言わ
れたあまりに重すぎるヘヴィーなサウンド
は、このThe Wailersのサウンドと較べる
と、やはりイマイチだったと言わざるを
得ません。
「世界で受け入れられる」という事は
なかなか難しく、そうした失敗をしながら
レゲエという音楽は進化して来たんです
ね。

話を戻しますが、初めのライヴ・アルバム
「Live!」ではひたすらBob Marleyを盛り
上げようとするバックの一体感と、新しい
スタートを切ったばかりの緊張感が魅力
でしたが、今回のライヴ・アルバムでは
メンバーにも少し余裕が出来て、この
Carlton Barrettの激しいドラミングや、
Junior Marvinと思われるギュンギュン
鳴くギター、Tyrone Downieのキーボード
のパフォーマンスなど、随所に彼ららしい
プレイがうまく収められているのが魅力と
なっています。

正直なところBob Marley & The Wailers
というグループは、スタジオ録音盤では
この年の「Kaya」あたりから少し寂し気
なサウンドになって、徐々に勢いが
止まって行く感がありますが、こうした
ライヴ・パフォーマンスではまだ充分な
勢いを維持し続けていたようです。

ちなみにネットに書かれていた事で真偽
のほどは解りませんが、このライヴ・
ツアーでは体調不良が原因で何回かツアー
が中止になった事があったんだとか。
体調不良というとBob Marleyの骨肉腫
か?と思いますが、リード・ギターの
Junior Marvinの体調不良だったんだと
か。

またCDに付いていた日本語の解説文に
よると、この78年のライヴ・ツアーは
75年の「Live!」が評判を呼んだ事や
ライヴ・パフォーマンスの評価が高かった
事もあり、初めからアルバムにする予定が
あり、Island Recordsはいくつもの公演を
録音していたんだとか。
その中のベスト・パフォーマンスが2枚組
で収められたのが、今回のアルバムという
事のようです。

Side 1の1曲目は「Positive Vibration」
です。
ライヴらしい熱い声援に、口上からレゲエ
らしい刻むようなギターのミディアム・
テンポのメロディ、Bob Marleyの語るよう
なヴォーカルに息の合ったI Threeの
コーラス・ワーク。
76年のアルバム「Rastaman Vibration」
からの1曲です。

Bob Marley & the Wailers - Positive Vibration (live)


2曲目は「Punky Reggae Party」です。
大いに湧く声援の中、ちょっとアップ・
テンポのピアノとギターのメロディに、
感情を乗せたBob Marleyのヴォーカル。
こちらはそれまでのアルバムに未収録の
レゲエとパンクの連帯を訴えた1曲です。

3曲目は「Exodus」です。
言わずと知れたアルバムのタイトルにも
なった、Bob Marleyの代表曲のひとつ
です。
性急なギターとキーボードのメロディに
I Threeのコーラス・ワーク、Bob Marley
の力強いヴォーカルがイイ感じの曲です。

"Exodus" - Bob Marley & The Wailers | Babylon By Bus (1978)


Side 2の1曲目は「Stir It Up」です。
メジャー・デビュー・アルバムの
「Catch A Fire」に収められた1曲です。
キーボードと刻むようなギターのメロディ
に、I Threeのコーラス・ワークと
Bob Marleyのスウィートなヴォーカルが
冴える曲です。

"Stir It Up" - Bob Marley & The Wailers | Babylon By Bus (1978)


2曲目は「Rat Race」です。
こちらも「Rastaman Vibration」に収め
られた曲です。
刻むようなギターとキーボートのメロディ
に、高音を生かしたI Threeのコーラス・
ワーク、ジックリと語るようなBob Marley
のヴォーカル…。

3曲目は「Concrete Jungle」です。
こちらもメジャー・デビュー・アルバムの
「Catch A Fire」に収められた1曲です。
ユッタリとしたキーボードにギュンギュン
鳴くギター、感情を押し殺したように静か
に入って来るのヴォーカルにI Threeの
コーラス・ワーク…。
「この都会の中では、太陽さえ輝かない」
と歌う名曲です。

Bob Marley & the Wailers - Concrete Jungle (live)


4曲目は「Kinky Reggae」です。
こちらも「Catch A Fire」に収められた
曲です。
刻むようなギターにキーボード、I Three
のコーラスに乗せた、Bob Marleyの
ヴォーカル。

Side 3の1曲目は「Lively Up Yourself」
です。
74年のサード「Natty Dread」に収録
された曲です。
この1曲のみが75年の「Live!」と
ダブっています。
鳴くギターとキーボードのメロディ、観客
を煽るBobの掛け声からのヴォーカル…。

2曲目は「Rebel Music (3 O'Clock Road
Block)」です。
こちらも「Natty Dread」からの曲です。
Carlton Barrettの心地良いドラミング
に、キーボードとギターのメロディ、
Bob Marleyのナイスなヴォーカルに
コーラス・ワーク。
鳴きのギター・ソロが印象的。
「俺たちは『反逆の音楽』だ」と訴える曲
です。

"Rebel Music (3 O'Clock Roadblock)" - Bob Marley & The Wailers | 'Babylon By Bus'


3曲目は「War/No More Trouble」です。
「War」は「Rastaman Vibration」、
「No More Trouble」は「Catch A Fire」
からの曲です。
キーボーとギターのメロディに乗せた、
Bobが歌うエチオピア皇帝ハイレ・セラシエ
そのままのメッセージから、「もう
トラブルは御免だ」というBobのメッセージ
へと変化していく曲です。

Bob Marley & the Wailers - War/No More Trouble (live)


Side 4の1曲目は「Is This Love」です。
この曲のみがこの当時の最新アルバム
「Kaya」からの曲です。
踊りだしたくなるようなギターと
キーボードのメロディに、Bob Marleyの
スウィートなヴォーカルが印象的なラヴ・
ソング。

Bob Marley & the Wailers - Is This Love? (live)


2曲目は「Heathen」です。
「Exodus」に収められた邦題が「異邦人」
と付けられた1曲です。
ギュンギュンと鳴くギターのメロディに、
ちょっと脱力した感じで入って来る
Bob Marleyのヴォーカルにコーラス・
ワーク。

Bob Marley & the Wailers - The Heathen (live)


3曲目は「Jamming」です。
こちらも「Exodus」からの曲です。
大声援の中ギターとキーボードの
リズミカルなメロディに、Bob Marleyの
ヴォーカルに合わせるように入って来る
I Threeのコーラス・ワーク。
確か日本公演でも演奏された、彼らの
ライヴで欠かせない1曲です。

Bob Marley & the Wailers - Jammin' (live)


ざっと追いかけて来ましたが、70年代の
レゲエをけん引したBob Marley &
The Wailersのライヴ・パフォーマンスの
素晴らしさがよく解るアルバムで、内容は
とても良いと思います。

60年代のスカ化の時代から苦労に苦労を
重ねて、世界のスターにまでただりついた
Bob Marleyの栄光は、わずか数年にしか
過ぎなかったと言われています。
確かにこれだけの実績を残しながら、
Bob Marley本人が手にした対価はほんの
僅かに過ぎなかったのかもしれません。

ただ見方を変えれば、彼の言葉は今も生き
続けており、その栄光は今も続いているの
かもしれません。
フォーブス(Forbes)の「死後も稼ぎ続け
る著名人13名」というリストがあります
が、Bob Marleyはその5位にランクされて
いるんですね。

死後も稼ぎ続ける著名人13名のリスト、首位は年収450億円

マイケル・ジャクソンが450億円と
2位のエルビス・プレスリーの10倍と
圧倒的ですが、それでもポップスやロック
でもない少しマイナーなレゲエで、音楽の
ジャンルで彼らに次ぐ今も高い支持を受け
続けるBob Marleyの存在感というのは
やはり凄い!と言わざるを得ません。
こうした死後お金を稼いでいる人のランク
は様々なものがあり、中にはBob Marleyの
名前の無いものもありますが、多くの
ランキングで彼Bob Marleyの名前が入って
いるんですね。

Bob Marleyが音楽を超えた特別な存在と
して、多くの人に認知されている事は
間違いありません。
個人的にもこのBob Marleyとあの
John Lennonは、私の中で特別なヒーロー
なんですね。

機会があればぜひ聴いてみてください。

18. Bob Marley - Jammin' [One Love Peace Concert/Heartland Reggae]


Bob Marley - Redemption Song Live In Dortmund, Germany


Bob Marley - Lively Up Yourself (Live)



○アーティスト: Bob Marley & The Wailers
○アルバム: Babylon By Bus
○レーベル: Island Records
○フォーマット: LPX2
○オリジナル・アルバム制作年: 1978

○Bob Marley & The Wailers「Babylon By Bus」曲目
Side 1
1. Positive Vibration
2. Punky Reggae Party
3. Exodus
Side 2
1. Stir It Up
2. Rat Race
3. Concrete Jungle
4. Kinky Reggae
Side 3
1. Lively Up Yourself
2. Rebel Music (3 O'Clock Road Block)
3. War/No More Trouble
Side 4
1. Is This Love
2. Heathen
3. Jamming