今回はSean Paulのアルバム

sean_paul_03a

「Tomahawk Technique」です。

Sean Paul(本名:Sean Paul Ryan
Francis Henriques)は、世界的に活躍
するジャマイカのダンスホール・シンガー
です。
セカンド・アルバム「Dutty Rock」で世界
的にブレイクした彼は、Busta Rhymesや
Beyonceなどとも共演し、最近ではあの
Major Lazerと作品を作るなど、今も世界
的な活躍を続けています。

sean_paul_01a
Sean Paul ‎– Dutty Rock (2002)

ネットのDiscogsによると、7枚の
アルバムと286枚ぐらいのシングル盤を
リリースしています。

ショーン・ポール - Wikipedia

今回のアルバムは2012年にUSの
VP RecordsからリリースされたSean Paul
のソロ・アルバムです。

大ヒットしたAlexis Jordanとの共演曲
「Got 2 Luv U」をはじめ、「She Doesn't
Mind」や「Body」、Kelly Rowlandとの
共演曲「How Deep Is Your Love」、
DJ Ammoとの共演曲「Touch The Sky」
など、Sean Paulの代表曲が多く収められ
たアルバムで、レゲエというジャンルを
超えたポップ・スターとしてのSean Paul
の魅力が堪能出来るアルバムとなっていま
す。

手に入れたのはVP Recordsからリリース
されたCDの中古盤でした。

全12曲で収録時間は約45分。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

1. Got 2 Luv U - feat. Alexis Jordan
Written by S. Henriques, R. Tedder, M.S. Eriksen, T.E. Hermansen
Produced by Stargate for 45th & 3rd Music LLC
Vocal Production by Sean Paul for Dutty Rock Productions
Recorded by Mikkel S. Erikson & Miles Walker for 45th & 3rd Music LLC at
Roc The Mic Studios, New York, NY
Mixed by Phil Tan at Ninja ClubStudios, Atlanta, GA
Additional/Assistant Engineering by Damian Lewis
All Instruments by Mikkel S. Erikson & Tor Erik Hermansen
Stargate Management & Executive Producers: Tim Blacksmith and Danny D.
Alexis Jordan appears Coutesy of Star Roc/Roc Nation

2. She Doesn't Mind
Written by S. Henriques, J. Henriques, B. Levin, Shellback
Recorded by Benny Blanco for Kasz Money Productions, Inc.
/Pilot Creative Services, Inc. and Sellback forMaratone Productions
Programming by Benny Blanco & Shellback
Recorded at Lotzah Matzah Studios, New York, NY, Downtown Studios,
New York, Ny & Maratone Studios, Stockholm, Sweden
Assisted by Jimmy James
Production Coodination by Jeremy "J Boogs" Levin & Scott
"Yarmov" Yarmovsky
Engineered by Alana Da Fonseca
Mixed by Serban Ghenea at Mixstar Studios, Virginia Beach, VA
Engineer for mix: John Hanes
Assisted by Phil Seaford
Vocals by Sean Paul
Keyboards by Benny Blanco & Shellback
Guitar & bass by Jonathan Lam
Guitar by Shellback

3. Body
Written by S. Henriques, R. Love, E. Hood, E. Goudy Ⅱ
Produced by Rico Love and Earl & E for Division One
Programming by Earl Hood & Eric Goudy Ⅱ
Recorded by Pirre Medor at Circle House Recording Studios, Miami, FL
Assisted by Diego Avendano
Mixed by Robert Marks at Parkland Playhouse, Parkland, FL
Assisted by Matt Huber
Keyboards by Eric Goudy Ⅱ
Featured guest vocals by Rico Love

4. What I Want
Written by S. Henriques, R. Love, E. Hood, E. Goudy Ⅱ
Produced by Rico Love and Earl & E for Division One
Programming by Earl Hood & Eric Goudy Ⅱ
Recorded by Pirre Medor at Circle House Recording Studios, Miami, FL
Assisted by Diego Avendano
Mixed by Robert Marks at Parkland Playhouse, Parkland, FL
Assisted by Matt Huber
Keyboards by Earl Hood & Eric Goudy Ⅱ
Background Vocals by Rico Love

5. Won't Stop (Turn Me Out)
Written by S. Henriques, R. Love, P. Medor
Produced by Rico Love and Pierre Medor Division 1
Programming by Pierre Medor
Recorded by Pirre Medor at Circle House Recording Studios, Miami, FL
Assisted by Diego Avendano
Mixed by Robert Marks at Parkland Playhouse, Parkland, FL
Assisted by Matt Huber
Keyboards by Pirre Medor
Featued Vocals by Rico Love

6. Dream Girl
Written by S. Henriques, R. Love, D. Nesmith
Produced by Rico Love and Dwayne D'town Nesmith for 353 Music Group
Programming by Dwayne D'town Nesmith
Recorded by Pirre Medor at Circle House Recording Studios, Miami, FL
Assisted by Diego Avendano
Mixed by Robert Marks at Parkland Playhouse, Parkland, FL
Assisted by Matt Huber
Keyboards by Dwayne D'town Nesmith
Background Vocals by Rico Love

7. Hold On
Written by S. Henriques, R. Love, P. Medor
Produced by Rico Love and Pierre Medor Division 1
Programming by Pierre Medor
Recorded by Pirre Medor at Circle House Recording Studios, Miami, FL
Assisted by Diego Avendano
Mixed by Robert Marks at Parkland Playhouse, Parkland, FL
Assisted by Matt Huber
Guitars by Frank Romano
Guitars recorded by Nate Burgess at Parkland Playhouse, Parkland, FL
Keyboards by Pirre Medor
Background Vocals by Rico Love

8. How Deep Is Your Love - feat. Kelly Rowland
Written by S. Henriques, J. Henriques, E. Dean, M.S. Eriksen,
T.E. Hermansen, A. Malik, D. Omelio
Produced by Stargate for 45th & 3rd Music LLC
SP Vocal Production by Sean Paul for Dutty Rock Productions
Recorded by NiMikkei S. Eriksen & Miles Walker for 5th & 3rd Music LLC at
Roc The Mic Studios, New York, NY
Mixed by Phil Tan at Ninja Club Studios, Atlanta, GA
Additional/Assistant Engineering by Damian Lewis
All instruments by Mikkel S. Eriksen & Tor Erik Hermansen.
Stargate Management & Executive Producers: Tim Blacksmith and Danny D.
Kelly Rowland appears courtesy of Universal Republic Records

9. Put It On You
Written by S. Henriques, M.S. Eriksen, T.E. Hermansen, A. Malik, D. Omelio
Produced by Stargate for 45th & 3rd Music LLC
Vocal Production by Sean Paul for Dutty Rock Productions
Recorded by Mikkel S. Eriksen & Miles Walker for 45th & 3rd Music LLC at
Roc The Mic Studios, New York, Ny
Mixed by Phil Tan at Ninja Club Studios, Atlanta, GA
Additional/Assistant Engineering by Damian Lewis
All instruments by Mikkel S. Eriksen & Tor Erik Hermansen.
Stargate Management & Executive Producers: Tim Blacksmith and Danny D.

10. Roll Wid Di Don
Written by S. Henriques, J. Henriques, S. Anerson, N. Staff
Produced by Sean Paul Henriques & Jason Henriques for Dutty Rock Productions
Additional Arrangement by Tandra 'DJ Lytes', Jhagroo,
Shaun 'Coppershaun' Anderson
Keyboards by Sean Paul, R. Chin, N. Staff
Programming by Sean Paul & Jason Henriques for Dutty Rock Productions
Recorded by J. Henriques at big Yard Studio, Kingston, Jamaica
Mixed by Anfre "Suku" Gray at King Jammy's Studio Waterhouse Kingston, Jamaica
Mastered by Tom Coyne at Sterling Sound, New York, NY

11. Touch The Sky - feat. DJ Ammo
Written by S. Henriques, D. LeRoy
Produced, Recorded and Mixed by DJ Ammo for Ammo Music

12. Wedding Crashers
Written by S. Henriques, W. Gladstone Williams, C. Forte, J. Randal,
R. Chin, W. Mitchell
Produced by Conroy Forte for Washroom Entertainment
Co-Produced by Wayne Mitchell for Tru Music
Keyboards by J. Randall, C. Forte
Programmed, Recorded & Mixed by Conroy forte for Washroom Entertainment
kingston, Jamaica

Management: David Sonenberg & William Derella for DAS Communications Ltd.

Legal Representation: Terri Baker, Esq.

Executive Producers: Craig Kallman for Atlantic Records, Sean Paul
For Dutty Rock Productions, Christopher Chin for VP Records

Mastered by Chris Gehringer at Sterling Sound

A&R: Andrew Luftman and Zvi Edelman
Management Representative: Jennifer Zaitz, DAS Communications Ltd.
Project Manager: Joi Pitts for Atlantic Records
Atlantic Legal: Michael Kushner & Cindy Zaplachinski
A&R Administration: Anne DeClemente for Atlantic Records
Publicity: Susan Blond, Inc.

Conceptual Design and Photographs: Sean Paul

となっています。

長いので詳細は割愛しますが、エグゼク
ティブ・プロデューサーはAtlantic
RecordsのCraig KallmanとSean Paul、
VP RecordsVP RecordsのChristopher Chin
となっています。

ジャケット・デザインのコンセプトと写真
はSean Paulとなっています。

sean_paul_04a
裏ジャケ

sean_paul_05a
表ジャケ裏側

sean_paul_06a
表ジャケ小冊子内の写真

さて今回のアルバムですが、レゲエを超え
てポップなスターとしても活躍する
Sean Paulの代表作ともいえるアルバム
で、内容はなかなか悪くないと思います。

このSean Paulですがレゲエという枠組み
を超えて世界的に成功したアーティストの
ひとりである事は間違いがありません。
その分レゲエが好きな人からは、ちょっと
低く見られてしまうような所があります。

前にジャマイカ・フェスティバルという
イヴェントに少し協力した事があって、
その時に主催者の方から、パネルでレゲエ
のアーティストを少しずつ紹介したいと
いう話がありました。
どういうアーティストを紹介したら良い
か?意見を求められたのですが、その時に
私の名前の挙げたアーティストが、この
Sean Paulでした。
私としては自分の好みは別として、実際に
Bob Marley以外でインターナショナルに
認められたアーティストを考えた時に彼の
名前が浮かびました。
実際に世界的な市場で真に認められた
レゲエのアーティストというのは、
けっこう数が少ないんですね。
このSean Paulのサウンドはけっこう
ポップですが、そうしたポップさはレゲエ
の「入り口」としてはけっこう良いのでは
ないか?
そういう事も考慮しました。

ただその主催者の方はあまりこのSean Paul
という選択が、あまり気に入らなかった
みたいです。
おそらくもっと「レゲエレゲエした人」を
挙げて来るものと思ったようです。
ただそうした超コアな人を挙げるのも、
通ぶってるみたいで…どうなんですか
ね(笑)。
まあジャマイカ・フェスティバルという
趣旨からは、Sean Paulのオシャレで
ダンディなサウンドは、ちょっと違った
かもしれません。

まあ最近はちょっと太って来ましたが、
このSean Paulのオシャレでダンディで
ちょっとエッチなサウンドこそ彼の最大の
魅力ではないでしょうか。
最近でもBusy SignalやVibes Kartelなど
と共にあのEDMグループMajor Lazerの
ゲストに呼ばれるなど、その衰えぬ活動
ぶりは素晴らしいです。

Sean Paul & Major Lazer - Tip Pon It


また最新のミニ・アルバム「Mad Love
The Prequel」でも、高いエンターテイ
メント性と魅力を維持しているのは、
やはり高く評価せざるを得ません。

sean_paul_02a
Sean Paul ‎– Mad Love The Prequel (2018)

Sean Paul, David Guetta - Mad Love ft. Becky G


Sean Paul - No Lie ft. Dua Lipa


彼が「ダンスホール・レゲエの帝王」と
呼ばれているのはダテじゃないんですね。
そのダンスホール・レゲエらしいただただ
カッコ良さのみに特化した音楽は、それは
それで聴くべきものがあり、やはりとても
魅力的です。

そのSean Paulの代表作の1枚が、今回の
アルバムです。
だいたいSean Paulのアルバムでサウンド
がポップで割と出来不出来が無いのです
が、今回のアルバムはやはり彼の代表曲の
ひとつ、ヒットした「Got 2 Luv U」が
入っている事が大きいです。
こういう曲が1曲あると、アルバムの
華やかさがグッと増すんですね。
さらにジャケットに

Inculudes The Hits
Got 2 Luv U Feat. Alexis Jordan
She Doesn't Mind
How Deep Is Your Love Feat. Kelly Rowland
Body and more

と黒い文字で書かれた黄色いシールが貼ら
れているように、当時の彼のヒット曲が
満載のアルバムとなっています。
特に1曲目「Got 2 Luv U」から2曲目
「She Doesn't Mind」、3曲目「Body」と
頭からヒット曲3連発と、ユーザーの心理
を掴んだ圧巻の構成となっています。

1曲目はAlexis Jordanとの共演曲
「Got 2 Luv U」です。
「Got 2 Luv U~♪」というSean Paulと
Alexis Jordanの息の合ったヴォーカル、
キーボードのメロディが大人のラヴ・
ソングを感じされる曲です。

Sean Paul - Got 2 Luv U (feat. Alexis Jordan) [Official Video]


2曲目は「She Doesn't Mind」です。
生ギターのリリカルなメロディに寄り添う
ようなキーボード、歯切れの良いSean Paul
のヴォーカルがイイ感じの曲です。

Sean Paul - She Doesn't Mind (Official Video)


3曲目は「Body」です。
のちの2018年のミニ・アルバム
「Mad Love The Prequel」で、Migosとの
共演ヴァ-ジョンが再演されている曲
です。
リズミカルなドラミングを中心に、Sean
Paulのヴォーカルが冴える曲です。

Sean Paul - Body (Official Video)


4曲目は「What I Want」です。
キーボードのメロディにダンサブルな
ドラミング、Sean Paulの感情を乗せた
ヴォーカルがイイ感じ。

5曲目は「Won't Stop (Turn Me Out)」
です。
心地良いキーボードのメロディと
ドラミング、Sean Paulともう一人の高音
を生かしたヴォーカルの絡みがイイ感じの
曲です。

Sean Paul - Won't Stop (turn Me Out) (Full)


6曲目は「Dream Girl」です。
スローなキーボードのメロディに、情感を
込めたSean Paulのヴォーカル。
今回手に入れたCDには入っていません
でしたが、日本でリリースされたCDに
は、日本の女性シンガーleccaとの共演
ヴァージョンも入っていたようです。

Sean Paul -- Dream Girl (Remix feat. lecca) [Official Music Video]


7曲目は「Hold On」です。
キーボードとギターのメロディに、伸び
やかなSean Paulのヴォーカルがイイ感じ
の曲です。

8曲目はKelly Rowlandとの共演曲
「How Deep Is Your Love」です。
ダンサブルでスピード感のあるキーボード
のメロディに、語るようなSean Paulの
ヴォーカル、Kelly Rowlandのコーラス・
ワークがイイ感じ。

Sean Paul - How Deep Is Your Love (feat. Kelly Rowland) [Official Video]


9曲目は「Put It On You」です。
キーボードのダンサブルなメロディに、
歌い語るようなSean Paulのヴォーカルが
とても魅力的。

Sean Paul - Put It On You


10曲目は「Roll Wid Di Don」です。
キーボードのリズミカルなメロディに、
ちょっと早口なSean Paulのヴォーカルが
面白い曲です。

11曲目はDJ Ammoとの共演曲
「Touch The Sky」です。
リズミカルなデジタルのドラミングに
キーボードのメロディ、表情豊かな
Sean Paulのヴォーカルが魅力的。

Sean Paul - Touch The Sky (Official Video)


12曲目は「Wedding Crashers」です。
リリカルなピアノのメロディに語り、
歯切れの良いSean Paulのヴォーカルが
楽しい曲です。

ざっと追いかけて来ましたが、全体に
ダンサブルなポップ色の強いナンバーが
多く収録されたアルバムで、内容は
なかなか悪くないと思います。
彼の音楽をポップ色が強いと書きました
が、あのMajor Lazerとのコラボでも解る
ように、EDM(エレクトリック・
ダンス・ミュージック)の影響も強く感じ
るサウンドとなっています。
あのBob Marleyがロック色の強いサウンド
で多くのリスナーの支持を集めたように、
このSean PaulもEDM色の強いポップな
サウンドで多くの支持を集めている側面は
否定が出来ません。
ただそのあたりはレゲエ好きの間でも評価
の別れるところかもしれません。

ただそのあたりは80年代半ば以降の
DTM(デスク・トップ・ミュージック)
の登場したあたりから、音楽のジャンルの
境界線は徐々に崩れて来ているんですね。

いずれにしてもこのSean Paulが、世界の
音楽のトップで長年に亘って常に活躍し
続けているという事実に変わりはありま
せん。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Sean Paul - When It Comes To You (Official Video)



○アーティスト: Sean Paul
○アルバム: Tomahawk Technique
○レーベル: VP Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2012

○Sean Paul「Tomahawk Technique」曲目
1. Got 2 Luv U - feat. Alexis Jordan
2. She Doesn't Mind
3. Body
4. What I Want
5. Won't Stop (Turn Me Out)
6. Dream Girl
7. Hold On
8. How Deep Is Your Love - feat. Kelly Rowland
9. Put It On You
10. Roll Wid Di Don
11. Touch The Sky - feat. DJ Ammo
12. Wedding Crashers