今回はJah Cureのアルバム

jah_cure_03a

「World Cry」です。

Jah Cure(本名:Siccature Alcock)は
90年代後半から活躍する・ラスタ・
シンガーです。
1997年にBeres Hammondのレーベル
Harmony HouseからリリースしたSizzla
とのコンビネーション曲「King In This
Jungle」が大ヒットするなど順調な
スタートを切った彼でしたが、98年に
レイプなどの罪に問われて逮捕され、冤罪
を訴えたものの、懲役15年の刑を受けて
しまいます。
その後獄中で録音したファースト・
アルバム「Free Jah's Cure: The Album,
The Truth」でアルバム・デビューを飾り、
獄中から2003年に「Ghetto Life」、
2005年「Freedom Blues」とアルバム
をリリースし、8年の刑期を終えて
2007年にようやく釈放されます。

jah_cure_02a
Jah Cure‎– Free Jah's Cure: The Album, The Truth (2000)

その後は「Unconditional Love」を
大ヒットさせるなど、順調にキャリアを
積み重ねているのがこのJah Cureという
シンガーです。

ネットのDiscogsによると、7枚ぐらいの
アルバムと、121枚ぐらいのシングル盤
をリリースしているのが、このJah Cureと
いう人です。

アーティスト特集 Jah Cure (ジャー・キュア)

Jah Cure - Wikipedia

今回のアルバムは2013年にUSの
SoBe Entertainmentからリリースされた
Jah Cureのソロ・アルバムです。

エグゼクティブ・プロデューサーは
Cecile BarkerとYannique Barkerで、
ヒットしたラヴ・ソングの
「Unconditional Love」をはじめ、表題曲
の「World Cry」、Jazmine Sullivanとの
共演曲「Choose Up」、Mavadoとの共演曲
「Like I See It」など、Jah Cureという
シンガーの硬軟両面のヴォーカルが楽しめ
る、内容の濃いアルバムとなっています。

手に入れたのはSoBe Entertainmentから
リリースされたCD(新盤)でした。

全14曲で収録時間は約58分。

残念ながら詳細なミュージシャンの記述は
ありませんが、曲ごとのプロデューサーや
作曲者の記述はあります。
それを写してみると、以下のようになり
ます。

1. Nothing Is Impossible
Producer: W. Morris (DJ Wayne)
Writers: W. Morris, J. Boyd & Y. Barker

2. Can't Wait
Producer: W. Thompson
Writers: W. Thompson, J. Boyd & Y. Barker

3. Co Sign
Producer: D. Manzoor & The Future
Writers: J. Boyd & Y. Barker

4. Before I Leave
Producer: S. Chablal
Writers: S. Chablal, J. Boyd & Y. Barker

5. Unconditional Love
Producer: S. Flaherty
Writers: J. Boyd & Y. Barker

6. Only Vice
Producer: A. Lukas
Writers: J. Boyd & Y. Barker

7. Choose Up - ft. Jazmine Sullivan
Producer: J. Nation
Writers: J. Boyd, Y. Barker & J. Sullivan

8. Me Miss
Producer: D. Manzoor & The Future
Writers: J. Boyd & Y. Barker

9. Like I See It - ft. Mavado
Producers: J. Beard & J. Boyd
Writers: J. Boyd, Y. Barker & D. Brooks

10. World Cry
Producer: R. Diaz (Sarom
Writers: J. Boyd & Y. Barker

11. Reach Out
Producer: D. Manzoor & The Future
Writers: J. Boyd & Y. Barker

12. Save Yourself
Producer: J. Jaakola
Writers: J. Boyd & Y. Barker

13. Praises To Jah
Producers: S. Alcock & M. Thompson
Writers: S. Alcock, P. Ross, Y. Barker

14. All By Myself
Producer: D. Manzoor & The Future
Writers: J. Boyd & Y. Barker

となっています。

またエグゼクティブ・プロデューサーや
デザインなどの以下の記述もあります。

Executive Producers: Cecile Barker & Yannique Barker
Executive A&R: DJ Genie
Art Design: Monika Olimpiew
Album Production: Brett Maites
Photography: Julien Gaspar

となっています。

jah_cure_04a
表ジャケ裏側

さて今回のアルバムですが、ヒットした
ラヴ・ソングの「Unconditional Love」を
はじめとして、Jah Cureの硬軟を使い分け
た歌唱が光る、とても内容の良いアルバム
だと思います。

このJah Cureという人ですがラスタ・
シンガーとして順調なスタートを切った
ものの投獄され、ファースト・アルバム
から4枚目のアルバムまでは刑務所の中で
録音された音源が使われています。
(4枚目のアルバムは出所後すぐに
リリース。)
ある意味日本より優れたところかもしれ
ませんが、ジャマイカではこうした刑期中
の録音が許可されるケースがあるんです
ね。
ネットにある彼のインタビューなどを読む
と、イヤホンでバックの音源を聴きなが
ら、音漏れしないように枕で覆いながら
声を録音した事もあったようです。
そうして悪条件の中苦労して録音した彼の
アルバムですが、多少サウンドの良くない
部分はあるものの、内容的にはなかなか
悪くない出来なんですね。

そうした苦しい経験をしたアーティストの
せいか、このJah Cureのアルバムは内容に
ハズレの無い印象があります。
多くのジャマイカのアーティストが「彼は
冤罪だ!」と応援していますが、彼が本当
に冤罪で投獄されたのか?は、日本の
一人のユーザーである私には本当のところ
はハッキリとは解りません。
実際に彼が釈放後もジャマイカのリスナー
の中にも、彼を嫌い批判する声は少なく
なかったと言われています。
ただ彼の作る音楽はとても説得力があり
また魅力的であり、そういう犯罪を犯す人
であったのか?と疑問に思わせる部分が
あるのも、また事実なんですね。
彼が投獄されたのが正しかったのかは解り
ませんが、彼が作った音楽はとてもピュア
で魅力を持ったものであった事は間違いが
ありません。

そのJah Cureですが、出所後も順調に
アルバムをリリースし続けているのは
嬉しいかぎりです。
元々はラスタらしいコンシャスな歌を
歌っていた彼ですが、出所後はさらに歌の
幅を広げて、ラヴ・ソングなどの柔らかい
曲も歌うようになっています。
このラヴ・ソングがなかなか良いんです
ね。
今回のアルバムに収められた
「Unconditional Love」はそうした彼の
代表曲のひとつで、この曲が1曲入って
いる事で、アルバム自体もだいぶ
ボリューム・アップしている印象です。
この曲のYouTubeのプロモ・ヴィデオが
また秀逸なんですね。
フラメンコ・ギターの生ギターのメロディ
に、女性の囁くようなスペイン語(?)、
スッと入って来る感情を乗せたJah Cure
のヴォーカルという曲ですが、YouTubeの
映像では路上で弾き語りをする白人の青年
と黒髪の白人女性との出会いが描かれて
います。

Jah Cure - Unconditional Love [Official Video]


ちなみに「Unconditional Love」をネット
の自動翻訳で訳してみると「無条件の愛」
という意味のようです。

この「Unconditional Love」をはじめと
して、表題曲となった「World Cry」や、
Jazmine Sullivanとの共演曲「Choose
Up」、Mavadoとの共演曲「Like I See It」
など、佳曲が目いっぱい詰まったのが今回
のアルバムで、内容はとても良いと思い
ます。
このJah Cureは比較的ハズレの無い人と
書きましたが、今回のアルバムはその中
でも特に内容の良い1枚だと思います。

1曲目は「Nothing Is Impossible」で
す。
ピアノのドラマチックでリリカルな
メロディに、ハリのあるJah Cureの歌声が
魅力的。

Jah Cure - Nothing Is Impossible


2曲目は「Can't Wait」です。
ユッタリしたギターのメロディにから、
Jah Cureの語るようなヴォーカルに
コーラス・ワーク…。

Can't Wait


3曲目は「Co Sign」です。
漂うようなキーボードのメロディに、心地
良いパーカッション、感情を乗せた
Jah Cureの心地良いヴォーカル…。

4曲目は「Before I Leave」です。
心地良いギターのメロディに、感情を
うまく乗せたJah Cureのソフトな
ヴォーカルが素晴らしい曲です。

5曲目は「Unconditional Love」です。
生ギターのスローなメロディに、スペイン
語と思われる女性の語り、情感タップリに
歌うJah Cureのソフトなヴォーカルが
グッと来る曲です。

6曲目は「Only Vice」です。
パーカッションの心地良いリズムに、
華やかなホーンのメロディ、語るように
歌いだすJah Cureのヴォーカル。

7曲目はJazmine Sullivanとの共演曲
「Choose Up」です。
ギターのメロディに乗せた、Jah Cureと
Jazmine Sullivanの掛け合いのヴォーカル
がイイ感じ。

Jah Cure - Choose Up ft. Jazmine Sullivan [Audio]


8曲目は「Me Miss」です。
キーボードのミディアム・テンポの
メロディに、感情を乗せたJah Cureの
ヴォーカルとコーラス・ワーク。

9曲目はMavadoとの共演曲「Like I
See It」です。
緊迫感のあるキーボードのメロディに
ホーン、語るようなJah CureとMavadoの
ヴォーカル。

Jah Cure - Like I See It ft. Rick Ross & Mavado [Audio]


10曲目は表題曲の「World Cry」です。
スローで壮大なキーボードとリリカルな
ピアノのメロディに、一言一言を丁寧に
歌うJah Cureのヴォーカルにコーラス・
ワーク。
プロモ・ヴィデオには悪名高きカダフィー
大佐やUSAのブッシュ大統領、日本の
当時の首相だった菅さんや、あの東日本
大震災の映像、マイケル・ジャクソンや
ホイットニー・ヒューストンなど、世界の
「泣いた瞬間」の映像が使われています。

Jah Cure - World Cry [Official Video]


11曲目は「Reach Out」です。
デジタルなキーボードとギターの軽快な
メロディに、感情を乗せたJah Cureの
ヴォーカルが魅力的。

12曲目は「Save Yourself」です。
あのThe Gladiatorsを思わせる心地良い
ギターの情感のあるメロディに、女性
コーラスに乗せたJah Cureの情感たっぷり
のヴォーカルが魅力的。

Jah Cure - Save Yourself [Audio]


13曲目は「Praises To Jah」です。
ストリングスに乗せたギターのメロディ
に、ソフトな女性ヴォーカルと、表情豊か
なJah Cureのヴォーカルがイイ感じの曲
です。

Praises to Jah (feat. Phyllisia)


14曲目は「All By Myself」です。
キーボードのメロディに男性コーラス、
伸びやかなJah Cureのヴォーカルが魅力
的。

Jah Cure - All By Myself ft. 2Pac [Lyric Video]


ざっと追いかけてきましたが、心を打つ
ラヴ・ソングから、壮大なテーマを持った
コンシャス(真面目)な曲まで、Jah Cure
というヴォーカリストの魅力がギッチリと
詰まったアルバムで、内容はとても良いと
思います。
幾多の苦難を乗り越えて、硬軟を併せ
持ったJah Cureというアーティストの、
ひとつの完成された姿がここにあります。

その後も彼Jah Cureは活躍を続け、近年
でもPopcaanとコラボした「Life Is Real」
や、Damian 'Jr. Gong' Marleyとコラボ
した「Marijuana」など、新たな素晴らし
い曲を作り続けており、その飽くなき情熱
には頭の下がる思いがします。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Jah Cure ft. Popcaan & Padrino - Life Is Real | Official Lyric Video


Jah Cure ft. Damian 'Jr. Gong' Marley - Marijuana | Official Audio



○アーティスト: Jah Cure
○アルバム: World Cry
○レーベル: SoBe Entertainment
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2013

○Jah Cure「World Cry」曲目
1. Nothing Is Impossible
2. Can't Wait
3. Co Sign
4. Before I Leave
5. Unconditional Love
6. Only Vice
7. Choose Up - ft. Jazmine Sullivan
8. Me Miss
9. Like I See It - ft. Mavado
10. World Cry
11. Reach Out
12. Save Yourself
13. Praises To Jah
14. All By Myself