今回はSpecialist, Alborosieのアルバム

alborosie_05a

「Specialist Presents Alborosie & Friends」です。

Specialist(本名:Clifton Dillon)は
ジャマイカ生まれのプロデューサーで、
Alborosieのマネージャーとしても活躍
している人です。

Shabba RanksやCobra、最近ではSpiritual
などの活躍を手助けしたプロデューサーと
して知られ、Alborosieの出世作の
「Kingstion Town」のプロデューサーでも
あります。

Alborosie(本名:Alberto D'Ascola)は
イタリア・シチリア等出身のシンガーで
あり、プロデューサーである人です。
もともとはイタリアでレゲエ・バンド
Reggae National Ticketsの一員として
活躍していた彼ですが、その情熱から
ジャマイカに移住することを決意し、
すべてを捨ててジャマイカでシンガーや
プロデューサーとして活動を始めるんです
ね。
その努力がジャマイカの人々にも認め
られ、彼はジャマイカでも人気シンガー、
プロデューサーとして今も精力的に活動を
続けています。

ネットのDiscogsによると、12枚ぐらい
のアルバムと、54枚ぐらいのシングル盤
をリリースしているのが、このAlborosie
という人です。

アーティスト特集 Alborosie (アルボロジー)

今回のアルバムは2010年にジャマイカ
のForward Recordingsというレーベルから
リリースされた「Alborosie, Specialist
& Friends: Limited Edition」という
タイトルでリリースされたCD2枚組の
アルバムです。
そのアルバムが2014年に装丁を変えて
タイトルも「Specialist Presents
Alborosie & Friends」と変わり、USの
VP RecordsからCD2枚組で再リリース
されたのが、今回のアルバムなんですね。

エグゼクティブプロデューサーはAlborosie
とSpecialistで、CD2枚分24曲の全て
がAlborosieと他のアーティストとの共演
曲となっているアルバムです。
Black UhuruのMichael Roseや、ドイツ人
のレゲエ・シンガーGentleman、UKの
ルーツ・レゲエ・グループSteel Pulseの
ヴォーカリストDavid Hinds、ルーツ期
から活躍する名シンガーHorace Andy、
Bobの息子Kymani Marleyなどの共演曲
から、SizzlaやJah Cure、Etana、Busy
Signalといった近年のアーティストまで、
Alborosieという人のレゲエへの愛情が
目一杯に詰まったアルバムとなっていま
す。

手に入れたのはVP Recordsからリリース
された2枚組CDの中古盤でした。

Disc 1が12曲、Disc 2が12曲の
全24曲で、Disc 1の収録時間が
約46分、Disc 2の収録時間が約45分。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Disc 1
1. Waan The Herb - feat. Michael Rose
Writers: A. D'Ascola, M.Rose, C. Dillon
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Executive Producer: Jon Baker
All Instruments by: Alborosie
Sax: Dean Fraser
Background Vocals: Daynea Deacon
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

2. Celebration - feat. Gentleman
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Executive Producer: Jon Baker
All Instruments by: Alborosie
Horns: Dean Fraser
Background Vocals: Nikki Burt
Mixed by: Alborosie & Robert Mendez
Mixed at: Geejam Studio
Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

3. Stepping Out - feat. David Hinds
Writers: A. D'Ascola, D. Hind, C. Dillon
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
All Instruments by: Alborosie
Drums: Fitzroy Green
Horns Selection: Dean Fraser, Junior Chico Chin, Nambo Robinson
Background Vocals: Alborosie
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

4. I Surrender To Your Love - feat. I Eye
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
All Instruments by: Alborosie
Mixed by: Rohan Dwyer
Mixed at: Groove Box, Kingston, Jamaica
Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

5. Money - feat. Horace Andy
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, H. Hinds
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Drums: Fitzroy Green
Bass: Alborosie
Percussion: Alborosie
Guitars: Alborosie
Keyboards: Conroy Walker
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica
Mastered by: Rohan Dwyer at Groovebox, Kingston, Jamaica

6. Tribal War - feat. Luciano
Writers: A. D'Ascola, J. McClymont
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
All Instruments by: Alborosie
Horns: Dean Fraser
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Geejam Studio

7. Burnin' And Lootin' - feat. Kymani Marley
Writer: R. Marley
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Geejam Studio

8. One Sound - feat. Gramps Morgan
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, R. Morgan
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Drums: Alex Soresini
Bass: Alborosie
Guitars: Alborosie
Keyboards: Conroy Walker
Percussion: Alborosie
Background Vocals: Nikki Burt
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica
Mastered by: Rohan Dwyer at Groovebox, Kingston, Jamaica

9. Is This Love - feat. Zoe
Writers: A. D'Ascola, Zoe Schneider
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
All Instruments by: Alborosie
Drums: Squidly Cole
Mixed by: Alborosie
Mixed at: Shengen Clan Studio
Recorded at: Geejam Studio, Kingston, Jamaica

10. Meditation - feat. Sizzla
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, M. Collins
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Executive Producer: Jon Baker
All Instruments by: Alborosie
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

11. Precious - feat. Ranking Joe
Writers: A. D'Ascola, J. Jackson
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Executive Producer: Jon Baker
All Instruments by: Alborosie
Sax: Everton Gayle
Trombone: Everton Gayle
Inspired by: Love Faya Riddim
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

12. Natural Mystic - feat. Kymani Marley
Writer: R. Marley
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
All Instruments by: Alborosie
Drums: Squidly Cole
Keyboards: Conroy Walker
Sax: Dean Fraser
Man Chanting: Lion Man
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

Disc 2
1. Guess Who's Coming - feat. Black Uhuru
Writers: Michael Rose, Winston Holness
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
All Instruments by: Alborosie
Mixed by: Alborosie
Recorded at: Geejam Studio, Portland, Jamaica

2. Marathon - feat. Spiritual
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, H. Chin
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

3. Outernational Herb - feat. The Tamlins
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, Frenchie, Sly Dunbar, R. Shakespeare
Produced & Arranged by: Frenchie for Maximum Sound Productions
Drums: Sly Dunbar
Bass: Robbie Shakespeare
Guitar: Gitzy
Horns: Dean Fraser
Mixed by: Lynford 'Fatta' Marshall at Mixing Lab, Kingston, Jamaica
Recorded at: Sonic Sounds, Kingston, Jamaica
Voiced at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

4. Mama She Don't Like You - feat. I Eye
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Drums: Fitzroy Green
Bass: Alborosie
Guitar: Alborosie
Percussion: Alborosie
Keyboards: Joel 'Joekeys' Anderson
Sax: E. Gayle
Trumpet: V. Scott
Trombone: B. Bailey
Background Vocals: Alborosie
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica
Mastered by: Rohan Dwyer at Groovebox, Kingston, Jamaica

5. Can't Let You Go - feat. Nikki Burt
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, N. Burt, C. Birch
Produced by: Christopher Birch
Mixed by: Christopher Birch
Recorded at: Geejam Studio

6. Callin' - feat. Michael Rose
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, M. Rose
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
All Instruments by: Alborosie
Keyboards: Conroy Walker
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

7. Life - feat. Jah Cure
Writers: A. D'Ascola, Cat Marley, Siccaturie
Produced by: Vincent Grant aka Cat Marley
All Instruments by: Alborosie
Mixed by: Alborosie
Recorded at: Geejam Studio

8. Blessings - feat. Etana
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, S. McKenzie
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Executive Producer: Jon Baker
Drums: Alex
Background Vocals: Nikki Burt
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

9. Informa - feat. Lady Ann
Writers: A. D'Ascola, C. Dillon, B. Smith, J. Gibson
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Executive Producer: Jon Baker
All Instruments by: Alborosie
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

10. I Can't Stand It - feat. Dennis Brown
Writers: A. D'Ascola, D. Brown
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
Mixed by: Alborosie
Mixed and Recorded at: Shengen Clan Studio, Kingston, Jamaica

11. Murderer - feat. Busy Signal
Writers: A. D'Ascola, R. Gordon, Anthony C. Cameron, Noel E. Davey
Produced by: Soul Vybz music
Mixed by: Jimmy Douglass
Mixed at: The Spot Studio, Miami, Florida
Mastered by: Herb Powers

12. Streets - feat. Kymani Marley
Writers: A. D'Ascola, K. Marley
Produced by: Alberto 'Alborosie' D'Ascola & Clifton 'Specialist' Dillon
All Instruments by: Alborosie
Background Vocals: Daynea Deacon
Mixed by: Alborosie
Recorded at: Geejam Studio

Executive Producers: Clifton 'Specialist' Dillon & Alberto 'Alborosie' D'Ascola
Edited & Mastered by: Paul Shields at VP Mastering, New York
A&R: Clifton 'Specialist' Dillon & Alberto 'Alborosie' D'Ascola
Illustration: Dave Thompson
Art Direction + Design: Deron DJ James

となっています。

長いので詳細は省きますが、
エグゼクティブ・プロデューサーは
Clifton 'Specialist' Dillonと
Alberto 'Alborosie' D'Ascolaが務めて
います。

イラストはDave Thompsonで、ジャケット・
デザインはDeron DJ Jamesとなっていま
す。
さて今回のアルバムですが、Alborosieと
いうイタリアからジャマイカに移住した
アーティストの強いレゲエへの愛が解る
アルバムで、内容はなかなか悪くないと
思います。

このAlborosieですが、あまりにも強い
レゲエへの愛情によって自分の育った
イタリアからジャマイカに移住して
しまったという人なんですね。
ただそのあまりにレゲエへの強すぎる愛は
「ジャマイカ+黒人=レゲエ」という、世間
の抱く「レゲエはジャマイカのの黒人で
なければ作れない」という「偏見」を超え
てしまったんですね。
レゲエはその「音楽のヴァイブスを理解
していれば作れる」という事を証明したの
がこの人で、それ以降「レゲエ=黒人}と
いうのはある意味通用しなくなったと思い
ます。
やはりレゲエというと、ジャマイカ人で
黒人というイメージが長く付きまとって
いたと思うのですが、そうした「偏見の
壁」をぶち破ったのがこの人で、そこは
特に大いに評価しないといけない部分では
ないかと思います。

ただこの人の「レゲエへの愛」というの
ものは、やはり尋常ではないものがあり
ます。
今回のアルバムを聴いても解りますが、
このAlborosieという人のレゲエはやはり
70年代にBob Marleyなどを中心に
流行ったルーツ・レゲエという音楽が
基盤なんですね。
その70年代のルーツ・レゲエの
ヴァイブスを再構築しようとしているの
が、このAlborosieという事が出来ます。

選曲を見てもよく解りますが、Disc 2の
1曲目はBlack Uhuruとの共演曲「Guess
Who's Coming To Dinner」や、Bob Marley
の名曲を彼の息子Kymani Marleyと歌う
Disc 1の7曲目「Burnin' And Lootin'」、
同じく12曲目はKymani Marleyとの共演
曲「Natural Mystic」、Horace Andyの
名曲「Money Money」の共演ヴァージョン
Disc 1の5曲目「Money」、Cultureの名曲
「Jah Jah See Them A Come」のSpiritual
との共演ヴァージョンDisc 2の2曲目
「Marathon」など、70年代のルーツ・
レゲエから80年代前半のアーリー・
ダンスホールあたりのリディムをうまく
使い、楽しいコンビネーション曲に仕上げ
ています。

レゲエという音楽に魅せられたAlborosie
という人のレゲエ愛が詰まったアルバム
で、内容はなかなか悪くないと思います。

Disc 1の1曲目はMichael Roseとの共演曲
「Waan The Herb」です。
ホーンなども交えた心地良いワンドロップ
のリズムに、Michael RoseとAlborosieの
コンビネーションの取れたヴォーカルが
とてもグルーヴィーな曲です。
Michael Roseは70年代から80年代に
かけて世界的に活躍したヴォーカル・
グループBlack Uhuruのリード・ヴォーカル
としてよく知られる人です。

Alborosie - Waan The Herb (feat. Michael Rose) (audio)


2曲目はドイツ人の人気レゲエ・シンガー
Gentlemanとの共演曲「Celebration」
です。
ギターとホーンを中心としたユッタリと
したメロディに男性コーラス、Gentleman
のソフトなヴォーカルにダミ声のAlborosie
のトースティングのコンビネーション。

Alborosie - Celebration Ft. Gentleman


3曲目はDavid Hindsとの共演曲
「Stepping Out」です。
ホーンセクションとギター、心地良い
ドラミングに乗せたDavid Hindsと
Alborosieのコンビネーション。
David HindsはUKレゲエのグループ
Steel Pulseのリード・ヴォーカルで、
ヤシの木のように突っ立ったドレッド・
ロックスが特徴的な人です。

Stepping Out (feat. David Hinds)


4曲目はI Eyeとの共演曲「I Surrender
To Your Love」です。
漂うようなメロディカのメロディの
イントロから、スウィートなI Eyeの
ヴォーカルに、合いの手のように入る
Alborosieのシング・ジェイなヴォーカル。
I Eyeは2009年にAlborosieの
レーベルShengen Clanから5枚のシングル
をリリースしている女性シンガーです。

I.EYE FEAT. ALBOROSIE "SURRENDER TO YOUR LOVE" OFFICIAL VIDEO


5曲目はHorace Andyとの共演曲「Money」
です。
馴染みのあるホーンの「Money Money」
のイントロから、Alborosieのシング・
ジェイのヴォーカルに、エコーの効いた
Horace Andyのヴォーカル…。
何とも言えないディープ感のある曲です。

6曲目はLucianoとの共演曲
「Tribal War」です。
ホーンとギターのメロディに女性
コーラス、語るように歌うLucianoの
ヴォーカルに、Alborosieのシング・
ジェイ…。

7曲目はKymani Marleyとの共演曲
「Burnin' And Lootin'」です。
言わずと知れたBob Marleyの名曲です。
キーボードと漂うようなギター・ワーク、
コーラスに乗せたKymani Marleyの
ヴォーカルに、がなるように入って来る
Alborosieのシング・ジェイ…。

Alborosie feat. Ky-Mani Marley - Burning And Looting (Greensleeves Records) June 2014


8曲目はGramps Morganとの共演曲
「One Sound」です。
ユッタリとしたキーボードのワン・
ドロップに、ハリのあるGramps Morgan
のヴォーカルに、後を継ぐように入って
来るAlborosieのシング・ジェイ…。
Gramps Morganは兄弟グループMorgan
Heritageのヴォーカリストで、個人として
も2枚ぐらいのアルバムと9枚ぐらいの
シングルをリリースしています。

9曲目はZoeとの共演曲「Is This Love」
です。
ギターのユッタリしたメロディに、甲高い
女性ヴォーカル、Alborosieのシング・
ジェイとの絡みがイイ感じの曲です。
Zoe(本名:Zoe Mazah)は2000年代
に活躍している女性ヴォーカリストで、
アルバムを3枚ぐらいと、12枚ぐらいの
シングルをリリースしています。

10曲目はSizzlaとの共演曲
「Meditation」です。
リリカルなギターのメロディに、Alborosie
とSizzlaのシング・ジェイの絡み合いが
楽しい曲です。

11曲目はRanking Joeとの共演曲
「Precious」です。
Ranking Joeのアカペラのトースティング
から、ホーンとギターのメロディに、
Alborosieのシング・ジェイ…。

12曲目はKymani Marleyとの共演曲
「Natural Mystic」です。
こちらもBob Marleyの名曲です。
ギターとホーンを中心とした心地良い
メロディに、Alborosieのシング・
ジェイ、Kymani Marleyのヴォーカル…。

Natural Mystic (feat. Ky-Mani Marley)


Disc 2の1曲目はBlack Uhuruとの共演曲
「Guess Who's Coming」です。
70年代後半から80年代前半にかけて
世界的にも大活躍したルーツ・レゲエ・
グループBlack Uhuruの名曲です。
心地良いドラミングからコーラス・
ワーク、Alborosieのシング・ジェイの
ヴォーカルがイイ感じ。
当時のBlack Uhuruの音源にAlborosieの
ヴォーカルを乗せて、再編集したものか?

Alborosie - Guess Who's Coming to Dinner


2曲目はSpiritualとの共演曲
「Marathon」です。
書いたようにリディムはCultureの名曲
「Jah Jah See Them A Come」。
ホーンとピアノ、ギターを中心とした
メロディに、CultureのJoseph Hillを
思い起こさせるSpiritualのヴォーカルと
Alborosieのシング・ジェイの絡みが
なかなか魅力的。
SpiritualはAlborosieがクラブで歌って
いたのを「発掘」した人で、後の
2017年にClifton 'Specialist'
Dillonのプロデュースで「Awakening」
というアルバムをリリースしています。

Marathon (feat. Spiritual)


spiritual_01a
Spiritual ‎– Awakening (2017)

3曲目はThe Tamlinsとの共演曲
「Outernational Herb」です。
心地良いドラミングからホーンと
キーボードのメロディ、The Tamlinsの
美しいコーラス・ワークに、ダミ声の
Alborosieのヴォーカルがイイ感じ。
The Tamlinsは70年代から活躍する、
ソフトなコーラスが人気のコーラス・
グループです。

Outernational Herb (feat. The Tamlins)


4曲目はI Eyeとの共演曲「Mama She
Don't Like You」です。
蟻田とピアノを中心としたメロディに、
ダミ声のAlborosieのヴォーカルと、
ちょっとセクシィなI Eyeのヴォーカル
という組み合わせ。

5曲目はNikki Burtとの共演曲
「Can't Let You Go」です。
リリカルなピアノのメロディに、高音を
生かしたNikki Burtのヴォーカルと、合わ
せるように入って来るAlborosieの
ヴォーカルという取り合わせ。
Nikki Burtは2000年代から活躍する
女性ヴォーカリストで、シングルを19枚
ぐらいリリースしています。

Alborosie - Can't Let You go ft. Nikki Burt


6曲目はMichael Roseとの共演曲
「Callin'」です。
ユッタリとしたピアノとキーボード、
ベースを中心としたメロディに、
Michael RoseとAlborosieのヴォーカル
の絡みがとても魅力的。

Alborosie - Callin (Feat. Michael Rose)


7曲目はJah Cureとの共演曲「Life」
です。
ユッタリとしたホーンのオープニング
から、女性コーラスに乗せたJah Cureと
Alborosieのヴォーカルの絡みが魅力的。

8曲目はEtanaとの共演曲「Blessings」
です。
漂うようなギターのメロディに、ソフトな
Etanaのヴォーカルと、男らしいAlborosie
のヴォーカルの絡みが素晴らしいラヴ・
ソングです。

Etana - Blessings ft. Alborosie | Official Music Video


9曲目はLady Annとの共演曲「Informa」
です。
Lady Ann(本名:Barbara Annette Smith)
は80年代前半に活躍した女性ディー
ジェイで、ネットのDiscogsによると5枚
ぐらいのアルバムと、37枚ぐらいの
シングル盤を残しています。
「Informer」という曲が彼女のヒット曲
らしいです。
リディムは「Heavenless 」です。
ホーンのメロディに、ちょっと幼い感じの
女性のトースティング、それに被さる嗄れ
声のAlborosieのシング・ジェイ。
Lady Annの声がかなり若いので、過去の
音源を再編集したものか?

Informa (feat. Lady Ann)


リズム特集 Heavenless (ヘブンレス)

10曲目はDennis Brownとの共演曲
「I Can't Stand It」です。
Dennis Brownはもうこの頃は亡くなって
いるので、こちらも過去の音源を使った
ものと思われます。
ズシッとしたベースを軸とした演奏に、
Dennis Brownのヴォーカルと、Alborosie
のシング・ジェイの絡みがうまく出来た
1曲です。

11曲目はBusy Signalとの共演曲
「Murderer」です。
こちらは今の時代に活躍するシンガーとの
1曲。
ズシっとしたベース音にキーボード、
ファルセットな男性コーラスに
Busy Signalのナイスなヴォーカルと、
Alborosieのシング・ジェイというかなり
モダンな曲です。

Murderer (feat. Busy Signal)


12曲目はKymani Marleyとの共演曲
「Streets」です。
印象的なドラミングに、ピアノのリリカル
なメロディ、Alborosieのトースティング
に、エコーの効いたKymani Marleyの
ヴォーカル。

ざっと追いかけてきましたが、CD2枚に
ギッチリとコンビネーション曲が詰め込ま
れたアルバムで、かなり内容の濃い、
Alborosieのレゲエへの想いと愛情が感じ
られる内容のアルバムとなっています。

今のレゲエを聴く人も、70年代の
ルーツ・レゲエや80年代前半の
アーリー・ダンスホールを愛する人も納得
させてしまう、そうした稀有な存在がこの
Alborosieという人ではないかと思います。
その深いレゲエ愛のこもったグルーヴは、
やはり一聴の価値があると思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Specialist, Alborosie
○アルバム: Specialist Presents Alborosie & Friends
○レーベル: VP Records
○フォーマット: CDX2
○オリジナル・アルバム制作年: 2010 (2014)

○Specialist, Alborosie「Specialist Presents Alborosie & Friends」曲目
Disc 1
1. Waan The Herb - feat. Michael Rose
2. Celebration - feat. Gentleman
3. Stepping Out - feat. David Hinds
4. I Surrender To Your Love - feat. I Eye
5. Money - feat. Horace Andy
6. Tribal War - feat. Luciano
7. Burnin' And Lootin' - feat. Kymani Marley
8. One Sound - feat. Gramps Morgan
9. Is This Love - feat. Zoe
10. Meditation - feat. Sizzla
11. Precious - feat. Ranking Joe
12. Natural Mystic - feat. Kymani Marley
Disc 2
1. Guess Who's Coming - feat. Black Uhuru
2. Marathon - feat. Spiritual
3. Outernational Herb - feat. The Tamlins
4. Mama She Don't Like You -feat. I Eye
5. Can't Let You Go - feat. Nikki Burt
6. Callin' - feat. Michael Rose
7. Life - feat. Jah Cure
8. Blessings - feat. Etana
9. Informa - feat. Lady Ann
10. I Can't Stand It - feat. Dennis Brown
11. Murderer - feat. Busy Signal
12. Streets - feat. Kymani Marley