今回はI-Octaneのアルバム

i_octane_01a

「My Journey」です。

I-Octane(本名:Byiome Muir)は
200年代の半ば頃から活躍する
ジャマイカのレゲエ・シンガーです。
デビュー当時はそのコンシャスな歌詞から
「ネクスト・シズラ」と呼ばれた事もある
彼ですが、徐々にその歌の世界を拡げ、
ヒットしたラヴ・ソングの
「L.O.V.E. Y.O.U.」や、ダンスホール系
のBounty Killerの共演など、硬軟を使い
分けるジャマイカを代表するシンガーへと
成長しています。

I-Octane - L.O.V.E.Y.O.U. [Official Music Video] HD


ネットのDiscogsなどによると、今までに
4枚ぐらいのアルバムと、42枚ぐらいの
シングル盤をリリースしています
(ネットのDiscogsではアルバムは3枚に
なっていますが、2011年に日本の
Koyashi Haikyu JPNから「Thank You
Father」という事実上のファースト・
アルバムをリリースしているので、この
ブログではアルバムを4枚としました。)

i_octane_04a
I-Octane - Thank You Father (2011)

i_octane_05a
I Octane ‎– Crying To The Nation (2012)

i_octane_06a
I-Octane ‎– Love & Life (2018)

I-Octane - Wikipedia

I・オクテイン(I-Octane)、インタビュー - ワールド・レゲエ・ニュース

今回のアルバムは2014年にUSの
Tad's Recordからリリースされた
I-Octaneの通算3枚目となるアルバム
です。

ホーンのメロディが印象的な1曲目
「Time Will Come」から、ドイツ人
レゲエ・アーティストのGentlemanとの
共演曲「It's Alright」、母親への感謝
を歌った「Mamma」、Ky-Mani Marleyとの
共演曲「A Wah Wi Deh」、女性シンガー
のAlaineとの共演曲「Lighters Up」
など、コンシャスなラスタ・シンガーの
顔を見せる曲からソフトなラヴ・ソング
まで自在に歌いこなす、I-Octaneという
シンガーの魅力が充分に収められた、内容
の濃いアルバムとなっています。

手に入れたのはTad's Recordからリリース
されたCD(新盤)でした

全16曲で収録時間は約57分。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

1. Time Will Come
Writers: Byiome Muir, Alex Bagwanden, Dwayne Stephenson
Musicians: Romeich Magor, Ryan Curate, Andre 'DJ Frass' Gordon,
Horn Arranged by; Clive Hunt, Trumpet; Hopeton Williams,
Trombone; Evrol Gayle, Sax; Howard Foulds
Background Vocals: Sherieta Lewis
Mixed by: Christopher Birch

2. Million Miles Away
Writers: Byiome Muir, Alex Bagwande
Musicians: Andre 'DJ Frass' Gordon, LaMont 'Monte' Savory
Background Vocals: Sherieta Lewis
Mixed by: Christopher Birch

3. Stepping In The Name Of Love
Writer: Byiome Muir
Musicians: Aeion Hoilett, Andre 'DJ Frass' Gordon,
LaMont 'Monte' Savory, Carol 'Bowie' Mclaughlin
Background Vocals: Shenae Wright
Mixed by: Christopher Birch

4. Babylon
Writer: Byiome Muir
Musicians: Kirk Bennett, Andre 'DJ Frass' Gordon,
LaMont 'Monte' Savory, Donald 'Danny Bassy' Dennis
Background Vocals: Chevaughn Clayton
Mixed by: Christopher Birch

5. It's Alright - featuring Gentleman
Writer: Byiome Muir, Tilmann Otto
Musicians: Kirk Bennett, Andre 'DJ Frass' Gordon,
LaMont 'Monte' Savory, Donald 'Danny Bassy' Dennis,
Ranoy Gordon, Paul Crosdale
Background Vocals: Tamika Otto
Mixed by: Christopher Birch

6. Love You Like I Do
Writer: Byiome Muir
Musicians: Romeich Magor, Ryan Curate, Andre 'DJ Frass' Gordon
Background Vocals: Sherieta Lewis
Mixed by: Christopher Birch

7. I Will Be There
Writers: Byiome Muir, Alex Bagwanden, Mackeehan Solomon
Musicians: Kirk Bennett, Andre 'DJ Frass' Gordon
Background Vocals: Sherieta Lewis
Mixed by: Christopher Birch

8. Mamma
Writer: Byiome Muir
Musicians: Andre 'DJ Frass' Gordon, Carol 'Bowie' Mclaughlin,
Donald 'Danny Bassy' Dennis, Sydney 'Congo Billy' Watson,
Bobby 'Bobby Digital' Dixon
Background Vocals: Shenae Wright
Mixed by: Christopher Birch

9. Pressure
Writer: Byiome Muir
Musicians: Mark Myrie, Andre 'DJ Frass' Gordon
Background Vocals: Sherieta Lewis
Mixed by: Jordan McClure, David Hayle

10. Jah Jah Warrior
Writer: Byiome Muir
Musicians: Michael 'Askel' Fairman, Andre 'DJ Frass' Gordon
Background Vocals: Sherieta Lewis
Mixed by: Christopher Birch

11. A Wah Wi Deh - featuring Ky-Mani Marley
Writer: Byiome Muir, Ky-Mani Marley
Musicians: David Harrisingh, Craig Harrisingh, Andre 'DJ Frass' Gordon
Mixed by: Christopher Birch

12. Lighters Up - featuring Alaine
Writer: Byiome Muir, Alaine Laughton
Musicians: Ricardo 'Ricky Blaze' Johnson, Andre 'DJ Frass' Gordon
Mixed by: Jordan McClure, David Hayle

13. My Story
Writer: Byiome Muir, Andre 'DJ Frass' Gordon
Musicians: Jordan McClure, David Hayle, Andre 'DJ Frass' Gordon
Background Vocals: Sherieta Lewis
Mixed by: Jordan McClure, David Hayle

14. Blood A Go Run
Writer: Byiome Muir
Musicians: Jordan McClure, David Hayle, Andre 'DJ Frass' Gordon,
Ranoy Gordon
Background Vocals: Shenae Wright
Mixed by: Romel Marshall

15. Jah Jah Mission
Writer: Byiome Muir
Musicians: Romeich Magor, Ryan Curate, Andre 'DJ Frass' Gordon
Background Vocals: Sherieta Lewis
Mixed by: Gregory Morrison

16. Burn It
Writer: Byiome Muir
Musicians: Jordan McClure, David Hayle, Andre 'DJ Frass' Gordon
Background Vocals: Chevaughn Clayton
Mixed by: Bobby 'Bobby Digital' Dixon

Live instruments were recorded at Mixing Lab studio by
Hasani 'Snysh' Williams and vocals recorded at Gargamel Studio
by Mark 'Markus' Myrie and Jermaine Reid

Produced by: Andre 'DJ Frass' Gordon
Executive Producers: Tad A Dawkins, Tad A Dawkins Jnr.

Photo by: Marvin Bartley
Album Design by: Mark Anthony (Tall-T) at Section One Design

となっています。

長いので曲ごとの詳細は省きますが、
プロデュースはAndre 'DJ Frass' Gordon
で、エグゼクティブ・プロデューサーは
Tad A DawkinsとTad A Dawkins Jnr.と
なっています。

ジャケット写真はMarvin Bartleyで、
ジャケット・デザインはMark Anthonyと
なっています。

i_octane_02a
裏ジャケ

なおジャケットは3つ折りで、中に
ブロマイド写真のようなものもオマケで
付いていました。

i_octane_03a
(ブロマイド写真?)

さて今回のアルバムですが、I-Octaneの
メジャー・デビューとなるアルバムのよう
で、かなり力の入った内容の濃いアルバム
となっています。

今のジャマイカで活躍が素晴らしい
アーティストのひとりがこのI-Octaneで、
その硬軟をうまく使い分けるヴォーカルは
とても魅力的です。
Bounty KillerやGaza Slimなどのダンス
ホール系のアーティストとの共演曲も
多く、そうした曲ではコンシャスな曲とは
まったく別の顔を見せ、表現力の幅が広い
のがこの人の大きな特徴となっています。
近年のレゲエではそうしたコンシャス
(真面目)なルーツ系とスラックネス
(下ネタ)なダンスホール系という境目が
徐々に崩れつつありますが、そうした音楽
の一番前を走っているアーティストの
ひとりが、このI-Octaneなのかもしれま
せん。

今回のアルバムでは1曲目の「Time Will
Come」からポジティヴなヴァイブスが溢れ
ていて、なかなか好内容のアルバムに
仕上がっています。
このI-Octaneはアルバムのハズレがあまり
ない人なのですが、このアルバムは彼の
アルバムの中でも特に魅力的な1枚では
ないかと思います。

ホーンのメロディが印象的な1曲目
「Time Will Come」から、ドイツ人
レゲエ・アーティストのGentlemanとの
共演曲5曲目「It's Alright」、かなり
ベタなラヴ・ソングの6曲目「Love You
Like I Do」、母親への感謝を歌った
8曲目「Mamma」、Bobの息子である
Ky-Mani Marleyとの共演曲11曲目
「A Wah Wi Deh」、女性シンガーAlaine
との共演曲12曲目「Lighters Up」
など、ポジティヴで魅力的な楽曲が揃った
素晴らしい内容のアルバムだと思います。

1曲目は「Time Will Come」です。
歯切れの良いドラミングに華やかなホーン
とギターのメロディ、女性コーラスに
乗せたI-Octaneのソフトでポジティヴな
ヴォーカルがグッと来る曲です。

I-Octane "Time Will Come"


2曲目は「Million Miles Away」です。
アコースティックなギターのメロディに、
綴っていくようなI-Octaneのソフトな
ヴォーカルが魅力的。

Million Miles Away


3曲目は「Stepping In The Name Of
Love」です。
ピアノのリリカルなメロディ、優しい
女性コース、I-Octaneのソフトな
ヴォーカル…。

Stepping in the Name of Love


4曲目は「Babylon」です。
ギターとキーボードにコーラス、
I-Octaneのソフトで力強いヴォーカルが
イイ感じ。

5曲目はGentlemanとの共演曲
「It's Alright」です。
キーボードのソフトなメロディに乗せた、
Gentlemanの語るような優しいヴォーカル
とI-Octaneの説得力のあるヴォーカルの
コラボがとても魅力的。

It's Alright


6曲目は「Love You Like I Do」です。
ピアノとギター、キーボードを中心とした
メロディに、ソフトな女性コーラス、
I-Octaneの言葉を紡いで行くような
ヴォーカルが魅力的なラヴ・ソングです。

I-OCTANE - "LOVE YOU LIKE I DO [OFFICIAL VIDEO]"


7曲目は「I Will Be There」です。
ギターとキーボードのメロディに、想いを
込めたI-Octaneのハリのあるヴォーカル。

8曲目は「Mamma」です。
パーカッションの心地良いドラミングに、
ストリングスとキーボードのメロディ、
ソフトな女性コーラス、母親への感謝の
言葉を紡いで行くI-Octaneのヴォーカルが
素晴らしい曲です。

I-Octane - Mama (Official HD Video)


9曲目は「Pressure」です。
浮遊感のあるキーボードのメロディに女性
コーラス、感情を乗せたI-Octaneの
ヴォーカルが魅力的。

10曲目は「Jah Jah Warrior」です。
寂寥感のあるキーボードにリズミカルな
ドラミング、I-Octaneの表情豊かな
ヴォーカルがイイ感じの曲です。

11曲目はKy-Mani Marleyとの共演曲
「A Wah Wi Deh」です。
リリカルなピアノにしゃがれたKy-Mani
MarleyのヴォーカルとI-Octaneの
ヴォーカルのコンビネーションがイイ
感じ。

I-Octane, Kymani Marley - A Yah Wi Deh ft. Kymani Marley


12曲目はAlaineとの共演曲
「Lighters Up」です。
印象的なキーボードのメロディに、よく
通るAlaine美しいヴォーカルとI-Octane
の明るいヴォーカルのコラボレーション。

I-Octane, Alaine - Lighters Up


13曲目は「My Story」です。
ピアノとキーボードを中心としたメロディ
に、I-Octaneのハリのあるヴォーカルと
女性コーラスがイイ感じ。

I-Octane - My Story- Official Music Video HD (April 21, 2012)


14曲目は「Blood A Go Run」です。
ギターとキーボードのメロディに、女性
コーラスに乗せたI-Octaneの語るような
ヴォーカルが魅力的。

15曲目は「Jah Jah Mission」です。
キーボードのメロディに、感情を乗せた
I-Octaneのヴォーカルが魅力的。

16曲目は「Burn It」です。
ギターとベース、キーボードのメロディ
に、I-Octaneのナイスなヴォーカルが
イイ感じ。

ざっと追いかけてきましたが、全体に
とてもポジティヴなヴァイブスを感じる
アルバムで、ラスタ・シンガーとしての
I-Octaneの魅力がよく出た内容のアルバム
だと思います。

今も素晴らしい曲を残し続けている
アーティストなので、彼の今後にも注目
してみてください。

機会があればぜひ聴いてみてください。

I-Octane - Hate Friend Killa (Official Audio)



○アーティスト: I-Octane
○アルバム: My Journey
○レーベル: Tad's Record
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2014

○I-Octane「My Journey」曲目
1. Time Will Come
2. Million Miles Away
3. Stepping In The Name Of Love
4. Babylon
5. It's Alright - featuring Gentleman
6. Love You Like I Do
7. I Will Be There
8. Mamma
9. Pressure
10. Jah Jah Warrior
11. A Wah Wi Deh - featuring Ky-Mani Marley
12. Lighters Up - featuring Alaine
13. My Story
14. Blood A Go Run
15. Jah Jah Mission
16. Burn It