今回はChronixxのアルバム

chronixx_02a

「Chronology」です。

Chronixx(本名:Jamar Rolando
McNaughton)は2010年頃から
ジャマイカで盛んになったラスタ・
リヴァイヴァル・ムーヴメントの中心人物
のひとりとして知られているラスタ・
シンガーです。
シンガーのChronicle(本名:Selvin
McNaughton)の息子として生まれた彼は、
幼い頃からスタジオに出入りするように
なり、早くから作曲のスキルを磨き、多く
のアーティストに楽曲を提供するように
なります。
やがてシンガーとしても活動するように
なり、そのルーツ系のサウンドはProtoje
やJesse Royal、Kabaka Pyramid、Jah9
などとともにラスタ・リヴァイヴァル・
ムーヴメントと呼ばれるようになり、注目
されているアーティストです。

ネットのDiscogsによると、今までに2枚
ぐらいのアルバムと、35枚ぐらいの
シングル盤をリリースしているのが、この
Chronixxという人です。

Chronixx - Wikipedia

chronixx_01a
Chronixx ‎– Dread & Terrible (2014)

今回のアルバムは2017年にヨーロッパ
のSoul Circle Musicからリリースされた
Chronixxの正式なファースト・アルバムと
思われるアルバムです。

正式なと書いたのはChronixxはすでに
2014年に「Dread & Terrible」という
曲7曲とそのダブ3曲を収めた10曲入り
のミニ・アルバムをリリースしているん
ですね。
さらに2016年にChronixx & Federation
Sound名義の「Roots & Chalice」という
ミックス・アルバムもリリースしていま
す。
そういう事を見ると、このアルバムは彼の
メジャー・デビュー・アルバムと見るのが
正しいようです。

Chronixxの満を持したソロ・アルバムで、
Barrington Levyの「Prison Oval Rock」
リディムの「Spanish Town Rockin'」や、
そのBarrington Levyのフォロワー・
シンガーとして知られる父Chronicleとの
共演作「Big Bad Sound」、The Techniques
のヒット曲「Queen Majesty」リディムの
「Majesty」、彼のオリジナルの「I Can」
や「Likes」、「Smile Jamaica」など、
一見ソフトな中に彼の豊かな音楽性が感じ
られるアルバムとなっています。

手に入れたのはSoul Circle Musicから
リリースされたCD(新盤)でした。

全16曲で収録時間は約67分。
16曲目「I Know Love」はCDのみの
ボーナス・トラックのようです。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

1. Spanish Town Rockin'
Written by Jamar McNaughton, Barrington Levy and Henley Lawes
Published by Blue Mountain Music Ltd, Lipstick Music (BMG Platinum Songs),
Greensleeves Pblishing Ltd
Produced by Jamar McNaughton, Federation Sound and Volcano Records
Recorded by Jamar McNaughton at Skyline Level Studios, Kingston
Vocals by Jamar McNaughton
Guitars by Nnamdi Robinson
Contains on interpolation of "Prison Oval Rock" by Barrington Levy

2. Big Bad Sound (Feat. Chronicle)
Written by Jamar McNaughton and Selvin McNaughton
Published by Blue Mountain Music Ltd, Copyright Control
Produced by Jamar McNaughton
Recorded by Claude 'Weakhand' Reynolds at Brooklyn Recording, New York,
Skyline Levels Studio, Kingston and Circle House Studio, Miami, FL
Mixed by James 'Bonzai' Caruso at Circle House Studio, Miami, FL
Vocals by Jamar McNaughton and Selvin 'Chronicle' McNaughton
Backing vocals by Jamar McNaughton
Electric guitar by Nnamdi Robinson
Upright piano and organ by Evan 'Yello' Mason
Clavinet by Lamar 'Riff Raff' Brown
Synths by Lamar 'Riff Raff' Brown and Jamar McNaughton
Bass by Jason Welsh
Drums and percussion by Jamar McNaughton
Saxophone by Dean Fraser
Trombone by Nambo Robinson

3. Skankin' Sweet
Written by Jamar McNaughton, Matthieu Bost and Jeremie 'Bim' Dessus
Published by Blue Mountain Music Ltd, Greensleeves Pblishing Ltd
Produced by Bost & Bim
Mixed by James 'Bonzai' Caruso at Circle House Studio, Miami, FL
Vocals by Jamar McNaughton
All instrumentals by Bost & Bim except;
Percussion by Hector Lewis
Trombone by Henry Tenyue
Trumpet by Manuel Faivre
Recorded by Bombist Studio, Paris and Skyline Levels Studio, Kingston

4. Ghetto Paradise
Written by Jamar McNaughton, Romaine Arnett, Garnet Smith, Henry Horace and
Courtney Cole
Published by Blue Mountain Music Ltd, Copyright Control
Produced by Phillip 'Winta' James
Mixed by James 'Bonzai' Caruso at Lion Studio, Las Vegas, NV
Vocals by Jamar McNaughton
Guitar by Ian 'Beezy' Coleman
Piano and synths by Phillip 'Winta' James
Bass by Devon Bradshaw
Drums by Wayne Elvis Clarke
Trombone by Henry Tenyue
Trumpet by Robin Hopcraft
Tenor saxophone by Ray Carless

5. Country Boy
Written by Jamar McNaughton, Romaine Arnett, Garnet Smith, Henry Horace and
Courtney Cole
Published by Blue Mountain Music Ltd, DF and A Pblishing Co. Inc, Jack Russell
Music Ltd
Produced by Jamar McNaughton
Mixed by James 'Bonzai' Caruso at Circle House Studio, Miami, FL
Vocals by Jamar McNaughton
Guitar by Donald Kinsey
Bass by Glen Browne
Drums and synths programing by Sheldon 'SoS' Sullivan and Romaine 'Teflon' Arnett
Contains asample from 'Give I Strength' by Garnett Silk, produced by
Bobby 'Digital' Dixon

6. Smile Jamaica
Written by Jamar McNaughton, Phillip 'Jr Blender' Meckseper, Oliver Schrader and
Joscha Hoffmann
Published by Blue Mountain Music Ltd, 12th and Spring Garden (Kobalt Music),
Bongo Disco Edition (EMI Music Publishing), Copyright Control
Edition/EMI Music Publishing Ltd, Copyright Control, Rolf Budde Musikverlag
GmbBH/Budde Music UK
Produced by Silly Walks Discotheque
Recorded by G. Coppola at Planet Earth Studio, Berlin and KamalEvans at Big Yard
Studio, Kingston
Mixed by Phillip 'Jr. Blender' Meckseper at Planet Earth Studio, Berlin
Vocals by Jamar McNaughton
All instrumentals by Phillip 'Jr. Blender' Meckseper except;
Guitars by Florian 'Stahl' Münzer
Drums by Josi 'Big Finga' Coppola

7. I Can
Written by Jamar McNaughton, Clement Picard and Maxime Picard
Published by Blue Mountain Music Ltd, Mad Desent Tunes
Produced by Picard Brothers
Mixed by James 'Bonzai' Caruso
Vocals by Jamar McNaughton

8. Selassie Children
Written and Produced by Jamar McNaughton
Published by Blue Mountain Music Ltd
Recorded by Cloude 'Weakhand' Reynolds and Jamar McNaughton at Brooklyn Recordings,
New York and Skyline Levels Studio, Kingston
Mixed by James 'Bonzai' Caruso at Manhattan Center Studios, NYC
Vocals by Jamar McNaughton
Backing vocals by Hector Lewis and Jamar McNaughton
Electric guitars by Nnamdi Robinson and Christpher Campbell
Piano, organ and Rhodes by Evan 'Yello' Mason
Synths by Glen Browne
Percussion by Hector Lewis

9. Black Is Beautiful
Written by Jamar McNaughton, Jordan Armond and Blaise Davis
Published by Blue Mountain Music Ltd, Ultra Empier Music (EMI Music Publishing)
Produced by Natural High Music
Recorded by Claude 'Weakhand' Reynolds and Jamar McNaughton at Brooklyn Recording,
New York and Skyline Levels Studio, Kingston
Mixed by Gary Noble at Circle House Studio, Miami, FL
Vocals by Jamar McNaughton
Acoustic guitar by Nnaumdi Robinson
Rhodes by Evan 'Yello' Mason
Vibraphone by Hector Lewis

10. Majesty
Written by Jamar McNaughton, Coxon Dodd, Phil Hurtt and Thom Bell
Published by Blue Mountain Music Ltd, Jamrec Music, Warner-Tamerlane Publishing Co.
Produced by Jamar McNaughton, Federration Sound and Studio One
Mixed by Jamar McNaughton and James 'Bonzai' Caruso at Circle House Studios, Miami, FL
Vocals by Jamar McNaughton
Guitars by Nnaumdi Robinson
Contains an interpolation of 'I'll Be Around' by The Spinners

11. Loneliness
Written by Jamar McNaughton, Amir Amor, Kesi Dryden, Leon Rolle, Piers Aggett,
Maxime Picard and Clement Picard
Published by Blue Mountain Music Ltd, Sony/ATV Music Publishing, Mad Desent Tunes
Produced by Rudimental and the Picard Brothers
Mixed by Steven Weston
Vocals by Jamar McNaughton
Drums programming by Rudimental and the Picard Brothers
Guitars by Amir Amor and Leon Rolle
Keyboards by Piers Aggett and Kesi Dryden
Bass by Amir Amor
Recorded and mixed at Major Tom Studios, London

12. Likes
Written and produced by Jamar McNaughton
Published by Blue Mountain Music Ltd
Mixed by Jamar McNaughton and James 'Bonzai' Caruso at Skyline Levels Studio,
Kingston and Circle House Studios, Miami, FL
Vocals, keyboards, synth programming and drums programming by Jamar McNaughton

13. Tell Me Now
Written and produced by Jamar McNaughton
Published by Blue Mountain Music Ltd
Recorded by Claude 'Weakhand' Reynolds and Jamar McNaughton at Brooklyn Recordings,
New York and Skyline Levels Studio, Kingston
Mixed by Gary Noble at Ciecle House Studio, Miami, FL
Vocals and drums by Jamar McNaughton
Upright piano, Rhdes, celeste and organ by Evan 'Yello' Mason
Bass by Shiah Coore
Percussion by Hector Lewis

14. Legend
Written by Jamar McNaughton and Dan Radclyffe
Published by Blue Mountain Music Ltd, Global Talent Publishing (Spirit Music Pblishing)
Produced and recorded by Utters at Lion Aboard, London
Mixed by Gary Noble at Circle House Studio, Miami, FL
Vocals by Jamar McNaughton
Electric guitars, keyboards and Programming by Utters
Bass by James Ahwai

15. Christina
Written by Jamar McNaughton and Stephen McGregor
Published by Blue Mountain Music Ltd, Chose Mountain, Inc (EMI Music Publishing)
Produced by Jamar McNaughton
Mixed by James 'Bonzai' Caruso at Circle House Studio, Miami, FL
Vocals by Jamar McNaughton
Guitars by Donald Kinsey
Rhodes and organ by Space
Bass by Glen Browne
Synth programming and drum programming by Jamar McNaughton and Stephen McGregor

16. I Know Love
Written by Jamar McNaughton and Dan Radclyffe
Published by Blue Mountain Music Ltd, Global Talent Publishing (Spirit Music Publishing)
Produced and recorded by Utters at Lion Aboard, London
Mixed by Gary Noble at Circle House Studio, Miami, FL
Vocals by Jamar McNaughton
Electric guitars, upright piano, organ and programming by Utters
Bass by James Ahwai
Tenor saxophone and flute by Mike Lesirge
Trumpet by Ryan Jacob
Trombone by Zeb Tonkin

Photos by Joachim Maquet @alleyesonit
Artwork by Dewey Saunders

となっています。

ちょっと長いので細かいミュージシャンに
ついては省略しますが、丁寧に見て行くと
1曲1曲がかなり凝った作りになっている
のがよく解ります。
またシングル・カットされた12曲目
「Likes」を見ると、ヴォーカルに
キーボード、シンセとドラムの
プログラミングとすべてJamar McNaughton
(Chronixx本人)がやっていて、彼の音楽
家としての多才さがよく解ります。
また11曲目「Loneliness」はUKの
EDM(エレクトリック・ダンス・
ミュージック)グループRudimentalとの
共演曲で、彼の幅広い音楽性が感じられ
ます。

写真はJoachim Maquetで、ジャケット・
デザインはDewey Saundersとなっていま
す。

さて今回のアルバムですが、ラスタ・
リヴァイヴァル・ムーヴメントの旗手と
いうChronixxのイメージとは裏腹に、
かなりソフィストケイトされた彼の個性に
初めはちょっと戸惑いを感じるアルバム
です。
ただ聴き込んで行くと細部まで作り込まれ
た彼の音楽の素晴らしさが、ジワジワと
沁み込んで来るような、不思議な魅力を
持ったアルバムなんですね。

正直なところこのアルバムには、初めは
ちょっと戸惑いを感じました。
ラスタ・リヴァイヴァル・ムーヴメント
というルーツ・レゲエの回帰運動と、
このアルバムのソフトなサウンドがどうも
うまく噛み合って考えられなかったんです
ね。
それよりもあのラスタ・リヴァイヴァル・
ムーヴメントを高らかに宣言した彼の
ヒット曲「Here Comes Trouble」が収め
られた14年のミニ・アルバム「Dread &
Terrible」の方が、解り易い明快なカッコ
良さがありました。

Chronixx - Here Comes Trouble (Official Music Video)


それに較べると今回のアルバムは明らかに
ソフィストケイトされたスマートな
サウンドで、そこにかえって引っ掛かりを
感じてしまうんですね。

ただこのアルバムをジックリと聴いてみる
と、1曲1曲がとても丁寧に作られた内容
の良いアルバムなんですね。
最近もMajor LazerやAnne-Marieとコラボ
した曲「Let Me Live」のヒットを飛ばす
など好調なUKのEDMグループ
Rudimentalの共演曲などもありますが、
そうしたEDMのサウンドも何の違和感も
なく収められていて、ポピュラー音楽と
しても充分に成立しているアルバムで、
Chronixxが「Dread & Terrible」の頃より
もさらに成長して、新しい境地を開いたの
がこのアルバムといえそうです。

ラスタ・リヴァイヴァル・ムーヴメントと
いうとどうしてもルーツ・レゲエを連想
してしまいますが、このChronixxやJah9、
Jesse Royal、Protoje、Kabaka Pyramidと
いったアーティストが目指している
ルーツ・ミュージックはディープな
ルーツ・レゲエというよりは、あの
Bob Marleyが作り上げたようなルーツ・
ミュージックなんですね。
Bob Marleyというとルーツ・レゲエと
ロックを融合させたようなサウンドで、
世界的に有名になったシンガーなんです
ね。
当時ジャマイカのレゲエがポピュラリティ
を得るには、世界的に人気の高かった
ロックと結び付くのは必然であったと思わ
れます。

そして今の時代に生きる彼らが当時の
Bob Marleyのようなサウンドを作り上げ
ようとすれば、EDMと結び付くのは
むしろ必然だったのかもしれません。
意外とMajor LazerやRudimentalといった
EDM系のアーティストと、Chronixxや
Protoje、Kabaka Pyramidといった
ラスタ・リヴァイヴァル系アーティスト
はコラボしているんですね。
もしもBob Marleyが生きていれば、こう
したEDMとのコラボはあったのでしょう
か。

また以前はその使用する楽器で音楽の特徴
が違っていましたが、今はほとんどの音楽
がパソコン上で簡単に作れるので、そう
したレゲエだとかサンバだとかサウンドの
明確な違いがかなり無くなって来ていま
す。
あえて言えば音楽を作る思想の違いぐらい
が、それをレゲエと呼ぶかどうかの違いに
なっているようです。
その分音楽の壁が低くなってMajor Lazer
やRudimentalといった、他ジャンルとの
コラボが多くなっているんですね。

話を戻しますが、今回のアルバムはとても
ソフトなサウンドで、Chronixxはかなり
ポピュラー寄りなサウンドを作り上げて
いるとも言えます。
ただそこはレゲエ・シンガーのChronicle
の息子という音楽的な環境に育った彼
らしく、レゲエという音楽のツボを心得た
サウンド作りをしているんですね。

1曲目「Spanish Town Rockin'」は
Barrington Levyの「Prison Oval Rock」
のリディムが使われています。
このBarrington Levyは高音を生かした
カナリア・ヴォイスで80年代前半から
活躍したシンガーですが、Chronixxの
お父さんのChronicleはそのBarrington
Levyのフォロワーとして活躍したシンガー
なんですね。
ネットのYouTubeで彼の曲をいくつか見つ
ける事が出来ましたが、やはりBarrington
Levyにかなり似た歌い方をしています。

CHRONICLE - MY SOUND


CHRONICLE - MY GOD


そして2曲目「Big Bad Sound」ではその
お父さんChronicleと、Chronixxが共演
した曲が収められているんですね。
そのあたりもとても楽しいところです。

3曲目の「Skankin' Sweet」はフランス
のリズムメーカーBost & Bimとのコラボ曲
だそうです。
(今回のアルバムを調べていて見つけた、
ネットの受け売り情報です(笑)。)

5曲目「Country Boy」は90年代に
ルーツ・リヴァイヴァルを起こした
Garnett Silkの「Give I Strength」の
リディムを使用した曲のようです。

6曲目の「Smile Jamaica」は、タイトル
を聴くとBob Marleyの曲かと思うが、彼の
オリジナル曲で爽やかな歌声が魅力の1曲
です。
この曲や7曲目「I Can」、8曲目
「Likes」などは今後も彼の代表曲として、
名前の残りそうな曲なんですね。

そして10曲目「Majesty」は、ロック
ステディの時代の人気グループの
The Techniquesのヒット曲「Queen
Majesty」のリディムを使用した曲です。
このQueen Majesty」にはさらに元になった
曲があって、それが当時のUSの人気
ソウル・グループThe Spinnersの「I'll
Be Around」なんですね。
そうした名曲を使ってChronixxは、とても
素晴らしい歌声を聴かせています。

リズム特集 Queen Majesty (クイーン・マジェスティ)

書いたように11曲目「Loneliness」
では、UKの人気EMDグループ
Rudimentalのコラボも披露しています。
そう言われないと解らないほど、この曲は
アルバムにフィットしているんですね。
この事は彼の才能がレゲエとかEDMとか
音楽の枠を超えたものだという事を証明
しています。

こうして丁寧に見て行くと、様々な音楽の
要素をうまく取り入れながらも、音楽自体
は旧来のリディムをうまく使用するなど、
レゲエ・マナーに沿った音作りがされて
いる事がよく解ります。
細かいところまでしっかりと計算された、
とてもよく作り込まれたアルバムなんです
ね。

しかもレコーディングの場所を見ると、
ジャマイカやニューヨークだったりと、
かなり忙しい中で作られたアルバムである
事が解ります。
ただそうした中でかなり好きの無い
シッカリとしたアルバムを作っているの
は、やはりさすが!というべきでしょう。
一見軽く見えてもシッカリとした音楽性が
あるアルバムで、子供の頃から身近に音楽
のある環境に育った、音楽の申し子とも
いえる彼Chronixxの世界がここにあり
ます。
このアルバムがグラミー賞の候補のひとつ
に上がったのは、むしろ当然だったと言え
るかもしれません。

1曲目は「Spanish Town Rockin'」です。
書いたようにリディムはBarrington Levy
の「Prison Oval Rock」。
美しいコーラス・ワークにピアノとギター
のメロディ、ちょっとトースティングが
入ったようなChronixxのリラックスした
ヴォーカルがとても魅力的な曲です。

Chronixx - Spanish Town Rockin' [OFFICIAL AUDIO] | Chronology


2曲目はお父さんChronicleとの共演曲
「Big Bad Sound」です。
いきなりのChronicleと思われる高音を
生かした詠唱から、ピアノとキーボードの
メロディに乗せたちょっとトースティング
も入った親子の掛け合いがとても楽しい曲
です。

Chronixx - Big Bad Sound ft. Chronicle [OFFICIAL AUDIO] | Chronology


3曲目は「Skankin' Sweet」です。
書いたようにフランスのリズムメーカー
Bost & Bimのプロデュース曲です。
ギターとキーボード、ホーンのメロディ
に、Chronixxのグルーヴ感のあるソフト
なヴォーカルが魅力的。

Chronixx - "Skankin' Sweet" [Official Video] | Chronology


4曲目は「Ghetto Paradise」です。
こちらはあのJesse Royalのアルバムなど
を手掛けているPhillip 'Winta' Jamesの
プロデュース曲です。
ちょっと重めのキーボードのメロディに
ホーン、まるで呟くようなChronixxの
ヴォーカル、リリカルなピアノ…。

5曲目は「Country Boy」です。
リディムはGarnett Silkの「Give I
Strength」です。
ギターとキーボード、ホーンのメロディに
乗せた、Chronixxの伸びやかで語るような
ヴォーカル。

6曲目は「Smile Jamaica」です。
Chronixxの作り上げたジャマイカの
テーマ・ソングともいえる曲です。
明るギターのメロディに、Chronixxの
ソフトなヴォーカル。

Chronixx - Smile Jamaica (Official Video) - prod. by Silly Walks Discotheque


7曲目は「I Can」です。
こちらもシングル・カットされた、彼の
代表曲のひとつになりそうな曲です。
ちょっとこもったようなキーボードに
演説、口笛、Chronixxのソフトだけれど
力強いヴォーカルにコーラス・ワーク…。
ちょっとレゲエという枠を超えたような、
彼の音楽性が色濃く出た曲です。

Chronixx - "I Can" (Official Music Video)


8曲目は「Selassie Children」です。
ピアノとギターのワンドロップに、イイ
感じで入って来るボトルがこすれ合うよう
なカチカチ音、Chronixxのヴォーカルに
自身のファルセットなソフトなコーラスが
魅力的な曲です。

9曲目は「Black Is Beautiful」です。
アコースティックなギターにChronixxの
呟くようなヴォーカルに、ギターに
ストリングスのメロディ…。
こちらも彼の才気を感じる1曲。

10曲目は「Majesty」です。
リディムはThe Techniquesのヒット曲
「Queen Majesty」。
キーボードのメロディに乗せたスウィート
なコーラス、Chronixxの甘いヴォーカルが
素晴らしい曲です。
ロックステディは60年代後半の音楽です
が、その音楽を半世紀以上経ってこれほど
スタイリッシュで魅力的に使えるところ
に、このChronixxの才能が垣間見えます。

Chronixx: “Majesty” (Official Music Video)


11曲目は「Loneliness」です。
書いたようにUKの人気EMDグループ
Rudimentalのコラボ曲です。
こうした曲がまったく違和感がなく
収まっているところに、このアルバムの
ポピュラリティがあるんですね。
ギターのメロディにChronixxのソフトな
ヴォーカル…。

12曲目は「Likes」です。
こちらのシングル・カットされた、代表曲
と呼ばれそうな曲です。
ヴォーカルに
書いたようにキーボード、シンセとドラム
のプログラミングとすべてChronixx本人が
やっている曲なんですね。
ある意味もっともChronixxらしい曲と言え
ます。
キーボードのメロディにChronixxの表情
豊かなヴォーカルが魅力的。

Chronixx - Likes (Official Music Video) | Chronology OUT NOW


13曲目は「Tell Me Now」です。
ストリングスとキーボードの心地良い
メロディに、Chronixxの優しいヴォーカル
が魅力的な曲です。

14曲目は「Legend」です。
アコースティック・ギターとキーボードの
優しいメロディに、Chronixxのソフトな
ヴォーカル…。

15曲目は「Christina」です。
キーボードのメロディにコーラス、それに
応えるようなChronixxの明るいヴォーカル
の曲です。

16曲目は「I Know Love」です。
こちらはCDのみのボーナス・トラックの
ようです。
ギターに乗せた女性コーラス、Chronixxの
語りかけるようなソフトなヴォーカルが
とても魅力的。

ざっと追いかけてきましたが、とても丁寧
に作られた内容の良いアルバムだと思い
ます。

実はこのアルバムは今回ちゃんと調べる
までは、私の中ではちょっと腑に落ちない
部分のあるアルバムでした。
あまりにソフトで耳障りの良さがちょっと
軽く聴こえてしまって、ラスタ・
リヴァイヴァル・ムーヴメントの旗手と
いう彼のイメージからはちょっとズレて
いたんですね。
ただ今回ジックリと聴き直してみると、
このアルバムがシッカリと作り込まれた
アルバムであり、彼Chronixxがそれから
先の次元へと確実に一歩を踏み出した
アルバムであるという事が解りました。
人の好き嫌いは解りませんが、内容は悪く
ないと思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Chronixx - Spanish Town Rockin - 5/1/2017 - Paste Studios, New York, NY


Chronixx feat. Chronicle - Big Bad Sound (Live in Kingston)



○アーティスト: Chronixx
○アルバム: Chronology
○レーベル: Soul Circle Music
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2017

○Chronixx「Chronology」曲目
1. Spanish Town Rockin'
2. Big Bad Sound - Feat. Chronicle
3. Skankin' Sweet
4. Ghetto Paradise
5. Country Boy
6. Smile Jamaica (Remastered)
7. I Can
8. Selassie Children
9. Black Is Beautiful
10. Majesty
11. Loneliness
12. Likes
13. Tell Me Now
14. Legend
15. Christina
16. I Know Love (Bonus Track)