今回はWelton Irieのアルバム

welton_irie_02a

「Army Life」です。

Welton Irie(本名:Welton Dobson)は
80年代前半のアーリー・ダンスホール・
レゲエの時代に活躍したディージェイ
です。
ネットのWikipediaの彼のページには、次
のような紹介文が書かれています。

Welton Irie (born Welton Dobson, 1961 in Jamaica),
sometimes credited simply as Welton, is a Jamaican
reggae deejay, best known for his work in the late
1970s and early 1980s.

《Welton Irie(本名Welton Dobson。
1961年ジャマイカ生まれ。)は時に
シンプルにWeltonとクレジットされる事の
ある、70年代後期から80年代初期に
活躍したジャマイカのレゲエ・
ディージェイです。》

ネットのDiscogsで彼の履歴を調べてみる
と、その言葉通り彼のリリースした8枚の
アルバムのうち7枚が80~83年までに
リリースしたアルバムなんですね。
この経歴を見ても彼が80年代前半の
アーリー・ダンスホールの時代に、人気の
あったディージェイであった事が解り
ます。

ネットのDiscogsによると、共演盤を含めて
8枚ぐらいのアルバムと、62枚ぐらいの
シングル盤をリリースしているのが、この
Welton Irieという人です。

Welton Irie - Wikipedia

今回のアルバムは1982年にジャマイカ
のDynamiteというレーベルからリリース
されたWelton Irieのソロ・アルバムです。

プロデュースとアレンジはDynamite
レーベルのClive Jarrettとディージェイ
のLone Rangerで、バックにSly & Robbie
やWillie Lindo、Dean Frazerなどが参加
したアルバムで、表題曲の「Army Life」
をはじめとした、この時代らしいスローな
ワン・ドロップのリズムに乗せた、Welton
Irieらしいシング・ジェイ・スタイルの
トースティングが楽しめるアルバムと
なっています。

手に入れたのはDynamiteからリリース
されたLPの中古盤でした。

Side 1が5曲、Side 2が5曲の全10曲。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Produced & Arranged by: C. Jarrett & 'Lone Ranger'
Recorded & Mixed at Channel One
Executive-Producer: N.O. Lee

Musicians:
Drums: Sly Dunbar
Lead Guitar, Rhythm Guitar: Willie Lindo, Robbie Shakespeare
Bass: Robbie Shakespeare
Percussion: Sticky, Skully, Sky Juice
Piano: 'Bubbler', Robbie Lyn
Horns: Dean Frazer, Bobby Ellis, Nambo, Shego

となっています。

プロデュースとアレンジはDynamite
レーベルのClive Jarrettとディージェイ
のLone Rangerで、レコーディングは
Channel Oneで行われ、エグゼクティヴ・
プロデューサーはN.O. Leeとなっていま
す。

ミュージシャンはドラムにSly Dunbar、
リードとリズム・ギターにWillie Lindo
とRobbie Shakespeare、ベースにRobbie
Shakespeare、パーカッションに
Noel 'Scully' SimmsとUziah 'Sticky'
Thompson、Sky Juice、ピアノにFranklyn
'Bubbler' WaulとRobbie Lyn、ホーンに
Dean FrazerとBobby Ellis、Ronald
'Nambo' Robinson、Shegoという布陣
です。

ジャケット・デザインに関する記述はあり
ません。

welton_irie_03a
裏ジャケ

ジャケットには金網越しにこちらを見る
軍服姿のWelton Irieの姿の写真が使われ
ています。
その金網には「Up Park Camp」と書かれ
た看板が見えます。
John Holtの曲に「Up Park Camp」という
曲がありますが、レゲエレコード・コムに
あるその曲の歌詞には、注釈に

「アップ・パーク・軍事基地:ジャマイカ
が独立するまで18世紀後期から1962
年の間、ジャマイカにおけるイギリスの
軍事基地として機能していた。」

と書かれています。

ジョン・ホルト(John Holt) - Up Park Camp - リリック

Welton Irieはジャマイカ独立後に生まれて
いるはずですが、その基地はその後も
ジャマイカ軍で使用されていて、Welton
Irieは兵役の経験があるのではないかと
推測されます。

さて今回のアルバムですが、この80年代
前半のアーリー・ダンスホールの時代
らしいスローなワン・ドロップのリズムに
乗せたWelton Irieの味わいのあるシング・
ジェイのトースティングが楽しめる
アルバムで、内容はとても良いと思い
ます。

このWelton Irieですが、「Reprobate」や
「Ghetto Man Corner」など、彼の残した
8枚のアルバムのうち4枚がこの82年に
リリースされています。

welton_irie_01a
Welton Irie ‎– Reprobate (1982)

welton_irie_04a
Welton Irie ‎– Ghetto Man Corner (1982)

いわばこの82年は彼にとっての「当たり
年」だったんですね。
そんな彼の全盛期の歌声が聴けるのが
今回のアルバムで、その独特なシング・
ジェイ・スタイルのトースティングは
なかなか魅力的です。

このアーリー・ダンスホールの時代は
バック・バンドRoots Radicsなどのスロー
なワン・ドロップのリズムが大流行した
独特の時代でしたが、その時代の流れの中
でとても生き生きと泳いでいるような
Welton Irieのトースティングは、この
時代ならではの華があります。

Side 1の1曲目は「Army Life」です。
リディムはAlton Ellisの「Mad Mad」と
書かれているサイトがありましたが、
ちょっと違うような…。
ユッタリとしたワン・ドロップのリズム
に、Welton Irieの半分歌っているような
味わいのあるトースティングが魅力的な曲
です。

Welton Irie - Army Life (Dynamite/Sonic Sounds) - 1982


リズム特集 Mad Mad/Diseases (マッド・マッド/ディジーゼズ)

2曲目は「Some A Holla Some A Bawl」
です。
ギターとホーン、ピアノのメロディに、
Welton Irieの明るいトースティングが
楽しい曲です。

Welton Irie - Some A Holla Some A Bawl


3曲目は「Wife & Sweatheart」です。
明るピアノのメロディにワン・ドロップの
ドラミング、Welton Irieの楽し気な
トースティング。

4曲目は「Mr. Irie」です。
明るいホーンのメロディに、Welton Irie
の陽気なトースティングがイイ感じの曲
です。

5曲目は「Jah So Real」です。
Welton Irieの節回しのあるトース
ティングと、ベースを中心としたワン・
ドロップがイイ感じに渋い曲です。

Welton Irie - Jah So Real


Side 2の1曲目は「Herb Farm」です。
明るいキーボードとギター、ホーンの
メロディに、ノリの良いWelton Irieの
シング・ジェイのトースティングが楽しい
曲です。

2曲目は「Only Me」です。
ホーンのメロディからベースにキーボード
のワン・ドロップ、Welton Irieの流れる
ように滑らかなトースティングが魅力。

3曲目は「Musician」です。
リディムはThe Maytalsの「Bam Bam」。
ギターのメロディにパーカッション、
遅れて入って来るホーンに乗せた、
Welton Irieの半分以上歌っているような
シング・ジェイがイイ感じの曲です。

Welton Irie - Musician


リズム特集 Bam Bam/Murder She Wrote (バン・バン/マーダー・シー・ロート)

4曲目は「Put It Down」です。
ネットのRiddimguideでは、リディムが
Dave Brubeckの「Take Five」となって
いますが…どうなんでしょう?
ギターとピアノ、ベースのちょっと渋い
メロディに、Welton Irieのイイ感じの
トースティング。

Welton Irie - Put It Down (12inch)

↑LPのヴァージョンにはホーンが入って
いません。

5曲目は「Life Story」です。
リディムはThe Heptonesの「Pretty
Looks Is't All」。
ホーンの甘いメロディにピアノとサックス
の演奏に、Welton Irieのたたみ掛けて
来るようなトースティング。

Welton irie " Life story " Riddim pretty looks


ざっと追いかけてきましたが、どこか
等身大でありながらどこかほかの音楽とは
決定的に違う…、凄みは無いけれどとても
魅力的な面白みがある、そういう不思議な
時代がこのアーリー・ダンスホールの時代
だったんですね。

その時代に生き生きと輝いたディージェイ
のひとりが、このWelton Irieという人
だった事は間違いがありません。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Gemini ft Welton Irie, Johnny Ringo, Squiddly Ranks @ Stoke Newington 1983



○アーティスト: Welton Irie
○アルバム: Army Life
○レーベル: Dynamite
○フォーマット: LP
○オリジナル・アルバム制作年: 1982

○Welton Irie「Army Life」曲目
Side 1
1. Army Life
2. Some A Holla Some A Bawl
3. Wife & Sweatheart
4. Mr. Irie
5. Jah So Real
Side 2
1. Herb Farm
2. Only Me
3. Musician
4. Put It Down
5. Life Story