今回はBuju Bantonのアルバム

buju_banton_02a

「'Til Shiloh」です。

Buju Banton(本名:Mark Anthony
Myrie)はレゲエという音楽を代表する
ディージェイのひとりです。
80年代後半からサウンド・システムで
ディージェイとして活動を始め、イケイケ
のディージェイとして人気を博すように
なるんですね。
92年にアルバム「Mr. Mention」で
アルバム・デビューし、その後も
「Stamina Daddy」などのヒット曲を
飛ばし、ジャマイカで人気のディージェイ
として成長して行きます。
友人のPan Headが銃で殺された事を
きっかけにラスタファリズムに傾倒し、
95年にアルバム「'Til Shiloh」で
ラスタファリアンとしての新しい自分を
見せ、コンシャスなミュージシャンとして
活動するようになります。

buju_banton_04a
Buju Banton ‎– Mr. Mention (1992)

しかし2009年にアメリカのマイアミで
コカイン密輸容疑で逮捕拘留され、一時
保釈されたものの刑務所に拘留されていま
した。
2018年に12月に刑期を終えて保釈
されました。

ネットのDiscogsによると今までに13枚
ぐらいのアルバムと、466枚ぐらいの
シングルをリリースしているのが、この
Buju Bantonという人です。

ブジュ・バントン - Wikipedia

アーティスト特集 Buju Banton (ブジュ・バントン)

今回のアルバムは1995年にUSの
Loose Cannonというレーベルからリリース
された、彼のソロ・アルバムです。

それまでイケイケのダンスホール・
ディージェイだった彼が、友人の
Pan Headが殺されたことをきっかけに
コンシャスなラスタファリアンに転身した
アルバムで、多くの人々に衝撃を与えた、
レゲエ史に残る記念碑的なアルバムの
ひとつと言われているアルバムです。
プロデューサーはDonovan Germainで、
Pan Headについて歌った「Murderer」を
はじめとして、Dalton Browneの生ギター
に乗せた名曲「Untold Stories」、彼の
ダンスホールディージェイとしての資質を
感じさせる「Champion」など、ダンス
ホールのリズムを使いながらもBuju Banton
のコンシャスなリリックが魅力のアルバム
で、レゲエの新たな境地を切り開いたと
高く評価されているアルバムです。

手に入れたのはIsland Recordsから
リリースされたCD(新盤)でした。

全17曲で収録時間は約65分。
オリジナルは15曲で、15曲目「Rampage」
と16曲目「Sensemilia Persecution」
はオリジナルにはないCDボーナス・
トラックです。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

1. Shiloh
Written by Mark Myrie
2. 'Til I'm Laid To Rest
Written by Mark Myrie & Bobby Dixon
Producer: Bobby Digital
Engineer: Bobby Digital
All Istruments: Firehouse Crew
Guitar: Dalton Browne
Backing Vocals: Two Friends Crew
Mixing Engineer: Tony 'CD' Kelly
Recorded at Digital Recording Studio, Kingston, Jamaica
Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
3. Murderer
Written by Mark Myrie & Clement Dodd
Produced by Donovan Germain
All Istruments: Mafia & Fluxy
Engineer: Andre Tyrell
Mixing Engineer: Dave Kelly
Assistant Engineers: M. Cooper & Andrew Thomas
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
4. Champion
Written by Mark Myrie & Leroy Sibbles
Produced by Donovan Germain
Engineer: Andre Tyrell
Assistant Engineer: Michael Cooper
Mixing Engineer: Andre Tyrell
All Istruments: Danny Browne
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
5. Untold Stories
Written by Mark Myrie, Donovan Germain, Handel Tucker, Glen Browne
Producer: Donovan Germain
Engineer: Andre Tyrell
Assistant Engineers: Michael Cooper & Andrew Thomas
Mixing Engineer: Tony 'CD' Kelly
Acoustic Guitar: Glen Browne
Keyboards & Drums: Handel Tucker
Saxophone: Dean Fraser
Background Vocals: Two Friends Crew
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
6. Not An Easy Road
Written by Mark Myrie
Producer: Buju Banton & Sylvester Gordon
Engineer: Sylvester Gordon
Assistant Engineer: Mark Brown & Babsy Twitch
Mixing Engineer: Sylvester Gordon
Assistant Mixing Engineer: Wayne Wonder
Drums: Sly Dunbar
Saxophone: Dean Fraser
Keyboards: Lloyd Willis
Bass: Junior 'Left Toe' Don
Background Vocals: Two Friends Crew
Recorded & Mixed at Cell Block Recording Studio, Kingston, Jamaica
7. Only Man
Written by Mark Myrie & Dave Kelly
Producer: Dave Kelly
Engineer: Dave Kelly
Assistant Engineer: Gary Jackson
Mixing Engineer: Dave Kelly
Drums: Dave Kelly
8, Complaint (featuring Garnett Silk)
Written by Mark Myrie, Garnett Silk, Donovan Germain & Anthony Cameron
Producer: Donovan Germain
Engineer: Andre Tyrell
Assistant Engineer: Michael Cooper
Mixing Engineer: Dave Kelly
Assistant Mixer: Gary Jackson
Keyboards: Leroy Mafia
Drums: Dave Fluxy
Guitar: Dalton Browne
Background Vocals: Twiggy
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
9. Chuck It So
Written by Mark Myrie, Handel Tucker & Andre Tyrell
Producer: Donovan Germain
Additional Production: Andre Tyrell
Engineer: Andre Tyrell & Andrew Thomas
Assistant Engineer: Michael Cooper
Mixing Engineer: Tony 'CD' Kelly
Assistant Mixer: Michael Cooper
Keyboards: Handel Tucker
Drums: Andre Tyrell
Background Vocals: Two Friends Crew
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
10. How Could You
Written by Mark Myrie & Clement Dodd
Producer: Donovan Germain
Engineer: Andre Tyrell
Assistant Engineer: Michael Cooper
Mixing Engineer: Dave Kelly
Keyboards: Leroy Mafia
Drums: Dave Fluxy
Guitar: Dalton Browne
Saxophone: Dean Fraser
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
11. Wanna Be Loved
Written by Mark Myrie, Dave Kelly & Danny Browne
Producer: Donovan Germain
Additional Production: Dave Kelly
Engineers: Michael Cooper, Andre Tyrell & Dave Kelly
Mixing Engineer: Dave Kelly
Background Vocals: Marcia Griffiths
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
12. It All Over
Written by Mark Myrie, W. Johnson & C. Browne
Producer: Steely & Clevie
Engineer: Gary Sutherland & Mikey Williamson
Mixing Engineer: Steely
Bass & Keyboards: Steely
Drums: Clevie
Recorded & Mixed at Studio 2000, Kingston, Jamaica
13. Hush Baby Hush
Written by Mark Myrie, M. Williams
Producer: Donovan Germain
Engineer: Andre Tyrell
Assistant Engineer: Michael Cooper
Mixing Engineer: Tony 'CD' Kelly
Drums: Sly Dunbar
Saxophone: Dean Fraser
Background Vocals: Marcia Griffiths, Twiggy
Edited by: Drew Lavyne & Lisa Cortes at A.L.L. Digital, New York
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
14. What Ya Gonna Do? (featuring Wayne Wonder)
Written by Mark Myrie, V. W. Charles, Donovan Germain
Producer: Donovan Germain
Engineer: A. Thomas & Michael Cooper
Mixing Engineer: Dave Kelly
Assistant Mixer: Michael Cooper
Drums: Sly Dunbar
Keyboards: Robert Lyn
Saxophone: Dean Fraser
Guitar: Lloyd Willis
Trumpet: Junior Chin
Recorded & Mixed at Penthouse Recording Studio, Kingston, Jamaica
15. Rampage
Written by Mark Myrie, Sylvester Gordon, Paul Henton
Produced by Cell Block Crew
16. Sensemilia Persecution
Written by Mark Myrie, Donovan Germain
Produced by: Donovan Germain
17. Champion (Remix)
Written by Mark Myrie, L. Sibbles, Ice Cube, QDIII, T. Life, D. Wansel
Remixed by Rob 'Fonksta' Bacon & 'Prince Charles' Alexander
Remixed at Giant Studio, New York, NY

Tracks 1-14 & 17 were originally released as the 'Til Shiloh album, July 18, 1995
Tracks 15 was originally issued as the b-side of "Wanna Be Loved" promotinal-only single
Tracks 16 was originally issued as the b-side of the "Champion" single, June 13, 1995

Front Cover Photography: Clive Allen
Back Cover/interior Photography: Geoffroy Deboismenu
Design: Red Herring Design

Executive Producer: Donovan Germain & Lisa Cortes

となっています。

ちょっと記述が長いのでミュージシャンに
ついては省略しますが、Steely & Clevie
やMafia & Fluxy、ドラマーのSly Dunbar、
サックスのDean Fraserなど、そうそうたる
メンバーが参加しています。
その中で特に注目は、本来はベース奏者の
Glen Browneのギター・プレイです。
彼はこのアルバムの誕生秘話の中で
「うまく光るかどうか解らない」と
Buju Bantonに行ったと語っています。
ただその試みは見事に成功し、あの
「Untold Stories」のような名曲が生まれ
たんですね。

ブジュ・バントン(Buju Banton)の名盤「Til Shiloh」に迫る!

エグゼクティヴ・プロデューサーは
Donovan GermainとLisa Cortesとなって
います。

ジャケット写真はClive Allen、その他の
写真はGeoffroy Deboismenu、ジャケット・
デザインはRed Herring Designとなって
います。

buju_banton_03a
裏ジャケ

さて今回のアルバムですが、それまで
イケイケのダンスホール・ディージェイ
だったBuju Bantonが友人の死をきっかけ
にコンシャス(真面目)なラスタ
ファリアンに転身したアルバムで、多くの
リスナーに衝撃を与えた問題作です。
90年代のアルバムの中でもこのアルバム
は、ぜひ聴いておきたいアルバムではない
かと思います。

このBuju Bantonですが、今回この文章を
書くにあたって私の持っている彼の
アルバムをいろいろ引っ張り出して聴き
直してみたのですが、やっぱりとても
素晴らしいアーティストだなと思いまし
た。
特にメジャー・デビュー・アルバムとなる
3枚目の「Voice Of Jamaica」以降は
グッと彼の音楽のクウォリティが上がる
感じで、聴いていてすべてのアルバムに
充実感があります。

buju_banton_05a
Buju Banton ‎– Voice Of Jamaica (1993)

やはり彼が90年以降のレゲエをけん引
して来た、トップ・アーティストのひとり
である事は間違いありません。
その中でも今回の「'Til Shiloh」は、彼
がそれまでのスラックネスなダンス
ホール・ディージェイからコンシャスな
ルーツ・ディージェイへと転身をした
衝撃作で、90年代のアルバムの中でも
特に聴いておきたいアルバムだと思い
ます。

その彼のコンシャスな姿勢を決定付けたの
が、今回のアルバムの5曲目に入っている
「Untold Stories」です。
この曲はGlen Browneの生ギターの演奏
に、Buju Bantonのハートのこもった
トースティングが、胸に沁みる1曲です。
「金持ちはどこでも行けるが、持たない者
たちはどこへも行けない」、「母親は最後
のお金で君を学校に通わせてくれた、それ
を無駄にするな」、「まだ語られていない
物語が山ほどある」といった社会への
メッセージを多く含んだ楽曲で、この曲に
彼のラスタとして生きる覚悟が明確に表れ
た名曲です。

ブジュ・バントン(Buju Banton) - Untold Stories - 1995 - リリック

あのBob Marleyの「Redemption Song」を
想起させるような、生ギターにアカペラと
いう組み合わせは多くのリスナーに衝撃を
与えた曲です。

他にもアカペラのトースティング1曲目
「Shiloh」から続く2曲目「Till I'm
Laid To Rest」は、ナイヤビンギ調の
ドラムがルーツ・レゲエを感じさせる曲
で、彼の新しい道を高らかに宣言した曲
です。
また3曲目「Murderer」は、友人だった
Pan Headが殺された事を歌った曲で、この
曲は大きな波紋を呼び、ラジオ局で暴力的
な歌詞の曲を流すのを控える動きにまで
なったんだとか。
他にも彼のダンスホール・ディージェイ
だった時代を彷彿とさせる、ダンスホール
のリズムに乗せた4曲目「Champion」や、
名チューンを連発したWayne Wonderとの
コンビネーション曲14曲目「What You
Gonna Do」など、どれも聴き応え充分な曲
が揃ったアルバムに仕上がっています。

やはりこのアルバムは、90年代のレゲエ
の中でも特に重要なアルバムのひとつと
言えるでしょう。

面白いのはこのアルバムによってBuju
Bantonは、ダンスホール・ディージェイで
ありながら同時にルーツ・ディージェイで
あるという地位を確立した事なんですね。
彼の音楽をいろいろ聴いてみると、使われ
ている音楽はダンスホールのリディムだ
けれど歌詞はコンシャスなルーツ・レゲエ
という事を、まったく矛盾なく実現して
いるんですね。
この路線は「ルーツ・リヴァイヴァル」と
呼ばれたGarnet SilkやTony Rebelあたり
から起ってきた路線ですが、彼は何の矛盾
なくうまく実現しています。
そのあたりは根っからのダンスホール・
ディージェイであり、根っからのルーツ・
シンガーという彼の特別な個性が、うまく
生きているような気がします。
あまりに自然体で歌いこなす、彼の
コンシャスなテーマに多くの人が惹かれた
のは、むしろ当然だったのかもしれま
せん。

またこのBuju Bantonについてたびたび語ら
れる「バティマン(ホモ・セクシャル)
批判」の問題についても一言書いておこう
と思います。
この90年ぐらいになるとレゲエはホモ・
セクシャルを批判した曲が多く作られて
いるという事で、ゲイのコミュティなど
からの批判にさらされるようになるんです
ね。
それがいわゆる「バティマン批判」と言わ
れる問題です。

このBuju Bantonも88年のヒット曲
「Boom Bye Bye」が「ゲイを苦しめ、殺害
するという内容の歌詞を含んでいた」と
いう事で、批判を受けるんですね。
ネットのWikipediaには『ニューヨーク
タイムス紙のケレファ・サネー記者は
「よろめくようなビートと殺意を感じる
コーラスの、控えめに言っても血の凍る
ような曲」と評した』と書かれています。
そうした抗議でBuju Bantonも全米ツアー
が中止になるなど、いろいろな問題が
起きています。

Buju Banton - boom bye bye


このあたりはジャマイカというホモ・
セクシャルに厳しい国柄もあるのですが、
90年代頃になるとレゲエという音楽が
世界の音楽として隆盛を極めた半面で、
SizzlaやBeenie Manなど多くの
ミュージシャンが「バティマン批判」を
繰り返したために、弱者を差別する
「ヘイト・ミュージック(差別音楽)」
というレッテルを貼られてしまう事も起き
ています。
そしてこの問題は残念ながら今も解決して
いないんですね。

ただ今回調べた限りでは、この「Boom
Bye Bye」という曲以外はBuju Bantonは
あまりそうした曲は作っていないよう
です。
またこうした曲を今後作らない事と、
ショーで披露しない事も表明していると、
先のWikipediaには書かれています。

話を戻しますが、今回のアルバムは彼の
もっとも重要なアルバムのひとつであり、
この90年代の重要作のひとつである事は
間違いがなさそうです。

1曲目は「Shiloh」です。
アカペラで歌われるBuju Bantonの19秒
ほどのメッセージです。

'Til Shiloh - Buju Banton


2曲目は「Till I'm Laid To Rest」です。
リディムはBeenie Man & Determineの
「Kette Drum」。
美しい男性コーラスにパーカッションの
ナイヤビンギ調のドラミング、Buju
Bantonらしいトースティングが魅力。

Buju Banton-'Till I'm Laid To Rest


3曲目は「Murderer」です。
リディムはBarry Brownの「Far East」。
リリカルなピアノとギター、ベースの
メロディに、Buju Bantonの絞り出すよう
な力強いトースティングが印象的な曲
です。

Buju banton murderer


リズム特集 Far East/Jah Sharkey (ファー・イースト/ジャー・シャーキー)

4曲目は「Champion」です。
パーカッションにドスの効いたベース、
リズミカルなピアノ、ダンスホール・
ディージェイらしいBuju Bantonのノリの
良いトースティングが魅力的。

Buju Banton - Champion (Original)


5曲目は「Untold Stories」です。
生ギターの演奏にBuju Bantonのほぼ
歌っているようなシング・ジェイのトース
ティングが胸を打つ、とても素晴らしい曲
です。

Buju Banton - Untold Stories


6曲目は「Not An Easy Road」です。
心地良いホーンのメロディに、キーボード
とコーラスに乗せたBuju Bantonのシング・
ジェイのトースティング。

Buju Banton - Not an easy Road


7曲目は「Only Man」です。
キーボードのリズミカルなメロディに乗せ
た、Buju Bantonの力強いトースティング。

8曲目は「Complaint」です。
リディムはAnthony Red Roseの「Tempo」。
曲を聴けば解りますが、Garnett Silkの
ヴォーカルが使われています。
ギターと重いキーボードのメロディに、
Garnett Silkのよく通るヴォーカルと
Buju Bantonのトースティングの絡みが
ゾクゾクする魅力があります。

Buju Banton - Complaint


リズム特集 Tempo (テンポ)

9曲目は「Chuck It So」です。
キーボードのメロディにBuju Bantonの
力強いトースティングにコーラス。

10曲目は「How Could You」です。
リディムはThe Bassiesの「Things A
Come Up To Bump」。
力強いドラミングにホーンのメロディ、
元気の良いBuju Bantonの楽し気なトース
ティング。

11曲目は「Wanna Be Loved」です。
心地良いドラミングにキーボードの
メロディ、Buju Bantonのちょっと弾けた
明るいヴォーカルに女性コーラス。
ちょっとBob Marleyの楽曲を彷彿とさせ
る曲です。

Buju Banton - Wanna Be Loved


12曲目は「It's All Over」です。
こちらはキーボードの明るいメロディに
乗せた、Buju Bantonらしい嗄れ声の
トースティングが印象的なリズミカルな曲
です。

13曲目は「Hush Baby Hush」です。
明るいホーンとキーボードを中心とした
メロディに、彼らしいダミ声の
パーティー・チューンです。

14曲目は「What You Gonna Do」です。
リディムはSoul Vendorsの「Swing Easy」。
書いたようにWayne Wonderとのコンビ
ネーション・チューンです。
ホーンのノリの良いメロディに、Wayne
Wonderのよく通る歌声、Buju Bantonの
がなり立てるようなトースティング。

Buju Banton-What Ya Gonna Do (Feat. Wayne Wonder)


リズム特集 Swing Easy (スウィング・イージー)

15曲目「Rampage」と16曲目
「Sensemilia Persecution」はオリジナル
にない曲なので、ここでは省略します。

17曲目は「Champion (Remix)」です。
4曲目「Champion」のリミックス
(ダブ)・ヴァージョンです。

ざっと追いかけてきましたが、やはりこの
アルバムでのBuju Bantonの晴れ晴れと
した充実ぶりには、心揺さぶられるものが
あります。
彼Buju Bantonの魅力が凝縮された、彼の
代表作である事は間違いがありません。

これだけの活躍をしたBuju Bantonでした
が、コカイン密輸容疑で逮捕され8年間
もの間刑務所で過ごす事になったのは、
一リスナーとして本当に残念でなりま
せん。
ただ釈放された今後には、期待したいと
思います。

ちょっと手に入りにくくなっているよう
ですが、このアルバムは間違いなく彼の
代表作であり、90年代を代表する1枚で
ある事は間違いがありません。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Buju Banton Live On Jools Holland - Murderer



○アーティスト: Buju Banton
○アルバム: 'Til Shiloh
○レーベル: Island Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1995

○Buju Banton「'Til Shiloh」曲目
1. Shiloh
2. Till I'm Laid To Rest
3. Murderer
4. Champion
5. Untold Stories
6. Not An Easy Road
7. Only Man
8. Complaint
9. Chuck It So
10. How Could You
11. Wanna Be Loved
12. It's All Over
13. Hush Baby Hush
14. What You Gonna Do
15. Rampage (CD Bonus Track)
16. Sensemilia Persecution (CD Bonus Track)
17. Champion (Remix)