今回はBlack Uhuruのアルバム

black_ufuru_06a

「Red」です。

Black Uhuruは70年代中頃から80年代
にかけて世界的にも活躍したヴォーカル・
グループです。
1974年にGarth DennisとDucky
Simpson、Don Carlosで結成されました
が、Garth DennisとDon Carlosが抜け
代わりにMichael RoseとErrol Nelsonが
加入し、77年にファースト・アルバム
「Love Crisis」を発表。
その後Errol Nelsonが脱退し、代わりに
女性ヴォーカリストのPuma Jonesが加入。
Sly & Robbieのバック・アップを受けて、
80年に彼らのメジャー・デビュー・
アルバムとなる「Sinsemilla」(通算
3枚目)を発表し、世界的にも人気の
グループとなります。

black_ufuru_02a
Black Uhuru - Sinsemilla (1980)

その後Michael Roseが脱退しJunior Reid
が加入したり、Puma Jonesが亡くなったり
という事などがあり、90年のアルバム
「Now」を最後に活動を停止しています。

ネットのDiscogsによると、33枚ぐらい
のアルバムと、93枚ぐらいのシングル盤
を残しています。

アーティスト特集 Black Uhuru(ブラック・ユフル)

ブラック・ウフル - Wikipedia

今回のアルバムは1981年にUKの
Island Recordsからリリースされた
Black Uhuruの「Sinsemilla」に続く
メジャー・デビューしてから2枚目の
アルバムです。

エグゼクティブ・プロデューサーは
Island RecordsのChris Blackwellで、
Sly & Robbieがプロデュースを担当した
アルバムで、Sly & Robbieを中心とした
リズム隊のヘヴィーなビートに乗せた、
彼ららしいヴォーカルが楽しめるアルバム
となっています。

手に入れたのはIsland Records傘下の
Mangoというレーベルからリリースされた
LP(新盤)でした。
まだ私が20代だった80年代当時に
買ったアルバムで、ジャケットにはまだ
Tower Recordsの1840円という値札が
付いていました。
おそらく当時東急ハンズを下った坂の下に
あったTower Recordsの第2号店で買った
ものと思います。

ネットでTower Recordsの歴史を調べて
みたところ、Tower Recordsのホーム
ページの「沿革」のところに「1980年に
は札幌に第1号店を、1981年には渋谷・
宇田川町に第2号店をオープン。」という
記述がありました。
てっきり1号店と思っていましたが2号店
だったんですね。
当時はレコードが平積みで置かれているの
が、すごく珍しかったです。
しかもオープンが81年だから、もしか
したらその開業当時に買ったアルバムかも
しれません。
(現在は場所が移転しています。)

Side 1が4曲、Side 2が4曲の全8曲。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Black Uhuru: Michael Rose, Puma, Duckie Simpson

Musicians:
Drums, Syndrums: Sly Drumbar
Bass Guitar: Robert 'Robbie' Basspeare
Percussion: Sticky Thompson
Rhythm Guitar: Ranchie McLean, Mikey Chung
Piano: Robert Lyn, Keith Sterling, Robert Shakespeare
Lead Guitar: Mikey Chung, Dougie Bryan, Ranchie McLean,
Barry Reynolds

Recorded at Channel One Studio, Kingston, Jamaica and
Compass Point Studios, Nassau
Sound Engineer: Soldgie
Vocal Engineer: Maxie
Guitar overdubs Engineer: Kendall Stubbs
Mixed at Compass Point Studios, Nassau
By: Steven Stanley, Robert Shakespeare, Sly Dunbar

Produced by Sly Dunbar and Robert Shakespeare

Executive Producer: Chris Blackwell
Photography: Jonnie Black
Cover Design: Denise & Bruno
Dress Design by Ruth McLeod for The Jabberwocky Womans Art Collective

となっています。

Black Uhuruのメンバーはリード・
ヴォーカルがMichael Rose、ハーモニー
がPuma JonesとDuckie Simpsonです。

バックのミュージシャンはドラムとシン・
ドラムにSly Drumbar(Sly Dunbar)、
ベースにRobert 'Robbie' Basspeare
(Robert Shakespeare)、パーカッション
にSticky Thompson、リズム・ギターに
Ranchie McLeanとMikey Chung、ピアノに
Robert LynとKeith Sterling、Robert
Shakespeare、リード・ギターにMikey
ChungとDougie Bryan、Ranchie McLean、
Barry Reynoldsという布陣です。

レコーディングはジャマイカのキングス
トンにあるChannel One Studioと、
ナッソーのCompass Point Studiosで行わ
れ、サウンド・エンジニアはSoldgie
Hamilton、ヴォーカル・エンジニアは
Lancelot "Maxie" McKenzie、ギターの
オーヴァー・ダブをしたエンジニアは
Kendall Stubbsが担当しています。
ミックスはナッソーのCompass Point
Studiosで、ミキシング・エンジニアは
Steven StanleyとRobert Shakespeare、
Sly Dunbarが担当しています。

エグゼクティブ・プロデューサーは
Island RecordsのChris Blackwell。

写真はJonnie Black、ジャケット・
デザインはDenise & Bruno、衣装
デザインはRuth McLeodという人が
行っています。

さて今回のアルバムですが、Sly &
Robbieを中心としたリズム隊の心地良い
ビートに乗せたBlack Uhuruのヴォーカル
が堪能出来るアルバムで、内容は悪くない
と思います。

このBlack Uhuruですが、ちょっと不遇な
イメージのあるグループなんですね。
そのひとつの要因は非常にメンバー・
チェンジの多かったグループで、
ジャマイカ国内で活動していた時は
Garth DennisとDucky Simpson、Don
Carlos→Garth DennisとMichael Rose、
Errol Nelsonと変わり、さらには
メジャー・デビュー当時はMichael Rose
とPuma Jones、Duckie Simpsonという
編成で、その後もMichael RoseとPumaが
脱退したり、Junior Reidが加入したりと
メンバー・チェンジが激しいグループなん
ですね。

そのメンバー・チェンジの影響はアルバム
のリリースにも出ていて、今回のメジャー
2作目の「Red」がリリースされた81年
には、その人気を当て込んでGarth Dennis
とDucky Simpson、Don Carlosの3人編成
の時代にPrince Jammyプロデュースで作ら
れた77年のファースト・アルバム
「Love Crisis」を再編集したアルバム
「Black Sounds Of Freedom」が、Prince
Jammyの手によって作られています。

black_ufuru_04a
Black Uhuru ‎– Black Sounds Of Freedom (1981)

つまり過去の違うグループ編成だった頃の
アルバムが、同じ年に発売されているん
ですね。
そのあたりもこのグループを、非常に捉え
どころの解りづらいグループにしている
ところがあります。

ちなみにメジャー・デビュー後のBlack
Uhuruの人気を当て込んで作られたと思わ
れる「Black Sounds Of Freedom」とその
元になったファースト「Love Crisis」です
が、今の時代に聴くとおそらくBlack Uhuru
のすべてのアルバムの中でも一番素晴ら
しいアルバムではないかと思われるほど
出来の良いアルバムなんですね(笑)。
さすがPrince Jammyという仕事のアルバム
なんですが、その事がよりこのグループの
混乱を招いているのもまた事実です。

さて話を戻しますが、今回の「Red」です
が、私が初めにレゲエを聴いていた20代
の頃に聴いていたアルバムのひとつでし
た。
その当時に聴いていた印象ではやはり
メジャー・デビュー・アルバムだった
「Sinsemilla」の印象が鮮烈で、シン・
ドラムのピュンピュンとしたトビ音に
乗せたルーツ・レゲエのヘヴィーさに
とてもシビレた事を覚えています。
対する「Red」ですがそれに較べると少し
地味な印象で、あまりアルバムとしての
記憶が鮮明に残っていませんでした。

今回久しぶりにジックリと聴き直してみま
したが、演奏はレゲエとしてはかなり重め
で、そのヘヴィーさがちょっと気になり
ました。
Island RecordsのChris Blackwellは、
Bob Marleyがメジャー・デビューする際に
「白人にも解る音楽を。」と求めたと言わ
れていますが、それによってBob Marleyは
ロック色の強いレゲエ・サウンドになった
と言われていますが、このBlack Uhuruや
Sly & Robbieにもそういう要求はあったの
でしょうか?
結果としてこのサウンドの重さが、この
グループの評価をだいぶ下げているような
気がしてなりません。

このBlack Uhuruというグループに関して
は、今のアーティストを使ったPrince
Jammyによる「Black Sounds Of Freedom」
の再編集盤がリリースされたり、Alborosie
が積極的に彼らの楽曲を取り上げたりと、
再評価する動きが今もあります。
このグループが持っている「地」の部分の
音楽性は、それほど悪くないんですね。

今回のアルバムもジックリと聴き直して
みると、メジャー・デビュー後の彼らの
全盛期のアルバムという事もあって、内容
自体はそれほど悪くないんですね。
「Sinsemilla」の時よりよりはシン・
ドラムのトビ音はだいぶ後退していて、
その分タイトでヘヴィーな重い演奏に
なっています。
その重さがちょっと地味な印象を与えて
いるようです。
ただ「Sinsemilla」では目立たなかった
Puma Jonesのコーラスが、イイ感じで挿入
されている曲が増え、Duckie Simpsonの
コーラスを含めてコーラス・ワークは強化
されている印象を持ちました。
ネットのアルバム評などを見るとメジャー
後のアルバムの中でも、特に評価の高い
アルバムのようです。

正直に言えばやはり問題は、ミックスも
含めたプロデュースのSly & Robbieにある
のかなと思います。
あまりにもドライでヘヴィ-に振り過ぎた
為に、このグループの本来持っていた
グルーヴ感や味わいがいく分失われて感じ
られる感は否めません。
あまりにもヘヴィーでタイトな演奏は、
ルーツ・レゲエの陰影の濃いサウンドを、
より暗くより重く感じさせてしまっている
んですね。
さらに曲調もあまりにタイトで、すべて
似た曲に聴こえてしまうんですね。
Sly & Robbieは演奏者として最強のコンビ
である事は間違いありませんが、個人的
にはプロデュースに関しては、それより
は…という感がどうしてもあります。

またこの時代のジャマイカはRoots Radics
によるスローなワン・ドロップのメローな
サウンドが流行した時代ですが、この
Black Uhuruのサウンドからはそうした
時代からはだいぶ乖離した、ただただ重く
ヘヴィーなサウンドなんですね。
そうした時代から孤立した存在なのも、
このグループの損をしている点なのかも
しれません。

このBlack Uhuruというグループに関して
は、その「杜氏」の腕次第ではもっと
美味しい「お酒」になったのではないかと
いう思いが今も私の中にあり、聴くたびに
もっと「辛口」のドライに振らずに普通に
すれば美味しい「お酒」になったのでは
ないかと、いつも何かモヤモヤとした思い
の残るグループなんですね。

Side 1の1曲目は「Youth Of Eglington」
です。
ギターとパーカッション、ピアノ、ベース
などの演奏に、Puma Jonesのコーラスに
乗せたMichael Roseのヴォーカルがとても
魅力的。

Youth Of Eglington - Black Uhuru


2曲目は「Sponji Reggae」です。
彼らの代表曲のひとつです。
ギターとヘヴィーなドラミング、男女混成
コーラスに乗せたMichael Roseのルーツ
らしい味わいのあるヴォーカルが魅力的。

Black Uhuru *Sponji Reggae*


3曲目は「Sistren」です。
ギターとグルーヴ感のあるベースに乗せ
た、Michael Roseの語るようなヴォーカル
がとても心地良い曲です。

4曲目は「Journey」です。
心地良いドラミングに、ギターと重い
ベースを中心としたタイトなメロディ、
コーラスに乗せたMichael Roseの感情を
乗せたヴォーカル。

Black Uhuru - Journey


Side 2の1曲目は「Utterance」です。
タイトなドラミングにギターとベースの
メロディ、華やかなコーラス・ワークを
感情をすべて乗せたようなMichael Roseの
ヴォーカルがイイ感じの曲です。

Black Uhuru - Utterance


2曲目は「Puff She Puff」です。
Michael Roseの叫び声からギターと
コーラスに乗せた、彼の感情を乗せた
ヴォーカル。
メロディ・ラインは1曲目「Utterance」
とほぼ同じような曲です。

3曲目は「Rockstone」です。
ギターとキーボードのちょっとリリカルな
メロディに、Michael Roseの感情を乗せた
ヴォーカル。

4曲目は「Carbine」です。
ギターのメロディにハードなドラミング、
Michael Roseの感情を乗せた表現力のある
ヴォーカルに、Puma Jonesならではの
コーラス・ワーク。

Black Uhuru - Carbine


ざっと追いかけてきましたが、どこまでも
タイトで重く暗い演奏が気になるものの、
彼らBlack Uhuruがもっとも輝いていた
時代のアルバムだけあって、ヴォーカルや
息の合ったコーラス・ワークには彼らの
勢いを感じます。
このアルバムが彼らのメジャー・デビュー
後の、聴くべきアルバムのひとつである事
は間違いがないでしょう。

あのBob Marleyの後継としてあまりにも
期待され、不遇のイメージの付きまとう
彼らですが、彼らがレゲエ全体を支える
ほどのアーティストでなかったのは事実
ですが、ひとつのグループとしてみた時
にはなかなか悪くないグループだったん
ですね。
ある意味それだけBob Marleyという人が
偉大であり、多少音を変えたところで多く
の人々を共感させるだけのすごい人だった
という事なのかもしれません。
このBlack Uhuruはそこまでは偉大では
無かったけれど、今の時代になれば充分に
再評価される価値を持った、素晴らしい
グループだった事は間違いはありません。

多少レゲエのグルーヴからするとタイトで
ヘヴィー過ぎる感はありますが、この時代
の彼らの音楽には何かを打ち破ろうという
力強さがあります。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Black Uhuru - Sponji Reggae (Live)



○アーティスト: Black Uhuru
○アルバム: Red
○レーベル: Mango
○フォーマット: LP
○オリジナル・アルバム制作年: 1981

○Black Uhuru「Red」曲目
Side 1
1. Youth Of Eglington
2. Sponji Reggae
3. Sistren
4. Journey
Side 2
1. Utterance
2. Puff She Puff
3. Rockstone
4. Carbine