今回はSean Paulのアルバム

sean_paul_02a

「Mad Love The Prequel」です。

Sean Paul(本名:Sean Paul Ryan
Francis Henriques)は、世界的に活躍
するジャマイカのダンスホール・シンガー
です。
セカンド・アルバム「Dutty Rock」で世界
的にブレイクした彼は、Busta Rhymesや
Beyonceなどとも共演し、最近ではあの
Major Lazerと作品を作るなど、今も世界
的な活躍を続けています。

sean_paul_01a
Sean Paul ‎– Dutty Rock (2002)

ネットのDiscogsによると、7枚の
アルバムと286枚ぐらいのシングル盤を
リリースしています。

ショーン・ポール - Wikipedia

今回のアルバムは2018年にヨーロッパ
のIsland Recordsからリリースされた
Sean Paulのミニ・アルバムです。

Island Records移籍後初のアルバムという
事で、16年のDua Lipaとの共演曲
「No Lie」をはじめ、Tory Lanezとの共演
曲「Tek Weh Yuh Heart」、David Guetta
とBecky Gの共演の表題曲「Mad Love」、
Major Lazerとの共演曲「Tip Pon It」
と、ほとんどの曲が共演曲という、ミニ・
アルバムながらアッパーな曲が揃った、
かなりド派手なアルバムとなっています。

手に入れたのはIsland Recordsから
リリースされたCD(新盤)でした。

全9曲で収録時間は約33分。

詳細なミュージシャンの表記はありま
せん。

さて今回のアルバムですが、Sean Paul
らしいド派手でアッパーなサウンドが
楽しめるアルバムで、内容はとても良いと
思います。

今回アルバムのサウンドを聴くと、もう
完全にレゲエの枠を超えていて、EDM
(Electric Dance Music)やヒップ・
ホップなどの要素もふんだんに盛り込まれ
ているんですね。
そのせいかこのアルバムはネットの
Discogsでは、ジャンルが「Reggae, Pop」
となっています。
レゲエであるけれどポップでもある
アルバムとして扱われているんですね。

その人を楽しませようというポップで
アッパーなサウンドは、やはりとても
魅力的です。

また彼の音楽は曲としても細部までよく
作られていますが、YouTubeの映像などで
見るとよりその面白さがアップします。
YouTube上にはプロモ・ビデオとして、
「Mad Love」や「Tip Pon It」、
「Body」、「Tek Weh Yuh Heart」、
「No Lie」などの公式ビデオがあるので
ぜひチェックしてみてください。

特におススメはMajor Lazerとの「Tip
Pon It」のビデオです。
冒頭で映像ディレクターのような人と
Sean Paulのテレビ電話でのやり取りの
シーンがあるのですが、それが秀逸です。
ディレクターがSean Paulに「ワン・
ラヴ!ラスタ・ファーライ!」と語り
かけるのですが、Sean Paulが「ファッツ
(何それ)?」と返し、ディレクターが
「ファッツ(何それ)…」となる。
彼にとってラスタなんか関係ないという
ところが面白いシーンです。
その後の展開も面白いのでこのビデオは
ぜひ!とおススメしておきます。

他にDua Lipaとの「No Lie」は、Dua Lipa
のメタリックな衣装が秀逸で、とても
ファッショナブルでカッコいいビデオ
です。

そのほかMigosとの「Body」は、艶めか
しいを通り越してちょっとエッチかなと
思うビデオ(笑)だったりと、どれも
ファッショナブルで面白いので映像を
チェックしてみてください。

1曲目はJhene Aikoとの共演曲
「Naked Truth」です。
こもったギターとキーボード音に、
ちょっとセクシー系の女性ヴォーカルと、
Sean Paulの男性的な歯切れの良い
ヴォーカル。
リズミカルでダンサブルな曲です。

Sean Paul - Naked Truth (Lyrics) ft.Jhené Aiko [Mad Love The Prequel: The EP]


2曲目はEllie Gouldingとの共演曲
「Bad Love」です。
ギターとキーボードのイントロから
Sean Paulのリズミカルなヴォーカルに、
Ellie Gouldingのちょっと甲高い
ヴォーカルが絡む曲です。

3曲目はDavid GuettaとBecky Gとの
共演の表題曲「Mad Love」です。
デジタルらしいオープニングから、
女性らしいらしいセクシーなヴォーカル、
Sean Paulの歯切れの良いリズミカルな
ヴォーカル、と合間良く入って来る別の
男性ヴォーカル。

Sean Paul, David Guetta - Mad Love ft. Becky G

↑こちらはセクシーな実写ヴァ―ジョン。

Sean Paul, David Guetta - Mad Love (Lyric Video) ft. Becky G

↑こちらは文字が並ぶリリック・
ヴァージョン。

4曲目は「Jump On It」です。
頭からのSean Paulのヴォーカルから、
キーボードのユッタリとしたデジタル・
サウンドに乗せた、Sean Paulのアッパー
なヴォーカルが冴える曲です。

04 Sean Paul - Jump On It (Official Audio)


5曲目はMajor Lazerとの共演曲
「Tip Pon It」です。
書いたようにプロモ・ビデオが秀逸な曲
です。
デジタルらしいリズミカルなキーボード音
に乗せたSean Paulのヴォーカルが冴える
曲です。

Sean Paul & Major Lazer - Tip Pon It


6曲目はStefflon Donとの共演曲
「Jet Plane Trip」です。
デジタルなキーボードに乗せた高音の女性
ヴォーカルから、Sean Paulの滑らかに
繰り出されるリリック、リズミカルな
メロディ…。

7曲目はMigosとの共演曲「Body」です。
デジタル・サウンドに乗せたSean Paulと
Migosの2人の男性ヴォーカルが絡み合う、
ちょっとアダルトな雰囲気の曲です。

Sean Paul - Body ft. Migos


8曲目はTory Lanezとの共演曲
「Tek Weh Yuh Heart」です。
スローでムーディーなキーボードの
メロディに、雰囲気のある男性ヴォーカル
と、Sean Paulの男性的なヴォーカルの
対比が面白い曲です。

Sean Paul - Tek Weh Yuh Heart ft. Tory Lanez


9曲目はDua Lipaとの共演曲「No Lie」
です。
空気感のあるエコーのかかった女性
ヴォーカルに、半分トースティングの
入ったSean Paulのヴォーカル。
キメの女性の「No Lie」のフレーズが、
強く印象に残る曲です。

Sean Paul - No Lie ft. Dua Lipa


ざっと追いかけてきましたが、この
Sean Paulという人に関しては、もう
レゲエと呼んで良いのか、EDMと呼んで
良いのか、それともヒップホップと呼んで
良いのか解らないくらい、ポップな魅力を
身に着けています。
ただそのカッコよさは、やはりレゲエの
アイコンとしては重要なんですね。

キラキラとファッショナブルでカッコいい
音楽、それがSean Paulの音楽です。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Sean Paul, David Guetta, Becky G - Mad Love (Live on Good Morning America)


Sean Paul ft. Dua Lipa - 'No Lie' (Live At Capital’s Summertime Ball 2017)



○アーティスト: Sean Paul
○アルバム: Mad Love The Prequel
○レーベル: Island Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2018

○Sean Paul「Mad Love The Prequel」曲目
1. Naked Truth - ft. Jhene Aiko
2. Bad Love - ft. Ellie Goulding
3. Mad Love – Sean Paul & David Guetta ft. Becky G
4. Jump On It
5. Tip Pon It - Sean Paul & Major Lazer
6. Jet Plane Trip - ft. Stefflon Don
7. Body - ft. Migos
8. Tek Weh Yuh Heart - ft. Tory Lanez
9. No Lie - ft. Dua Lipa