2018_07_12_03a


昨日(12日)は免許の更新に行って来ま
した。
実は自動車の免許は持っているのですが、
身分証明書の代わりに持っているだけで、
ペーパーでゴールドという感じです。
運転免許の更新も、前に行った時よりは
ずいぶんIC化されていました。

2018_07_12_01a


免許の更新を終えた後は横浜駅に出て、
少し駅周辺ををぶらついて来ました。
まずはdisk unionへ行ってみましたが、
あまり目ぼしいアルバムが無かったので
何も買わずに出て来てしまいました。
次にRECO fan横浜ダイエー店へ。
廉価で売られていた4枚のCDを購入しま
した。

●RECO fan横浜ダイエー店で買ったCD
〇Buju Banton「Mr. Mention」
〇Sean Paul「Imperial Blaze」
〇Ms. Thing「Miss Jamaica」
〇T.O.K.「My Crew, My Dawgs」

2018_07_12_04a


Buju BantonのCD(税抜き350円)
以外は、すべて税抜き100円のCD
です。
今回は免許の更新で疲れてあまりガッツリ
と探す気力が無かったので、ワゴンの
100円のCDを適当に…。
ただこうしたCDでも期待以上に面白い
ものがあったりするし、今は叩き売りの
CDでも時間が経てば手に入らなくなる事
もあるので、あるうちに買っておくのは
アルバム集めの鉄則です。

次にビブレの地下にあるTower Recordsを
軽く覗いて来ました。
もうAlborosieの「Unbreakable」が売られ
ていました。
ネットの予約では発売が7月20日に
延びたという連絡があったんですが…。
メーカーが違うのかな???
まあ予約してあるので、20日頃には連絡
があると思うんですが…。

とりあえずTower Recordsではアルバムを
軽く眺めるだけにして、隣にあるGUへ。
実は前回来た時に散歩用のスポーツ・
ウェアに良さそうなものがあったので、
横浜に出た時には買って帰ろうと思って
いました。
残念ながら買おうと思っていたスポーツ・
ウェアはLサイズが無くてやめたけど、
半袖のパーカーやアロハ・シャツ、3足
390円の靴下などを買って帰りました。

一昨昨日(10日)はネットのTower
Recordsで、7枚のアルバムと1冊の
本を購入しました。

●ネットのTower Recordsで購入したCD
〇Gappy Ranks「Pure Badness」
〇Romain Virgo「LoveSick」
〇Christopher Martin「Big Deal」
〇Busy Signal「Reggae Music Again」
〇J-Boog「Wash House Ting」
〇I-Octane「Crying To The Nation」

●ネットのTower Recordsで購入したLP
〇Mellow Mood「Large」

●ネットのTower Recordsで購入した本
〇アレクサンドル・グロンドー、他
「レゲエ・アンバサダーズ 現代のロッカーズ-
進化するルーツ・ロック・レゲエ」

このうちGappy RanksとRomain Virgo、
Christopher MartinのCDは「在庫あり」
か「在庫わずか」になっていて、翌日
(11日)には発送したとのメールが来ま
した。
あと書籍の「レゲエ・アンバサダーズ」
は、今日自分の「マイページ」を確認した
ところ「入荷済み」となっていたので、
明日あたりには発送したというメールが
届きそうです。
残りのBusy SignalやJ-Boog、I-Octane、
Mellow Moodのアルバムは、「在庫取り
寄せ」となっていたので、今までの例から
するとけっこう手に入らなかった事もある
ので、実際に手に入るかはちょっと微妙
です。
まあ、出来れば手に入れたいんですが…。

UK出身のGappy Ranksはお気に入りの
アーティストのひとりです。
彼を知ったのはYouTubeで「Tomorrow
Loves You」を聴いたのがきっかけで、その
前向きな歌詞にちょっとヤラレちゃいまし
た(笑)。
実際に彼はそのゴツい風貌の割にすごく
イイ人のようで、日本にも3度来日して
いて、あの東日本大震災の時には
チャリティー曲「I Was There」まで作って
くれたというナイス・ガイなんですね。
そして自分の子供の名前を「Japan」と
付けるほどの親日家なんだとか(笑)。
そんな彼の一番新しいアルバムが「Pure
Badness」です。

Gappy Ranks - Tomorrow Loves You [Official Video]


GAPPY RANKS / I Was There


Gappy Ranks - Pure Badness (Official Video)


Romain Virgoはジャマイカのダンス
ホール・シンガーといった人のようです。
アルバム「LoveSick」は、「恋の病い」と
いうタイトル通りにラヴ・ソングを集めた
アルバムのようです。
こういうのも今のジャマイカのひとつの
姿なのかなという興味で、購入してみま
した。

Romain Virgo - Still


Romain Virgo - LoveSick | Official Music Video


Christopher Martinもダンスホール系の
シンガーのようです。
Romain Virgoもそうですが、素晴らしい
シンガーが次々に登場して来るのも、この
ジャマイカのダンスホール・レゲエの良さ
なんですね。

Christopher Martin - I'm A Big Deal | Official Music Video


Christopher Martin - Under The Influence | Official Music Video


イタリアの双子のシンガー&ディージェイ
Mellow Moodですが、最近この「Large」
というアルバムをリリースしていたよう
です。
売られていたのはLPですが、この文章を
書きながらネットで確認したら「廃盤」と
なっていたので、手に入れるのは難しい
かも…。

Mellow Mood - Large


Mellow Mood - Sound of a War


Mellow Mood - String Up A Sound (Official Video)


このブログの「雑文」を読んでいる人は
解ると思いますが、最近はこのTower
Recordsでアルバムを購入することが多い
です。
もともとはレゲエレコード・コムや
disk unionなどでの購入が多かったん
ですが、Tower Recordsを実際に使って
みたところ昔のアルバムもけっこう売って
いるし、新作もけっこう豊富で便利だった
んですね。
なによりわざわざ東京まで出かけなくとも
ネットで注文した商品を近所のセブン
イレブンで購入できるというシステムが
あって、それがとても便利なんですね。
ただネットで検索する時に、「レゲエ」が
「ワールド」と一緒になっていて、やたら
と韓国のアーティストが出て来て
しまって、「レゲエ」ではアルバムや
アーティストの検索が出来ません。
しょうがないのでダイレクトに名前を打ち
込んで、アーティストを調べるしか方法が
ありません。
明らかにレゲエと韓流ではファン層が違う
と思うんですが、このあたりはなんとか
ならないもんなんですかね(苦笑)。
この検索のしづらさはかなり問題です。

ちょっと心配しているのが新宿にある
Dub Storeが運営しているレゲエ
レコード・コムで、数年前と比べても
明らかに70年代のルーツ・レゲエや
80年代のレゲエの在庫が減っている点
です。
表向きはアルバムがあるように見えるん
ですが、この時代のルーツやダンスホール
の重要なアルバムがあまり売られていない
んですね。
例えば「Burning Spear」で検索してみる
と、ネットのTower Recordsでは今でも
あの「Marcus Garvey」と「Social
Living」が売られているのに、レゲエ
レコード・コムの方はシングル盤が3枚
程度売られているだけなんですね。
実際に昨日横浜のTower Recordsを覗き
ましたが、Bob MarleyやPeter Toshを
はじめ、The GladiatorsやCultureなど
定番のルーツのアルバムも実店舗にかなり
置いてあるんですね。
そういう事はこれからレゲエを聴こうと
いう人にかなり重要です。

「ブランニュー」の方もJesse Royalの
アルバム「Lily Of Da Valley」は
売り出しがTower Recordsの方がずっと
早かったり、Protojeの「A Matter Of
Time」はまだ売られていないようだし、
上に書いたMellow Moodの「Large」も
売られていないようだし、けっこう
売られていないアルバムがあります。
まあ今はレゲエが世界の音楽になったし、
買い付けも大変なのでしょうが…。
まあ逆にこのサイトでないと売られて
いないアルバムもあるので、このレゲエ
レコード・コムがレゲエ・ユーザーに
とって重要なサイトであることは変わり
がありませんが…。

話を戻しますが、最近はこのネットの
Tower Recordsの使い方にもだいぶ慣れて
来ました。
前に処分品のセールで購入するとアルバム
がかなり廉価で買える事は書きましたが、
他に定期的に「全品ポイント10倍
キャンペーン」というのがあって、その
時期にアルバムを購入するとキャンペーン
の時以外に購入するよりはポイントが
10倍付いてお得なんですね。

怒涛のサプライズ ビューティフル・ドリーマー

今回はその2018年7月10日から
13日23:59までのキャンペーンの時を
狙って購入していて、例えばGappy Ranks
の「Pure Badness」というアルバムは
2072円ですが、普通は19ポイント
しか付かないところがキャンペーン中は
191ポイント付きます。
ポイントは1ポイント1円として100
ポイント単位で使えるので、こうした時
に購入した方が後から多くのポイントが
使えます。
こうしたポイントをなるべく多く貯め
たり、クーポンも小まめにチェックして
有効にしておくと、購入の際に多少なり
とも値引きされた値段で買う事が出来
ます。
(クーポンとポイントの併用は不可。)
そのあたりもユーザーとして助かるところ
ではないでしょうか。
今回はクーポンを使って1600円分の
値引きが出来ました。
(すべての商品が揃った時に1600円分
の値引きで、商品が揃わない時は値段の
比率によって割り振られる仕組みのよう
です。)
まあ、こういうのは気にしない人は気に
しないんでしょうが、私のように定期的に
アルバムを買っている人は、長い目で見れ
ばかなり金額が違って来ます。

実はここのところブログのUU(ユニーク・
ユーザー)の数が、かなり落ちてしまい
ました。
一時期ルーツ・レゲエの重要なアルバムを
かなり一生懸命数多く書いていた事が
あったんですが、その頃はUUも200を
超える事が多かったんですが、最近は
2010年代のラスタ・リヴァイヴァル・
ムーヴメントのアーティストについて多く
書くようにしたところ平均は140前後
で、おとといの11日には114にまで
落ちました。
理由は勉強不足や文章力不足などいろいろ
あるとは思うのですが、この落ち幅は
ちょっと考えさせられるところがありま
した。

ただこの2010年代に入ってからの
レゲエは、ラスタ・リヴァイヴァル・
ムーヴメントやMajor Lazerの参入など
で、再び面白さを取り戻しつつあるように
感じています。
個人的には90年代から2000年代の
レゲエはSizzlaやCapletonなどの頑張り
は評価するものの、この時代はルーツ系は
ガチガチのラスタファリズムに染まり過ぎ
て内向きな傾向が強く、どうも親近感が
抱けません。
またダンスホール系も無理にポピュラー・
ミュージックに合わせようとしている感が
強く、イマイチ面白みに欠ける感があるん
ですね。
それに対して2010年代に入ってからの
レゲエは、過去の失敗を反省してか、
ルーツ系は徐々に70年代のルーツ・
レゲエを彷彿とさせるようなサウンドが
蘇って来ているし、ダンスホール系も
Major Lazerの参入などでレゲエに
ポピュラー・ミュージックが近付いて来て
いる感じで、レゲエ独自の面白さが復活
して来ているように感じます。
ただこれは私のように70年代のルーツ・
レゲエから聴き始めた人間の意見で、
Sizzlaなどの90年代のゴリゴリの
リゴリズム(厳格主義)に染まったレゲエ
から聴き始めた人たちには、むしろつまら
なく感じているのかもしれません。
こうしてレゲエについてブログに書いて
いて思いますが、同じレゲエという名前で
呼ばれていてもその中身やリズムは、その
種類や時代によってかなり違うものなん
ですね。
実際に書いている私自身でさえ、その音楽
の種類や時代によって、合う合わないが
どうしても出て来てしまうほどです。
まあそれでも以前に較べればだいぶ
いろいろな音を聴けるようになり、少しは
理解出来るようになった方だとは思います
が…。

まだまだ音楽に対する勉強不足や理解力
不足、文章力不足などもあるのでしょう
が、音楽について語るのはなかなか難しい
ところがあります。

ただ自分が面白いと思っている事、面白い
と思っている音楽については、やはり語ら
ないといけないと思うので、これからも
この2010年代のレゲエについては少し
ずつでも書いて行こうと思います。
とりあえず細々でも続けて行く事が大切
なんじゃないかと思います。

今日(13日)は暑い中を散歩に出かけ
て、お気に入りの中華屋さんでチャーハン
の大盛りとニラレバ炒めを食べて来ま
した。
最近体重が少し増え気味なので食事の量
には注意していますが、週に一度ぐらいは
こうした食べる楽しみがあるのも悪くない
と思います。
ただその分夜にあまり炭水化物(ご飯)を
取らないとか、注意しないといけないです
ね。
いや~、それにしても今日は、日中すごく
暑かったです。
今年の夏はすごく厳しそうですね。

2018_07_12_06a


W杯はベルギーがフランスに負けてしまい
ましたね。
出来れば優勝してもらって、ベルギーに
勝っていれば優勝したのは日本だったと
思いたかったです(笑)。
フランス戦のベルギーは緊張からなのか
疲れからなのか、明らかに動きが悪く感じ
ました。
なかなか優勝は大変なんですね。
優勝はクロアチアでしょうか?フランス
でしょうか?
残り2試合となりましたが、けっこう
面白いW杯だったと思います。

今回はVAR(ヴィデオ・アシスタント・
レフェリー)が導入されましたが、その
影響もあってか南米勢はベスト4に残れま
せんでした。
今回評価を落とした選手のひとりに
ネイマールが居ますが、ああして大げさに
倒れたり、ゴロゴロ転げ回ったりする、
南米勢が得意とする「騙すプレイ」は、
ヴィデオで判定すると解ってしまうんです
ね。
ネイマールは14分も寝転がっていたと、
酷評されまくりの大会でしたね(笑)。
サッカー選手の「旬」は本当に短いんだ
なぁと思いました。
比較的フェアなプレイをする日本選手は、
VARが導入されると、有利な面がある
かもしれませんね。
少なくともファール数が世界一と呼ばれる
よりは、フェアなチームと見られている方
が良いんじゃないでしょうか。

ではこの辺で。

2018_07_12_02a


2018_07_12_05a