2018_06_30_06a


昨日はちょっと横浜から馬車道あたりを
ブラついて来ました。
本来は家でノンビリとしたいところだった
のですが、母の知り合いが家に来るという
事でちょっと出かける事にしました。

まずは横浜のdisk unionへ。
ここでは目ぼしいアルバムが無かったの
ですが、LPを入れるビニール・カヴァー
と中のLPの保護用のビニール袋を購入
しました。

中古のアルバムなどを買うと、けっこう
保護のビニール・カヴァーが無い事も多い
し、ジャマイカ盤などだと内袋も本当の
四角いビニールがグシャグシャになって
入っていたりするんですね(笑)。
そうしたアルバムはビニール・カヴァーと
内袋を取り換えています。
そうしたビニールが切れてしまったのです
が、近所にあるTower RecordにはLPの
袋は売っていなくて、出掛けた時には
買おうと思っていました。
やはり買ったLPは大事に保存したいもの
です。
たとえ安いLPでもジャケットがかなり
汚れているものは、水で濡らした布を
絞ってジャケットをきれいに拭いてから
内袋もジャケット・カヴァーも汚れて
いたら、きれいに取り換えて保存する
ようにしています。

次にRECO fan横浜ダイエー店に。
ここではJah Cureのファースト・アルバム
をはじめ、2枚の税抜き100円の
アルバムを含めて4枚のアルバムを購入
しました。

●RECO fan横浜ダイエー店で買ったCD
〇Jah Cure「Free Jah's Cure: The Album The Truth」
〇Snow「12 Inchess Of Snow」
〇Shaggy「Pure Pleasure」
〇Mavado「Gangsta For Life: The Synphony Of David Brooks」

2018_06_30_01a


Jah Cureのアルバムは強姦罪などの複数
の罪で逮捕された彼の、獄中からの
ファースト・アルバムです。
この逮捕については彼は今も冤罪を主張
しているようで、その真偽のほどは我々
には解りません。
ただ彼の作る音楽はとてもピュアで、魅力
的なアーティストのひとりなんですね。
私自身もけっこう好きなアーティストの
ひとりで、まだアルバム評などは書いて
いませんが密かにアルバムをコレクション
しているアーティストです。
今回はあまり見かけない彼のファースト・
アルバムがあったので、購入しました。

Jah Cure - Reflection


Jah Cure - Wake Up


あとは値段が安価だったので購入した
アルバムです(笑)。
ただこういうアルバムの中から良い
アルバムを見つける事もあるので、小まめ
なアルバム収集は意外と大事です。
Snowはカナダの白人ディージェイ、
ShaggyはUSの白人シンガーで、最近あの
ロックの大物アーティストのStingとの
共演が話題の人、Mavadoはジャマイカの
バッドマン系のディージェイです。

Snow - Informer HD


Sting, Shaggy - Don't Make Me Wait (Official)


Mavado - Last Night ft. Mavado


90年代あたりからジャマイカやUK
以外のアーティストも多くレゲエに登場
して来るようになり、黒人以外の
アーティストも増えて来るんですね。
そしてほかの音楽にも言える事ですが、
レゲエもヒップホップを取り入れたりと
徐々にスタイルがボーダレスに変化して
来るんですね。
多くの人種のアーティストが入って来る
のは、必ずしもジャマイカ人や黒人では
なくても良い音楽が作れることをあの
AlborosieやGentlemanなどが証明している
ので◎ですが、その音楽があまりにも
ヒップホップなどの別の音楽の影響を
受けてしまうのはウ~~ンと思うところ
があり、個人的には△です。
どうも個人的に90年代後のレゲエに
引っかかってしまうところがあるのは、
レゲエがちょっと他の音楽に寄って行って
いるところがあるからなんですね。
むしろ今のレゲエの方に親和性を感じる
のは、レゲエが他の音楽に寄っているの
ではなく、Major Lazerなど他の音楽が
レゲエの方に寄って来ているからなんです
ね。
いろいろ過去の失敗を反省して、レゲエが
ラスタ・リヴァイヴァル・ムーヴメント
などその独自性を発揮して、再び面白い道
を歩み始めた気がします。

話が長くなりましたが、その後横浜駅から
地下鉄のみなとみらい線で馬車道に出まし
た。
馬車道のdisk unionに行ってみたのだけれ
ど、残念ながらここでは目ぼしいアルバム
は見つける事が出来ませんでした。
その後伊勢佐木町の富士そばで簡単な昼食
に天ぷらそばを食べて、自宅近くの駅前で
アイス・コーヒーなどを飲んで時間つぶし
をして、自宅に戻って来ました。

2018_06_30_07a


そういえばその前日の29日にネットの
Tower Recordsからメールがあり、ネット
で予約したAlborosieの新しいアルバム
「Unbreakable」が、6月29日発売の
予定が7月20日に伸びたという連絡が
ありました。
残念ながらしばらくは手に入りそうにあり
ません。

Alborosie ft. Chronixx - Contradiction | Alborosie Meets The Wailers United: UNBREAKABLE


ちょっと待ち遠しいところです。

もう1枚6月29日に発売予定だった
Protojeの「Matter Of Time」について
は、今のところネットのTower Records
からメールの連絡はありません。
このアルバム、ネットのTower Records
にはアルバム・ジャケットの写真も貼られ
ていないし、すごく不安に感じていたん
ですが、今この文章を書いている時に
Tower Recordsの「マイページ」を
チェックしてみたところ「一部 発送準備
中」に変わっていたので、こちらはセブン
イレブンに送る準備を始めているよう
です。
(「一部」となっているのは、Alborosie
のアルバムと同時に申し込んだから。)
おそらく明日あたりにセブンに発送したと
いうメールが来るんじゃないかと思い
ます。

このProtojeの新しいアルバム「Matter
Of Time」ですが、シングル・カットされ
た「Blood Money」や「Bout Noon」を
はじめとして、Chronixxとの共演作
「Flames」と「No Guarantee」など、
なかなか面白そうなアルバムです。

Protoje - Flames ft. Chronixx (Official Audio) || A Matter Of Time


Protoje - Mind Of A King (Official Audio) || A Matter Of Time


Protoje - Camera Show (Official Audio) || A Matter Of Time


Protoje - A Matter Of Time (Official Audio) || A Matter Of Time


Protoje - Lessons (Official Audio) || A Matter Of Time


今のところネットのレゲエレコード・コム
やdisk unionなどではリリースの告知は
なく、あるのはネットのTower Records
ぐらいで、しかもジャケット写真も載って
おらず、曲目もアルバムの紹介文も載って
いないという状態です(苦笑)。
ただ買うなら今のところTower Recordsで
買うしかなさそうです。
良いアルバムそうなので、早く手に入れ
たいものですが…。

しかしこうしたラスタ・リヴァイヴァル・
ムーヴメントのアーティストはなかなか
頑張っているのに、Kabaka Pyramidの
アルバム「Kontraband」はいまだに日本
では発売されていないみたいだし、一体
どうなっているのでしょう。
今はネットで聴ける時代とはいえ、こう
した旬なアーティストのアルバムが買え
ないというのは、とてももったいないと
思うのですが…。

Kabaka Pyramid ft. Damian "Jr. Gong" Marley - Kontraband [Official Video]


Kabaka Pyramid - Can't Breathe (Official Video)


いや~、ワールド・カップ盛り上がって
いますね。
日本が負けて勝ち残った事が批判されて
いるようですが、個人的には何が悪いのか
よく解りません。
むしろ日本のサッカーも成熟したものだ
なぁと感心します。
むしろ初めて出場した時にFWの選手が
何も出来ずにただヘラヘラしていた事や、
時間調整も出来ずに無謀にシュートを
打ってW杯出場を逃した事などの方が、
何倍も恥ずかしい事だったと今になると
思います。
その時代は出場する事が全てで、それさえ
も叶える事が難しかった実力しか持って
いなかった時代だったんですね。
ある意味で人に憎まれる試合が出来た事
は、日本サッカーの成長と言って良いで
しょう。

実は今回のチーム、何か起こせるのでは
ないかと密かに期待しています。
見ていてあのオリンピックで優勝した、
日本女子チームのなでしこジャパンに似て
いる気がするんですね。
あの時も予選まではあまり良くなくて、
決勝トーナメントに入って絶好調だった
んですね。
というか、神がかっていた…(笑)。

実は決勝トーナメントに進出した3回の
うち、今回が一番戦力が充実しているの
ではないかと思っています。
ゴール・イップスでゴールがガラ空きでも
シュートが打てないFWが居た2002年
の日韓大会よりも、本田一人に頼って
なんとか予選を突破した2010年(?)
より、大迫や乾、香川などが居る今回の方
がだいぶ攻め手が豊富です。
DFにも吉田のように海外で活躍している
選手も居るし、意外と悪くはないんじゃ
ないでしょうか。
考えてみれば大きな成功をつかんだ選手は
あまり居ませんが、2002年当時と較べ
れば海外のクラブで活躍する選手のなんと
増えた事か…。
そう考えると今回の日本代表は、日本最強
の代表と言えない事もありません。

まあ、そういう奇跡が起きないかという、
希望です(笑)。
すべては世界ランク3位のベルギー戦次第
ですが…。
実は今回のワールド・カップで、最も強い
のがこのベルギーやクロアチアあたりでは
ないかと密かに思っています。
それにまぐれでも何でもよいから勝てれ
ば…という話です(笑)。
とにかくもう1試合でも出来た事は誇る
べき事です。
頑張って欲しいですね。

そういえば昨日のフランスのエムボペは
衝撃でしたね。
19歳であのスピードと決定力…。
もうスパースターと呼んで良いでしょう。

あと3試合勝てば日本もエムボペの居る
フランスに当たれるのですが、やっぱり
無理ですかね…(笑)。
何しろベルギーに勝って、ブラジルと
メキシコの勝者に勝ってですから(笑)。
まあ、たったあと4試合だけ勝てば優勝
なんですが…。

では、この辺で。