今回はSpiritualのアルバム

spiritual_01a

「Awakening」です。

Spiritual(本名:Horace Chin)は、
ジャマイカのキングストンのゲットー出身
のレゲエ・シンガーです。
長い事ジャマイカのローカル・シンガーと
して活躍していた彼は、イタリア出身の
レゲエ・シンガーでプロデューサーである
Alborosieにその才能を認められ、多くの
トップ・アーティストを育てたClifton
'Specialist' Dillonを紹介され、その
Specialistからもその才能を認められ、
2017年にアルバム「Awakening」で、
念願のメジャー・デビューを果たします。

「Burning SpearとClutureのJoseph Hill
の歌声を持つシンガー」とその才能を高く
評価されているのが、このSpiritualと
いう人です。
ネットのDiscogsによると、今までに1枚
のアルバムと、4枚ぐらいのシングル盤を
リリースしています。

AWAKENING | 247reggae - 24×7 Records

今回のアルバムは2017年にUSの
VP Recordsからリリースされた彼の
デビュー・アルバムです。

Clifton 'Specialist' DillonやBobby
'Digital' Dixonなどがプロデュースを
務め、バックにMafia & FluxyやDean
Fraser、Ronald 'Nambo' Robinsonなどが
参加したアルバムで、シングル・カット
された「Stand Up To Rasta」や「Time
Has Come」など、このSpiritualという人
らしいルーツ色の強い楽曲が集められた
アルバムとなっています。

手に入れたのはVP Recordsからリリース
されたCD(新盤)でした。

ちなみにSpiritual Awakeningという単語
があり、その意味は「精神の目覚め」とか
「悟り」という意味だそうです。
今回のアルバム・タイトルは、彼の名前
Spiritualと、その単語をひっかけた
タイトルと思われます。

全14曲で収録時間は約57分。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

1. Black Man Story
Produced by Bobby 'Digital' Dixon & Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Digital B Recording Studios
Mixed by Bobby 'Digital' Dixon
Drums: David 'Fluxy' Heywood
Bass: Leroy 'Mafia' Heywood
Guitar: Ernie Wilks
Keyboards: Leroy 'Mafia' Heywood
Percussion: Bobby 'Digital' Dixon

2. Stand Up To Rasta
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Oufah Recording Studios
Mixed by Roland 'Rollie' McDermott
Bass: Daniel 'Axeman' Thompson
Guitar: Lamont 'Monty' Savory
Keyboards: Joel Anderson
Saxophone: Dean Fraser
Background Vocals: Kerry-Ann Lewis

3. Time Has Come
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon & Bobby 'Digital' Dixon
Recorded at Digital B Recording Studios
Mixed by Bobby 'Digital' Dixon
Drums: Kirk 'Kirkledove' Bennett
Bass: Donald Dennis
Guitar: Ian Coleman
Keyboards: Paul 'Wrong Move' Crossdale
Percussion: Bobby 'Digital' Dixon
Saxophone: Howard Foulds
Trombone: Ronald 'Nambo' Robinson
Background Vocals: Nicole Burt, Paul 'Limey' Murray

4. Liberation (feat. Iba Mahr)
Produced by Ronald 'Rollie' McDermott & Jermain Edwards
Recorded at Oufah Recording Studios, Tuff Gong Recording Studios
Engineers: Ronald 'Rollie' McDermott, Michael Howell
Mixed by Ronald 'Rollie' McDermott
Drums: Leroy 'Horsemouse' Wallace
Bass: Strikeland Stone
Guitar: Nicolas Groskopf
Keyboards: Joel Anderson, Luke Dixon
Background Vocals: Nicole Bugle, Kerry-Ann Lewis

5. Rule Di World
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Oufah Recording Studios
Mixed by Delroy 'Fatta' Pottenger
Drums: Fitzroy 'Dave Prime Time' Green
Bass: Sherwayne Thompson
Guitar: Nicolas Groskopf
Keyboards: Joel Anderson
Percussion: Denver 'Feluke' Smith
Saxophone: Dean Fraser
Trumpet: Hopeton Williams
Background Vocals: Nicole Bugle

6. Give Thanks And Praise
Produced by Bobby 'Digital' Dixon & Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Digital B Recording Studios
Mixed by Bobby 'Digital' Dixon
Drums: Kirk 'Kirkledove' Bennett
Bass: Chris Meredith
Guitar: Ian Coleman
Keyboards: Paul 'Wrong Move' Crossdale
Percussion: Bobby 'Digital' Dixon
Saxophone: Howard Foulds
Trombone: Ronald 'Nambo' Robinson
Background Vocals: Nicole Burt, Paul 'Limey' Murray

7. Ethiopia
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Oufah Recording Studios
Mixed by Ronald 'Rollie' McDermott
Bass: Daniel 'Axeman' Thompson
Guitar: Lamont 'Monty' Savory
Saxophone: Dean Fraser
Background Vocals: Kerry-Ann Lewis

8. Show Me The Way(feat. Droop Lion)
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Anchor Recording Studios
Mixed by Neil 'Fergie' Ferguson
Drums: Leroy Mignott
Bass: Sherwayne Thompson
Guitar: Nicolas Groskopf
Keyboards: Joel Anderson
Saxophone: Howard Foulds
Trumpet: Hopeton Williams
Background Vocals: Nicole Bugle, Kerry-Ann Lewis

9. The Lamb
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Oufah Recording Studios
Mixed by Delroy 'Fatta' Pottenger
Drums: Fitzroy 'Dave Prime Time' Green
Bass: Sherwayne Thompson
Guitar: Nicolas Groskopf
Keyboards: Joel Anderson
Percussion: Denver 'Feluke' Smith
Background Vocals: Kerry-Ann Lewis

10. Where Is The Love
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon & Bobby 'Digital' Dixon
Recorded at Digital B Recording Studios
Mixed by Bobby 'Digital' Dixon
Drums: David 'Fluxy' Heywood
Bass: Leroy 'Mafia' Heywood
Guitar: Ernie Wilks
Keyboards: Leroy 'Mafia' Heywood
Percussion: Bobby 'Digital' Dixon
Background Vocals: Bobby 'Digital' Dixon, Dalton Brownie

11. Free Africa
Produced by Bobby 'Digital' Dixon & Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Digital B Recording Studios
Mixed by Bobby 'Digital' Dixon
Drums: Kirk 'Kirkledove' Bennett
Bass: Chris Meredith
Guitar: Ian Coleman
Keyboards: Paul 'Wrong Move' Crossdale
Percussion: Bobby 'Digital' Dixon
Background Vocals: Bobby 'Digital' Dixon, Dalton Brownie

12. Want No More
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon & Bobby 'Digital' Dixon
Recorded at Digital B Recording Studios
Mixed by Bobby 'Digital' Dixon
Drums: Kirk 'Kirkledove' Bennett
Bass: Chris Meredith
Guitar: Ian Coleman
Keyboards: Paul 'Wrong Move' Crossdale
Percussion: Bobby 'Digital' Dixon
Background Vocals: Nicole Burt, Limey Murray

13. Tell Me Who
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Oufah Recording Studios
Mixed by Delroy 'Fatta' Pottenger
Drums: Fitzroy 'Dave Prime Time' Green
Bass: Sherwayne Thompson
Guitar: Leebert 'Gibby' Morrison
Keyboards: Robbie Ryn, Joel Anderson
Percussion: Denver 'Feluke' Smith
Saxophone: Dean Fraser
Trumpet: Hopeton Williams
Background Vocals: Kerry-Ann Lewis

14. Live Righteous
Produced by Clifton 'Specialist' Dillon
Recorded at Oufah Recording Studios
Mixed by Delroy 'Fatta' Pottenger
Drums: Fitzroy 'Dave Prime Time' Green
Bass: Sherwayne Thompson
Guitar: Nicolas Groskopf
Keyboards: Joel Anderson
Background Vocals: Nicole Bogle

Executive-Producers: Christopher Chin & Clifton Dillon
Project Coordination: Chris O'Brien

Photography: Wil_i_am Richard
Design: Tony McDermott

となっています。

ミュージシャンが多いので細かい
ミュージシャンの記述は省略しますが、
プロでデュースにClifton 'Specialist'
DillonやBobby 'Digital' Dixonが参加
したアルバムで、レコーディングは
Digital BやOufah Recording Studios、
Tuff Gongなどで行われ、Mafia & Fluxy
やDean Fraser、'Nambo' Robinsonなど
が参加したアルバムです。

アルバム・ジャケットのデザインは、あの
Scientistの「漫画ジャケ」シリーズなど
を手掛けたTony McDermottが行っていま
す。

spiritual_02a
アルバム小冊子・表紙

spiritual_03a
小冊子・写真

さて今回のアルバムですが、多くのレゲエ
のトップ・アーティストを手掛けた
Clifton 'Specialist' Dillonが「発掘
した才能」という事で話題のアルバムです
が、その期待に応えるようにSpiritualは
なかなか見事なヴォーカルを披露して
おり、内容は悪くないと思います。

このSpiritualですがローカルなレゲエ・
シンガーとしてジャマイカでルーツ・
レゲエを歌い続けていた人のようです。
その才能に初めに目を付けたのが、なんと
あのイタリア人レゲエ・シンガーの
Alborosieだったんだそうです。
Alborosieは彼の才能に気づき、自分の
プロダクションに所属させ、さらには
大物プロデュサーのClifton 'Specialist'
Dillonに彼を紹介し、今回の遅い
デビューとなったんだとか。
日本の演歌で例えれば、ドサ回りか酒場の
流しで日銭を稼いでいた演歌歌手が、ある
時に大物プロデューサーに認められ、CD
デビューするというシンデレラ・
ストーリーのような話が、今回の話なん
ですね。

こうした事が起きた背景には、ジャマイカ
にはベース・ミュージック(心の音楽)と
してのレゲエを愛する人々が居て、その
音楽で生活出来るだけの基盤があったと
いう事が大きいと思います。
そしてその音楽には海外のファンも居て、
その彼の音楽が今でも海外でも通用すると
見抜いた事が、今回のシンデレラ・
ストーリーを生んだと思われます。
そのあたりは50年近くもジャマイカで
愛されている、ルーツ・レゲエの底力と
言えるかもしれません。

このSpiritualは10年代ぐらいから
流行り始めたラスタ・リヴァイヴァル・
ムーヴメントとは趣を異にする
アーティストのようですが、ジャマイカ
ではこの50年ぐらいルーツ・レゲエの
「血」が、常にベース・ミュージックと
して脈々と流れ続けているんですね。
今回のSpiritualもその基盤の上に、登場
して来たアーティストと言えます。

その歌声は「Burning SpearとClutureの
Joseph Hillの歌声を持つシンガー」と
Clifton 'Specialist' Dillonからも
高く評価され、ちょっとクセの強い歌い
方ながらなかなか魅力的です。
今回のアルバムにはシングル・カット
された2曲目「Stand Up To Rasta」や
3曲目「Time Has Come」をはじめ、
注目のシンガーIba Mahrとの共演曲
4曲目「Liberation」や、Droop Lion
との共演曲「Show Me The Way」など、
彼のラスタファリアンらしいメッセージの
込められた全14曲が収録されています。

ある意味ラスタ・リヴァイヴァル・ムーヴ
メントのような目新しいインパクトはあり
ませんが、長年ルーツ・レゲエを歌い込ん
だ「ド・演歌歌手」のような魅力がこの
アルバムにはあります。
良くも悪くもルーツ・レゲエという音楽の
中で「コブシ」を回す、男の生きざまが
この音楽の中にはあるんですね。

1曲目は「Black Man Story」です。
ギターと華やかなホーンを中心とした
メロディにコーラス、Joseph Hillを彷彿
とさせるようなSpiritualのヴォーカル。

Spiritual-Black Man Story 2017


2曲目は「Stand Up To Rasta」です。
ギターとキーボード、ホーンのメロディに
コーラス、Spiritualのアクの強い
ヴォーカルがすごく魅力的。

Spiritual - Stand Up To Rasta | Official Music Video


3曲目は「Time Has Come」です。
心地良いホーンとギターのメロディに、
伸びやかなSpiritualのヴォーカル。

Spiritual - Time Has Come [Official Video 2017]


4曲目は「Liberation」です。
ラスタ・リヴァイヴァル・ムーヴメントで
注目されるIba Mahrとの共演曲です。
ギターを中心としたメロディにコーラス、
表情豊かなIba Mahrのヴォーカルとクセの
強いSpiritualのコラボが面白い曲です。

Spiritual ft. Iba Mahr - Liberation


5曲目は「Rule Di World」です。
ホーンとギターの華やかなメロディに
コーラス、Spiritualの語るように
ユッタリとしたヴォーカルが魅力的。

6曲目は「Give Thanks And Praise」
です。
リディムは映画「The Pink Panther」の
テーマとして知られている曲です。
ちょっと楽し気なホーンのメロディに、
Spiritualのとぼけたヴォーカル…。
この曲に関してはあるサイトに、「どう
しても『ゲゲゲの鬼太郎』のテーマ曲に
聞こえてしまう」と書いてありましたが、
言われるとそんな気が…(笑)。
そういえばSpiritualの歌い方は、何と
なくあの曲の熊倉一雄さん(声優)の
ヴォーカルに似ているような…。

7曲目は「Ethiopia」です。
キーボードの優雅なメロディに女性
コーラスのイントロから、ホーンの
メロディに乗せたSpiritualのヴォーカル
が、とてもグルーヴィーで魅力的な曲
です。

8曲目は「Show Me The Way」です。
Droop Lionとの共演曲です。
ホーンとピアノ、ギターのメロディに、
ちょっとしゃがれたSpiritualの
ヴォーカルと、こちらもしゃがれた
Droop Lionのソウルフルなヴォーカル。

9曲目は「The Lamb」です。
ピアノのリリカルなメロディから、
キーボードとギター、ホーン、Spiritual
のクセの強い伸びやかなヴォーカルに女性
コーラス。

10曲目は「Where Is The Love」です。
ピアノとギターのメロディに、個性的な
Spiritualのヴォーカルが良い味わいの曲
です。

11曲目は「Free Africa」です。
華やかなホーンとギターのメロディに、
心地良さそうなSpiritualのアクの強い
ヴォーカル。

12曲目は「Want No More」です。
キーボードとギターのユッタリとした
メロディに、Spiritualの心地良さそうな
ヴォーカルの曲です。

13曲目は「Tell Me Who」です。
キーボードと鳴くギターのメロディに、
Spiritualの語りかけるような
ヴォーカル…。

14曲目は「Live Righteous」です。
キーボードのユッタリとしたメロディに
女性コーラス、ジックリと歌い込むような
Spiritualのヴォーカルが魅力的な曲
です。

ざっと追いかけてきましたが、Joseph Hill
を思わせるようなSpiritualの個性的で
名前通りのスピリチュアルなヴォーカルは
すごく魅力的です。
レゲエという音楽が60年代後半に誕生
してもうじき50年という歳月になります
が、その初めに誕生したルーツ・レゲエは
ジャマイカの血脈として今も脈々と流れ
続けていることを実感させられる内容で、
ある意味「レゲエ・ド演歌」ともいえる
アルバムですが、聴き心地は悪くありま
せん。

良くも悪くもジャマイカのベース・
ミュージックとしてのルーツ・レゲエが
収められたアルバムだと思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Spiritual - My World Live at Pulse8 Showcase Kingston


Spiritual Red Eye


Spiritual - Want No More (Milk River Showcase)



○アーティスト: Spiritual
○アルバム: Awakening
○レーベル: VP Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 2017

○Spiritual「Awakening」曲目
1. Black Man Story
2. Stand Up To Rasta
3. Time Has Come
4. Liberation - featuring Iba Mahr
5. Rule Di World
6. Give Thanks And Praise
7. Ethiopia
8. Show Me The Way - featuring Droop Lion
9. The Lamb
10. Where Is The Love
11. Free Africa
12. Want No More
13. Tell Me Who
14. Live Righteous