今回はU Brown, Dickie Rankingのアルバム

u_brown_04a

「Repatriation」です。

U Brown(本名:Huford Brown)は70年
代のルーツ・レゲエの時代から活躍した
ディージェイです。
U Royのフォロワーとして登場した彼は、
70~80年代にかけて様々なサウンド
システムを渡り歩き、活躍した事で知られ
ています。

英語のWikipediaのページには彼の経歴と
して、次のような文章が書かれています。

Huford Brown (born 8 June 1956, Kingston, Jamaica), better known by the stage name U Brown,
is a reggae deejay who released eleven albums between 1976 and 1984.
(Huford Brown《1956年6月8日
ジャマイカ、キングストン生まれ》は、
1976年から84年にかけて11枚の
アルバムを残したレゲエ・ディージェイの
U-Brownとして知られています。)

この記述からも彼U-Brownが、70年代後半
のルーツ・レゲエの時代から80年代前半
のアーリー・ダンスホールの時代に活躍
したディージェイである事が解ります。

ネットのDiscogsによると、共演盤を含めて
16枚ぐらいのアルバムと、188枚
ぐらいのシングル盤を残しているのが、
このU Brownという人です。

U Brown - Wikipedia

今回のアルバムにボーナス・トラックと
して収められているDickie Rankingに
ついても説明しておきます。

Dickie Ranking(Dicky Ranking)は
ネットのDiscogsによると80年代から
90年代にかけて活躍したディージェイ
で、33枚ぐらいのシングル盤を残して
います。
また91年頃からはSnagga Pussという
名前でも活躍を始め、そちらの名前で
3枚のアルバムと88枚ぐらいのシングル
盤をリリースしています。
おそらくSnagga Pussとしての知名度の方
が高いアーティストと思われます。

今回のアルバムは1979年にジャマイカ
のHit Soundというレーベルからリリース
されたU Brownのアルバム「Repatriation」
全10曲と、ボーナス・トラックとして
U Brownのプロデュースした
Dickie Rankingのシングル盤の曲8曲を
1枚にまとめたアルバムで、2018年に
Burning Soundsからリイシューされた
アルバムです。
(手に入れたのはCDでしたが、LPも
LP+ボーナス・トラックの10インチ
という変則的な形でリリースされていま
す。)

U Brownのアルバム「Repatriation」は
プロデュースはU Brown本人で、バック
はThe Revolutionariesが担当しており、
このルーツ期らしいU Brownのトース
ティングが楽しめるアルバムとなって
います。
意外と見逃せないのがレアなディージェイ
Dickie Rankingのボーナス・トラックで、
バックの記載はありませんが、80年代
前半のアーリー・ダンスホールの音源と
見られ、スローなワン・ドロップのリズム
に乗せた彼のトースティングが楽しめる
音源はなかなか魅力的です。

手に入れたのはBurning Soundsから
リリースされたCD(新盤)でした。

ちなみにタイトルの「Repatriation」
とは、「送還」とか「本国送還」といった
意味のようです。

全18曲で収録時間は約56分。
1~10曲目までが79年にリリースされ
たU Brownのアルバム「Repatriation」の
曲、残りの8曲がボーナス・トラックで、
80年代前半頃と思われるU Brownが
プロデュースしたDickie Rankingの曲と
ダブが収められています。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

A Special thanks to the following Musicians better known as
The Revolutionaries:
Drums: Sly Dunbar
Bass: Robbie Shakespare
Lead Guitar: Rod 'Dougie' Bryan, Bertram 'Ranchie' McLean, Earl Chinner
Rhythm Guitar: Bingy Bunny, Winston 'Boo-Pee' Bowen
Organ: Winston 'Blue Bec' Wright, Ansel Collins
Piano: Ansel Collins, Gladstone Anderson
Percussion: Uriah 'Sticky' Thompson, Natty Skully, Sky Juice

Produced by Hugh Brown
Recorded and Remixed at Channel One, Kingston, Jamaica

となっています。

バックはChannel Oneのバック・バンド
The Revolutionariesで、ドラムにSly
Dunbar、ベースにRobbie Shakespare、
リード・ギターにRod 'Dougie' Bryanと
Bertram 'Ranchie' McLean、
Earl Chinner(Earl 'Chinna' Smith)、
リズム・ギターにBingy BunnyとWinston
'Boo-Pee' Bowen、オルガンにWinston
'Blue Bec' WrightとAnsel Collins、
ピアノにAnsel CollinsとGladstone
Anderson、パーカッションにUriah
'Sticky' Thompson、Natty Skully、
Sky Juiceという布陣です。

プロデュースはHugh Brown(U Brown)
で、レコーディングとリミックスは
ジャマイカのキングストンにある
Channel One Recording Studioで行われ
ています。

この記述はU Brownのアルバム
「Repatriation」に関するものだと
思われます。
残念ながらDickie Rankingのシングル盤に
関する記述はありません。
おそらく80年代前半のアーリー・ダンス
ホールの頃のスローなワン・ドロップの
音源なので、The Revolutionariesでは
なくRoots Radicsあたりがバックを務め
ているのかもしれません。

さて今回のアルバムですが、ルーツ期の
音源らしいベースを軸とした重厚なリズム
に乗せたU Brownの軽快なトースティング
はなかなか魅力的です。
さらにあまり聴く事の出来ない80年代に
活躍したディージェイDickie Rankingの
シングル盤の音源も収められているのも
すごく魅力的です。
なかなか良いリイシューだと思います。

このU Brownですが70年代のルーツ・
ディージェイの中ではU RoyやI Roy、
Big Youthといった個性的なディージェイ
と較べると、ちょっと地味目な存在の人
なんですね。
ただこの人はジャマイカでは相当人気が
あったようで、76年からこのアルバムを
出した79年までコンスタントにアルバム
をリースし続けているんですね。
さらに80年代前半のアーリー・ダンス
ホールの時代にも、82年から84年に
かけてアルバムをリリースし続けていま
す。

個人的な印象ですが、彼のちょっと軽めの
トースティングはルーツの時代よりも
むしろこのアーリー・ダンスホールの時代
の方が合っていた気がするんですね。
彼の82年のアルバム「Raver's Party」
は、彼の軽快なトースティングと、
アーリー・ダンスホールの心地良いワン・
ドロップが見事にマッチしたアルバムで、
彼の代表作のひとつともいえるアルバム
です。

u_brown_02a
U-Brown ‎– Raver's Party (1982)

このアルバムはあのレゲエ本「Roots
Rock Reggae」にも選ばれたアルバムで、
やはり彼らしい個性はこうしたライトな
トースティングにあるんじゃないかと思い
ます。

もちろん彼のそうした軽めの個性はこの
ルーツの時代から愛されていた訳で、
この人は印象に残るルーツのアルバムも
けっこう残しているんですね。
後にあのレゲエ・リイシュー・レーベル
Blood & Fireからも彼のコンピュレー
ション・アルバム「Train To Zion」が
リリースされていますが、あのレゲエ博士
Steve Barrow氏からもその実力が認め
られ、愛されたディージェイがこの
U Brownだったんですね。

u_brown_01a
U Brown ‎– Train To Zion: 1975-1978 (1997)

今回のアルバムはそうしたU Brownの個性
がよく発揮されたアルバムで、バックの
サウンドはまだベースを軸としたヘヴィー
なルーツ・サウンドですが、それに乗せた
U Brownのトースティングはかなり軽快
で、次に来るアーリー・ダンスホールの
空気を感じさせてとても魅力的です。
ルーツ後期のアルバムですが、時代が動く
気配はこのアルバムからも感じられます。
バックのThe Revolutionariesの演奏は、
ホーンなどもなくベースとドラムを軸と
したソリッドな演奏ですが、それが
かえってU Brownの軽快なトースティング
を際立たせている印象で、サウンドが
あまり厚過ぎずちょうど頃合いの聴き心地
をうまく実現しています。

ちなみにこのアルバム「Repatriation」
は今回のリイシュー以前に、フランスの
Patate Recordsというレーベルから、
オリジナル曲にプラスしてそのダブや
Delroy WilsonやAl Campbellの原曲も
プラスした全18曲入りのアルバムとして
同じ「Repatriation」いうタイトルで
2000年にリイシューされています。

今回のアルバムで見逃せないのが、
ボーナス・トラックとして収められた
80年代に活躍したディージェイDickie
Rankingのシングル曲4曲と、そのダブ
4曲です。

このDickie Rankingは90年代には
Snagga Pussと改名して、アルバムを3枚
も出す人気ディージェイとなるようなん
ですが、今回収められた曲はそれ以前の
80年代前半のアーリー・ダンスホールの
頃の音源と思われます。
ボーナス・トラックですがこちらの音源も
とてもレアなので、貴重な音源なんです
ね。
今回のリイシューでLPの方も12インチ
と10インチのLP2枚組にしたのは、
とても良い判断だったと思います。

ちなみにSnagga Pussの音源もレゲエ
レコード・コムで試聴してみたんですが、
笑い声などを入れたちょっとフラフラした
トースティングが特徴的なコミカルな
ディージェイ・スタイルが特徴の人のよう
です。
今回のアルバムに収められたボーナス・
トラックでは、そうしたフザケたような
トースティングはまだしておらず、
うっかりするとU Brownと聴き間違うほど
のオーソドックスなトースティングを聴か
せています。
個人的にはこのオーソドックスな
トースティングの方が、魅力的に感じまし
た(笑)。

ちょっと時代は後になりますが、80年代
前半のアーリー・ダンスホールの時代の
Dickie Rankingのトースティングも、この
時代らしいスローなワン・ドロップに乗せ
たものでとても魅力的です。
こちらもぜひ楽しんで聴いてみてくだ
さい。

1~10曲目までは79年にリリースされ
たU Brownのアルバム「Repatriation」の
曲、全10曲が収められています。

1曲目は「Black Princess」です。
リディムはLarry Marshalの「Throw Me
Corn」。
ベースと心地良いドラミング、U Brownの
心地良いトースティングが魅力的な曲
です。
かなりダブワイズも効いた、ベースが
冴える曲です。

U Brown - Black Princess


2曲目は「Natty Dread A De President」
です。
ギターとベース、心地良いドラミングに、
U Brownの滑らかなトースティングが
魅力的。

U Brown - Natty Dread A De President


3曲目は「Leggo The Youths」です。
浮遊感のあるキーボードにズシっとした
ベース、U Brownの流れるように滑らかな
トースティング。

4曲目は「Rock You」です。
畳み掛けるようなドラミングに、浮遊感の
あるキーボード、ズシっとしたベース、
U Brownの流れるようなトースティング
が魅力的。

5曲目は「Sweet Reggae Music」です。
心地良いドラミングに浮遊感のある
キーボード、ドスの効いたベースにギター
のメロディ、絶好調のU Brownのトース
ティング…。

U Brown - Sweet Reggae Music


6曲目は「No More Tribal」です。
ギターのベースのメロディに、歯切れの
良いドラミング、立て板に水のような
U Brownの言葉溢れるトースティング。

7曲目は「Set Jah Jah Children Free」
です。
ギターとベースを中心としたどすの効いた
メロディに、心地良いドラミング、
U Brownの言葉が流れ出るような饒舌な
トースティング。

U Brown - Set Jah Children Free


8曲目は表題曲ともいえる「Repartation
Is A Must」です。
ドスの効いたベースに心地良いドラミング、
ギターとキーボードのメロディ、踊りだし
そうなほどのU Brownの流れるようなトース
ティング。

U Brown - Repatriation Is A Must


9曲目は「Fire Keep Burning」です。
ドスの効いたベースに心地良いドラミング、
キーボードとギターを中心としたメロディ
に、U Brown味わい深い魅力的なトース
ティング。

10曲目は「Dry Up Your Tears」です。
リディムはAl Campbell の「No Children
Don't Cry」。
ズシっとしたベースにギターのシリアスな
メロディ、U Brownの感情の乗ったトース
ティングが魅力。

U Brown - Dry Up Your Tears


ここまでがU Brownのアルバム
「Repatriation」の曲で、残りの8曲は
Dickie Rankingのディージェイとダブ
(ヴァージョン)が収められています。

11曲目は「Lorretta」です。
ベースを軸としたスローなワン・ドロップ
のリズムに乗せた、Dickie Rankingの味の
あるトースティング。

Dickie Ranking - Loretta


12曲目は「Let's Seek Truth & Rights」
です。
アーリー・ダンスホールらしいベースを
中心としたユッタリとしたワン・ドロップ
のリズムに、Dickie Rankingの心地良さ
そうなトースティングが魅力的。

DICKIE RANKING - SEEK TRUTH AND RIGHT + DUB


13曲目は「Cocaine Business (A Money
Business)」です。
浮遊感のあるキーボードにギターとベース
のメロディ、ユッタリと歌い込むような
Dickie Rankingのトースティング…。

14曲目は「Rock The Beat」です。
ギターとホーンのイントロから、ギターと
ベースを中心としたワン・ドロップの
メロディ、Dickie Rankingともう一人の
ディージェイとの掛け合いののトース
ティング…。

残りの4曲はDickie Rankingの11~14
曲目の曲のダブが収められています。
おそらくLPの10インチ・ボーナス・
トラックのアルバムは片面がディージェイ
片面がダブという仕様になっているものと
思われます。

15曲目は「Lorretta (version)」です。
11曲目「Lorretta」のダブ
(ヴァージョン)です。
ズシっとしたドスの効いたベースが魅力。

16曲目は「Let’s Seek Truth & Rights
(version)」です。
12曲目「Let's Seek Truth & Rights」
のダブ(ヴァージョンです。
心地良いホーンとベースが印象的なダブ
です。

17曲目は「Cocaine Business (A Money
Business) (version)」です。
13曲目「Cocaine Business (A Money
Business) (version)」のダブ
(ヴァージョン)。
ユッタリしたギターとキーボードの
メロディが心地良いダブ。

18曲目は「Rock The Beat (version)」
です。
14曲目「Rock The Beat」のダブ
(ヴァージョンです。
心地良いワンドロップのドラミングにドス
の効いたベース、ギターやキーボードの
メロディが合間良く入って来るダブです。

ざっと追いかけてきましたが、U Brownの
軽快なトースティングが楽しめる
「Repatriation」のとても内容が良く
楽しめるアルバムですが、さらに
Dickie Rankingのレアなディージェイが
ボーナス・トラックとして付いている事
が、このアルバムをさらに魅力的にして
います。
70年代のルーツ・レゲエや80年代前半
のアーリー・ダンスホールなどのレゲエが
好きな人には、まさにツボのアルバムと
言えるでしょう。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: U Brown, (Dickie Ranking)
○アルバム: Repatriation
○レーベル: Burning Sounds
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1979

○U Brown, (Dickie Ranking)「Repatriation」曲目
1. Black Princess
2. Natty Dread A De President
3. Leggo The Youths
4. Rock You
5. Sweet Reggae Music
6. No More Tribal
7. Set Jah Jah Children Free
8. Repartation Is A Must
9. Fire Keep Burning
10. Dry Up Your Tears
(Dickie Ranking Bonus Tracks)
11. Lorretta
12. Let's Seek Truth & Rights
13. Cocaine Business (A Money Business)
14. Rock The Beat
15. Lorretta (version)
16. Let's Seek Truth & Rights (version)
17. Cocaine Business (A Money Business) (version)
18. Rock The Beat (version)