昨日外出中にネットのTower Recordsで
注文したCDが届きました。
届いたCDは以下の8枚です。

〇Mr. Vegas「Reggae Euphoria」
〇Mr. Vegas「This Is Dancehall」
〇I-Octane「Thank You Father」
〇Barrington Levy「Acousticalevy」
〇Gyptian「Sex, Love & Reggae」
〇Vybz Kartel「The Voice Of The Jamaican Ghetto」
〇Etana「Better Tomorrow」
〇Various「Ragga Ragga Ragga! 2013」

2018_05_15_01a


2018_05_15_02a


前にも書きましたが、9日から月末まで
やっている「怒涛のサプライズ 新・種・
誕・生」というセールの商品で、最安で
108円というかなりお買い得なセール
です。

怒涛のサプライズ 新・種・誕・生

このページから「ワールド」にある
「REGGAE」をクリックするとレゲエの
ページに行けます。
90%ぐらいの割引商品もあるので、
けっこうお得です。
ただしこのセールはクーポンの利用は
出来ず、決済もクレジット・カードの
先払いのみとなっています。
またポイントは付かないようです。

こうしたセールでちょっと興味がある
アーティストを買ってみるのも悪くないと
思います。
今回は1000円以下の商品から、この
8点を選びました。
これで総額は4007円で、さらに
ポイントを800円分を使って3207円
で手に入れました(笑)。

ラインナップを見てもらうと解ると思い
ますが、最近はこうした「ブランニュー」
系のアーティストをよく収集しています。
もともとはルーツから80年代を中心に
収集していて、ブログもその路線で書いて
いるのですが、「では最近のアーティスト
はどうなんだろう?」と思って聴いて
みたら、これがけっこう面白かったんです
ね(笑)。
今はどんなアーティストが居るのか収集
したり、聴いて勉強している段階なので、
このあたりのアーティストについてはまだ
あまりブログに書いたりしていませんが、
いずれ書ける時が来たら書こうと思い
ます。

今回買ったアルバムの中で比較的高め
だったのが、Mr. Vegasの2枚とI-Octane
のアルバムでした。
この3枚はいずれも900円以上しま
した。
まあ、それでも安いけど(笑)。

Mr. VegasはネットのYouTubeを見ていて
好きになったアーティストです。
アッパーな曲が多く、そのあたりが魅力。

個人的にはレゲエという音楽は、踊るため
の「ダンスホール系」と、思想を語る
「コンシャス系」の2つの路線で成り
立っていると思っているんだけれど、この
Mr. Vegasは完全に「ダンスホール系」
で、ストレート過ぎるほどその路線に特化
した音楽をヤッていて良いです。

Mr. Vegas - Sweet Jamaica ft. Shaggy, Josey Wales


Mr. Vegas - Tamale (Revision Full Length)


Mr Vegas - Wakanda Jam (Official Video)


YouTubeでこの人のミュージック・ビデオ
を見ていると、出ている人の踊りが
カッコいいし、すごく楽しそうなんだよ
ね~(笑)。
ある意味レゲエの持つもっともステレオ・
タイプのイメージを体現している人だと
思いますが、そこまでストレートにこの
レゲエという音楽のイメージに沿った音楽
をヤッているのは、むしろアッパレという
他ありません(笑)。
ダンスホールの空気感をよく体現している
人だと思います。

それに対してI-Octaneはちょっと
「コンシャス系」の入った人のようです。
ただゴリゴリのコンシャスではなくて、
ラヴ・ソングなどもかなりウマいのが
この人の強みで、ソフトとハードをうまく
使い分けているのが魅力の人です。
今回のアルバム「Thank You Father」の
頃は、「ネクスト・シズラ」と呼ばれて
期待された人のようですが、Sizzlaほど
のゴリゴリのリゴリスト(厳格主義者)
でないのが親しみやすく、かえって魅力
です。

Bounty Killerとの共演曲もあるので、
「ダンスホール系」と「コンシャス系」の
中間的なポジションなんですかね?
2010年代に登場して来たアーティスト
の特徴でもあるのだけれど、90年代以降
のあまりにゴリゴリのリゴリズムに走り
過ぎた失敗を反省して、理解しやすい
ソフトさや聴き易さを兼ね備えているのが
魅力です。
彼の14年のアルバム「My Journey」は、
かなりクオリティの高い作品で、近年の
聴いておくべきアルバムのひとつでは
ないかと思います。
そうした彼のファースト・アルバムが、
今回のアルバムなんですね。

I-OCTANE FT BOUNTY KILLER- BADMIND A PREE (official video)


I-Octane feat. Ginjah - One Chance [Official Video 2017]


I-Octane - "Happy Time" [OFFICIAL VIDEO]


やはり彼の歌うコンシャスでポジティヴな
曲はとても魅力的で、こういうのを聴くと
やはりレゲエの本道はこうしたポジティヴ
なメッセージ性にあるんだなと思います。
「ブランニュー」のアーティストの中で
も、私が特にマークしているアーティスト
のひとりが、このI-Octaneです。

この2人が今回買いたいと思っていた
アーティストで、あとはセールの中から
選んだ人達です。
Gyptianの「Sex, Love & Reggae」は
430円、Vybz KartelとBarrington Levy
は216円、Etanaとオムニバス物は
174円とかなり廉価でした。
そこからさらにポイントで800円分引い
たのだから、今回はかなりリーズナブルな
買い物が出来たんですね。

私のこういう「雑文」を読んでいる人は
解ると思うけれど、私はこういう廉価に
アルバムを収集するのが好きなんです
ね(笑)。
基本的に5千円以上するアルバムを買う
のは、かなり抵抗があります。
それよりも中古盤でも良いから、500円
のアルバムを10枚集めたいんですね。
なんかその方が音楽がより解る気が
して…。
だから基本3000円を超えるアルバム
は、あまり買わないようにしています。

ただ例外もあって、どうしても欲しいと
思うアルバムはやはり買ってしまいます。
このネットのTower Recordで注文をした
日に、ネットのレゲエレコード・コムでも
「取り置き」の注文をしましたが、その
Hempress SativaのLPとScientistによる
そのダブのLPはいずれも3580円と、
私の買い物としてはかなり高額なアルバム
でした(笑)。
Hempress Sativaは「ラスタ・リヴァイ
ヴァル・ムーヴメント」で出てきた女性
シンガーで、この活躍はまだ未知数の
ところのある人で、ここで押さえておか
ないと手に入らない可能性もあるので、
あえて買ったんですね。
まあ、Scientistがダブを作っているほど
の人なので、これから人気者になって行く
とは思いますが…。

Paolo Baldini DubFiles Ft. Hempress Sativa - Boom (Wah Da Da Deng)


このHempress SativaやJah9のような
個性的な女性アーティストが登場して来て
いるのはちょっと楽しみです。
このあたりのラスタ・リヴァイヴァル・
ムーヴメント」の女性アーティストは、
ルーツ系の好きな人にはぜひ注目して貰い
たいと思います。
こういっては何ですが、長年レゲエを追い
かけている私の目から見ても、レゲエの
個性的な女性アーティストというのは
かなり数が少ないんですね。
レゲエはかなりの男性優位社会なので、
ほどんどの女性シンガーはどこか男性に
媚びたようなシンガーなんですね。
その点このHempress SativaやJah9は、
あまり男性に媚びた匂いがしないのが魅力
です。

正直この2人がどこまで伸びるのかは解り
ませんが、こういうシンガーが登場して
来た事にレゲエという音楽の変化を感じ
ます。
だから単に女性という事だけでなく、彼女
たちに期待しているんですね。
少なくともこれまで彼女たちが作って来た
音楽は、「コンシャス系」や「ルーツ系」
の音楽として、かなり質の高い音楽で
あったと、私個人は思っています。
だから個人的に彼女たちを応援しているん
ですね。

では、今回はこの辺で。