今回はHarry MudieとKing Tubbyの
アルバム

king_tubby_23a

「Harry Mudie Meet King Tubby In Dub
Conference Vol.3」です。

Harry Mudie(本名:Harry Agustas
Mudie)はジャマイカの音楽がラスタ
ファリズムに基づいたプロテスト・ソング
一色の70年代のルーツ・レゲエの時代
に、ラヴ・ソング中心の独自路線をとった
Moodiscレーベルの主催者として知られて
います。
彼はその優れた作曲の才能を生かして、
Dennis Walksの「The Drifter」やThe
Ebony Sistersの「Let Me Tell You Boy」
など、独自路線のヒットを飛ばし異色の
レーベルとして人気を博すんですね。
またストリングスの導入など、他の
レーベルとは違った音作りにもチャレンジ
しています。
一見すると硬派でなく軟派なレーベルの
ように見えますが、実は人になびかない
頑固一徹なところのある個性的なレーベル
なんですね。

レーベル特集 Moodisc (ムーディスク)

King Tubbyはルーツの時代から活躍するダブ
のミキサーであり、プロデューサーである人
です。
もともと電気技師だった彼は、ルーツ・
レゲエの時代からミキサーとして活躍し、
ダブの創成期からダブを作った人として知ら
れています。

ダブはルーツ・レゲエが誕生した70年代
初め頃から徐々に作られるようになるの
ですが、1973年に一斉にダブの
アルバムが作られた事から一気にひとつの
ジャンルとして確立した音楽で、エコーや
リバーヴなどのエフェクトなどを使用して
原曲を全く別の曲に作り変えてしまう手法
を指します。

ダブ - Wikipedia

リミックスの元祖とも言われる音楽で、誰
が初めのダブを考案したかかはハッキリと
は解っていないのですが、このKing Tubby
がダブという音楽を完成させたと言われて
います。
自身のスタジオKing Tubby'sで、助手の
Prince JammyやScientistなどとともに
70年代から80年代にかけて多くのダブ
のミックスを手掛けたのが、この
King Tubbyという人なんですね。

その後も活躍を続けたKing Tubbyでした
が、1989年に自宅前で何者かに射殺
されて亡くなっています。

アーティスト特集 King Tubby (キング・タビー)

今回のアルバムは1978年にジャマイカ
のHarry MudieのレーベルMoodisc Records
からリリースされた、Harry Mudieが
プロデュースし、King Tubbyがミックスを
担当した、「In Dub Conference」シリーズ
の第3作目のアルバムです。

この「In Dub Conference」シリーズは
1976年に第1作目の「In Dub
Conference Volume One」がリリースされ
ており、翌77年に「In Dub Conference
Vol.2」、さらに79年に今回の「In Dub
Conference Vol.3」がリリースされて
いる全3作からなるシリーズです。

king_tubby_21a
Harry Mudie Meets King Tubby's ‎– In Dub Conference Volume One (1976)

king_tubby_22a
Harry Mudie Meet King Tubby ‎– In Dub Conference Vol.2 (1977)

このシリーズではこの時代に異彩を放った
レーベルMoodiscらしいストリングスなど
を使ったダブが収められているのが大きな
特徴でしたが、今回のアルバムではその
ストリングスの楽曲はないものの、それ
でもHarry Mudieらしい優雅でムーディー
な楽曲のダブは他のダブとは違う面白さが
あります。

手に入れたのはMoodisc Recordsから
リリースされた、CDの中古盤でした。

ちなみに表ジャケの内側にはこの「In Dub
Conference」シリーズの「Vol.4」が
79年にリリースされているような事が
書かれているのですが、ネットで調べた
限りではその「Vol.4」を見つける事は
出来ませんでした。

全10曲で収録時間は約39分。
オリジナルは9曲で、最後の1曲は後から
追加されたCDボーナス・トラックです。

ミュージシャンについては以下の記述が
あります。

Produced and Arranged by: Harry A. Mudie
for Moods and Moodisc Intl. Records

Musicians:
Drums: Michael Richards
Bass: Val Douglas, Robbie Shakespeare (track 5), Ian Lewis (track 9)
Organ: Robert Lyn
Piano: Gladstone Anderson
Lead Guitar: Mikey Chung
Rhythm Guitar: Jeffrey Chung
Repeter: Count Ossie
Ikety Fude: Count Ossie, Little Bop
Percussion: Skully, Harry Mudie
Congos: Orville Wood
Trumpet: Bobby Ellis, David Madden
Flugo Horn: Jo Jo Bennett
Trombone: Don D. Junior
Tenor Sax: Tommy McCook, Glen Da Costa

Recording Studios:
Dynamic Studio, Kingston, Jamaica
King Tubby Studio, Kingston, Jamaica
(Overdub & Mix at King Tubby Studio)

Engineers: Jerone Fransique, King Tubby, Harry Mudie, Pat Kelly
All Recording and Final Mix Supervision by Harry Mudie

All Titles Written by Harry A. Mudie
Cover Concept by Harry A. Mudie
Design & Art by Duncanson

となっています。

プロデュースとアレンジはHarry A. Mudie。

ミュージシャンはドラムにMichael
RichardsとRobbie Shakespeare (track 5)、
Ian Lewis (track 9)、オルガンにRobert
Lyn、ピアノにGladstone Anderson、
リード・ギターにMikey Chung、リズム・
ギターにJeffrey Chung、リピーターに
Count Ossie、Ikety Fudeという楽器に
Count OssieとLittle Bop、パーカッション
にSkullyとHarry Mudie、コンゴにOrville
Wood、トランペットにBobby EllisとDavid
Madden、フリュ-ゲルホルンにJo Jo
Bennett、トロンボーンにDon D. Junior、
テナー・サックスにTommy McCookとGlen
Da Costaという布陣です。
リピーターやIkety Fude、フリュ-ゲル
ホルンやコンゴなど、多彩なパーカッション
系の楽器が使われているのが印象的です。

レコーディング・スタジオはジャマイカの
Dynamic StudioとKing Tubby Studioで、
オーヴァーダブとミックスもKing Tubby
Studioで行われています。
エンジニアはJerone FransiqueとKing
Tubby、Harry Mudie、Pat Kellyで、
すべてのレコーディングとミックスの監修
はHarry Mudieが行っています。

すべての作曲とジャケット・デザイン
のコンセプトはHarry A. Mudieで、
ジャケット・デザインはDuncansonと
なっています。
ジャケットを見れば解りますが、前作の
「Vol.2」のネガとポジを逆にした絵柄が
使われています。

さて今回のアルバムですが、前作の
「Vol.2」まではあったストリングスを
使用したダブが無いのはちょっと残念な
ところですが、それでも多彩な
パーカッションを使用したりと工夫が
されており、他のダブとは一線を画した
仕上がりのダブとなっています。

やはりHarry A. MudieのMoodiscレーベル
と言えば、彼の作曲の才能を生かした
オシャレで優雅なレゲエ・サウンドなん
ですね。
その独特の個性は70年代のルーツ・
レゲエ全盛の時代でも、特に際立っていた
と思います。
今回はレーベルの特徴でもある
ストリングスの曲が無いのが惜しまれ
ますが、その分多彩なパーカッションで
レゲエを強調した曲が多く、うまくこの
Harry A. Mudieという人の作曲の才能を
際立たせています。

またKing TubbyもこのHarry A. Mudieの
才能を際立たせるメリハリの効いた
ミックスをしていて、そのあたりの音作り
のウマさも見事です。
Harry A. MudieとKing Tubbyという2人
の才能がうまくぶつかり合った70年代の
名シリーズが、この「In Dub Conference」
シリーズなんですね。

1曲目は「Where Eagles Dare」です。
デジタル音のエフェクトからギターと
ベース、ホーン・セクション、多彩な
パーカッションが入るダブです。

Harry Mudie Meet King Tubby - Where Eagles Dare (In Dub Conference Vol. 3) - 1989


2曲目は「With You In Mind」です。
ピアノのリリカルなメロディにホーン・
セクション、重いベースのメロディを中心
としたダブです。

3曲目は「Do This In Bed」です。
ホーン・セクションのメロディとベース
の重低音を中心としたダブです。

Harry Mudie & King Tubby - Do this in bed


4曲目は「Peace Offering」です。
こちらもホーンの表情豊かなイントロ
から、ベースとパーカッションを軸とした
渋めのダブです。

5曲目は「Nineteen Love In Dub」です。
ホーン・セクションにデジタル音の
エフェクト、リリカルなピアノに心地良い
ベース音…。

6曲目は「Conference Theme」です。
耀―ホーンのメロディに、心地良い
パーカッションとギターのダブです。

Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference


7曲目は「Tribal Recipe」です。
漂うようなキーボードとホーン・
セクションの明るいメロディ、歯切れの
良いパーカッションとベースの奏でる
メロディ…。

DUB LP- DUB CONFERENCE VOL 3 - HARRY MUDIE MEET KING TUBBY - Tribal Recipe


8曲目は「Mudies Serenade (in Dub)」
です。
ギターのメロディに心地良い
パーカッション、リズミカルなベースに
フルート…。

9曲目は「Dub Is Paradise」です。
ピアノとキーボード、ベース、
パーカッションを中心としたダブ。

10曲目はオリジナルにないCD
ボーナス・トラックです。

10曲目は「Dub Recipe For A King」
です。
キーボードのメロディに、ダブワイズする
ギター…。

Harry Mudie meets King Tubby - Dub Recipe For A King


ざっと追いかけてきましたが、やはり他の
レーベルとはひと味違ったMoodiscのダブ
はとても魅力的です。
今回はストリングスが無いのでちょっと
華やかさに欠ける印象はありますが、
それでもKing Tubbyの要所を心得た
ミックスのメリハリの効いたダブで、
聴けば聴くほど味わいが滲み出て来るダブ
だと思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Harry Mudie, King Tubby
○アルバム: Harry Mudie Meet King Tubby In Dub Conference Vol.3
○レーベル: Moodisc Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1978

○Harry Mudie, King Tubby「Harry Mudie Meet King Tubby
In Dub Conference Vol.3」曲目
1. Where Eagles Dare
2. With You In Mind
3. Do This In Bed
4. Peace Offering
5. Nineteen Love In Dub
6. Conference Theme
7. Tribal Recipe
8. Mudies Serenade (in Dub)
9. Dub Is Paradise
(CD Bonus Track)
10. Dub Recipe For A King