今回はSizzlaのアルバム

sizzla_03a

「Praise Ye Jah」です。

Sizzla(本名:Miguel Orlando Collins)
は、90年代から活躍するシング・ジェイ
のディージェイです。
ボボ・アシャンティという頭いターバンを
巻くラスタファリズムの宗派に属し、その
教えを歌ったコンシャスなメッセージを
届け続けているのがこのSizzlaという人
です。

その宗教的信念から同じ宗派のCapleton
などとともに、ホモ・セクシャルなど
の同性愛者を厳しく攻撃するメッセージ
(バティマン批判)を発している事でも
知られています。
その為アメリカやヨーロッパなどでツアー
がキャンセルされたり、入国を拒否される
というトラブルも起きています。
ただ07年に同じように国際的に活躍する
Beenie Manなどとともに、そうした同性愛
者批判をしないという同意書にサインした
と伝えられています。

アンチ・ゲイとレゲエの関係…

ネットのDiscogsによると現在までに共演
盤を含めて61枚ぐらいのアルバムと、
1000枚を超えるシングル盤、15枚
ぐらいのコンピュレーション・アルバムを
リリースしているのが、このSizzlaという
人です。
90年代以降のレゲエという音楽の中で、
もっとも活躍しているのがこの人なんです
ね。

アーティスト特集 Sizzla (シズラ)

シズラ - Wikipedia

Xterminatorというレーベルについても説明
しておきます。

Xterminator(親レーベル:Exterminator)
はPhilip 'Fatis' Burrellが90年代
に設立したレーベルで、ダンスホールの
時代になって廃れていたラスタファリズム
に傾倒した、ルーツ色の強いサウンドを
特徴とするレーベルです。
このレーベルからはSizzlaやLucianoなど
多くのアーティストが、その才能を開花
させています。
またそれ以前に活躍していたGregory
IsaacsやCocoa Tea、Marcia Griffiths
といったアーティストも、このレーベルに
素晴らしいアルバムを残しています。
その後もTurbulenceやLutan Fyah、
Chezidekなど、現代でも活躍する
アーティストを育てたのがこの
Xterminatorというレーベルです。

レーベル特集 Xterminator (エクスターミネーター)

今回のアルバムは1997年にジャマイカ
のXterminatorレーベルからリリースされ
たSizzlaのセカンド・アルバムです。

95年に「Burning Up」でアルバム・
デビューしたSizzlaですが、このアルバム
でPhilip 'Fatis' Burrellに出会い、その
才能を一気に開花させています。
表題曲の「Praise Ye Jah」はステージの
オープニングを飾る事の多い彼の代表曲
です。
数多くのアルバムをリリースしている
Sizzlaですが、このアルバムはその後の
彼の人気を決定付けた、多くの人々に衝撃
を与えたアルバムです。

手に入れたのはXterminatorからリリース
されたCDの中古盤でした。

全13曲で収録時間は約50分。
オリジナルは11曲で、残りの2曲は
ボーナス・トラックのようです。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Executive Producer: Xterminator Productions Ltd
Produced by: Philip 'Fatis' Burrell for Xterminator Productions
Recorded in Kingston Jamaica
Publishing: XTM Studios, IXAT, Dubplate Publishing (ASCAP)
Cover Design: A Studiocase Design
Computer Editing: Clarkie

All Songs Written by Miguel Collins, 3&4 Writtenby M. Collins & P. Burrell
Musicians: Sly Dunbar, Donald Dennis, Melborne Miller, Winston Bowen
Harmony Singers: Dwizdum, Michelle, Althea
Recording Engineers: Steven Stanley, Soljie Hamilton

となっています。

プロデュースはPhilip 'Fatis' Burrell
で、レコーディングはジャマイカの
キングストンにあるXTM StudiosとIXAT、
Dubplate Publishingで行われ、
レコーディング・エンジニアはSteven
StanleyとSoljie Hamiltonが担当して
います。

全ての作曲はMiguel Collins(Sizzlaの
本名)で、3曲目「Homeless」と4曲目
「Blackness」はMiguel Collins(Sizzla)
とPhilip 'Fatis' Burrellの共作です。
ミュージシャンはSly DunbarとDonald
Dennis、Melborne Miller、Winston Bowen
が参加しており、バック・コーラスに
DwizdumとMichelle、Altheaの3人が参加
しています。

ジャケット・デザインはA Studiocase
Designとなっています。
このアルバムは黒地をバックにSizzlaの
顔のある別のジャケットもあります。

さて今回のアルバムですが、共演盤や
コンピュレーションなども含めるとすでに
70枚以上のアルバムをリリースしている
Sizzlaですが、このアルバムは彼の人気を
決定付けたアルバムで、特に聴いておく
べきアルバムと言えそうです。

実際に聴いてみた印象としても、彼の純粋
な魂が感じられるアルバムで内容はとても
良いと思います。
このSizzlaですが90年以降のレゲエ
では、もっとも活躍しているアーティスト
だと思います。
本来ならもっともっと評価されても不思議
の無いアーティストだと思うのですが…。
やはり「バティマン批判」の影響などが
あるのでしょうか?

もともと70年代ぐらいのレゲエは
Bob MarleyやPeter Toshなどが、ラスタ
ファリズムという宗教に基づく白人の
黒人に対する人種差別や階級差別などを
訴えて、国際的に人気の出た音楽だったん
ですね。
この70年代頃の世界はまだ白人が圧倒的
な地位を得て、黒人や黄色人種などを支配
していた時代だったんですね。
そうした状況の中でレゲエという音楽は
差別を訴え、その代表であるBob Marleyは
レゲエのアイコンとして多くの支持を
集め、レゲエという音楽も世界で認められ
る音楽へと成長していきます。

そうして世界的に人気の音楽になった
レゲエですが、90年代に入ると今度は
ホモ・セクシャルなどのマイノリティ
(少数派)にターゲットを向けるように
なり、今度は世界から大バッシングを
受ける事となります。
もともとジャマイカではこうしたホモ・
セクシャルに厳しいところがあり、特に
ラスタファリズムではそういう人々を忌み
嫌うところが強かったんですね。
70年代に差別に対するプロテスト・
ソングとして人気を博したレゲエは、
90年代に入ると今度はヘイト・
ミュージックという烙印を押されてしまう
んですね。
その状況は今も続いており、レゲエが好き
な人間としてはとても残念に思うところ
です。

話を戻しますが、このアルバムはSizzla
というアーティストのその後の活躍を決定
付けたアルバムで、彼の真っすぐ過ぎる
信仰心が素直に表現された内容で、とても
好感が持てるアルバムです。
彼の時に歌い時にトーストするシング・
ジェイ・スタイルはとても魅力的で、
ラスタファリズムについて真摯に語る姿勢
はとても好感が持てます。
90年代はShabba Ranksなどのスラック
ネス(下ネタ)やガン・トーク(暴力ネタ)
などを中心としたレゲエが人気を博した
時代ですが、その裏では70年代の
ルーツ・レゲエの時代から続くラスタ
ファリズムを基盤としたコンシャス
(真面目)なレゲエが復活した時代だった
んですね。
その立役者だったGarnet Silkが亡くなった
後、その路線を引き継いだのがこのSizzla
だった事は間違いありません。
彼は良くも悪くもその路線を、頑ななほど
に歩み続けているんですね。

今回のアルバムでは表題曲の「Praise Ye
Jah」をはじめとして、Xterminatorの重厚
なトラックをバックに、Sizzlaらしい
時に歌い時にトーストする力強いシング・
ジェイを聴かせています。

1曲目は表題曲の「Praise Ye Jah」です。
重いアコースティックなギターとピアノの
メロディに、何かを急ぐようなSizzlaの
ヴォーカル…。
溢れ出す想いを抑え切れないようなSizzla
のヴォーカルに打たれます。
彼のステージのオープニングに使われると
いう、彼の代表曲のひとつです。

Sizzla - Praise Ye Jah [HD Best Quality]


2曲目は「Dem A Wonder」です。
感情を乗せたようなサックス?から、漂う
ようなシンセのメロディに乗せた、語る
ようなSizzlaのヴォーカル…。

sizzla - dem a wonder


3曲目は「Homeless」です。
美しいストリングスを使ったメロディに、
Sizzlaの性急なトースティング…。
溢れ出す感情を抑えきれないような、
彼らしい1曲。

Sizzla - Homeless


4曲目は「Blackness」です。
生ギターとシンセの漂うようなメロディ
に、Sizzlaらしいトースティングが
冴える曲です。

5曲目は「Inna Dem Face」です。
哀愁のあるシンセのメロディに、急いで
何かを語るようなSizzlaのトース
ティング。

6曲目は「Give Thanks」です。
浮遊感のあるシンセに、包まれるような
女性コーラスに乗せた、Sizzlaのシング・
ジェイがとても魅力的な曲です。

Sizzla - Give Thanks [HD Best Quality]


7曲目は「Hail Selassie」です。
語りからリズミカルなメロディに乗せた
Sizzlaのシング・ジェイがとても良い
です。
彼らしい曲の乗りこなしのウマさを感じる
曲です。

Sizzla - Haile Selassie - Official Audio | Jet Star Music


8曲目は「No Other Like Jah」です。
ホーンのイントロからシンセのメロディに
乗せた、Sizzlaのトースティングが魅力的。

9曲目は「How Dem Flex」です。
重厚なシンセのイントロから、コーラスに
乗せたSizzlaらしいトースティング。

10曲目は「Cowboy」です。
重いシンセのメロディに、歌うような語る
ようなSizzlaのシング・ジェイの魅力が
光る曲です。

Sizzla - Cowboy


11曲目は「Greedy Joe」です。
ズシっとしたベース音に流ちょうな
シンセのメロディ、力強いSizzlaの
トースティング…。

12~13曲目はLPに無い、CD
ボーナス・トラックのようです。

12曲目は「Did You Ever」です。
賑やかな女性コーラスに楽し気なシンセ、
Sizzlaの明るいトースティング。

13曲目は「Government」です。
フルートのようなシンセのメロディに、
流れるようなSizzlaの力強いトース
ティング…。

ざっと追いかけてきましたが、数多くの
アルバムをリリースしているSizzlaです
が、このアルバムはその出発点となった
アルバムで、彼のアルバムの中でも特に
聴いておくべき1枚だと思います。

その宗教的価値観ゆえに様々なトラブルも
経験したSizzlaですが、現行のレゲエ・
シーンで彼の及ぼした影響も大きく、彼が
90年以降のレゲエをけん引してきた功績
も否定出来ません。
その成果は70枚を超えるアルバムと、
1000枚を超えるシングル盤という結果
にも現れています。

機会があればぜひ聴いてみてください。

sizzla live part 1



○アーティスト: Sizzla
○アルバム: Praise Ye Jah
○レーベル: Xterminator
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1997

○Sizzla「Praise Ye Jah」曲目
1. Praise Ye Jah
2. Dem A Wonder
3. Homeless
4. Blackness
5. Inna Dem Face
6. Give Thanks
7. Hail Selassie
8. No Other Like Jah
9. How Dem Flex
10. Cowboy
11. Greedy Joe
(CD Bonus Tracks)
12. Did You Ever
13. Government

●今までアップしたSizzla関連の記事
〇Sizzla「Black Woman And Child」
〇Sizzla「Kalonji」