今回はBob Marley & The Wailersの
アルバム

bob_marley_18a

「Exodus」です。

Bob Marley & The Wailersはもともとは
The Wailersという名前で、60年代の
スカの時代にBob MarleyとPeter Tosh、
Bunny Wailerの3人組コーラス・グループ
として結成されたグループです。
名門レーベルStudio OneからThe Skatalites
をバックにした「Simmer Down」など多く
のヒット曲を飛ばし、スカの時代に
ジャマイカで人気グループになった彼ら
は、その後ロックステディ→ルーツ・レゲエ
と時代が進むうちに、リズム隊のBarrett
兄弟なども加えたバンド形式の5人組
グループThe Wailersへと変化して行き
ます。
そしてメジャー・レーベルIslandと契約し、
1973年に「Catch A Fire」で念願の
世界デビューを果たすんですね。

bob_marley_03a
The Wailers - Catch A Fire (1973)

ところが世界デビュー2枚目のアルバム
「Burnin'」をリリースしたところで、
Bunny WailerとPeter Toshがグループを
脱退してしまうんですね。

bob_marley_02a
The Wailers ‎– Burnin' (1973)

その理由は世界を回るツアーの辛さの為
だとも、Islandが「白人にも解る音楽を」
という要求をし、二人がそれに反発した
為だとも言われています。

残されたBob Marleyはその後Bob Marley &
The Wailersと名乗ってバンド活動を続け、
レゲエを世界に広め、自身も世界的なスター
へとなって行くんですね。

そうした活躍をしたBob Marleyでしたが、
1981年にガンの為に亡くなっています。

アーティスト特集 Bob Marley (ボブ・マーリー)

今回のアルバムは1977年にUKの
Island Recordsからリリースされた
Bob Marley & The Wailersのメジャー・
デビューしてから通算6枚目のアルバム
です。

Bob Marley & The Wailersというと彼の
死後もアルバムが山のようにリリース
されていて、どれが聴くべきアルバムか
解らない人も多いと思いますが、Island
Recordsから生前に出たBob Marleyの
アルバムは、The Wailers名義のものも
含めて通算10枚あります。
まずは73年にリリースされた
The Wailers名義のファースト・アルバム
「Catch A Fire」、次に同じく73年に
The Wailers名義のセカンド・アルバム
「Burnin'」、ここからがBob Marley &
The Wailersになり、74年のサード・
アルバム「Natty Dread」、75年の
ライヴ・アルバム「Live!」、76年の
5枚目のアルバム「Rastaman Vibration」、
そして77年の今回のアルバム、78年に
「Kaya」、同じく78年に2枚組のライヴ・
アルバム「Babylon By Bus」、79年に
9枚目の「Survival」、80年に10枚目
の「Uprising」と続きます。

bob_marley_09a
Bob Marley & The Wailers ‎– Natty Dread (1974)

bob_marley_07a
Bob Marley And The Wailers ‎– Live! (1975)

bob_marley_05a
Bob Marley & The Wailers ‎– Rastaman Vibration (1976)

bob_marley_19a
Bob Marley & The Wailers ‎– Kaya (1978)

bob_marley_14a
Bob Marley & The Wailers ‎– Babylon By Bus (1978)

bob_marley_10a
Bob Marley & The Wailers ‎– Survival (1979)

bob_marley_16a
Bob Marley & The Wailers ‎– Uprising (1980)

ここまでがBob Marleyの生前に出した
メジャー・デビュー後のオリジナル・
アルバムで、これに死後の83年に出た
アルバム「Confrontation」ぐらいまでの
11枚が、彼のメジャー後の正式なアルバム
と呼べるものなんですね。

そうしたオリジナル・アルバムの中でも
今回のアルバムは、TIME誌が「20世紀最高
のアルバム」に選んだアルバムで、彼の
アルバムの中でも特にエポック・メイキング
なアルバムなんですね。

彼の暗殺未遂事件をテーマにした表題曲の
「Exodus」をはじめ、自然の神秘をテーマ
にした「Natural Mystic」、リラックス
した表現の「Jamming」、そしてそれまで
歌ってこなかったようなラヴ・ソングの
「Turn Your Lights Down Low」、愛を
歌った「One Love / People Get Ready」
など、人間Bob Marleyが多面的に捉え
られた作品群となっています。

エクソダス (アルバム) - Wikipedia

『Exodus』ボブ・マーリーはどのようにして銃撃から生き残り、偉業を成し遂げたのか

ちなみにBob Marleyの暗殺未遂事件とは、
76年にBob Marleyの自宅で起きた事件
で、この当時のジャマイカは極貧国の
ひとつで政治抗争も激しく、2大政党
ジャマイカ労働党 (JLP)と人民国家党
(PNP) の間で銃撃戦が起きるほど荒れた
国だったんですね。
当時の首相だったPNPのマイケル・マンリー
の支持者だと誤解されたBob Marleyが暗殺
されそうになった事件なんですね。
Bob Marleyはケガを負ったもののその
2日後にコンサートのステージに立ち、
その後は家族を守るためにイギリスに
移住したんですね。

そしてこのアルバムはそのイギリスに
亡命中に作られたアルバムで、「Exodus」
というタイトルは「脱出」という意味で、
この曲はその経験を元に作られたと言われ
ています。
世界的に高い評価を受けた今回のアルバム
ですが、このアルバムはそうしたBob Marley
自身のつらい経験を元に作られた、彼に
とってもある意味エポック・メイキングな
アルバムだったんですね。

手に入れたのはTuff Gongからリリース
されたCDでした。

ちなみにこのアルバムは日本でもよく
売れたアルバムで、当時の友人の多くが
このアルバムかライヴ盤の「Live!」を
持っている人が多かったことを記憶して
います。
当時の人達にBob Marleyといえばこの2枚
のアルバムが、特に人気が高かったんです
ね(笑)。

私自身もこの当時にアルバムをLPで購入
していました。

bob_marley_06a
Bob Marley & The Wailers ‎– Exodus (LP)

bob_marley_15a
LP裏面

持っているLPは日本の東芝EMIからの
リリースで、一見シンプルなジャケット
ですが、金色のジャケットに「Exodus」の
文字がエンボス加工(浮き上がるような
加工)されたジャケットで、さらには内側
のスリーヴにも金色の内ジャケが付いた
オシャレなジャケットでした。
内ジャケは片面は「Exodus」の文字とその
歌詞、もう片面はジャー・ライオンの絵に
参加ミュージシャンの名前、それまでに
リリースしたアルバムの写真が載っていま
した。

bob_marley_lp_01a
「Exodus」歌詞面

bob_marley_lp_02a
ジャー・ライオン・イラスト面

LPには6ペ-ジのライナー・ノーツが
付いていて、そこにはフォト・ジャーナ
リストの吉田ルイ子さんの解説文と英文の
歌詞、山本安見さんの歌詞の対訳が付いて
いました。

全10曲で収録時間は約38分。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Lead Vocals, Rhythm Guitar, Acoustic Guitar, Percussion: Bob Marley
Bass, Percussion: Aston 'Familyman' Barrett
Drums, Percussion: Carlton Barrett
Keyboards, Percussion, Backing Vocals: Tyrone Downie
Percussion: Alvin 'Seeco' Patterson
Lead Guitar: Julian 'Junior' Marvin
Backing Vocals: I Threes (Rita Marley, Marcia Griffiths, Judy Mowatt)

Produced by Bob Marley & The Wailers
All songs written by Bob Marley except 'One Love / People Get Ready'
written by Bob Marley & Curtis Mayfield
Engineer: Karl Pitterson
Assistant Engineers: Guy Bidmead, Terry Barham
Mixed by: Aston Barrett, Chris Blackwell, Karl Pitterson
Photos: Adrian Boot, Neville Garrick
Cover Design & Graphics: Neville Garrick

となっています。

録音に参加したメンバーはリード・ヴォーカル
にリズム・ギター、アコースティック・
ギターにパーカッションがBob Marley、
ベースにパーカッションがAston 'Familyman'
Barrett、ドラムにパーカッションがCarlton
Barrett、キーボードにパーカッション、
バック・ヴォーカルにTyrone Downie、
パーカッションにAlvin 'Seeco' Patterson、
リード・ギターにJulian 'Junior' Marvin、
バック・ヴォーカルに女性コーラス・
グループI ThreesのRita MarleyとMarcia
Griffiths、Judy Mowattが参加しています。

プロデュースはBob Marley & The Wailers
で、すべての作曲がBob Marley、ただし
10曲目の「One Love / People Get Ready」
は「One Love」がBob Marleyで、「People
Get Ready」の方はソウルのCurtis Mayfield
の曲を使っています。
エンジニアはKarl Pitterson、アシスタント・
エンジニアはGuy BidmeadとTerry Barham、
ミックスはAston BarrettとChris Blackwell、
Karl Pittersonが行っています。

写真はAdrian BootとNeville Garrick、
カヴァー・デザインとグラフィックは
Neville Garrickとなっています。

さて今回のアルバムですが、ネットの情報
によるとTIME誌が「20世紀最高のアルバム」
に選んだアルバムであったり、Billboard誌
のポップ・アルバム・チャートで最高20位
で、ブラック・アルバム・チャートで最高
15位を記録し、Island Recordsの初の
ゴールドディスクとなるなど、ようやく
彼らの長年の努力が認められたアルバム
だったんですね。

その知名度ゆえかいろいろ言われる事の
多いBob Marleyですが、やはり彼がレゲエ
という音楽に果たした役割の大きさは計り
知れません。
やはり純粋なレゲエ・ファンからすると
Peter ToshとBunny Wailerの「オリジナル・
ウェイラーズ」の揃っていた、1枚目の
「Catch A Fire」と2枚目の「Burnin'」
のあたりのアルバムを高く評価する人も
多いと思いますが、Bob Marleyが本当に
成功を掴んだのはこの「Exodus」の頃
だったんですね。

「オリジナル・ウェイラーズ」の居た頃の
The Wailersはジャマイカ最強のコーラス・
グループだったんですね。
ただその最強のハーモニーを失った後
Bob Marleyはさらに努力して、自身の私的
な世界を作り上げて世界に認められる
アーティストに成長するんですね。
Bob Marley & The Wailersと改名し
再スタートを切ったBob Marleyは、3作目
「Natty Dread」から6作目のこのアルバム
まで常に成長し、レゲエという音楽を世界
に認めさせる存在になっていくんですね。
そういう意味ではTIME誌の「20世紀最高の
アルバム」という評価も、あながち間違い
ではないんですね。

今回のアルバムを聴きなおしてみてあらた
めて思ったのですが、初めの5曲と残りの
5曲、つまりアルバムのA面とB面では
微妙に曲のニュアンスが違うんですね。

初めの5曲(A面)はそれまでの彼に見ら
れたような戦う闘士としての彼の姿が
描かれています。
特に5曲目のステッパーズ・ビートの
代表曲として知られる「Exodus」はその
代表的な曲で、汚れた腐敗社会バビロン
を脱出して新しい世界を作ろうと同志に
訴える曲です。
このA面はあの「Get Up, Stand Up」の
ような、ラスタファリアンとして汚れた
社会を変えたいという社会的なメッセージ
を持った曲が収められています。

それに対して後半の5曲(B面)は、
Bob Marleyの私的な世界が収められた曲
が多いんですね。
一番象徴的なのは7曲目の「Waiting In
Vain」や8曲目の「Turn Your Lights
Down Low」という曲で、これはBob Marley
の私的なラヴ・ソングで、こうした歌は
それまであまり歌われてこなかったんです
ね。
特に8曲目の「Turn Your Lights Down
Low」はかなりスウィートなラヴ・ソング
で、これまでの彼の曲には無かった曲なん
ですね。
このあたりには殺人未遂事件でかろうじて
命を取り留めた、Bob Marleyの心境の変化
が如実に表れているんですね。

そのあたりは当時でもかなり衝撃的だった
ようで、当時買ったLPに付いていた
吉田ルイ子さんの解説文には、当時その
Bob Marleyにインタビューしてラヴ・
ソングを作った事を聞いた時の驚きと、
軽い失望が書かれています(笑)。
やはりこの「Exodus」のあたりから
Bob Marleyは故郷ジャマイカを離れた事
をきっかけに、その詞の内容がより内省的
なものへと変わっていくんですね。
良くも悪くも…。

そのあたりはあのThe Beatles以降の
John Lennonと似ているような気がします。
くしくもこの2人は死後も多くのファンを
持っていますが、それは彼らの姿勢が自然
体で、多くのリスナーの共感を呼ぶから
なんですね。
自己の内面を赤裸々に語る、それはとても
勇気のいる事ですが、そうした素直な姿勢
が多くの人達の共感を呼ぶんですね。
彼らがカリスマと呼ばれたのは、当然
だったのだと思います。

5曲目の「Exodus」にも使われている、
ステッパーズ・ビートについても書いて
おきます。
レゲエには「ロッカーズ(ミリタント・
ビート)」や「フライング・シンバル」、
「ワン・ドロップ」など有名なビートが
いくつかありますが、このステッパーズも
Sly Dunbarが開発したビートで、有名な
ビートのひとつなんですね。

ただ正直なところ素人の私には、この
ステッパーズがよく解りません(苦笑)。
他のビートはなんとなく解るんですが、
このステッパーズに関してはイマイチ
感覚的に掴めていないんですね。

レゲエ - Wikipedia

ただWikipediaのレゲエの解説などを
読むと、「4拍すべてに固い4つ打ちの
バスドラムを打つリズム」と書かれて
いて、代表曲がこの「Exodus」と紹介
されているんですね。
しかもこの「Exodus」でCarlton Barrett
は「4分の4拍子を刻む4つ打ちのバス
ドラムに8分の6拍子を刻むハイハット
の3連打を絡めている。」という
スーパー・テクニックを使っている
らしいです。
(素人でスマソ!笑。)

レゲエ音楽の特徴 REGGAE & HEMP & ORGANIC !!!!

まあ簡単に言うとレゲエでは比較的早い
リズムで、4つ打ちをガンガンキメている
という感じのようです。

ただいろいろと調べてみると、次の6曲目
「Jamming」も実はステッパーズの曲なんだ
とか。
同じステッパーズでもこちらはもう少し
ソフトな印象です。
このステッパーズはあまりアクセントを
つけずに平板なビートを刻むのが特徴
らしいのですが、同じビートでもこれだけ
違いが出るのも面白いところです。
書いたようにこのあたりもA面とB面で
サウンドを使い分けているところで、注意
して聴いてみてください。

自然の神秘を歌った1曲目「Natural
Mystic」から始まり、いろいろな事を言う
奴が居ると歌う2曲目「So Much Things
To Say」、罪深き人々を歌う3曲目
「Guiltiness」、浮遊感のあるメロディで
もう一度立ち上がることを訴える4曲目
「The Heathen(邦題:異邦人)」、そして
ジャー(神)を信じる人に立ち上がる事を
訴える表題曲の5曲目「Exodus」と、
ここまでの5曲(A面)は彼のここまで
貫いて来たラスタファリアンとしての人生
が歌われています。
そしてジャー(神)・ミュージックに乗って
踊ろうと歌う6曲目「Jamming」、失った
愛を公開するようなラヴ・ソング7曲目
の「Waiting In Vain」、明かりを消して
愛し合おうと歌うピュアなラヴ・ソング
8曲目「Turn Your Lights Down Low」、
3羽の小鳥がメッセージを伝えて来たと
歌う9曲目「Three Little Birds」、
一つの愛を束ねて大きな愛で世界と
繋がろうと歌う10曲目「One Love /
People Get Ready」でこのアルバムを
締めています。
後半の5曲(B面)はBob Marleyのそれまで
に無かった私的な側面が強く出た曲が収め
られていて、それがこのアルバムの特徴
にもなっています。

良くも悪くもBob Marleyは自分の弱さも
さらけ出した、自分という人間を表現して
いるんですね。
それがこのアルバムが高く評価されている
理由であり、また魅力でもあります。

このアルバムについてはネットの評価では
「軽い」と書いているサイトなどもあり
ましたが、これほど素直に自分を表現する
事が本当に軽いのか?中身をちゃんと
聴いてからの評価なのかはちょっと疑問
です。
おそらくサウンドを聴いての評価と思い
ますが、その言葉の意味を知るとその評価
が変わる場合もあるかもしれません。
耳に聴こえる音だけが音楽では、必ずしも
ないんですね。

銃の危険に晒されながらもなおかつ
ジャマイカの人々のことを思い、それでも
家族の事を思いジャマイカを離れた…。
そうした彼の胸中には何があったので
しょうか?

もちろんそんな苦難な人生を歩んだ人の
音楽や人生が「軽い」筈はなく、もしも
それが軽く聴こえたとしたら、それは
かえって凄い事なんですね(笑)。

1曲目は「Natural Mystic」です。
「自然の神秘が空気中に漂っている」
自然と生きる自分という存在を歌った曲
です。
刻むようなギターのメロディに乗せた、
淡々と歌うBob Marleyのヴォーカルが
魅力的。

Bob Marley - Natural Mystic


2曲目は「So Much Things To Say」です。
「奴ら(バビロニアン)はいろいろな事を
言う」
だけど俺たちラスタファリアンは、お前達
を許しはしないと歌う曲です。
乾いたドラミングに乗せたギターの
メロディ、ソフトなヴォーカルで辛辣な事
を歌っている曲です。

3曲目は「Guiltiness」です。
罪深き人々を憐れむような曲です。
穏やかなBob Marleyのヴォーカルの裏には
厳しい愚かな人々に対する視線があります。
キーボードのメロディに乗せたBob Marley
の力強いボーカルと、I Threesの心地良い
コーラスが印象的。

4曲目は「The Heathen」です。
邦題で「異邦人」と題された曲です。
「異邦人が背を向けて立っている」
同志にもう一度立ち上がる事を呼びかける
1曲。
浮遊感のあるキーボードとギターのメロディ
に、よく通るBob Marleyのヴォーカル、
呪文のように繰り返されるコーラス…。

5曲目は「Exodus」です。
「エクソダス ジャー・ピープルの叛乱」
汚れた世界から脱出し、新しい世界を作る
ために立ち上がる事を訴えた曲です。
書いたようにステッパーズ・ビートの曲で、
パーカッションが多用されたリズミカルな
曲です。
このアルバムで一番長い、7分35秒にも
及ぶ曲です。

Bob Marley & the Wailers -- Exodus


6曲目は「Jamming」です。
さあ、ジャミングしようぜ!
みんなで踊ろうと訴える曲です。
書いたようにこの曲もステッパーズの
ビートの曲ですが、「Exodus」とはだいぶ
印象が違うのが面白いところ。

Bob Marley - Jamming [06]


7曲目は「Waiting In Vain」です。
「お前の愛を待って、虚しい思いをしたく
ない」
そう思いながら待っている、男の切ない
心情を歌った曲です。
漂うようなキーボードのメロディに、
穏やかに歌うBob Marleyのヴォーカル。

Bob Marley & The Wailers- Waiting in vain

↑ドレッド・ロックスの子供が可愛く、
ハワイアンを踊っているオネーサンが素敵な
ミュージック・ビデオです(笑)。

8曲目は「Turn Your Lights Down Low」
です。
「明かりを暗く落として、窓のカーテンを
開けよう…」
それまでにないようなBob Marleyの
メロメロのラヴ・ソングです。
キーボードとギターのソフトなメロディ
にコーラス、Bob Marleyの優しい
ヴォーカル…。

Bob Marley & The Wailers - Turn Your Lights Down Low


9曲目は「Three Little Birds」です。
「3羽の小鳥が歌っていた…何も心配する
事はない…何もかもうまく行く…」
キーボードのメロディに乗せた、Bob Marley
のソフトなヴォーカルが印象的な曲です。

ボブ・マーリー(Bob Marley) - Three Little Bird - 1977 - リリック

10曲目は「One Love / People Get Ready」
です。
「一つの愛 一つの心 みんな団結して
幸せになろう」
Bob Marleyらしい素晴らしいメッセージが
歌われた曲です。

Bob Marley - One love, people get ready (Original)

↑ビートルズのポール・マッカートニーも
出て来る有名なビデオです。

ボブ・マーリー(Bob Marley) - One Love - リリック

ざっと追いかけてきましたが、やはり内容的
にはかなり聴きどころがあり、悪いアルバム
ではないんですね。
人間Bob Marleyの内面をさらけ出した、
なかなか面白いアルバムだと思います。

レゲエレコード・コムのBob Marleyの
ページには、彼が栄光を掴み取るまでには
15年ほどの歳月がかかり、その栄光を
味わったのはわずか4年ほどだったと書か
れています。
確かにその努力と成し遂げた事の大きさの
割には、彼の報われた事は少なかったの
かもしれません。

しかし彼の残したメッセージは今も我々を
励まし続けています。
彼の肉体は滅んだかもしれませんが、その
言霊(ことだま)は今も私たちの心に生き
続けているんですね。
それが彼の成し遂げた事であり、彼の栄光
は今も続いているんですね。

世界で「英雄」に成れる人間はひと握りで
あり、彼Bob Marleyは間違いなくその
「英雄」のひとりなんですね。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Bob Marley - Exodus: Top Of The Pops‬ 1977



○アーティスト: Bob Marley & The Wailers
○アルバム: Exodus
○レーベル: Tuff Gong
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年:

○Bob Marley & The Wailers「Exodus」曲目
1. Natural Mystic
2. So Much Things To Say
3. Guiltiness
4. The Heathen
5. Exodus
6. Jamming
7. Waiting In Vain
8. Turn Your Lights Down Low
9. Three Little Birds
10. One Love / People Get Ready

●今までアップしたBob Marley & The Wailers関連の記事
〇Bob Marley & The Wailers「Babylon By Bus」
〇Bob Marley & The Wailers「Natty Dread」
〇Bob Marley & The Wailers「Rastaman Vibration」
〇Bob Marley & The Wailers「Survival」
〇Bob Marley & The Wailers「Wail'n Soul'm Singles Selecta」
〇Bob Marley & The Wailers「Kaya」
〇Bob Marley And The Wailers「Live!」
〇Bob Marley And The Wailers「Soul Rebels」
〇Wailers「Burnin'」
〇Wailers「Catch A Fire (Deluxe Edition)」
〇Wailers「The Best Of The Wailers」