今回はJoe Gibbs & The Professionalsの
アルバム

joe_gibbs_16a

「African Dub All-Mighty」です。

Joe Gibbsはレゲエの歴史に数々の名曲を
残したプロデューサーとして知られて
います。
彼とエンジニアのErrol Thompsonのコンビ
はThe Mighty Twoと名乗り、レゲエの歴史に
数々の名曲、名アルバムを残して来ました。

しかしCharley Prideのカントリー・ソング
「Someone Loves You Honey」をレゲエ・
アレンジして大ヒットしたものの、その
著作権料を支払わなかった為に裁判を起こ
され敗北し破産。
以降は音楽界で活躍出来なくなります。
2008年に心臓発作で亡くなっています。

レーベル特集 Joe Gibbs (ジョー・ギブス)

The ProfessionalsはそのJoe Gibbsの
ハウス・バンドです。
70年当時のジャマイカはミュージシャン
の専属契約のない状態で、当時の録音は
歌手やミュージシャンを日雇いで雇い、
集まれる人が集まって録音する
「プラスティック・バンド」の形式
が一般的でした。
その為当時のスタジオ・ミュージシャン
はいろいろなグループ名のバンドで
プレイしており、バンド名は誰が
プロデューサーかで決まっていたんです
ね。
例えばJoe Gibbsがプロデューサーなら
The Professionalsと名乗り、Bunny Leeが
プロデューサーならThe Aggrovatorsと
名乗るといった感じです。
このThe Professionalsもベースが
Lloyd Parksという事が多いですが、他の
メンバーは流動的で、ジャマイカのスタジオ・
ミュージシャンがJoe Gibbsのスタジオで
録音する時に使われたバンド名なんですね。
Dennis Brownをはじめとする多くのシンガー
の曲のバックを務めたほか、Joe Gibbs
のレーベルの代表的なダブ「African Dub
All-Mighty」シリーズの演奏などを務めて
います。

Errol Thompsonについても書いておくと、
70年代から80年代にかけて活躍した、
レゲエの歴史に名を残したエンジニア
です。
彼の最初の仕事はStudio Oneで助手をして
いた時代に、スタジオをレンタルした
Bunny LeeがプロデュースしたMax Romeoの
「Wet Dream」で、そのわいせつな歌詞に
怒ったC.S. Doddがスタジオを出て行って
しまった為に、代わりに助手の彼がミックス
したというエピソードはよく知られて
います。
その後Clive Chin)のレーベルRandy'sに
移籍した彼は、初期ダブの名作と言われる
Impact All Starsの「Java Java Java Java」
のミックスを担当し、ダブのミキサーと
して高い評価を受ける事になります。

randy's_02a
Impact All Stars‎– Java Java Java Java (1973)

70年代半ばにはJoe Gibbsのレーベルに
移籍して、彼とのコンビ「The Mighty Two」
としてDennis BrownやCultureなど数多く
のアーティストのミックスや、「African
Dub All-Mighty」シリーズなどのダブの
ミックスを手掛け高い評価を受けます。
しかしJoe GibbsがCharley Prideの
カントリー・ソング「Someone Loves You
Honey」をレゲエ・アレンジして大ヒット
させたものの、その著作権料を支払わ
なかった為に裁判を起こされ敗北し破産。
その後はJoe Gibbsがキングストンで運営
するスーパーマーケットの経営者となり、
音楽の世界からは身を引いてしまうんです
ね。

2004年に脳梗塞で亡くなっています。

アーティスト特集 Errol Thompson (エロル・トンプソン)

今回のアルバムは1975年にジャマイカ
のJoe Gibbs Recordからリリースされた、
このレーベルを代表するダブ「African Dub
All-Mighty」シリーズの1枚目のアルバム
として制作されたアルバムです。

The Techniquesの「Love Is Not A Gamble」
リディムの「African Dub」や、Dennis
Brownの「Play Girl」リディムの「Lovers
Serenade」、The Jamaicansの「Ba Ba Boom」
リディムの「Treasure Dub」、Sound
Dimensionの「Rockfort Rock」リディムの
「Half Ounce」など、ロックステディや
レゲエの名曲をうまく使ったダブ・アルバム
です。

このアルバムが評判が良かったのか、
「African Dub All-Mighty」はシリーズ化
し、76年には「Chapter Two」、78年
には「Chapter 3」、79年には
「Chapter 4」、そして84年に「Chapter
Five」と計5作が作られています。

joe_gibbs_13a
Joe Gibbs & The Professionals‎– African Dub All-Mighty Chapter Two (1976)

joe_gibbs_14a
Joe Gibbs & The Professionals‎– African Dub All-Mighty Chapter 3 (1978)

joe_gibbs_09a
Joe Gibbs & The Professionals‎– African Dub Chapter Five (1984)

手に入れたのはUSのRocky Oneという
レーベルからリリースされたLPの中古盤
でした。

ちなみに1枚目と2枚目をまとめたCD
も、手に入れていました。

joe_gibbs_17a
Joe Gibbs & The Professionals‎– African Dub All-Mighty Chapters 1 & 2 (1999)

Side 1が6曲、Side 2が6曲の全12曲。

詳細なミュージシャンの表記はありません。

Produced by: Errol Thompson & Joe Gibbs
Arranged & Remixed by: Errol Thompson & Joe Gibbs
Executive Producer: Rocky Gibbs

という記述があります。

プロデュースとアレンジ、リミックスは
Errol Thompson & Joe Gibbs(The Mighty
Two)が担当しています。

さて今回のアルバムですが、この70年代の
ルーツ・レゲエの時代のダブの歴史に、この
Errol Thompsonという人は欠かせない人なん
ですね。
そんな彼Errol Thompsonの代表作といえる
ダブが、あのRandy'sに残したImpact All
Starsの「Java Java Java Java」であり、
今回のアルバムを含めた「African Dub
All-Mighty」シリーズなんですね。
この70年代のジャマイカのダブといえば
King TubbyやLee Perry、Kieth Hudsonなど
が有名ですが、それと並んで忘れてはなら
ないのがこのErrol Thompsonなんですね。
(この4人を「創成期ダブ四天王」と、呼ぶ
事があるようです。)

そんな「African Dub All-Mighty」シリーズ
の1作目として作られた今回のアルバムです
が、比較的エフェクトに頼らないインストに
近い音作りをしています。
これは76年に「Chapter Two」も同じで、
こちらもインストに近いダブなんですね。
これは同じ76年に作られたもうひとつの
ダブ・アルバム「State Of Emergency」同じ
で、あまりエフェクトに頼らないインストに
近いダブを作っているんですね。

joe_gibbs_10a
Joe Gibbs And The Professionals‎– State Of Emergency (1976)

ところが78年に発表された「Chapter 3」
では水音や擬音などのエフェクトが華やかに
使われたダブに変わっているんですね。
私は「Chapter Two」と「Chapter 3」は
まだ若かった70年代頃に聴いていて、
「African Dub All-Mighty」シリーズと
いうと華やかなエフェクトの使われたダブと
いう、「Chapter 3」のサウンドのイメージ
で覚えていました。

ただ「Chapter Two」と「Chapter 3」の間
には2年くらいのブランクがありますが、
その間にErrol Thompsonのダブの音作りも
よりエフェクトを多用した実験精神の強い
ものに変化していたんですね。
その事を今回聴き直してみて、あらためて
感じました。
「Chapter 4」もそうしたエフェクトを多用
したダブで、「Chapter Five」は84年と
時間も空いているのでこのシリーズに入れて
良いものか迷うところですが、エフェクトも
シンセを多用したものに変化しています。

ただそうした違いはあるものの、Joe Gibbs
のレーベルに移籍して以降のErrol Thompson
の代表作といえるダブなので、少なくとも
4作目までは聴いておきたい作品なんです
ね。
どのアルバムもErrol Thompsonらしい
ミックスが感じられるアルバムで、内容は
悪くありません。

また余談ですが、このシリーズの「Chapter
Two」と「Chapter 3」は、あのレゲエ映画
「Rockers」のシーンの中にも登場して来る
んですね。
主人公ドラマーのLeroy 'Horsemouse'
Wallaceがバイクでレコード屋にレコードを
届けるシーンで、レコード屋の壁にChapter
Two」と「Chapter 3」が貼ってあるんです
ね。
かなりロード・ムーヴィー的な作りの映画
なので、おそらく映画の撮影時によく売れて
いたアルバムだったんじゃないかと思い
ます。

話を戻しますが、書いたように今回のダブは
インスト色が強いダブで、あまり大きく手を
加えていない分Errol Thompsonという人の
ミックスの腕が光るダブなんですね。
そのひとつひとつの音を際立たせたミックス
の腕は、やはり素晴らしいものがあります。

The Techniquesの「Love Is Not A Gamble」
リディムのSide 1の1曲目「African Dub」
から始まり、Burning Spearの「Slavery
Days」やJackie Mittooの「Hot Milk」、
Ken Bootheの「My Heart Is Gone」の
リディムなどをうまく混ぜ合わせた
2曲目「Universal Dub」、Delroy Wilson
の「I Don't Know Why」やErrol Dunkleyの
「Black Cinderella」、Sound Dimension
の「Drum Song」などを使った3曲目
「Midnight Movie」、Dennis Brownの
「My Kind」リディムの4曲目「Ghetto
Skank」、Ken Bootheの「When I Fall In
Love」リディムの5曲目「Lime Key Rock」、
Dennis Brownの「Play Girl」リディムの
6曲目「Lovers Serenade」、The Jamaicans
の「Ba Ba Boom」リディムのSide 2の
1曲目「Treasure Dub」、Bob Andyの
「Unchained」リディムの2曲目「Schooling
The Beat」、Dennis Brownの「Let Me Live」
リディムの3曲目「Campus Rock」、Sound
Dimensionの「Rockfort Rock」リディムの
4曲目「Half Ounce」、Soul Syndicateの
「Riot」リディムの5曲目「Worrier」、
そして再びThe Techniquesの「Love Is Not
A Gamble」リディムの6曲目「East Africa」
と、ロックステディとレゲエのリディム
をうまく使った楽しめるダブに仕上げて
います。

Side 1の1曲目は「African Dub」です。
リディムはThe Techniquesの「Love Is Not
A Gamble」。
ロックステディの名曲をうまく使った、
ホーン・ダブです。
頭からブワ~~っと入って来るホーン、
リリカルなピアノ、ズシっとしたベース
などをうまく組み合わせたダブです。

Joe Gibbs and The Professionals - African Dub All-Mighty Chapter One - 01 - African Dub


リズム特集 Love Is Not A Gamble (ラブ・イズ・ノット・ア・ギャンブル)

2曲目は「Universal Dub」です。
こちらはCDの解説文などを読むと、
Burning Spearの「Slavery Days」や
Jackie Mittooの「Hot Milk」、Ken Boothe
の「My Heart Is Gone」のリディムなどを
うまく混ぜ合わせたダブのようです。
独特のギターのメロディが印象的なダブ
です。

African Dub All Mighty Vol 1 A2 Universal Dub


リズム特集 Hot Milk/Murderer (ホット・ミルク/マーダラー)

3曲目は「Midnight Movie」です。
こちらもDelroy Wilsonの「I Don't
Know Why」やErrol Dunkleyの「Black
Cinderella」、Sound Dimensionの
「Drum Song」などを組み合わせたダブの
ようです。
重いギターのメロディにリリカルなピアノ
などが、うまく組み合わさったダブ。

Joe Gibbs - Midnight Movie


リズム特集 Drum Song (ドラム・ソング)

4曲目は「Ghetto Skank」です。
リディムはDennis Brownの「My Kind」。
哀愁を帯びたホーンのメロディにリリカル
なピアノ、ズシっとしたベースと、この
ルーツの時代らしい楽器の組み合わせの曲
です。

5曲目は「Lime Key Rock」です。
リディムはKen Bootheの「When I Fall In
Love」。
浮遊感のあるキーボードに、ダブらしい
逆再生音、ズシっとしたベースにギターの
刻むメロディ…。

6曲目は「Lovers Serenade」です。
リディムはDennis Brownの「Play Girl」。
ノビノビとしたホーン・セクション、
ギターとベース、ピアノのメロディのダブ
です。

Side 2の1曲目は「Treasure Dub」です。
リディムはThe Jamaicansの「Ba Ba Boom」。
ロックステディの名リディムを生かした、
ホーン・セクションとベース、ピアノの
メロディのダブです。

Joe Gibbs Treasure Dub


リズム特集 Ba Ba Boom (バ・バ・ブーム)

2曲目は「Schooling The Beat」です。
リディムはBob Andyの「Unchained」。
華やかなホーンとピアノギターのメロディ
が、うまく組み合わさったダブ。

3曲目は「Campus Rock」です。
リディムはDennis Brownの「Let Me Live」。
ハモンド・オルガンのメロディにズシっと
したベースが効いたダブ。

4曲目は「Half Ounce」です。
リディムはSound Dimensionの「Rockfort
Rock」。
ロックステディの名リディムですが、
リリカルなピアノとズシっとしたベースが
うまく使われたダブになっています。

Joe Gibbs and The Professionals - African Dub All-Mighty Chapter One - 10 - Half Ounce


5曲目は「Worrier」です。
リディムはSoul Syndicateの「Riot」。
儀たのこ知良いメロディから、伸びやか
なホーンの調べ、刻むようなドラミング
と、なかなか凝ったダブです。

6曲目は「East Africa」です。
最後は1曲目と同じThe Techniquesの
「Love Is Not A Gamble」のリディムで
シメています。
ホーン・セクションにおそらくVin Gordon
あたりだと思われる伸びやかなトロンボーン
が魅力的なダブです。

African Dub All Mighty Vol 1 B6 East Africa


ざっと追いかけて来ましたが、やはり
The Professionalsの演奏力を生かした
Errol Thompsonのダブ・ミックスが光る
アルバムだと思います。
このErrol Thompsonはこうしたダブの
他にも、Dennis Brownの「Money In My
Pocket」やCultureの「Two Seven Clash」
などJoe Gibbsの元で魅力的なヒット曲を
飛ばし、さらには前半が歌後半がダブの
ディスク・ミックス曲などでも才能を発揮
し、素晴らしい楽曲をたくさん作った人
だったんですね。
そんな彼がJoe Gibbsの破産を機会に
レゲエの世界から消えてしまった事は、
とても残念に思います。

ただ彼の残した作品群は今も70年代の
レゲエの宝物として、多くの人の心に残り
続けているんですね。

機会があればぜひ聴いてみて下さい。


○アーティスト: Joe Gibbs & The Professionals
○アルバム: African Dub All-Mighty
○レーベル:
○フォーマット: LP
○オリジナル・アルバム制作年: 1975

○Joe Gibbs & The Professionals「African Dub All-Mighty」曲目
Side 1
1. African Dub
2. Universal Dub
3. Midnight Movie
4. Getto Skank
5. Lime Key Rock
6. Lovers Serenade
Side 2
1. Treasure Dub
2. Schooling The Beat
3. Campus Rock
4. Half Ounce
5. Worrier
6. East Africa