今回はAswadのアルバム

aswad_03a

「New Chapter」です。

AswadはUKレゲエの先駆的なバンドとして
知られているグループです。
UK(イギリス)では早くからジャマイカ
の音楽が認められていて、古くはスカの時代
から輸入元のレーベルの名前からブルー・
ビート(Blue Beat)の名称でスカが聴かれて
いたんですね。
そういう事もあって、早くからUKでは
レゲエが聴かれていて、70年代に
ジャマイカ以外で一番最初にレゲエのバンド
が誕生したのもUKだったんですね。
当時は「ブリティッシュ・レゲエ」などと
いう呼び方をされていました。

その初期のUKレゲエを、Matumbiなどと
ともに牽引してきたのがこのAswadだったん
ですね。
のちの時代にはレゲエという音楽はかなり
インターナショナルな音楽へと発展して行く
訳なんですが、まずその礎を作ったのが彼ら
UKのレゲエ・バンドだったんですね。

このAswadも1976年にファースト・
アルバム「Aswad」でデビューし、ジャマイカ
のレゲエとは一味違う洗練されたサウンドで
一躍UKの人気グループとなります。
その後も一時期メジャー・レーベルのCBSと
契約したり、活躍を続けたAswadですが、
80年代半ば以降はそのメッセージ性が
薄らぎ、徐々にポップな路線に転向して
ポピュラー・チャートをにぎわせるように
なります。
その転向がレゲエ・ファンから厳しい評価
を受けている側面があるのが、このAswadと
いうグループなんですね。
ネットのDiscogsを見ると、現在までに
20数枚のアルバムをリリースしています。

aswad_02a
Aswad – Aswad (1976)

アーティスト特集 Aswad (アスワド)

今回のアルバムは1981年にUKの大手
レーベルCBSからリリースされた彼らの
4枚目のアルバムです。

手に入れたCDに付いていた高橋健太郎さん
という方の解説文によると、Aswadは76年
にファーストの「Aswad」、80年(Discogs
の記述では79年)にセカンド「Hulet」、
このアルバムと同じ頃に「Showcase」を
リリースしていて、それと前後するように
CBSと契約したという事です。

aswad_05a
Aswad‎– Hulet (1979)

そのせいかネットの販売サイトでは、この
アルバムをサード・アルバムと書いている
ところが多いです。

ルーツ・レゲエを演奏していた時代の彼ら
の代表曲「African Children」や「Love
Fire」など、彼らの代表曲が詰まった
アルバムで、レゲエ・ファンから評価が高い
アルバムです。

ちなみにCBSとの契約はこの1作で終わって
しまい、このアルバムのダブ・アルバムは
Island Recordsから翌82年にリリース
されています。

aswad_04a
Aswad ‎– A New Chapter Of Dub (1982)

そうした影響もあったのか、解説文によると
日本ではこのアルバムがリリースされずに、
10年以上経ってからようやくCDが
リリースされたそうです。
調べてみると94年に、Epic SonyからCD
が13年ぐらい経ってリリースされていま
した。

手に入れたのはそのEpic Sonyからリリース
された、CDの中古盤でした。
中には高橋健太郎さんという方の解説文と
英文の歌詞、内田久美子さんという方の
歌詞の対訳が書かれた紙が入っていました。
またまた付いていた帯には、次のような
文章が書かれていました。

「ブリティッシュ・レゲエのスタイルを確立
した一枚。名曲「アフリカン・チルドレン」
を収録、ずっしりと重いリズムをホーン・
セクションが引きしめる、アスワド中期の
逸品。 '81年作品。世界初CD化。」

ちなみにこのアルバムですが、私がまだ若い
頃にLPでも購入していました。

aswad_06a
Aswad‎– New Chapter (1981) LP

ちなみにLPの入ったビニール袋には、
買った当時のシールが貼ったままになって
いて、「TOWER RECORDS」「\2,240」という
Tower Recordsの値札が付いていました。

2017_10_21_01a


おそらく渋谷にあったTower Recordsの
第1号店で、買ったLPだと思われます。
今はたくさんあるTower Recordsですが、
東急ハンズを下った坂の真正面に、お店が
あったんですね。
当時は数少なかった輸入盤を専門に売って
いる店で、レコード盤が平積みで置かれて
いるのが当時としては非常に珍しかった
です。
おそらく81年当時にそのTower Records
で、アルバムを2240円で買っていたん
ですね(笑)。

ちなみに「英国盤」というシールも貼られ
ていますが、当時はジャマイカ盤と英国盤
では音質にかなり差があって、壁に
「ジャマイカ盤は音質が悪くても返品でき
ません」というような事が書かれていた
記憶があります。
そういう音質の問題から「ジャマイカ盤」、
「英国盤」と書かれていたんですね(笑)。

全11曲で収録時間は約47分。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Aswad:
Brinsley Forde: Lead Vocals, Reggae, Acoustic Guitars, Percussion
Drummie Zeb: Drums, Polard, Snare 3, Syn Drums, Clap-trap, Percussion,
Harmony Vocals, Lead Vocals on "Ways Of The Lord" & "Didn't Know At The Time"
Tony Gad: Bass, Piano, Hammond C3, Prophet Five, Korg Preset Synths, Celeste,
Solina Strings, Flaka Guitar, Percussion, Harmony Vocals
Levi: Percussion

Aswad Brethren:
Clifton 'Bigga' Morrison: Piano, Hammond
Martin Augustine: Lead & Flaka Guitars
Roger Guthrie: Rhythm Tenor Saxophone on "I Will Keep On Loving You"
Jimmy Senyah Haynes: Electric, Acoustic & Synthesized Lead Cuitar
John Kpiaye: Lead Guitar Solo on "Ways Of The Lord"

Aswad Horns Section:
Vin 'Torommie' Gordon: Trombone, Horn arrangements on "Love Fire",
"Ways Of The Lord" and "Didn't Know At The Time"
Eddie Tan Tan: Trumpet
Michael Rose: Alto Saxophone, All horn parts on "Tuff We Tuff",
"Ina Your Rights", Solo in "Didn't Know At The Time", Flute on "Zion"
Engineers: Michael Campbell, Godwin Logie

All Songs by Aswad except * Aswad & Mikey Campbell
Produced by Aswad and Mikey Campbell for Simba PDesign by roductions Limited
Design by Roslav Szaybo and Simon Cantwell
Photography by Janusz Guttner

となっています。

AswadのメンバーではBrinsley Fordeが
リード・ヴォーカルと「Reggae」という
楽器(?)、アコースティック・ギター、
パーカッションを演奏、Drummie Zebが
ドラムに「Polard」と「Snare 3」という
楽器、シン・ドラムに「Clap-trap」という
楽器にパーカッション、ハーモニー・
ヴォーカルに「Ways Of The Lord」と
「Didn't Know At The Time」でリード・
ヴォーカルを担当し、Tony Gadがベースに
ピアノ、「Hammond C3」と「Prophet Five」、
「Korg Preset Synths」、「Celeste」、
「Solina Strings」、「Flaka Guitar」と
いう楽器、パーカッション、ハーモニー・
ヴォーカルを担当し、Leviがパーカッション
を担当しています。

「Aswad Brethren」として名前があるの
は、Clifton 'Bigga' Morrisonがピアノと
ハモンド・オルガン、Martin Augustineが
リードと「Flaka Guitar」、Roger Guthrie
が「I Will Keep On Loving You」という曲
でテナー・サックスを担当し、Jimmy Senyah
Haynesがエレクトリックとアコースティック、
「Synthesized Lead Cuitar」を担当し、
John Kpiaye:が「Ways Of The Lord」という
曲でソロのリード・ギターを担当しています。

次に「Aswad Horns Section」として、
Vin 'Torommie' Gordonがトロンボーンで
参加し、「Love Fire」と「Ways Of The
Lord」、「Didn't Know At The Time」の
ホーン・アレンジメントも担当し、
Eddie Tan Tanがトランペットで参加し、
Michael Roseが「Tuff We Tuff」と「Ina
Your Rights」、「Didn't Know At The Time」
という曲でアルト・サックスで参加し、さら
に「Zion」という曲でフルートを演奏して
います。

エンジニアはMichael CampbellとGodwin
Logie。

全ての曲の作曲はAswadで、ただし3曲目
「Ways Of The Lord」と7曲目「Didn't Know
At The Time」、10曲目「Candles」はAswad
とMikey Campbellの共作曲です。
プロデュースはAswadとMikey Campbell。

ジャケット・デザインはRoslav Szayboと
Simon Cantwell。
写真はJanusz Guttnerとなっています。

さて今回のアルバムですが、レゲエ・ファン
からはとかく批判されてしまうAswadです
が、それはこのバンドがその初期に魅力的
な新しい「ブリティッシュ・レゲエ」の
サウンドを作っていて、多くのレゲエ・
ファンがその魅力に期待していたからなん
ですね。
そうしたレゲエ・ファンをシビレさせた
「ブリティッシュ・レゲエ」という音楽を
決定づけたアルバムのひとつが、この
アルバムなんですね。
ジャマイカのレゲエとは一味違う重く
湿り気を帯びたこのレゲエ・サウンドに、
シビレたレゲエ・ファンが当時はたくさん
居たんですね。

ちなみに当時は「UKレゲエ」という呼び方
はされておらず、イギリスのレゲエは
「ブリティッシュ・レゲエ」と呼ばれていた
んですね。
ブリティッシュ・ロックにも通じるような
その湿り気のあるそのサウンドは、多くの
日本のリスナーにも支持されたんですね。

話を戻しますが、「ブリティッシュ・レゲエ
の雄」として活躍したAswadですが、ある
時期を境にそのサウンドはレゲエというより
はポップなものへと変わって行くんですね。
その裏にはUKレゲエの先駆者としての苦悩
があった事は、想像に難くありません。
今回のアルバムなどを聴くと、その重く
へヴィなレゲエ・サウンドは多くのレゲエ・
リスナーの支持を得たものの、必ずしも
セールス面では成功と言えなかったのか、
大手レーベルのCBSとの契約はこのアルバム
1枚で終わってしまいます。
その為にこのアルバムのダブ・アルバム
「A New Chapter Of Dub」は、再び戻った
古巣のIsland Recordsからリリースして
います。

そうしたUKレゲエの先駆者として苦労した
彼らがポップな路線に転向した事は、レゲエ・
ファンとしてはとても残念な事ですが、ある
意味仕方のない事だったのかもしれません。
才能ある彼らはそうした転向後も人気を博し
て、88年のアルバム「Distant Thunder」は
Aswadのアルバムの中でも最も売れたアルバム
となっているんですね。

aswad_07a
Aswad‎– Distant Thunder (1988)

その後もAswadは90年の「Too Wicked」や、
94年の「Rise And Shine」などのヒット・
アルバムを残していますが、そうしたヒット
とは裏腹にあのレゲエ本「Roots Rock Regae」
にその後の活躍が「もはやレゲエ・バンドと
言えない」と書かれるなど、一般の評価と
レゲエ・リスナーの評価が一致しないバンド
になってしまうんですね(苦笑)。

長々と書きましたが、レゲエ・ファンという
視点から見ればAswadのアルバム約20数枚
の中で確実にレゲエとして支持できるのは、
76年のファースト「Aswad」から83年の
ライヴ・アルバム「Live And Direct」ぐらい
までと言えると思います。

aswad_08a
Aswad‎– Live And Direct (1983)

それ以降になるとポップ思考が徐々に強く
なり、レゲエ好きの聴きたいサウンドと
かい離が生じて来るんですね。

そうしたレゲエ・ファンが支持する
アルバムの中でも、特に今回のアルバムと
ファーストの「Aswad」は、彼らの代表作
ともいえるアルバムです。
ファーストの「Aswad」は初めての緊張感と
AswadらしいクールでJazzyな演奏が素晴ら
しいアルバムでしたが、今回のアルバムは
UKらしい重いドンヨリとした曇り空の
ようなへヴィなサウンドが特徴のアルバム
で、彼らのUKらしいレゲエへの挑戦が感じ
られるアルバムです。
ジャマイカのカラっと乾いたサウンドに
対して、どこまでもズッシリと重い湿った
サウンドは、UKレゲエという音楽の新しい
境地を開いています。
必ずしも一般受けするサウンドではないかも
しれませんが、重量感のあるへヴィな
サウンドは、多くのレゲエ・リスナーから
支持されたアルバムなんですね。

ライヴで必ず演奏されたという1曲目の
「African Children」から始まり、代表曲の
ひとつ10曲目の「Love Fire」で終わる、
ホーン・セクションも交えたズッシリと
ヘヴィな演奏は当時多くのレゲエ・ファンの
心を捉え、UKレゲエの存在を認知させた
アルバムだったんですね。

1曲目は「African Children」です。
ギターのメロディに高音のコーラス、語る
ようなヴォーカル。
ずっと流れる低音のベース音がグッとくる
1曲です。

Aswad - African Children


2曲目は「Natural Progression」です。
カラッとしたドラミングにホーン・
セクションのメロディ、高音のコーラス・
ワークに語るようなヴォーカル。
このアルバムで1番長い5分23秒の曲
です。

Aswad - Natural Progression


3曲目は「Ways Of The Lord」です。
ギターとホーン・セクションのメロディに、
伸びやかで抒情的な甘いヴォーカル。
この曲はドラマーのDrummie Zebがリード・
ヴォーカルをとっているようです。
後のポップ路線のAswadはこのDrummie Zeb
が、メインのヴォーカリストになって行く
ようです。

Aswad - ways of the lord 1981


4曲目は「I Will Keep On Loving You」
です。
高音を生かしたシンセのメロディに
ギター、ヴォーカルに絡むオシャレ感の
あるコーラス・ワーク。
彼らのセンスを感じる曲です。

5曲目は「He Gave The Sun To Shine」
です。
シンセとギターの個性的なメロディに、
伸びやかなヴォーカルにコーラス・ワーク。

6曲目は「Tuff We Tuff」です。
ピアノとホーン・セクションの奏でる
明るいメロディに乗せた、Brinsley Forde
の伸びやかなヴォーカルが印象的な曲
です。
心地良いパーカッションもグッド。

Aswad - tuff we tuff 1981


7曲目は「Didn't Know At The Time」
です。
こちらもDrummie Zebがリード・ヴォーカル
の曲です。
ホーン・セクションの奏でるメロディに、
彼のソフトなヴォーカルがマッチした曲
です。

8曲目は「Zion」です。
こちらはフルートとギターのメロディに、
ユッタリと歌い込むようなヴォーカルに
コーラス・ワーク。
彼らのセンスがよく出た曲です。

9曲目は「Ina Your Rights」です。
ヴォ-カルに絡む表情のあるサックスが
魅力的な曲です。

10曲目は「Candles」です。
シンセとギター、ピアノのソフトなメロディ
に乗せた、Brinsley Fordeのソフトな
ヴォーカルが魅力的な曲です。

11曲目は「Love Fire」です。
この曲はあのDennis Brownが「Promised
Land」というタイトルでも歌っている、
Aswadの代表曲のひとつです。
華々しいホーンとベースのズシっとした
メロディに、語るようなヴォーカルに絡む
コーラス。
当時の彼ららしいディープ感のある曲です。

Aswad - Love Fire


ざっと追いかけて来ましたが、ジャマイカ
の音楽とは明らかに違う、ズシっと重い
イギリスの曇り空を思わせるサウンドは、
UKレゲエのサウンドとして多くのリスナー
に支持されたんですね。
その魅力は今聴いても色褪せる事はあり
ません。

レゲエ・ファンとしては途中から彼らが
ポップな路線に転向してしまったのはとても
残念ですが、それでも彼らがUKレゲエに
残した足跡はけっして無視出来ないものが
あります。
特に今回のアルバムはレゲエ好きとしては
ぜひ聴いておきたい、そんなアルバムなん
ですね。

機会があればぜひ聴いてみて下さい。

Aswad African Children



○アーティスト: Aswad
○アルバム: New Chapter
○レーベル: Epic Sony
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1981

○Aswad「New Chapter」曲目
1. African Children
2. Natural Progression
3. Ways Of The Lord *
4. I Will Keep On Loving You
5. He Gave The Sun To Shine
6. Tuff We Tuff
7. Didn't Know At The Time *
8. Zion
9. Ina Your Rights
10. Candles *
11. Love Fire