今回はHarry MudieとKing Tubbyの
アルバム

king_tubby_21a

「Harry Mudie Meets King Tubby's In Dub
Conference Volume One」です。

Harry Mudieはジャマイカの音楽がラスタ
ファリズムに基づいたプロテスト・ソング
一色の70年代のルーツ・レゲエの時代に、
ラヴ・ソング中心の独自路線をとった
Moodiscレーベルの主催者として知られて
います。
彼はその優れた作曲の才能を生かして、
Dennis Walksの「The Drifter」やThe
Ebony Sistersの「Let Me Tell You Boy」
など、独自路線のヒットを飛ばし異色の
レーベルとして人気を博すんですね。
またストリングスの導入など、他のレーベル
とは違った音作りにもチャレンジして
います。
一見すると硬派でなく軟派なレーベルの
ように見えますが、実は人になびかない
頑固一徹なところのある個性的なレーベル
なんですね。

レーベル特集 Moodisc (ムーディスク)

King Tubbyはルーツの時代から活躍するダブ
のミキサーであり、プロデューサーである人
です。
もともと電気技師だった彼は、ルーツ・
レゲエの時代からミキサーとして活躍し、
ダブの創成期からダブを作った人として知ら
れています。

ダブはルーツ・レゲエが誕生した70年代
初め頃から徐々に作られるようになるのです
が、1973年に一斉にダブのアルバムが
作られた事から一気にひとつのジャンルと
して確立した音楽で、エコーやリバーヴなど
のエフェクトなどを使用して原曲を全く別の
曲に作り変えてしまう手法を指します。

ダブ - Wikipedia

リミックスの元祖とも言われる音楽で、誰が
初めのダブを考案したかかはハッキリとは
解っていないのですが、このKing Tubbyが
ダブという音楽を完成させたと言われてい
ます。
自身のスタジオKing Tubby'sで、助手の
Prince JammyやScientistなどとともに
70年代から80年代にかけて多くのダブの
ミックスを手掛けたのが、このKing Tubby
という人なんですね。

その後も活躍を続けたKing Tubbyでしたが、
1989年に自宅前で何者かに射殺されて
亡くなっています。

アーティスト特集 King Tubby (キング・タビー)

今回のアルバムは1976年にHarry Mudie
のレーベルMoodisc Recordsからリリース
されたアルバムで、Harry Mudieという
作曲の天才とKing Tubbyというミックスの
天才の才能がぶつかり合ったようなダブ・
アルバムです。

パーカッションとベースが印象的な
「Full Dose Of Dub」から始まり、
キーボードとホーンのイントロから
ストリングスが心に残る「Dub With A
Difference」、ポップなメロディの
「Caught You Dubbing」、Lloyd Jonesの
「Rome」という曲のリディムを使った
「Roman Dub」、Gladstone Anderson
のピアノのメロディが美しい表題曲の
「Dub Conference」、不穏な空気を感じ
させる「Strip Tease Dub」、ストリングス
にホーンやパーカッションが絡む
「String Dub In Rema」など、他では
聴く事の出来ないようなダブが並んで
います。

手に入れたのはMoodisc Recordsからリリース
されたCDでした。

ちなみにこのアルバムはシリーズ化されて
いて、77年には「In Dub Conference
Vol. 2」、78年には「In Dub Conference
Vol. 3」というアルバムもリリースされて
います。

king_tubby_22a
Harry Mudie Meet King Tubby ‎– In Dub Conference Vol. 2 (1977)

king_tubby_23a
Harry Mudie Meet King Tubby ‎– In Dub Conference Vol. 3 (1978)

全10曲で収録時間は約31分。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Produced and Arranged by: Harry A. Mudie for Moods & Moodisc Intl. Records

MUsicians:
Drums: Michael Richards (Tracks 5-7), Horse Mouth (Tracks 4-8-10),
Winston Grennan (Tracks 6), Bunny Rastafari (Tracks 1-2-3)
Bass: Val Douglas (Tracks: 4-5-7-8-9-10), Jackie Jackson (Tracks 6),
Mike Dorane (Tracks 1-2-3)
Organ: Winston Wright, Robert Lyn (Tracks: 4-8-10)
Piano: Gladstone Anderson
Rhythm Guitar: Jeffery Chung, Hucks Brown (Tracks 6)
Lead Guitar: Mikey Chung
Tenor Saxophone: Tommy McCook, Glen DaCosta, Dirty Harry
Trumpet: Bobby Ellis, David Madden
Flugelhorn: Jo Jo Bennett
Trombone: Don D. Junior
Strings: The Englismen - Arranged by: Tony King
Percussion: Danzel Leing (Tracks 4-6-8-10), Uzziah Thompson (Tracks 5-7-9),
Harry Mudie (Tracks: 1-2-3)

Recording Studios:
Chalk Farm, London, England
Harry J's Studio, Kingston, Jamaica (Tracks 4-8-10)
Dynamic Studio, Kingston, Jamaica (Tracks 5-6-7-9)
Dynamic Studio, Kingston, Jamaica (Overdub Tracks 1-2-3)
Decibel Studio, London, England (Tracks 1-2-3)
King Tubby Studio, Kingston, Jamaica (Final Mix and Overdub)

Engineers:
Roger Beale (Tracks: 1-2-3), Sylvester Morris (Tracks 4-8-10),
Syd Buckner (tracks: 5-6-7-9)
And Strings Overdub at Chalk Farm, London, England

King Tubby - Harry Mudie - Pat Kelly
All Recording and Mix Supervised by Harry A. Mudie
All Titles Written by Harry A. Mudie

Cover Design by: Photo Happening
Photographer: Bryan Levy

Re-Master from Original Analog Tapes to DAT by: Harry A. Mudie
at Moods Digital Lab, Miami, Florida

となっています。

プロデュースとアレンジはHarry A. Mudie。

ミュージシャンはドラムにMichael Richards
(トラック 5-7)とHorse Mouth (4-8-10)、
Winston Grennan (6)、Bunny Rastafari
(1-2-3)、ベースにVal Douglas (4-5-7-8-9-
10)とJackie Jackson (6)、Mike Dorane
(1-2-3)、オルガンにWinston Wrightと
Robert Lyn (4-8-10)、ピアノにGladstone
Anderson、リズム・ギターにJeffery Chung
とHucks Brown (6)、リード・ギターに
Mikey Chung、テナー・サックスにTommy
McCookとGlen DaCosta、Dirty Harry、
トランペットにBobby EllisとDavid Madden、
フリューゲルホルンにJo Jo Bennett、
トロンボーンにDon D. Junior、ストリングス
にThe Englismen(アレンジ: Tony King)、
パーカッションにDanzel Leing (4-6-8-10)
とUzziah Thompson (5-7-9)、Harry Mudie
(1-2-3)という布陣です。

レコーディング・スタジオはロンドンの
Chalk Farm、ジャマイカのキングストンに
あるHarry J's Studio(トラック 4-8-10)、
Dynamic Studio(5-6-7-9)、そして
オーヴァー・ダブもDynamic Studio(1-2-3)、
ロンドンのDecibel Studio(1-2-3)、
最期のミックスとオーヴァー・ダブが
King Tubby Studioで行われています。

エンジニアはRoger Beale (1-2-3)と
Sylvester Morris (4-8-10)、Syd Buckner
(5-6-7-9)、ストリングスのオーヴァー・
ダブがロンドンのChalk Farmで行われて
います。

「King Tubby - Harry Mudie - Pat Kelly」
という名前があるので、この3人がミックス
を行ったようです。
すべての録音とミックスの監修は、Harry
A. Mudie。
すべての作曲はHarry A. Mudieが担当して
います。

カヴァー・デザインはPhoto Happening、
写真はBryan Levyとなっています。

さて今回のアルバムですが、King Tubbyの
数多いダブのミックスの作品の中でも、
ちょっと特別な作品が今回のアルバムなん
ですね。

UKのスタジオまで駆使したストリングス
も取り入れた作品作りをしているHarry A.
Mudieという人の力も大きいと思いますが、
King Tubbyの他の作品とは一線を画した
丁寧なミックスが光る作品なんですね。
パーカッションやベース、ストリングスなど
を駆使したサウンドは、レゲエという枠組み
を超えた魅力があり、もう作られてから
40年以上の歳月が経つというのに、今の
時代に聴いてもけっして色褪せる事の無い
新鮮なサウンドなんですね。
数多くあるKing Tubbyのダブの中でも特に
聴いておくべきダブ・アルバム、それが
今回の作品だと思います。

パーカッションとベースのフレーズが妖し気
な1曲目「Full Dose Of Dub」から始まり、
ギターのダブワイズとベースのズシッとした
演奏が印象的な2曲目「Madhouse Dub」、
刻むようなギターのフレーズにズシッとした
ベースが効いた3曲目「Dub For The Dread」、
キーボードとホーンのイントロから重く荘厳
なストリングスが心に残る4曲目「Dub With
A Difference」、Lionel Richieのヒット曲
「Easy」を思わせるようなポップなメロディ
が印象的な5曲目「Caught You Dubbing」、
Lloyd Jonesの「Rome」という曲のリディム
を使った6曲目「Roman Dub」、Gladstone
Andersonのピアノのメロディが美しい
表題曲の7曲目「Dub Conference」、モダン
なストリングスのメロディの8曲目「Heavy
Duty Dub」、不穏な空気を感じさせる
ホーン・セクションとベースのメロディの
9曲目「Strip Tease Dub」、ストリングス
にホーンやパーカッションが絡む10曲目
「String Dub In Rema」など、他では聴く
事の出来ないような独自性のある、美しくも
緊張感のあるダブが並んでいます。

1曲目は「Full Dose Of Dub」です。
パーカッションの心地良いサウンドと、
ズシッとしたベースの醸し出す、クールな
空気感が印象的なダブです。

Harry Mudie & King Tubby - Full Dose Of Dub


2曲目は「Madhouse Dub」です。
ベースを軸とした聴きごたえのあるダブ
です。
ドラムの独特のシャリシャリとした演奏は
「フライング・シンバル」か?

3曲目は「Dub For The Dread」です。
刻むようなギターにキーボード、ズシッと
したベースを軸とした緊張感のある曲です。

Harry Mudie meets King Tubby- Dub for the Dread


4曲目は「Dub With A Difference」です。
浮遊感のあるキーボードにホーン、さらに
ストリングの荘厳なメロディという、Harry
Mudieらしい世界観が前面に出たダブです。
美しいメロディが他のダブとは一線を画して
います。

Harry Mudie meet King Tubby - In dub conference vol. 1 - Album


5曲目は「Caught You Dubbing」です。
あのLionel Richieのヒット曲「Easy」を
思わせるような明るいホーンのポップな
メロディ・ラインが印象的な曲です。

6曲目は「Roman Dub」です。
リディムはLloyd Jonesの「Rome」。
トランペット奏者のJo Jo Bennettも
「Leaving Rome」というタイトルで演奏
している曲です。
ギターとオルガンのメロディに、ベースの
ズシッとしたサウンドが心地良い曲です。

Harry Mudie meets King Tubby's - Roman Dub


7曲目は表題曲の「Dub Conference」です。
Gladstone Andersonの演奏する美しいピアノ
から、ダブワイズしたホーン・セクションと
淡々としたベースが印象的な曲です。

King Tubby & Harry Mudie - Dub conference


8曲目は「Heavy Duty Dub」です。
クラヴィネットか何かのこもったサウンドに
ピアノの美しい旋律、ズシッとしたベースが
絡み合う、大人な空気の曲です。

Harry Mudie Meets King Tubby's - Heavy Duty Dub


9曲目は「Strip Tease Dub」です。
バタバタとしたドラミングからダブワイズ
したホーン、ギター…。
ベースのズシッとしたグルーヴ感が、心地
良い曲です。

10曲目は「String Dub In Rema」です。
ストリングスの美しいメロディに、歯切れ
の良いパーカッションが、良い空気感を生み
出している曲です。

ざっと追いかけて来ましたが、この時代に
たくさんのダブを作っているKing Tubbyの
作品の中でも、特に丁寧な仕事ぶりが際立つ
ダブで、このHarry Mudieとの出会いが彼に
どれほどのインパクトを与えたのかが
よく解るダブ・アルバムに仕上がって
います。

King Tubbyのダブの中でも特にエポック・
メイキングなダブ・アルバムのひとつだと
思います。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Harry Mudie, King Tubby
○アルバム: Harry Mudie Meets King Tubby's In Dub Conference Volume One
○レーベル: Moodisc Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1976

○Harry Mudie, King Tubby「Harry Mudie Meets
King Tubby's In Dub Conference Volume One」曲目
1. Full Dose Of Dub
2. Madhouse Dub
3. Dub For The Dread
4. Dub With A Difference
5. Caught You Dubbing
6. Roman Dub
7. Dub Conference
8. Heavy Duty Dub
9. Strip Tease Dub
10. String Dub In Rema