今回はToyanのアルバム

toyan_05a

「Hot Bubble Gum」です。

Toyan(Ranking Toyan)は80年代の
ダンスホール・レゲエで活躍したディージェイ
です。
この人のDiscogsなどのディスコグラフィー
を見ると、82年と83年にすごく多くの
アルバムを出しているんですが、それ以降は
あまりアルバムを出していないんですね。
彼の活躍は1981~から85年ぐらいに
限定されているようです。
そういうところから見て初期のダンスホール
では凄い人気があったけれど、その後は…と
いう人だったかもしれません。

英語のWikipediaを見ると、
He was murdered in Jamaica in 1991
とあるので、91年に殺されて亡くなって
いるようです。

Toyan - Wikipedia

toyan_04a
Toyan ‎– Spar With Me (1982)

今回のアルバムは1984年にジャマイカ
のGeorge PhangのレーベルPower Houseから
リリースされた、彼のソロ・アルバムです。

Discogsの彼の履歴を見ると、1981~85
年というアーリー・ダンスホール全盛の時代
に活躍したToyanですが、共演盤を含めて約
12枚のアルバムをリリースしていますが、
今回のアルバムはその最後の方にリリース
された1枚です。
Alton Ellisの「Mad Mad」のリディムを
使った表題曲「Hot Bubble Gum」をはじめ、
Soul Vendersの「Real Rock」のリディムの
「Ram Dance Master」、「Vanity」リディム
の「What A Thing」、Baba Brooksの「Shank
I Sheck」リディムの「Cumina」、The Royals
の「Pick Up The Pieces」リディムの
「Tickle Me」など、当時流行した名リディム
を巧みに使ったシング・ジェイ・スタイルの
トースティングが楽しめるアルバムに仕上がっ
ています。

手に入れたのはPower Houseからリリース
されたLPの中古盤でした。

Side 1が4曲、Side 2が4曲の全8曲。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Musicians:
Drums: Sly Dunbar, Barnabas
Lead & Rhythm Guitar: Willie Lindo
Bass: Lloyd Parkes, Robbie Shakespear
Keyboards: Robbie Lyn

Recorded at Channel 1
Mixed at Dynamic Sounds
Engineers: Peter 'Chemist', Micheal Riley
Special Thanks to 'Pepita' on 450 Honda

Produced & Arranged by George Phang

Design: Wilfred Limonious

となっています。

ミュージシャンはドラムにSly Dunbarと
Barnabas、リードとリズム・ギターにWillie
Lindo、ベースにLloyd ParkesとRobbie
Shakespear、キーボードにRobbie Lynという
布陣です。

レコーディングはChannel 1で行われ、ミックス
はDynamic Sounds、エンジニアにPeter
'Chemist'とMicheal Riley、「Special Thanks」
として「Pepita」というホンダの450㏄の
バイクの名前があります(笑)。

プロデュースはPower HouseのGeorge Phang。

アルバム・デザインはWilfred Limoniousという
人が担当しています。
口をトンがらせてホンダのバイクに跨り、
後ろに女の子を乗せている絵柄はなかなか
ナイス!
ちょっと印刷が劣化して黄色が飛んでしまっ
ているのが、とても惜しまれます。
裏ジャケはこんな感じのイラストです。

toyan_06a
裏ジャケ

さて今回のアルバムですが、このアーリー・
ダンスホールの時代の空気感を伝える
アルバムで、内容はとても良いと思います。

Alton Ellisのロックステディのヒット曲
「Mad Mad」のリディムが楽しめるSide 1の
1曲目表題曲の「Hot Bubble Gum」をはじめ、
Studio Oneのバック・バンドSoul Venders
のロックステディのヒット曲「Real Rock」
のリディムの2曲目「Ram Dance Master」、
Sugar Minottの「Vanity」リディムの3曲目
「What A Thing」、Lone Rangerの「Answer」
リディムの4曲目「Treat The Dread Right」、
Baba Brooksのスカのヒット曲「Shank I
Sheck」リディムのSide 2の1曲目「Cumina」、
Freddie McGregorの「Bobby Babylon」
リディムの2曲目「DJ Crowd」、The Heptones
のロックステディのヒット曲「Love Won't
Come Easy」リディムの3曲目「Dread」、
The Royalsのヒット曲「Pick Up The Pieces」
リディムの4曲目「Tickle Me」と、全曲が
スカからロックステディの有名リディムが
使われたアルバムで、Toyanらしいトース
ティングが楽しめるアルバムに仕上がって
います。

またこのアーリー・ダンスホールの時代は
Henry 'Junjo' Lawesが主催するVolcano
レーベルのRoots Radicsによるスローなワン・
ドロップが流行した時代でしたが、それに
対抗したのがこのGeorge Phangの主催する
Power Houseだったんですね。
こちらはVolcanoレーベルのスローなワン・
ドロップよりは少しスピードの速いルーツ・
レゲエぐらいのミディアム・テンポぐらいの
ワン・ドロップがウリのレーベルで、それを
演奏したのがSly & Robbieを中心とした
メンバーだったんですね。
初めはVolcanoの方が人気だったそうです
が、徐々にこのPower Houseが盛り返したん
だそうです。
そのあたりのワン・ドロップの違いも、注意
して聴いてみると面白いところです。

Side 1の1曲目は「Hot Bubble Gum」です。
リディムはAlton Ellisのロックステディの
ヒット曲「Mad Mad」です。
ピアノの軽快なメロディに乗せた、ちょっと
ダミ声のToyanの力強いトースティングが
印象に残る曲です。
ちなみにタイトルになっている「Hot Bubble
Gum」は、この当時に流行したダンスの名前
という事がネットの販売サイトに書かれて
いました。

'Hot Bubble Gum' by Toyan


リズム特集 Mad Mad/Diseases (マッド・マッド/ディジーゼズ)

2曲目は「Ram Dance Master」です。
リディムはStudio Oneのバック・バンド
Soul Vendersのロックステディのヒット曲
「Real Rock」です。
ギターのメロディに乗せたトースティング
で、「イヤイヤヨ~♪」というフレーズが
耳に残る1曲です。

Toyan - Ram Dance Master + DUB

↑後半のダブはありません。

リズム特集 Real Rock (リアル・ロック)

3曲目は「What A Thing」です。
Sugar Minottの「Vanity」リディムと知られ
ているリディムで、オリジナルはAlton Ellis
の「I'm Just A Guy」。
刻むようなピアノのメロディに、打ち込む
ようなドラム。
そのリズムに乗せたToyanの軽快なトース
ティングが魅力。
この曲などを聴くと、Volcanoのスローな
ワン・ドロップと今回のPower Houseの
ミディアム・テンポのワン・ドロップの違い
がよく解ります。

Ranking Toyan What A Thing


リズム特集 I'm Just A Guy (アイム・ジャスト・ア・ガイ)

4曲目は「Treat The Dread Right」です。
Lone Rangerの「Answer」リディムとして
知られるリディムで、オリジナルは
Slim Smithのロックステディの時代の
ヒット曲「Never Let Go」です。
こちらもミディアム・テンポの軽快なワン・
ドロップのシンセのメロディが印象的。
ノリノリのToyanのヴォーカルも魅力的。

リズム特集 Answer (アンサー)

Side 2の1曲目は「Cumina」です。
リディムはスカの時代のBaba Brooksのヒット
曲「Shank I Sheck」。
こちらもピアノが効いたワン・ドロップに、
ゆとりさえ感じるToyanの味のあるトース
ティングが魅力的な曲です。

リズム特集 Shank I Sheck (シャンク・アイ・シェック)

2曲目は「DJ Crowd」です。
リディムはFreddie McGregorの「Bobby
Babylon」。
ユッタリしたギターを中心としたワン・
ドロップに、滑らかなToyanのトースティング
が魅力的な曲です。

Toyan - Dj Crowd


リズム特集 Bobby Babylon/Hi Fashion (ボビー・バビロン/ハイファッション)

3曲目は「Dread」です。
リディムはThe Heptonesのロックステディの
ヒット曲「Love Won't Come Easy」です。
ピアノとギターの明るいメロディに、ノリの
良いToyanのトースティング。
楽し気な空気感が魅力的な曲です。

Ranking Toyan Dread


4曲目は「Tickle Me」です。
リディムはThe Royalsのヒット曲「Pick Up
The Pieces」です。
ピアノのメロディに乗せた、Toyanらしい表情
のあるトースティングが魅力的。

リズム特集 Pick Up The Pieces (ピック・アップ・ザ・ピーシズ)

ざっと追いかけて来ましたが、Toyanらしい
トースティングが堪能できるアルバムで、
内容は悪くないと思います。

またPower Houseらしいミディアム・テンポ
のワンドロップも、Volcanoと違う味わいが
あり面白いところ。
このすぐ後にはもっとテンポ・アップした
デジタルのダンスホール・レゲエの時代が
来るのですが、そうした時代の変わり目の
空気もこのアルバムには刻まれている気が
します。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Toyan
○アルバム: Hot Bubble Gum
○レーベル: Power House
○フォーマット: LP
○オリジナル・アルバム制作年: 1984

○Toyan「Hot Bubble Gum」曲目
Side 1
1. Hot Bubble Gum
2. Ram Dance Master
3. What A Thing
4. Treat The Dread Right
Side 2
1. Cumina
2. DJ Crowd
3. Dread
4. Tickle Me