今回はロックステディからルーツ・レゲエ
の時代に活躍したコーラス・グループ
The Melodiansの「Swing And Dine」の歌詞に
ついて書いてみようと思います。

THE MELODIANS - Swing and Dine


この曲は60年代後半のロックステディの
時代から70年代のルーツ・レゲエの時代
まで活躍した、名コーラス・グループ
The Melodiansのヒット曲です。

アーティスト特集 Melodians (メロディアンズ)

melodians_02a
The Melodians ‎– Swing And Dine (1992)

Melodians「Swing And Dine」 : つれづれげえ日記

melodians_01a
The Melodians ‎– Sweet Sensation (1980)

Melodians「Sweet Sensation」 : つれづれげえ日記

曲のヒットした時代はハッキリしたところは
解りませんでしたが、68年頃のヒット曲
だったようです。
The Melodiansといえば他にもポップの
Bonnie Mの歌った「River's Of Babylon」や
「Sweet Sensation」などのヒット曲で有名
なグループなんですね。
そのロックステディの時代の人気グループの
ひとつがこのThe Melodiansです。

今回はそのThe Melodiansの「Swing And Dine」
を取り上げようと思ったのですが、残念ながら
和訳の歌詞は見つかりませんでした。
そこで英語の歌詞をネットの自動翻訳で和訳
してみる事にしました。
もちろんそれだけでは日本語としておかしい
ところがあるので、だいたいこんな感じかなぁ
と意訳しました。

もしも少し変なところがあっても、そこは
素人の意訳なので見逃してください(笑)。


〇Swing And Dine(スイング・アンド・ダイン)- The Melodians

I can't believe you want to leave so soon
《私は君がすぐに去りたいと思っている事が信じられない》
The party's just begun now, don't go away
《パーティーは今始まったばかり、お願いだから行かないで》
The music is sweet for your dancin' pleasure
《音楽はあなたが踊る喜びですごく甘い》
Baby, has no measure
《ベイビー、何にも考えられない》

Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》

Please Mr. DJ, play this song for me
《プリーズ、ミスター・DJ、私の為にこの曲をかけて》
Please Mr. DJ, please, play this song for me again
《プリーズ、ミスター・DJ、私の為にもう一度この曲を》
The music has got me rockin' in my soul now
《音楽は今も私の心の中で揺れている》
Oh Lord, I pray now I'll never go old now
《ああ、神様、今のままずっと歳を取らない事を祈ります》

Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》

Please Mr. DJ, play this song for me
《プリーズ、ミスター・DJ、私の為にこの曲をかけて》
Please Mr. DJ, please, play this song for me again
《プリーズ、ミスター・DJ、私の為にもう一度この曲を》
The music has got me rockin' in my soul now
《音楽は今も私の心の中で揺れている》
Oh Lord, I pray now I'll never go old now
《ああ、神様、今のままずっと歳を取らない事を祈ります》

Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》
Swing and dine and dance for your money
《揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で》

Swing, swing, swing and dine
《揺れて、揺れて、揺れて、食事して》
Swing, swing, swing and dine
《揺れて、揺れて、揺れて、食事して》
Swing
《揺れて…》


だいたいこんな感じです。
「今のままずっと歳を取らない事を祈ります」
のところはもっと「時間よとまれ」みたいな
感じなのかなと思いますが、それでは意訳
過ぎるかなと思いそうしました。
ちょっと迷ったのはこの歌が男と女のどちら
の気持ちの歌なのかな?という事です。

「揺れて、食事して、踊る、あなたのお金で」
とか「今のままずっと歳を取らない事を祈り
ます」というところから見ると、女性なの
かな?とも思ったのですが、ジャマイカに
女心を男性が歌うという文化があるのかも
解らないし、男性歌手が歌っているのが多い
ところから男性と判断しました。
間違っていたらごめんなさい。
でも「あなたのお金で」と言っていると
すると、貧しい男性という事になります
ね…う~ん…。

状況から見ると2人でパーティーに行ったの
に、相手がすぐに帰りたがるのでディージェイ
に曲をかけてとお願いする切ない恋心が歌わ
れた歌のようです。
聴きどころはやっぱり「プリーズ、ミスター・
DJ、私の為にこの曲をかけて」という、
切ない想いが詰まったサビの部分かと思い
ます。
この甘酸っぱい想いが、この曲の最大の魅力
なんですね。

ちなみにこのオリジナル曲のバックは、
ロックステディの時代に活躍したバンド
Lyn Taitt & The Jetsが担当しています。

実はこの曲初めに聴いたのはThe Melodians
ではなく、70年代に活躍したThe Morwells
のヴァージョンでした。

The Morwells - Swing & Dine


The Morwellsは70年代のルーツ・レゲエの
時代に活躍したコーラス・グループで、後に
Roots Radicsで活躍するギタリストのBingy
Bunnyが在籍していた事で知られています。
そのThe Morwellsの78年のアルバム「Crab
Race」にこの曲が入っていて、それが本当に
良い曲だったんですね。

morwells_01a
The Morwells ‎– Crab Race (1978)

The Morwells「Crab Race」 : つれづれげえ日記

それ以来この曲が気に入って、調べてみると
多くの人が歌っている名曲なんですね。

面白いところではあのロックのFrank Zappaの
The Mothersでフロント・マンを務めたという
Flo & Eddieも「Rock Steady With Flo &
Eddie」というアルバムの中で歌っているん
ですね。

Flo and Eddie "siwing and dine" Rock Steady


Flo_and_eddie_01a
Flo & Eddie ‎– Rock Steady With Flo & Eddie (1981)

Flo & Eddie「Rock Steady With Flo & Eddie」 : つれづれげえ日記

正統派のシンガーでは、ロックステディから
ルーツ、ダンスホールと活躍した名シンガー
Devon Russellも歌っています。

Devon Russell-Swing and dine


あとネットのYouTubeで出て来たのはDee Sharp
という人の「Swing And Dine」でした。

Dee Sharp Swing And Dine


ネットのDiscogsで調べるとこの人は80年
から87年にかけて、シングル盤を6枚ぐらい
出しているシンガーのようです。
81年に2枚目ぐらいのシングルとして、
この曲をリリースしています。

という事で今回はちょっと視点を変えて、
ロックステディの名曲「Swing And Dine」に
ついていろいろ調べてみました。
たまに視点を変えてこうした曲目などから
調べてみると、意外と発見があるものです。
時間がある時には、こういう調べ方も試して
みてはいかがでしょうか?