今回はSugar Minottのアルバム

sugar_minnott_07a

「A True」です。

Sugar Minottはレゲエを代表するシンガー
の一人です。
70年代のルーツ・レゲエの時代にDerek
'Eric Bubbles' HowardとWinston 'Tony
Tuff' MorrisとAfrican Brothersという
3人組コーラス・グループAfrican Brothers
として音楽キャリアをスタートさせた彼は、
グループ解散後もStudio Oneをはじめと
して多くのレーベル、多くのプロデューサー
の元に素晴らしい楽曲を残し活躍した人
です。
そのかたわら「ゲットーの兄貴」として、
多くの若者をシンガーとして育てる事にも
尽力した事でも知られています。

そうした彼ですが2010年に54歳で
亡くなっています。

アーティスト特集 Sugar Minott (シュガー・マイノット)

今回のアルバムはレゲエがアーリー・ダンス
ホール期からデジタルのダンスホール期へと
変わる時期の1985年に、ジャマイカの
Dynamic Sounds傘下のレーベルArrivalから
リリースされた彼のソロ・アルバムです。
表題曲の「A True」をはじめ、The Techniques
の「Queen Majesty」のリディムを使用した
「Nah Follow Fashion」、Jackie Mittooの
「Darker Shade Of Black」のリディムの
「Rockers Masters」、Ruddy Thomasと共演曲
の「I'm No Slave」など、彼の歌声が堪能
出来るアルバムに仕上がっています。

手に入れたのはArrivalからリリースされた
LPの中古盤でした。

Side 1が4曲、Side 2が4曲の全8曲。

詳細なミュージシャンの表記はありません。

Produced & Arranged by George Phang

Cover Design: J. 'Paco' Dennis - The Inkpot Ltd.

という記述があります。

ネットのDiscogsで調べると、バックは
Black Roots Playersで、ベースはRobbie
Shakespeareという記述がありました。
Black Roots PlayersはSugar Minottの
起こしたレーベルBlack Rootsのプレイヤー
という事ですが、それが正しいのかは確認
できません。

Sugar MinottはDiscogsによると、この85年
に共演盤を含む4枚のアルバムをリリース
していますが、そのうちの1枚「Rydim」は
プロデュースとアレンジがGeorge Phangで、
彼のレーベルPower Houseからリリースして
います。
アルバム・ジャケットも今回と同じピンクの
Tシャツにピンクのトレーナーのズボンで、
黒いハンチングでコントロール・ルームで
George Phangと思われる男性とキーボードを
イジっている写真なんですね。
あくまで推論ですがこの2枚のアルバムは
ArrivalとPower Houseとレーベルも違います
が、Sugar Minottが主導でBlack Roots
Playersをバックに同時期に作られたアルバム
なのかもしれません。

ちなみにこの時期はデジタルのダンスホール・
レゲエが流行し始めた時期ですが、バックの
演奏はアナログでプレイヤーが演奏している
ようです。

さて今回のアルバムですが、Sugar Minott
らしい歌声が堪能できるアルバムで、内容は
悪くないと思います。

このSugar Minottはその甘すぎる歌声から
付いたあだ名がSugarというほどの人で、
彼が歌うとどんな歌でも魅力が一味足される
そういう実力を持った特別な人なんですね。
その人気から多くのアルバムをリリースして
いて、Discogsに載っているオリジナル・
アルバムは共演盤も含めて54枚、コンピュ
レーション・アルバムは21枚もある人なん
ですね。
いわばレゲエの歴史に欠かす事の出来ない
シンガーなんですね。

そんな彼のアルバムの中でも特にルーツの
時代の70年代後期からアーリー・ダンス
ホールの時代の80年代前半のアルバムは
特に魅力的です。
今回のアルバムもその時代のアルバムで、
必ずしも代表作というアルバムではないかも
しれませんが、表題曲の「A True」や、
「Queen Majesty」のリディムの「Nah Follow
Fashion」、「Darker Shade Of Black」の
リディムの「Rockers Masters」、Ruddy Thomas
と共演曲の「I'm No Slave」など、魅力的
な曲が収められた、この時代のSugar Minott
の活躍が解るアルバムになっています。

Side 1の1曲目は「A True」です。
リディムはSilvertonesのロックステディの
ヒット曲「True Confession」らしいです。
心地良い刻むようなメロディに、スウィート
なSugar Minottのヴォーカルが冴える曲
です。

sugar minott a true


2曲目は「Nah Follow Fashion」です。
リディムはTechniquesのロックステディの
時代のヒット曲「Queen Majesty」です。
この曲はこのアーリー・ダンスホールの時代
にあのTenor Sawなどもカヴァーしています
が、こちらも浮遊感のあるメロディを生か
した名曲に仕上がっています。

Suger Minott - Nah Follow Fashion


リズム特集 Queen Majesty (クイーン・マジェスティ)

3曲目は「Rockers Master」です。
リディムはJackie Mittoo & Soul Vendorsの
ロックステディの時代のヒット曲「Darker
Shade Of Black」です。
特徴的なロックステディらしいギターの
リズムに、Suger Minottの甘いヴォーカル
が良い味を出している曲です。

リズム特集 Darker Shade Of Black (ダーカー・シェイド・オブ・ブラック)

4曲目は「Thank You Jah」です。
リディムはThe Abyssiniansの「Declaration
Of Rights」。
ルーツ期のシリアスな名リディムに、Sugar
Minottの情感を込めたヴォーカルがグッと
来る曲です。

Sugar Minott - Thank You Jah


Side 2の1曲目は「Ease Up」です。
リディムはBrentford All Starsの「Throw
Me Corn」です。
ギターを中心としたメロディに、Sugar Minott
のエコーのかかったヴォーカルが良い味を
出している曲です。

リズム特集 Throw Me Corn (スロウ・ミー・コーン)

2曲目は「It's Happening」です。
リリカルなピアノとギターのメロディに
乗せた曲です。
Sugar Minottのスウィートで表情豊かな
ヴォーカルがとても魅力的な曲です。

Sugar Minott - It's Happening


3曲目は「Can't Get We Out」です。
リディムはThe Wailersのスカの時代の
ヒット曲「Hypocrites」です。
軽快で楽し気なピアノのメロディに乗せて、
Sugar Minottの明かるいヴォーカルが魅力
的な曲です。

Sugar Minott - Can't Get Me Out


リズム特集 Hypocrite (ヒポクリッツ)

4曲目は「I'm No Slave」です。
(with Ruddy Thomas)となっているように、
Ruddy Thomasと共演の曲です。
タイトルから解るようにかなりディープな
テーマの曲ですが、リリカルなピアノと
素晴らしいRuddy Thomasのコーラス・ワーク
に乗せた、Sugar Minottのヴォーカルが絶品
の1曲です。

ざっと追いかけて来ましたが、佳曲の多い
アルバムで内容は悪くないと思います。
特にRuddy Thomasと共演の「I'm No Slave」
は心打たれる名曲で、聴きごたえ充分な魅力
があります。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Sugar Minott
○アルバム: A True
○レーベル: Arrival
○フォーマット: LP
○オリジナル・アルバム制作年: 1985

○Sugar Minott「A True」曲目
Side 1
1. A True
2. Nah Follow Fashion
3. Rockers Master
4. Thank You Jah
Side 2
1. Ease Up
2. It's Happening
3. Can't Get We Out
4. I'm No Slave (with Ruddy Thomas)