今回はKeith Hudson & The Soul Syndicate
のアルバム

keith_hudson_11a

「Nuh Skin Up」です。

Keith Hudsonはレゲエの歴史に名を刻む
プロデューサーであり、シンガーである人
として知れらています。
1974年に発表された彼のファースト・
アルバム「Flesh of My Skin Blood Of My
Blood」は、「レゲエ初のコンセプト・
アルバム」という高い評価を受けている
アルバムで、まるでライブのような水の音
のエフェクトなど、彼独特の世界が描かれて
います。

keith_hudson_02a
Keith Hudson - Flesh Of My Skin Blood of My Blood (1974)

それに続く75年の「Pick A Dub」は初期の
ダブの傑作と呼ばれるアルバムで、それに
よって彼はLee PerryやKing Tubby、Errol
Thompsonと並ぶ「創世記ダブ四天王」という
言い方をされる事があります。

keith_hudson_03a
Keith Hudson - Pick A Dub (1975)

独特の世界観を持った音楽を作り続け
「レゲエ界の異端児」、「レゲエのダーク・
プリンス」などと呼ばれたKeith Hudsonで
したが、84年末に42歳という若さで
ガンで亡くなっています。

アーティスト特集 Keith Hudson (キース・ハドソン)

The Soul Syndicateはジャマイカの伝説的な
ギタリストEarl 'China' Smithをリーダーと
するグループです。
グループとしてアルバム「Harvest Uptown」
など数枚のアルバムを出している他、Niney
The ObserverやKeith Hudson、Earl Zero
などのバック・バンドを務めるなどの活躍を
しています。

Soul Syndicate - Wikipedia

soul_symdicate_02a
Soul Syndicate ‎– Harvest Uptown / Famine Downtown (1977)

今回のアルバムは1979年にUSのJunior
WalkerのレーベルJoint Internationalから
リリースされたKeith Hudsonのダブ・アルバム
です。
Keith Hudson & The Soul Syndicateとなって
いるように、バックはEarl 'China' Smithを
リーダーとするSoul Syndicateが務めていて、
ルーツ期らしい切れ味のある演奏に彼Keith
Hudsonのドラッギーなヴォーカルがさく裂
したかなり強烈なダブに仕上がったアルバム
です。
この時代にKeith Hudsonがレゲエの中でも
かなり独創的な世界を築き上げていた事が、
よく解るアルバムになっています。

ちなみにオリジナルアルバムは白ジャケに
「Nuh Skin Up Dub」というスタンプが押さ
れただけのアルバムで、ごく少数だけ市場に
出回っただけのレアなアルバムだったよう
です。

手に入れたのはUKのレゲエ・リイシュー・
レーベルPressure Soundsから、2007年
にリイシューされた日本盤のCDの中古盤
でした。

付いていた帯には次のような言葉が書かれ
ていました。

「キースハドソンと絶頂期のソウル・シン
ジケートによるディープでダークなダブ
アルバム。
『Pick A Dub』、『Brand』に続くキース・
ハドソンの極上ダブ3部作の最後にふさわしい
『Nuh Skin Up』が遂により
リマスタリングされ再発売!マスターピース
です。」

他にハリー・ホークという人の解説文の対訳
も付いていました。

全11曲で収録時間は約50分。
オリジナルは9曲で、残りの2曲はCD
ボーナス・トラックです。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Musicians:
The Soul Syndicate Band:
Drums: Carlton 'Santa' Davis
Bass: George 'Fully' Fullwood, Robbie Shakespeare
Guitar: Tony Chin, Earl 'Chinna' Smith
Keyboards: George 'Fully' Fullwood, Bernard 'Touter' Harvey, Keith Sterling

Artwork & Design by: Ben Bailey
Photography by: Dave Hendley

Originally released on Joint International GT006, New York, U.S.A 1979
Produced by: Keith Hudson
Co-produced by: Junior Walker

となっています。

バックのミュージシャンはThe Soul Syndicate
Bandで、ドラムにCarlton 'Santa' Davis、
ベースにGeorge 'Fully' FullwoodとRobbie
Shakespeare、ギターにTony ChinとEarl
'Chinna' Smith、キーボードにGeorge 'Fully'
FullwoodとBernard 'Touter' Harvey、Keith
Sterlingという布陣です。
またHarry Hawkeという人のライナー・ノーツ
の対訳を読むと、1曲目「Ire Ire」と2曲目
「Troubles」のバックの演奏は、クレジット
されていない「ボルチモア出身の白人の
レゲエ・バンドによる演奏」なんだそうです。

プロデュースはKeith Hudson。
「Co-produced by」としてJunior Walkerの
名前もあります。

さて今回のアルバムですが、元のアルバムは
ごく少数だけリリースされた非常にレアな
アルバムだったようですが、内容はかなり良く
出来たダブで悪くありません。
このアルバムがごく少数であれリリースされ
た事はとても重要で、もしもリリースされて
いないと「未発表音源」という事で、歴史的
価値が無くなってしまうんですね。

収められている曲はベースを中心とした
ソリッドなダブといった印象の曲が多く、
なかなか良いです。
このあたりは幅広い音楽性を持つSoul
Syndicateという実力派のグループの切れ味の
ある演奏が、うまく機能している印象です。
幅広い音楽性を持つギターのEarl 'Chinna'
SmithをリーダーとするSoul Syndicateと
鬼才といわれるほど独自の音楽を追及する
Keith Hudsonの相性は非常に良かったようで、
この組み合わせで多くの素晴らしいアルバム
を残しています。

全体にダークでディープなダブが多く収め
られていますが、7曲目「Keeping Us
Together」では78年にヒットしたVillage
Peopleの「Macho Man」のフレーズを使う
遊び心も見せています。
Village Peopleはこの時代に人気のゲイに
人気のコスプレをしたディスコ・グループで、
当時「YMCA」などが日本でもヒットした人気
グループなんですね。
「Macho Man」というも「マッチョ、マッチョ
マ~ン♪」というサビが有名な彼らのヒット
曲です。
そうしたサビのフレーズをうまく忍び込ませ
る、遊び心も見せているんですね。
ドラッギーでディープな中に遊び心もある、
いかにもKeith Hudsonらしい音楽性が込め
られたのが、今回のアルバムと言えます。

1曲目は「Ire Ire」です。
この曲と2曲目「Troubles」は「ボルチモア
出身の白人のレゲエ・バンド」が演奏して
います。
オルガンのメロディにドスの効いたベース、
ドラッギーなKeith Hudsonのヴォーカル、
エコーの効いたパーカッション、独特の世界
がここにはあります。

Keith Hudson & The Soul Syndicate - Ire Ire


2曲目は「Troubles」です。
リズミカルな延々と繰り返されるオルガンの
メロディに、Keith Hudsonらしいドラッギー
なヴォーカル、途中から入って来るギター…。
ちょっと圧迫感のあるトリップした世界です。

Keith Hudson - Troubles


3曲目は「Dreadful Words Dub」です。
緊迫感のあるベースを中心としたメロディ
に、エコーのかかったKeith Hudsonの
ヴォーカル。
彼らしいダークな世界観が、ドロドロと流れ
出すようなダブです。

4曲目は表題曲の「Nuh Skin Up Dub」です。
低音のベースとダブワイズしたオルガンの
メロディ、電子音のエフェクトなどをバック
にKeith Hudsonの独特なヴォーカルが滲んで
行く1曲。

Keith Hudson - No Skinup


5曲目は「Mercy」です。
エコーの効いたKeith Hudsonのヴォーカル
から、ドスの効いたずっししたベースを中心
とした演奏です。
合間良く入るギターやキーボードも、うまく
曲に変化を付けています。

6曲目は「Bad Things Dub」です。
こちらは一転ギターの明るいメロディに、
ドスの効いたベースにKeith Hudsonの
ヴォーカル。

Bad Things (Keith Hudson)


7曲目は「Keeping Us Together」です。
書いたようにこちらはVillage Peopleの
「Macho Man」のリディムを使ったダブです。
曲を知っているとダークな中に、ちょっと
ユーモアを感じてしまうのが面白いところ。
こちらもドスの効いたベースが活躍するダブ
です。

Keeping Us Together - Keith Hudson/Soul Syndicate


8曲目は「Desiree Dub」です。
こちらもベースを中心に、キーボードなどが
合間良く入って来るダブです。

9曲目は「No Commitment」です。
空気感のあるオルガンにギター、ベースに
パーカッションと、ダークでリズミカルな
ダブ。

Keith Hudson & Soul Sindicate : No Commitment - CD - Nuh Skin Up PRESSURE SOUNDS


最後の2曲はオリジナルにはない、CD
ボーナス・トラックです。
ここでは割愛しますが10曲目は「Words Dub」
は3曲目は「Dreadful Words Dub」の別ヴァー
ジョン、11曲目「Bad Things Dub (Version
2)」は6曲目「Bad Things Dub」の別ヴァー
ジョンとそれぞれの別ヴァージョンが収められ
ています。

ざっと追いかけて来ましたが、このKeith
Hudsonはレゲエという音楽の中でもちょっと
規格外の個性を持った人で、その音楽の
面白さが解れば大好き、解らなければ何故
この人が…というような人なんですね。

私自身も実はこの人のファースト「Flesh Of
My Skin Blood of My Blood」を聴くまでは
よく解らない人だったんですが、ファースト
を聴いてそのレゲエの枠を超えた規格外の
音楽に完全にヤラレちゃった人なんですね。
一度その魅力が解ると彼のどのアルバムも
素敵に思えて来る、とても不思議な魔力を
持った人なんですね。

そういう意味ではまずファーストを聴く事を
おススメしますが、今回のアルバムにも彼の
「ダーク・プリンス」と呼ばれた黒いドロッと
したダークな感性が充満したアルバムで、好き
な人にはタマラないアルバムなんですね。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Keith Hudson & The Soul Syndicate
○アルバム: Nuh Skin Up
○レーベル: Pressure Sounds
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1979

○Keith Hudson & The Soul Syndicate「Nuh Skin Up」曲目
1. Ire Ire
2. Troubles
3. Dreadful Words Dub
4. Nuh Skin Up Dub
5. Mercy
6. Bad Things Dub
7. Keeping Us Together
8. Desiree Dub
9. No Commitment
(CD Bonus Tracks)
10. Words Dub
11. Bad Things Dub (Version 2)