今回はThe Mighty Diamondsのアルバム

mighty_diamonds_07a

「Deeper Roots (Back To The Channel)」です。

The Mighty Diamondsは70年代のルーツ・
レゲエの時代から80年代のダンスホールの
時代に活躍したコーラス・グループです。
リード・ヴォーカルのDonald 'Tabby' Shawを
中心にコーラスのLloyd 'Judge' Fergusonと
Fitzroy 'Bunny' Simpsonからなる3人組の
グループで、1976年にアルバム「When The
Right Time Come (I Need A Roof)」で
The Revolutionarieの攻撃的なミリタント・
ビートと美しいコーラスでデビューし、その
後も活躍を続けたコーラス・トリオとして
知られています。

アーティスト特集 Mighty Diamonds (マイティ・ダイアモンズ)

mighty_diamonds_11a
The Mighty Diamonds ‎– When The Right Time Come (I Need A Roof) (1976)

今回のアルバムは1979年にUKのVirgin
レーベルからリリースされたアルバムです。
ネットのDiscogsで見る限りでは、ダブや競作
を除いて通算6枚目にあたるアルバムのよう
です。

ファースト「When The Right Time Come」では
The Revolutionarieのミリタント・ビートを
武器に好調なスタートを切った彼らでしたが、
2作目の「Ice On Fire」はニューオリンズの
アーティストと共演する意欲作だったものの
思うような成果が得られずに苦戦するんです
ね。

mighty_diamonds_03a
Mighty Diamonds ‎– Ice On Fire (1977)

そうした失敗の経験からか副題に「Back To
The Channel」と付けられているように、
原点回帰のディープなルーツ・レゲエを追及
したのが今回のアルバムです。

手に入れたのはVirgin傘下のFront Lineから
リリースされたCDでした。
オリジナルの10曲に加えて、そのダブ10曲
がプラスされた全20曲入りのアルバムです。

ちなみにこのダブ・アルバムも販売されて
いるのかな?と思い探してみましたが、それ
らしいアルバムは見つかりませんでした。

全20曲で収録時間は約68分。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Lead Vocal: Donald Shaw (Tabby)
Harmony: Fitzroy Simpson (Bunny), Lloyd Ferguson (Judge)
Bass: George 'Fully' Fullwood
Lead Guitar: Earl 'Chinna' Smith
Drums: Carlton 'Santa' Davis
Rhythm Guitar: Albert 'Tony' Chin
Piano: Gladstone 'Gladdy' Anderson
Organ: Winston 'Jelly Belly' Wright
Percussion: Sky Juice, Bunny Diamond
Trombone: Ronald 'Nambo' Robinson
Trumpet: Junior 'Chico' Chin
Saxophone: Dean 'Youth Sax' Frazer
Mini Trumpet: Arnold 'Willy' Brakenbridge

Producer: Joseph Hookim 'Jo Jo'
Arragers: Mighty Diamonds, Jo Jo
Engineered by: Ernest Hookim, L. McKenzie (Maxie), Anthony Graham (Crucial Bunny)
Mixed by: Ernest Hookim (The Genius)
Recorded at Channel One Studio, Kingston, Jamaica

Sleeve: Narcissus

となっています。

ミュージシャンはリード・ヴォーカルに
Donald Shaw (Tabby)、ハーモニーにFitzroy
Simpson (Bunny)とLloyd Ferguson (Judge)、
ベースにGeorge 'Fully' Fullwood、リード・
ギターにGuitar: Earl 'Chinna' Smith、
ドラムにCarlton 'Santa' Davis、リズム・
ギターにAlbert 'Tony' Chin、ピアノに
Gladstone 'Gladdy' Anderson、オルガンに
Winston 'Jelly Belly' Wright、パーカッ
ションにSky JuiceとBunny Diamond、トロン
ボーンにRonald 'Nambo' Robinson、トラン
ペットにJunior 'Chico' Chin、サックスに
Dean 'Youth Sax' Frazer、ミニ・トランペット
にArnold 'Willy' Brakenbridgeという布陣
です。

プロデュースはChannel OneのJoseph Hookim
'Jo Jo'で、アレンジはMighty Diamondsと
Jo Jo Hookim、レコーディング・エンジニア
はErnest HookimとMaxie、Crucial Bunny、
ミックスはErnest Hookim (The Genius)、
録音はChannel One Studioで行われています。

手に入れたCDには鈴木智彦さんという方の
解説文が付いていて、それによるとファースト
でバックを担当したThe Revolutionarieの
中心人物Sly & RobbieはPeter Toshに引き抜か
れて海外ツアー中とのことで、バックを担当
したのはギターのEarl 'Chinna' Smithが
率いるSoul Syndicateなんだそうです。
The Revolutionarieのような特徴的な
ミリタント・ビートのサウンドは後退して
いますが、その分ディープなルーツ色の
強いサウンドに仕上がっています。

さて今回のアルバムですが、Soul Syndicate
のディープなルーツ・サウンドにMighty
Diamondsのコーラス・ワークという組み合わせ
はなかなか魅力的で、内容は悪くありません。

ただあえて難を言えば、ファーストでは
The Revolutionarieのミリタント・ビートに
ガンガン張り合っていたMighty Diamondsの
コーラス・ワークが今回は幾分抑え気味で、
ちょっと「後退」した印象があるんですね。
おそらく当時の他のルーツ・コーラス・
グループのようにリード・ヴォーカル中心
にしたのでしょうが、むしろファーストの
ようにハッタリを効かせて、これでもか!
とコーラスを聴かせた方が彼ららしかった
のかなという気がします。

そのあたりが内容は悪くないのに、この
アルバムを幾分地味に感じさせているような
気がします。
ただそれでも時折出るその強靭なコーラス・
ワークは、やはり圧倒されるほどの魅力が
あります。
いくぶん地味だけれど聴けば聴くほどジワッ
と魅力が沁みだして来る、そんなアルバム
だと思います。

またボーナス・トラックとして、全ての
トラックのダブが入っているのも魅力です。
Ernest Hookimの抑制の効いたダブは、この
時代のChannel Oneというレーベルの特徴が
よく出ていて、内容がとても良いです。

1~10曲目まではアルバム「Deeper Roots
(Back To The Channel)」の曲が収められて
います。

1曲目は「Reality」です。
鳴り響くギターのイントロから、スッと
ヴォーカルが入って来る曲です。
Donald Shawのノビノビとしたヴォーカルが
魅力的な曲です。

2曲目は「Blackman」です。
こちらはオルンを中心としたシリアスな
メロディに、Donald Shawのヴォーカルと
コーラスが一体となった美しい曲です。
合間良く入るホーン・セクションもグッド。



3曲目は「Dreadlocks Time」です。
こちらは明るいピアノメロディを中心とした
演奏に、伸びやかなDonald Shawのヴォーカル
が心地良い曲です。

The Mighty Diamonds - Dreadlocks Time


4曲目は「Diamonds And Pearls」です。
楽し気なシンセのメロディに、明るい
コーラス・ワークといった曲です。

5曲目は「One Brother Short」です。
重いベースにキレのあるギターのメロディ
を中心とした演奏に、シリアスなヴォーカル
にコーラス・ワーク。
ディープな空気感の漂う曲です。

Mighty Diamonds - One Brother Short - Deeper Roots LP / Virgin


6曲目は「Bodyguard」です。
ちょっとトボケたスペイン語のトーク
から、ジックリ聴かせるヴォーカルへと
入って行く曲です。
感情豊かなヴォーカルとコーラスが、
とても魅力的な曲です。

THE MIGHTY DIAMONDS - Bodyguard


7曲目は「4000 Years」です。
ギターとオルガンのメロディからホーン、
コーラス・ワークと徐々に盛り上がって
行く曲です。
表情豊かなヴォーカルと統制の取れた
コーラスが素晴らしい曲です。

8曲目は「Master Plan」です。
統制の取れたホーン・セクションのバック
に、美しいコーラス・ワークがとても魅力的
な曲です。

Mighty Diamonds - Master plan


9曲目は「Two By Two」です。
ギターのイントロからホーン、爽やかな
ヴォーカルにコーラス・ワーク。
明るい空気感が魅力の曲です。

10曲目は「Be Aware」です。
印象的なギターのメロディに乗せた曲です。
伸びやかなDonald Shawのヴォーカルが
魅力的な曲です。

1~10曲目まではアルバム「Deeper Roots
(Back To The Channel)」の曲のダブが曲順
通りに収められています。
Ernest Hookimのダブは禁欲的と言われます
が、今回は比較的エコーなども使用した、
控えめだけれどダブらしいダブに仕上げて
います。

11曲目は「Reality Dub」です。
1曲目「Reality」のダブ。

12曲目は「Blackman Dub」です。
2曲目「Blackman」のダブです。
シリアスなオルガンのメロディが際立つ
ダブになっています。

13曲目は「Dreadlocks Time Dub」です。
3曲目「Dreadlocks Time」のダブ。

14曲目は「Diamonds And Pearls Dub」です。
4曲目「Diamonds And Pearls」のダブ。
こちらはシンセのイントロからコーラスの
ダブワイズ、効果音も使われたダブ。

15曲目は「One Brother Short Dub」です。
5曲目「One Brother Short」のダブ。
ちょっと悲し気なメロディを持った曲ですが、
ベースを中心としたド・渋なダブに仕上げて
います。

16曲目は「Bodyguard Dub」です。
6曲目「Bodyguard」のダブ・ヴァージョン
です。
トボケた口上からコーラスやギターのメロディ
などをうまくダブワイズして、ダブに仕上げて
います。

17曲目は「4000 Years Dub」です。
7曲目「4000 Years」のダブです。
華々しいホーン・セクションのメロディから
コーラス、ベースなどをうまくアレンジして
います。

18曲目は「Master Plan Dub」です。
8曲目「Master Plan」のダブです。
ホーンも入ったリズミカルなダブ。

19曲目は「Two By Two Dub」です。
9曲目「Two By Two Dub」のダブです。
こちらはギターのメロディが際立つダブ。

20曲目は「Be Aware Dub」です。
10曲目「Be Aware」のダブです。

ざっと追いかけて来ましたが、今回はバック
がThe RevolutionarieでなくSoul Syndicate
という事もあって、キレの良い演奏という
よりはディープで重量感のある演奏という
印象です。
そのバックに乗せて歌うMighty Diamondsは、
得意のコーラス・ワークは多少控えめながら、
Donald Shawのヴォーカルを前面に押し立てた
素晴らしいハーモニーを聴かせています。

聴けば聴くほどジワジワと効いて来る、
そんなアルバムに仕上がっていると思い
ます。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: The Mighty Diamonds
○アルバム: Deeper Roots (Back To The Channel)
○レーベル: Front Line
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1979

○The Mighty Diamonds「Deeper Roots (Back To The Channel)」曲目
1. Reality
2. Blackman
3. Dreadlocks Time
4. Diamonds And Pearls
5. One Brother Short
6. Bodyguard
7. 4000 Years
8. Master Plan
9. Two By Two
10. Be Aware
11. Reality Dub
12. Blackman Dub
13. Dreadlocks Time Dub
14. Diamonds And Pearls Dub
15. One Brother Short Dub
16. Bodyguard Dub
17. 4000 Years Dub
18. Master Plan Dub
19. Two By Two Dub
20. Be Aware Dub