今回はToyanのアルバム

toyan_04a

「Spar With Me」です。

Toyan(Ranking Toyan)は80年代のダンス
ホール・レゲエで活躍したディージェイ
です。
この人のDiscogsなどのディスコグラフィー
を見ると、82年と83年にすごく多くの
アルバムを出しているんですが、それ以降は
あまりアルバムを出していないんですね。
彼の活躍は1981~から85年ぐらいに
限定されているようです。
そういうところから見て初期のダンスホール
では凄い人気があったけれど、その後は…と
いう人だったかもしれません。

英語のWikipediaを見ると、
He was murdered in Jamaica in 1991
とあるので、91年に殺されて亡くなって
いるようです。

Toyan - Wikipedia

toyan_01a
Toyan ‎– How The West Was Won (1981)

今回のアルバムは1982年にUSの
Jah Guidanceというレーベルからリリース
されたToyanのソロ・アルバムです。
ネットのDiscogsを見ると、Toyanはこの
82年に3枚のクラッシュ・アルバムを
含めて5枚のアルバムをリリースして
います。
彼の人気に火がついて、最も人気のあった
時期のアルバムである事が解ります。

プロデュースはHenry 'Junjo' Lawesで、
バックはThe High Times BandとRoots Radics、
ミックスはScientistという、この時代の
もっとも旬な組み合わせで作られたアルバム
です。

手に入れたのはVP傘下の17 North Paradeから
リリースされたCDの中古盤でした。

全12曲で収録時間は約47分。
オリジナルは10曲で、最後の2曲はCD
ボーナス・トラックです。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Original album release: Jah Guidance 1982
Produced by: Henry 'Junjo' Lawes
Recorded & mixed at: Channel One Recording Studios
Recording & mixing Eng.: Scientist
Backing band: The High Times Band, The Roots Radics

となっています。

プロデュースはHenry 'Junjo' Lawesで、
レコーディングとミックスはChannel Oneで
行われ、レコーディングとミックスのエンジ
ニアはScientist、バック・バンドは
The High Times BandとThe Roots Radicsが
務めています。
詳細なメンバーが載っていないのは、ちょっと
残念なところ。
ちなみにScientistはこの82年にKing
Tubby'sからChannel Oneに移籍しているの
で、移籍後の仕事かもしれません。

さて今回のアルバムですが、このアーリー・
ダンスホールで大活躍したToyanの独特の
トースティングが楽しめるアルバムで、内容
はなかなか良いです。

この79年頃から始まったアーリー・ダンス
ホール・レゲエですが、85年にはデジタル
のダンスホール・レゲエに切り替わってしまう
ので、ルーツとデジタルに挟まれたわずか
5年間ぐらいの流行なんですね。
ただレゲエという音楽がもっとも熟して
いて、面白い時代なんですね。
そのアーリー・ダンスホールで最も活躍した
レーベルがHenry 'Junjo' Lawesの率いる
Volcanoレーベルであり、その独特なワン・
ドロップでもっとも活躍したバンドが
Roots Radicsであり、そのヘヴィ-なミックス
で人気を博したのがScientistだったん
ですね。
それにこの時代に活躍したToyanという組み
合わせとなれば、アーリー・ダンスホール
好きとしては聴いておきたいアルバムなん
ですね(笑)。

その期待に違わず、重いベースとシン・
ドラムを中心としたワン・ドロップの
ヘヴィーな演奏はとても魅力的です。
それに乗せたToyanのちょっとモッサリと
した、シング・ジェイの入ったトース
ティングも個性的で魅力的です。

実はこのトースティング、初めはちょっと
苦手でした。
なんかリズムにあっていないような
「モッサリ感」が、どうもなぁ…という感じ
がしたんですね(笑)。
ところが聴いているうちに徐々に良さを感じ
る、ちょっと不思議なトースティングなん
ですね。
そういう意味ではちょっと「学習」が必要な
トースティングかもしれません。

また今回のアルバムでは、そのリディムに
注目して聴いてもらうと良いと思います。
このアーリー・ダンスホールあたりから
レゲエという音楽は、前に作られたリズム
を繰り返し使う「リディム」という概念が
一般的になって行くんですね。
60年代後半のロックステディのリズムなど
が、繰り返しリディムとして使われるように
なるんですね。
(そうした古いリズムが使われたのは、版権
の問題もあったのかもしれません。)

今回のアルバムでは「Gunman」や「Dirty
Harry」、「Vanity」、「Mad Mad」、
「Shank I Sheck」などのリディムが使われて
います。
多くはロックステディの時代などの古い
リディムですが、そうしたリディムを繰り
返しシャブり尽くすように使うのも、レゲエ
という音楽の面白さなんですね。

1曲目は「Love & Devotion」です。
リディムはJohn Holtの「Sweetie Come
Brush Me」。
シン・ドラムのピュンピュン音とズシッと
来るベースのサウンドを軸としたワン・
ドロップの演奏に乗せた、Toyanのトース
ティングが心地良い曲です。

Toyan- Love and Devotion


2曲目は「How It Begun」です。
リディムはMichael Prophetの「Gunman」。
Toyanのファースト・アルバム「How The West
Was Won」の表題曲と同じリディムを使った曲
です。
トースティングもすごく似ています。
ベースのズンズンとした重いリズムが心地
良い、いかにもToyanらしいモッサリ感の
あるトースティングが面白い曲です。

Toyan- How it Begun


リズム特集 Gunman (ガンマン)

3曲目は「You I Love」です。
リディムはKen Parkerの「I Can't Hide」。
シンセのメロディに、ワン・ドロップの
リズムが心地良い曲です。

4曲目は「Dread In Babylon」です。
リディムはTommy McCook & Richard Hallの
「Dirty Harry」。
心地よいベースのサウンドに乗せた、シング・
ジェイ・スタイルのToyanのトースティング
が冴える曲です。

Toyan - Dread In Babylon 1982


5曲目は「Wharehouse Breaking」です。
リディムはSugar Minottの「Vanity」リディム
と知られる曲で、オリジナルはAlton Ellisの
「I'm Just A Guy」。
こちらもべーずのズッシリとした演奏に、
Toyanの楽し気なトースティングが魅力的。

リズム特集 I'm Just A Guy (アイム・ジャスト・ア・ガイ)

6曲目は「Please Mi Barrister」です。
リディムはThe Tennorsの「Pressure And
Slide」。
ベースを軸にシンセのメロディで味付けした、
初期レゲエの時代の名リディムを生かした曲
です。

リズム特集 Pressure & Slide (プレッシャー・アンド・スライド)

7曲目は「Solomon Never Wise」です。
リディムはDerrick Harriottの「Solomon」。
軽快なワン・ドロップに、Toyanの勢いのある
トースティングが魅力的な曲です。

8曲目は「Braga-Dat」です。
リディムはAlton Ellisの「Mad Mad」。
こちらもズッシリとしたベースが効いた
1曲。

Toyan - Braga-dat


リズム特集 Mad Mad/Diseases (マッド・マッド/ディジーゼズ)

9曲目は「Jacket & Tie」です。
リディムはLinval Thompsonの「Holding On
To My Girlfriend」。
こちらもズッシリとしたベースに、Toyanの
滑らかなトースティングが魅力の曲です。

10曲目は表題曲の「Spar With Me」です。
リディムはBaba Brooksの「Shank I Sheck」。
ピアノとシンセのメロディに、軽快なToyan
のトースティング。

Papa Toyan - Spar Wid Me


リズム特集 Shank I Sheck (シャンク・アイ・シェック)

残りの2曲はCDボーナス・トラックなので
省略しますが、11曲目は「Stylee」は
8曲目「Braga-Dat」と同じ「Mad Mad」の
リディムが使われています。

ざっと追いかけて来ましたが、やはりToyanの
少し荒さの残るトースティングはとても魅力的
です。
そしてバックの重いベースを軸としたちょっと
ビタビタとしたワン・ドロップのサウンドも、
このアーリー・ダンスホールならではの魅力
があります。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Toyan
○アルバム: Spar With Me
○レーベル: 17 North Parade
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1982

○Toyan「Spar With Me」曲目
1. Love & Devotion
2. How It Begun
3. You I Love
4. Dread In Babylon
5. Wharehouse Breaking
6. Please Mi Barrister
7. Solomon Never Wise
8. Braga-Dat
9. Jacket & Tie
10. Spar With Me
(Bonus Tracks)
11. Stylee
12. Walk And Talk With Jah Love