今回はBob Marley & The Wailersのアルバム

bob_marley_10a

「Survival」です。

Bob Marley & The Wailersはもともとは
The Wailersという名前で、60年代のス
カの時代にBob MarleyとPeter Tosh、
Bunny Wailerの3人組コーラス・グループ
として結成されたグループです。
名門レーベルStudio OneからThe Skatalites
をバックにした「Simmer Down」など多く
のヒット曲を飛ばし、スカの時代に
ジャマイカで人気グループになった彼ら
は、その後ロックステディ→ルーツ・レゲエ
と時代が進むうちに、リズム隊のBarrett
兄弟なども加えたバンド形式の5人組
グループThe Wailersへと変化して行き
ます。
そしてメジャー・レーベルIslandと契約し、
1973年に「Catch A Fire」で念願の
世界デビューを果たすんですね。

bob_marley_03a
The Wailers - Catch A Fire (1973)

ところが世界デビュー2枚目のアルバム
「Burnin'」をリリースしたところで、
Bunny WailerとPeter Toshがグループを
脱退してしまうんですね。

bob_marley_02a
The Wailers ‎– Burnin' (1973)

その理由は世界を回るツアーの辛さの為
だとも、Islandが「白人にも解る音楽を」
という要求をし、二人がそれに反発した
為だとも言われています。

残されたBob Marleyはその後Bob Marley &
The Wailersと名乗ってバンド活動を続け、
レゲエを世界に広め、自身も世界的なスター
へとなって行くんですね。

そうした活躍をしたBob Marleyでしたが、
1981年にガンの為に亡くなっています。

アーティスト特集 Bob Marley (ボブ・マーリー)

今回のアルバムは1979年にIsland Records
からリリースされた、メジャー・デビューから
通算9枚目のアルバムです。
Bob Marley & The Wailers(The Wailers)は、
Island Recordsからメジャー・デビューして
以降、生前に通算10枚のアルバムを残して
います。
73年の「Catch A Fire」から始まり、
同73年の「Burnin'」、Bob Marley & The
Wailersという名義に変わった74年の
「Natty Dread」、それに続く75年のライヴ・
アルバム「Live!」、76年の「Rastaman
Vibration」、77年の「Exodus」、78年の
「Kaya」、78年の2枚組ライヴ・アルバム
「Babylon By Bus」、そして79年の今回の
アルバム「Survival」、80年の「Uprising」
が、Bob Marley & The Wailersが残した
メジャー・デビュー後の生前のアルバムの
全てです。

bob_marley_05a
Bob Marley & The Wailers ‎– Rastaman Vibration (1976)

さらに死後の83年に「Confrontation」と
いうアルバムが発売されていて、その11枚
が彼のメジャー後のオリジナル・アルバム
です。
(他のアルバムはメジャー・デビュー以前の
音源を集めたコンピュレーションなどです。)

この前年の78年にBob Marleyは、彼らの
「聖地」であるアフリカの訪問を果たしている
んですね。
その影響があったのか、今回のアルバムでは
ホーン・セクションやパーカッションを
使った、重厚な曲が多く収められています。

手に入れたのはTuff Gongからリリースされた
CDでした。
なおLPもこの79年頃に、東芝EMIから
リリースされた日本盤を購入していました。

bob_marley_lp_04a
Bob Marley & The Wailers ‎– Survival (LP)

ちなみにLPには2つ折りの紙に、歌詞の
英文と山本安見さんという方の対訳が書か
れたライナー・ノーツが入っていました。

全10曲で収録時間は約39分。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

All songs written by Bob Marley except
Wake Up And Live written by Bob Marley and Anthony Davis
Recorded at: Tuff Gong Recording Studio, Kingston
Produced by: Bob Marley & The Wailers and Alex Sadkin
Engineer: Alex Sadkin
Assistant Engineers: Errol Brown, Dennis Thompson, Chiao, Philip Zadie
Mixed at: Tuff Gong Recording Studio
Mixed by: Alex Sadkin and Bob Marley & The Wailers
Cover design & graphics: Neville Garrick

となっています。

作曲はBob Marleyで、10曲目「Wake Up And
Live」のみBob MarleyとAnthony Davisの競作
になっています。

録音はTuff Gong Recording Studioで行われ、
プロデュースはBob Marley & The Wailersと
Alex Sadkin、エンジニアはAlex Sadkin、
アシスタント・エンジニアはErrol Brownと
Dennis Thompson、Chiao、Philip Zadie、
ミックスもTuff Gong Recording Studio、
ミックスしたのはAlex SadkinとBob Marley
& The Wailersとなっています。
ネットの販売サイトの情報によると、2年半
ぶりのジャマイカのキングストンでの録音
だったとのこと。
Bob Marleyは自宅で暴漢に銃撃されてから、
家族を守るためにずっとジャマイカを離れて
いたんですね。

印象的なアフリカの国々の国旗のデザインは、
Neville Garrickという人が行っています。

CDに書かれているのはこれだけですが、
LPに付属したライナー・ノーツには
さらに詳細なメンバーが書かれていました。

それを写すと、

Lead Vocal, Rhythm & Acoustic Guitar, Percussions: Bob Marley
Fender Bass, Rhythm Guitar, Key Boards, Percussions: Aston 'Familyman' Barrett
Drums, Percussion: Carlton Barrett
Keyboards, Percussions, Backing Vocal: Tyrone Downie
Percussions: Alvin Patterson
Lead Guitar, Backing Vocal: Junior Marvin
Keyboards, Percussions, Backing Vocal: Earl 'Wya' Lindo
Backing Vocals: I Threes (Rita Marley, Judy Mowatt, Marcia Griffiths)

Special thanks to: Sydney Guissine, Val Douglas, Mickey Bo Richards, 'Santa',
J. Chin 'Chico', R. Robinson, Dean Fraser 'Youth', Melba Linston, Luther Franscois,
Jackie Willacy, Mickey Hanson, Headley Bennett, 'Sangy' Davis, Brother Jack

となっています。

リード・ヴォーカルとアコースティック・
ギター、パーカッションはBob Marley、
フェンダー・ベースとリズム・ギター、キー
ボード、パーカッションはAston 'Familyman'
Barrett、ドラムとパーカッションはCarlton
Barrett、キーボードとパーカッション、
バック・ヴォーカルはTyrone Downie、パー
カッションはAlvin Patterson、リード・ギター
とバック・ヴォーカルはJunior Marvin、
キーボードとパーカッション、バック・ヴォー
カルはEarl 'Wya' Lindo、バック・コーラスに
女性コーラスI Threesといった布陣です。

さらに「Special thanks to:」という事で、
多くのゲスト・プレイヤーの名前があります。
特に目立つのがVal DouglasやChico Chin、
Dean 'Youth Sax' Fraser、Deadley Headley
Bennettといったサックス陣の参加です。
今回のアルバムではこうしたホーン・セク
ションを有効に使った曲が多いんですね。

さて今回のアルバムですが、いろいろな記事
を読んでみると、Bob Marleyのアルバムの中
でアフリカ人に最も人気のあるアルバムなん
だとか。
2002年シンコー・ミュージック刊行の本
「Roots Rock Reggae」にもこのアルバムが
紹介されていて、「孝」さんという方の文章
で、「知る限りでは、アフリカ人が最も好む
アルバムがこれ。マーリーのアフリカ体験が
反映されたフレンドリーな作品であり、かつ
この告発と啓発に相当鼓舞されてきたんだろ
う。」と書かれています。
ある意味アフリカの人々を、音楽で自由に
導いたアルバムなのでしょう。

アフリカン・レゲエ・アーティストの多く
が、このBob Marleyに影響を受けているん
ですね。
一説にはアフリカン・レゲエでよく用いられる
バックに女性コーラスを付けているスタイル
は、このBob Marleyのバック・コーラスに
I Threesを付けたスタイルから来ていると
言われています。

おそらくこの時代にアフリカを訪れた事も
あって、アフリカでBob Marleyの知名度が
上がったということも背景にあったのかも
しれません。
ちなみに日本でBob Marleyの人気が上がった
のはもう少し早くて、75年の「Live!」の
頃あたりじゃないかと思います。
この「Live!」と77年の「Exodus」あたりが
日本では一番人気があったアルバムで、ロック
が好きな友人の家に行くとどちらかのアルバム
が必ずありました(笑)。

今回久しぶりにこのアルバムを聴き直して
みましたが、やはりブラスやパーカッション
にアフリカの影響が色濃く感じられる内容で、
内容は悪くないです。
なによりBob Marleyのヴォーカルに、「聖地」
に行った喜びが感じられるんですね。
アフリカはラスタファリズムで歌われる
「ザイオン(理想郷)」ですが、この時代は
まだ南アフリカに代表される、白人に支配
される植民地であり、Bob Marleyも心を新たに
人を鼓舞する歌を歌っているんですね。

彼のアフリカ愛、同志への愛が感じられる内容
で、その辺もアフリカで人気の理由と思われ
ます。

メジャー・デビュー後のオルガンのメディに
コーラス・ワークといった演奏から、2人が
抜けた事でロック色の強い演奏と女性コーラス
といったスタイルになったBob Marley & The
Wailersでしたが、今回のアルバムではブラス
を多用した当時のアフリカン・ミュージック
の影響も感じられます。

1曲目は「So Much Trouble In The World」
です。
文字通り「世の中には災いが多すぎる」と
歌っている曲です。
浮遊感のあるシンセのメロディのイントロ
から、ユッタリとしたミディアム・テンポ
の曲で気持ち良さそうに歌うBob Marleyの
ヴォーカルが印象的。

Bob Marley - So Much Trouble In The World [01]


2曲目は「Zimbabwe」です。
心地良いパーカッションのリズムに息の
合ったコーラス・ワーク。
そうした曲を気持ち良さそうに歌う、Bob
Marleyのジンバブエに対する応援歌です。

3曲目は「Top Rankin'」です。
この場合の「Top Rankin'」とは、LPの対訳
を見ると「政府のお偉いさん」という事の
ようです。
そうした腐敗した政治を糾弾する内容の1曲。
I Threesのコーラス・ワークやギターの
アドリブなどが、うまく曲に色を付けて
います。

4曲目は「Babylon System」です。
押し寄せるようなパーカッションのドラミング
から、ユッタリ歌うBob Marleyのヴォーカル、
後を追うような女性コーラスと、この時代の
彼ららしい曲です。
文字通りバビロン(腐敗社会)のシステムを
批判した曲で、「バビロン・システムはヴァン
パイア(吸血鬼)だ」「子供達に真実を伝えよ」
と訴えています。

Bob Marley - Babylon System


5曲目は表題曲の「Survival」です。
「この残忍な文明社会で、俺たちは生き残る」
そう歌われる文明批判の曲です。
力強い歌声が、多くの人々を励ましている
曲です。

Survival - BOB MARLEY


6曲目は「Africa Unite」です。
「アフリカは統一される」というBobの願望が
歌われた曲です。
彼の願望は現実的には難しいものでも、歌には
彼の優しさが溢れています。

7曲目は「One Drop」です。
美しい女性コーラスに、乾いた文字通りワン・
ドロップのドラム・ワーク。
心地良いリズムにBob Marleyの歌声が冴える
曲です。

Bob Marley One Drop


One Drop ワン・ドロップ(崩壊のとき) - Bob Marley : つれづれげえ日記

8曲目は「Ride Natty Ride」です。
リラックスした空気感にホーンやハーモニカ
などが、効果的に使われた曲です。

9曲目は「Ambush In The Night」です。
乾いたドラミングからコーラスに乗せた
Bob Marleyの男らしいヴォーカルが印象的
な曲です。

10曲目は「Wake Up And Live」です。
Bob Marleyののヴォーカルと重厚なコーラス・
ワーク、合間良く入るホーン・セクションが
良いグルーヴ感を生み出している曲です。
「目をさませ!そして生きろ!」と仲間の
団結を呼びかける曲です。

• Bob Marley & The Wailers - Wake Up And Live


ざっと追いかけて来ましたが、もともとは
ジャマイカで貧困に苦しむ黒人層にアフリカ
回帰を呼びかけたラスタファリズムに共感
したBob Marleyでしたが、世界的スターに
なりアフリカに「帰郷」した彼がさらにア
フリカの現状を見て、本当の人類愛に目覚めた
のが今回のアルバムと言えます。
彼の憧れた「理想郷」は、必ずしも彼の思う
ような場所ではなく、白人に支配された土地
だったのかもしれません。
それでも彼は「諦めるな」「闘いを止めるな」
と歌います。
そしてその歌声はさらなる「アフリカの英雄」
を生み出す力になるんですね。

彼がいまだに多くの人々から尊敬されている
のは、そうした彼の生き方にあります。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Bob Marley - Zimbabwe



○アーティスト: Bob Marley & The Wailers
○アルバム: Survival
○レーベル: Tuff Gong
○フォーマット: CD, (LP)
○オリジナル・アルバム制作年: 1979

○Bob Marley & The Wailers「Survival」曲目
1. So Much Trouble In The World
2. Zimbabwe
3. Top Rankin'
4. Babylon System
5. Survival
6. Africa Unite
7. One Drop
8. Ride Natty Ride
9. Ambush In The Night
10. Wake Up And Live