今日は久しぶりにレゲエのアルバムを買いに
街に出ました。

正直なところ、ここのところあまりレゲエの
アルバム評を書く筆があまり進んでいません。
理由はいくつかあるのですが、一番大きい
のはこのままではいくら書いても書き終わら
ないと思い、特にレゲエの歴史の中で大事だ
と思うアルバムを選んで1日ひとつのブログ
を書いていた事です。
ちょっと真面目に仕事のように書いていた事
で、気持ちが疲れてしまったんですね。
元々は楽しんで書いていたものが、書かなきゃ
書かなきゃという気持ちが強すぎて、ちゃんと
文章を書く事を楽しんでいない気がしたん
ですね。
そこでひとつのアルバムをじっくり聴いて、
このアルバムはどういうアルバムなのか?
そういう事をもっと考える時間を持つ方向
に、シフト・チェンジしたという訳です。

やはり自分が楽しんでアルバムを聴く、この
アルバムはどういうアルバムでどういう意味
があるのか?そういう自分自身の感動が無い
と良い文章は書けない、そういう事に思い
至った訳です。
やっぱりまずは自分が面白い、楽しいと思わ
ないとね(笑)。

それにしてもレゲエは奥の深い世界ですね。
おもに70~80年代のレゲエのアルバムに
ついて文章を書いて、780近くまで書いた
けれどそれでもまったく足りていません。
200年シンコー・ミュージック刊行の本
「Roots Rock Reggae」には「定番ディスク」
として500枚のアルバムが選ばれている
けれど、それでもだいぶヌケがあるくらい
なんだから、かなりのアルバムを網羅しない
と資料的な価値があるものは完成しません。

まして私の場合は「定番ディスク」という
限定をしないで、オリジナル・アルバムの
他にもコンピものなんかも書いているので、
まだまだかなりの数のアルバムについて
書かないと…。
おそらく1500ぐらいアルバム評を書いて
も、足りないかもしれません…(苦笑)。

まあ、そういう事を考えてもしょうがない
ので、まずは楽しまないとね(笑)。
ひとつひとつのアルバムの「出会い」を、
まずは喜ぶことです。

という事で、まずは渋谷にあるdisk union
ジャズ・レアグルーヴ館へ。
ここでは最近再発されたTapper Zukieの
アルバム「Escape From Hell」など、4点
のCDを購入しました。

●渋谷disk unionジャズ・レアグルーヴ館で
買ったCD
○Tapper Zukie「Escape From Hell」
○Bob Marley & The Wailers「Natty Dread」
○Shabba Ranks「AS Raw As Ever」
○Sandra Cross「This Is Sandra Cross」

2017_01_26_02a


Shabba Ranks(100円)とSandra Cross
(200円)は、アルバムが廉価で売られて
いた為。
こうして小まめに廉価盤を集めておくのも、
聴く音楽の幅を広げるのに役に立ちます。

次に下北沢のdisk unionに行きました。
こちらではCDではSugar MinottのStudio One
でのアルバム「Showcase」が収穫。
またSteely & Clevieの2枚組のアンソロジー
が、500円の特価で売られていたので
ゲットしました。
またLPではTenor Sawの「Fever」が、千円
ちょっとと比較的安価で売られていたので
買いました。

●下北沢disk unionで買ったCD
○Sugar Minott「Showcase」
○Steely & Clevie「Degital Revolution: Various Artist」
○Bob Marley & The Wailers「Survival」
○Various「Slect Cuts From Blood & Fire」

2017_01_26_03a


●下北沢disk unionで買ったLP
Tenor Saw「Fever」

2017_01_26_04a


渋谷でもBob MarleyのCDを買いましたが、
ここでも買ったのはそろそろこうした
アルバムも書かないといけないなぁと思った
からでした。
もともとBob Marleyのオリジナル・アルバム
は、20代のまだ彼が生きていた頃にLPで
けっこう買っていたんですが、CDで買い
そびれていたものを買いました。

次に新宿に行きました。
まずは少し遅い腹ごしらえをしてから、disk
union新宿中古センターへ。
ここではイマイチ良いアルバムが見つから
なかったので、disk union本店のラテン・
ブラジル売場へ行きました。
ここもCDはイマイチでしたが、Prince Hammer
のアルバムが比較的廉価だったので購入。
LPも欲しいものは値段が高いなぁと諦め
かけた時に、少し離れたところにレゲエの
セール品があるのを見つけました。
NicodimusとTrinityのアルバムが、廉価で
売られているのを発見。
購入する事にしました。

●disk union本店のラテン・ブラジル売場で
買ったCD
○Prince Hammer「Vengence」

2017_01_26_05a


●disk union本店のラテン・ブラジル売場で
買ったLP
○Nicodimus「She Love It In The Morning」
○Trinity「Dreadlocks Satisfaction」

2017_01_26_06a


Nicodimusのアルバムは前に買ったアルバムと
曲目がダブるんですが、変なパースのイラスト
がイイなと思っていたアルバムでした。
Trinityのアルバム「Roots Rock Reggae」
でも紹介されていたアルバムで、それが何と
500円ちょっとという廉価でした。

次にレゲエレコード・コムを運営するレゲエ・
ショップDub Storeに行ってみました。
今回は事前予約もなく、The Revolutionaries
の2枚組のLPを買おうと思っていたくらい
で、比較的ノー・プランでした。
そこで店員の方に「何かおススメは?」と
聞いてみました。
最近Pressure Soundsから出たLloyd Parks
のアルバムが良いとの事なのでそれを購入。
それとDub Store Recordsから出している
Derrick Harriottの2枚のアルバムのうち、
店員の方のおススメのアルバムを購入し
ました。

●新宿Dub Storeで買ったCD
○Lloyd Parks「Time A Go Dread」
○Derrick Harriott「Reggae, Funk & Soul 1969-1975」

2017_01_26_07a


●新宿Dub Storeで買ったLP
○Various (The Revolutionaries)「Phase One Dub-Wise Volume 1/2」

2017_01_26_08a


ここからさらに高田馬場にも足を延ばそうか
とも思ったのですが、時間もそこそこ経って
しまったし、少し疲れたので今日はここで
打ち止めとしました。

とりあえず今回はCD11枚に、LP4枚と
いう購入でした。
これからまたじっくり聴いて、楽しみたい
と思います。

2017_01_26_01a