今回はBig Youthのアルバム

big_youth_10a

「Live At Reggae Sunsplash」です。

Big Youthは70年代のルーツ・レゲエの
時代から活躍するルーツ・ディージェイ
です。
その息遣いまで曲にしてしまうような自由
なディージェイ・スタイルで70年代に
人気を博し、「Hit The Road Jack」や
「Every Nigger Is A Star」などのヒット
曲があります。

アーティスト特集 Big Youth (ビッグ・ユース)

今回のアルバムは1984年にUKの
Trojan Recordsからリリースされた、
そのBig Youthのライヴ・アルバムです。
1982年にジャマイカのモンテゴ・ベイ
で行われたレゲエ・サンスプラッシュの
ライヴの模様が収められており、彼の
ヒット曲「I Pray Thee/ Satta Amasagana」
や「Every Nigger Is A Star」、「Hit The
Road Jack」などの代表曲が収められた
アルバムになっています。

手に入れたのUSのGenes Recordsという
レーベルからリリースされたCDでした。

全9曲で収録時間は約41分。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Personnel:
Vocals: Big Youth
Drums: Carlton 'Santa' Davis
Bass: Emperor Lord George Fullwood
Rhythm Guitar: Tony Chin
Keyboards: Keith Sterling
Lead Guitar: Earl 'Chinna' Smith

Recorderd Live at the Reggae Sunsplash August 5, 1982
at Jarrett Park, Montego Bay, Jamaica

Produced by Les Souci, Synergy Productions, Ltd.
Post Production Coodination and Supervision by Gene Rosenthal.
Recorder by Arisan Recorders, Inc. of Pompano Beach, Fla.
Recording Engineers: Peter J. Ylanilos and Jim Fox
Pre-location Coodinators: Scott Atrawbridge and Rey Monzon
Mix Engineers: Steve Stanley and Errol Brown
Mastering for Digital Domain: Adelphi Studios, Slver Spring, Md
Engineer: Gene Rosenthal

Art Direction & Design: Richard Bangham
CD repackaging: Frederick Marsh
Photography: Anthony Brennan (Back Cover)
& Richard Bangham (Front Cover) from KSR Group Video

となっています。

ライヴ録音は1982年8月5日に、ジャマ
イカのモンテゴ・ベイにあるジャレット・
パークで行われたレゲエ・サンスプラッシュ
のライヴです。

ミュージシャンはヴォーカルがBig Youth、
ドラムにCarlton 'Santa' Davis、ベースが
George Fullwood、リズム・ギターにTony
Chin、キーボードにKeith Sterling、
リード・ギターにEarl 'Chinna' Smithという
布陣の演奏です。
バックのメンバーは'Chinna' Smithを
リーダーとする、Soul Syndicateだと
思われます。

さて今回のアルバムですが、このBig Youth
はその息遣いまで曲の一部にしてしまう
ような、西洋の音楽にない、独特のパフォー
マンスが特徴の人ですが、その自由さがこう
したライヴ・パフォーマンスではより生きて
いる印象です。
その自由な空気感は他にない魅力があり、
レゲエを代表するライヴ・アルバムのひとつ
だと思います。

このBig Youthという人は、80年以降は
失速する感はありますが、70年代にはその
独自のパフォーマンスでもっとも輝いていた
ディージェイのひとりと言える人です。
ルーツ・ディージェイの中でももっとも個性的
な人で、初めは掴みづらいところがあります
が、その魅力が解るとレゲエにドップリと
ハマってしまうという人なんですね(笑)。
その独特のグルーヴ感は、唯一無二のもの
があります。

ちなみに2002年刊行の本「Roots Rock
Reggae」にもこのアルバムが紹介されていて、
そこには「孝」さんという方の文章で、
「冒頭『Satta Amasagana』のイントロから
数十秒で、他の誰にも出せないこのフリー・
スタイルDJの妙味に引き込まれる。」と
大絶賛の文章が書かれています。

他の誰にもマネの出来ない独自のグルーヴ感
は、やはりとても魅力的です。

1曲目は「I Pray Thee/ Satta Amasagana」
です。
MCの紹介からルーツ・レゲエの有名曲
The Abyssiniansの「Satta Massagana」の
リディムに乗せたトースティングです。
彼の重要な持ち歌のひとつですが、ライヴに
なるとより自由度が増す印象です。

Big Youth Live At Reggae Sunsplash 1984 01 I PrayThee Satta Massagana


リズム特集 Satta Massa Ganna (サタ・マサ・ガナ)

2曲目は「Every Nigger Is A Star」です。
Boris Gardinerが歌った事で知られる曲です
が、オリジナルはソウルのSmokey Robinson
& Miraclesのヒット曲「Swept For Your Baby」
のようです。
浮遊感のあるオルガンのイントロから、ソウル
フルなメロディに乗せた、シング・ジェイ・
スタイルの曲です。
このアルバムの中でも一番長い、7分43秒
にも及ぶ曲です。

Big Youth Live At Reggae Sunsplash 1984 02 Every Nigger Is A Star


3曲目は「Jim Squeechy」です。
リディムはTechniquesの「Stalag」。
80年代のダンスホール・レゲエで大ウケ
したリディムに乗せて、彼らしいアドリブ
の効いたトースティングが冴えます。
途中から入るギター・ソロもグッド。

リズム特集 Stalag (スタラグ)

4曲目は「Natty In The House Of Dread」
です。
3曲目と繋がっているように、この曲に入り
ます。
オルガンのメロディに乗せた、グルーヴ感
タップリの曲です。
誰か解らないけれど、ヴォーカルも入ります。

5曲目は「S90 Skank」です。
こちらも彼の代表曲のひとつ。
楽しい掛け合いからちょっと個性的な
メロディに乗せた、彼らしいトースティング
が冴えます。

Big Youth Live At Reggae Sunsplash 1984 05 S90 Skank


6曲目は「Green Bay Killing」です。
こちらはRiddimguideでリディムを調べると、
Carlton & The Shoesの「Love Me Forever」
と出て来ました。
同じリディムの「Hit The Road Jack」を
さらに発展させたようなリディムです。
早口トースティングのようなトースティング
が、楽しい曲です。

リズム特集 Love Me Forever (ラブ・ミー・フォーエバー)

7曲目は「Ten Against One」です。
リディムはThe Mad Ladsの「Ten To One」。
Studio Oneのロックステディ時代のリディム
のようです。
こちらも彼の代表曲のひとつ。
冒頭のだらだらと長いシャベリもライヴらしい
ところ(笑)。

8曲目は「Roll River Jordan」です。
リディムはLloyd Parksの「Slaving」。
こちらも7曲目に続くように入って来ます。
こちらもギター・ソロなど聴かせどころあり。
バックのメンバー紹介もしています。

9曲目は「Hit The Road Jack」です。
最後は彼の大ヒット曲でシメています。
リディムは6曲目「Green Bay Killing」と
同じCarlton & The Shoesの「Love Me
Forever」。
その自由で自在なトースティングの魅力が、
最大に発揮された曲です。

Big Youth Live At Reggae Sunsplash 1984 09 Hit The Road Jack


ざっと追いかけて来ましたが、バックと息の
合った個性的なステージは彼ならではの魅力
があります。
こうしたステージこそディージェイがもっとも
輝く場ですが、70年代ほどの勢いはなく
なったとはいえこの時代の彼にはまだ第一線
で活躍できるだけの老練な輝きがあります。

そのこなれたグルーヴ感がうまく収められた
のが今回のアルバムで、その唯一無二の
トースティングはやはり一聴の価値があり
ます。
レゲエという音楽の中の、聴いておくべき
ライヴ・アルバムのひとつである事は間違い
ありません。

機会があればぜひ聴いてみてください。

Big Youth - Ten Against One - Live at Reggae Sunsplash '82



○アーティスト: Big Youth
○アルバム: Live At Reggae Sunsplash
○レーベル: Genes Records
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1984

○Big Youth「Live At Reggae Sunsplash」曲目
1. I Pray Thee/ Satta Amasagana
2. Every Nigger Is A Star
3. Jim Squeechy
4. Natty In The House Of Dread
5. S90 Skank
6. Green Bay Killing
7. Ten Against One
8. Roll River Jordan
9. Hit The Road Jack