今回はThe Wailersのアルバム

bob_marley_02a

「Burnin'」です。

The Wailersは60年代のスカの時代に
Bob MarleyとPeter Tosh、Bunny Wailer
の3人組コーラス・グループとして結成
されたグループです。
名門レーベルStudio OneからThe Skatalites
を爆うにした「Simmer Down」
など多くのヒット曲を飛ばし、このスカ
の時代にジャマイカで人気グループになった
彼らは、その後ロックステディ→ルーツ・
レゲエと時代が進むうちに、リズム隊の
Barrett兄弟なども加えたバンド形式の
5人組グループThe Wailersへと変化して
行きます。
そしてメジャー・レーベルIslandと契約し、
1973年に「Catch A Fire」で念願の世界
デビューを果たすんですね。

bob_marley_03a
The Wailers - Catch A Fire (1973)

ところが世界デビュー2枚目のアルバム
「Burnin'」をリリースしたところで、
Bunny WailerとPeter Toshがグループを
脱退してしまうんですね。
その理由は世界を回るツアーの辛さの為だ
とも、Islandが「白人にも解る音楽を」と
いう要求をし二人がそれに反発した為だとも
言われています。

残されたBob Marleyはその後Bob Marley &
The Wailersと名乗ってバンド活動を続け、
レゲエを世界に広め、自身も世界的なスター
へとなって行くんですね。

そうした活躍をしたBob Marleyでしたが、
1981年にガンの為に亡くなっています。

アーティスト特集 Bob Marley (ボブ・マーリー)

今回のアルバムは1973年にIsland Records
からリリースされたThe Wailersの世界デビュー
してから2枚目のアルバムです。
書いたようにスカの頃のThe WailersはBobと
Peter、Bunnyからなる3人組コーラス・
グループで、その時代のThe Wailersの事を
オリジナル・ウェイラーズという言い方を
します。
今回のアルバムはそのオリジナル・ウェイ
ラーズの揃った最後のアルバムなんですね。
セカンド・アルバムですが同じ73年に作ら
れたアルバムで、世界デビュー間もなくして
グループは存続の危機に直面した事になり
ます。

ただその内容は素晴らしく、ロック歌手の
Eric Claptonのカヴァーがヒットした
「I Shot The Sheriff」や、代表曲の
「Get Up, Stand Up」や「Burnin' And
Lootin'」、「Put It On」など、この時代の
彼らの充実ぶりがうかがわれるアルバムに
なっています。

Burnin' (The Wailers album) - Wikipedia

手に入れたのはTuff Gongからリリースされた
CDでした。

全10曲で収録時間は約39分。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Produced by Chris Blackwell and The Wailers

Recorded at Harry J. Studios, Kingston, Jamaica
Mixed at Island Studios, London

Engineered by Tony Platt and Phil Brown

Photographs by Esther Anderson
Album Design by Visualeyes

となっています。

残念ながら詳細なミュージシャンの記載は
載っていません。
ただ上に載せたWikipediaのページには
ミュージシャンの記載がありました。
それによるとPeter Toshがヴォーカルと
ギター、キーボード、Bob Marleyが
ヴォーカルとギター、Bunny Wailerが
ヴォーカルとパーカッション、Aston
'Family Man' Barrettがベース、Carlton
Barretがドラム、さらにEarl Lindoが
キーボードとなっています。
注目はキーボード(おそらくEarl Lindo)
で、今回のアルバムではうまく楽曲に彩り
を添えています。

さて今回のアルバムですが、このレゲエと
いう音楽を知らしめたのはやはりこの
Bob Marleyを中心としたThe Wailersである
事は否定が出来ません。
世界の多くの人がこのアルバムと世界デビュー
盤の「Catch A Fire」を聴いてレゲエという
音楽に興味を持ち、そして惹かれて行った
んですね。
そういう意味ではレゲエという音楽の歴史の
中で、とても重要なアルバムのひとつだと
思います。

今聴いてもBob Marleyの何かを訴えかける
ような力強いヴォーカルと、PeterとBunny
の美しいハーモニーはとても魅力的です。
彼らの脱退後Bob Marleyはそのコーラス・
ワークを補うために3人組女性コーラス・
グループI Threeを編成してバックに付ける
ようになるのですが、やはりこの男性コーラス
には重厚な魅力があり、必ずしも補いきれ
ない部分があります。
このPeterとBunnyが離れた事は、この
グループにとってかなりの痛手だったの
ではないでしょうか。

今回あらためて聴き返してみると、Bob Marley
を中心としたメッセージ性の強い「Get Up,
Stand Up」や「Burnin' And Lootin'」という
力強い代表曲も魅力的ですが、PeterとBunny
が中心になったソフトなコーラス・ワークの
「Hallelujah Time」や「Pass It On」、
「One Foundation」といった曲もすごく魅力
的で、このグループのもうひとつの顔が垣間
見えます。
この後Bobを中心としたグループはよりロック
色を強めますが、今レゲエとして聴いた時に
このグループ編成の時代が一番良かったのでは
ないかと思います。
音の幅や音楽性の広さが、Bob Marley一人に
なった後とでは明らかに違うんですね。

当時のまだレゲエの認知される以前の時代
では致し方ない事だとは思うのですが、この
時代のThe Wailersの持つソウルフルな歌唱
は他のどのコーラス・グループと較べてみても
けっして見劣りしない、素晴らしいものが
あります。

ちなみにこのアルバムは2002年刊行の本
「Roots Rock Reggae」にも紹介されている
アルバムで、そこには「智」さんという方の
文章で「精神的な目覚めをバックボーンとした
3人の毅然としたソロ・ヴォーカルが織り成す
アンサンブルの美しさ、力強さ、躍動感。その
ヴォーカル・パートと緊密に結び付いたファン
クネス溢れる、贅肉なしの引き締まってタイト
なレゲエ・リズム。」と絶賛されています。

このグループが維持できていれば、レゲエと
いう音楽はもう少しファンクな音楽に進化
していたのではないか?
そんな可能性さえ感じるアルバムです。

1曲目は「Get Up, Stand Up」です。
BobとPeter、Bunnyのオリジナルの3人を繋ぐ
名曲です。
彼らの統制の取れたコーラス・ワークから
放たれるその言葉は、あらゆる人種差別主義
者を攻撃します。
激しく美しいその音楽は、今も心を打ち続け
ます。
短いイントロでスコンと入って来るのが印象的。
BobとPeterのツイン・リード・ヴォーカルも
滅茶苦茶カッコイイです。

Bob Marley & the Wailers - Get Up, Stand Up


Get Up, Stand Up - The Wailers

2曲目は「Hallelujah Time」です。
アジテーションの効いた曲に続いて、美しい
コーラス・ワークが際立つ曲です。
リードはBunny Wailerか?
ソウルフルな歌唱が胸を打ちます。

The Wailers - Hallelujah Time


3曲目は「I Shot The Sheriff」です。
ロック歌手Eric Claptonのカヴァーが大ヒット
した曲です。
Eric Claptonはブルースやこの曲などで人気
になるのですが、後に人種差別発言をして
あの「ロック・アゲインス・レイシズム」の
運動の引き金になった人なんですね(苦笑)。
この70年代当時はそうした白人優位の社会
だったんですね。

そうした時代背景から生まれたこの曲は、
(白人の)シェリフJohn Brownが(黒人の)
俺を憎んでいて、町を出て行こうとした時に
俺を撃とうとしたので俺は撃ったという内容
の歌なんですね。
この歌には当時の黒人の差別に対する、やり
切れない思いが歌われています。

そんな歌を歌ったEric Claptonが人種差別発言
をした事は、当時としてはかなりの「事件」
だったんですね。

ファルセット気味のコーラス・ワーク、淡々
と流し気味に歌うBob Marleyのヴォーカルが、
彼の怒りをかえって際立たせています。
クールに入るオルガンのメロディがすごく
カッコいいです。

I Shot The Sheriff(アイ・ショット・ザ・シェリフ) - Bob Marley

4曲目は「Burnin' And Lootin'」です。
こちらもクールなオルガンから刻むギター、
ルーズなBob Marleyのヴォーカル、コーラス・
ワークも入り徐々に盛り上がって行く曲です。
「焼き討ちと強奪」というタイトルからも
解るように、この時代の悪を告発する
Bob Marleyのヴォーカルには凄味さえ感じる
力強さがあります。

Bob Marley & the Wailers - Burnin' And Lootin'


5曲目は「Put It On」です。
この曲は彼らがスカの時代から歌っている、
代表曲のひとつです。
スカの時代から変わらないコーラス・ワーク
と、しっかりしたリズムがこの時代の彼らの
武器です。

6曲目は「Small Axe」です。
こちらも彼らがすでにロックステディの時代
から歌っていた曲です。
お前が大木なら俺をそれを切り倒す小さな斧、
そう歌うこの曲にはけっして権力に屈しない
意思が刻まれています。

7曲目は「Pass It On」です。
こちらもBunny Wailerの歌声か?
透き通った歌声に、コーラス・ワークが
素晴らしい1曲です。
ある意味Bob Marleyだけでは作れないこう
した曲が入っているのも、今回のアルバム
の魅力です。

Bob Marley & the Wailers - Pass It On


8曲目は「Duppy Conqueror」です。
オルガンのメロディに乗せた、こちらも
ソフトなヴォーカルが魅力の曲です。
「プルルルルルル…」というちょっと面白い
コーラス・ワークが印象的。
重厚なコーラスに歯切れの良いリズムが、
良いグルーヴ感を醸し出しています。

9曲目は「One Foundation」です。
こちらも美しいコーラスに乗せたPeter Toshの
よく通るヴォーカルが魅力の曲です。
ソウルフルなコーラス・ワークもとても良い
です。

The Wailers - One Foundation


10曲目は「Rasta Man Chant」です。
最後の1曲はナイヤビンギのリズムの曲です。
パーカッションの効いた演奏に女性コーラス、
それに乗せて心地良さそうに歌うBob Marley
のヴォーカルも魅力的。
レゲエならでは表現であるナイヤビンギの
魅力を伝える1曲です。

Bob Marley & the Wailers - Rastaman Chant


ざっと追いかけて来ましたが、このアルバム
までのThe Wailersはスカの時代から続く
BobとPeter、Bunnyを中心としたコーラス・
グループという色彩が強く、そのコーラスを
中心とした演奏を重視しています。
その為Barrett兄弟のリズム隊は比較的抑え目
の演奏で、むしろEarl Lindoの浮遊感のある
オルガンが目立つ印象です。
あくまで楽器の演奏の出来るコーラス・
グループというスタンスなんですね。
このあたりをレコード会社がうまく評価して
もらえなかった事などから、PeterとBunnyが
脱退したという事なのかもしれません。

ただそのコーラス・ワークは後の多くの
コーラス・グループと較べても、全く遜色
ない、むしろ上回っているレベルなんです
ね。
むしろこのグループがそのまま続いていれば
どんなファンキーで素晴らしいサウンドを
聴かせてくれたか…、そう考えるととても
残念な気がします。

ただ現実的に考えると、時代がまだ彼らの
音楽を完全に理解するまでには成熟して
いなかったんですね。
この時代はすでにソウルなども聴かれては
いたけれど、まだヒット・チャートは白人が
中心で黒人のこうした音楽が認められている
とは言い難い状況だったんですね。
彼らが「白人の解る音楽を」と要求された
のは、致し方無かった側面もあります。

ただある程度の妥協を強いられたとしても、
彼らThe Wailersがそうした時代に風穴を開け、
世界の音楽を変えて行ったのもまた事実なん
ですね。
その後Bob Marleyはこのアルバム以前よりも
ロック色の強いレゲエを作るようになります
が、その努力により今日レゲエが世界の音楽
になったのは否定できない事実です。

そしてBobのメッセージは今も生きています。

起き上がれ、起ち上がれ
権利の為に起ち上がれ
起き上がれ、起ち上がれ
戦う事をけっして諦めるな

「Get Up, Stand Up」に込められたこの
メッセージは、今も多くの人を鼓舞し続けて
います。
そしてこの歌は離れ離れになった、Bobと
Peter、Bunnyの魂をつなぐ歌です。

彼らの魂が刻まれたこのアルバムは、今も
レゲエの宝物であることは間違いがありま
せん。

♫ BOB MARLEY & THE WAILERS Live 1973 - Get up Stand up



○アーティスト: The Wailers
○アルバム: Burnin'
○レーベル: Tuff Gong
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1973

○The Wailers「Burnin'」曲目
1. Get Up, Stand Up
2. Hallelujah Time
3. I Shot The Sheriff
4. Burnin' And Lootin'
5. Put It On
6. Small Axe
7. Pass It On
8. Duppy Conqueror
9. One Foundation
10. Rasta Man Chant