今回はBarrington Levyのアルバム

barrington_levy_08a

「Here I Come」です。

Barrington Levyは80年代のダンス
ホール・レゲエで活躍したシンガーです。

70年代にルーツ・レゲエで世界的に認知
されたレゲエは、80年代になるとさらに
新しい音楽と、Bob Marleyに変わる新しい
スターを求められるようになります。
そうした時代の要求に答えて誕生したのが
ダンスホール・レゲエであり、それをけん引
したのがVolcanoレーベルのHenry 'JunJo'
Lawesで、彼はバック・バンドにRoots Radics、
ミックスにScientistなどを起用して新しい
音楽ダンスホール・レゲエを生み出していき
ます。
そのダンスホールのシンガーとしてHenry
'JunJo' Lawesが目を付けたのが、まだ
若かったBarrington Levyだったんですね。

Henry 'JunJo' Lawesの元からデビュー・
アルバム「Englishman」を出した彼は、
独特の高音の「カナリア・ヴォイス」を武器
に、瞬く間にダンスホール・レゲエのスター
へと登りつめて行くんですね。

アーティスト特集 Barrington Levy (バーリントン・リーヴィ)

barrington_levy_05a
Barrington Levy - Englishman (1979)

今回のアルバムは1985年にPaul Love
(別名Jah Screw)のレーベルTime Oneから
リリースされたアルバムです。
彼の83年のヒット曲「Here I Come」と
「Under Me Sensi」など、代表曲が多く収め
られたアルバムになっています。

レーベル特集 Time One (タイム・ワン)

手に入れたのはGreensleevesから出ている
中古盤でした。

ちなみに「Here I Come」 というタイトルの
アルバムはもう1枚あり、そちらは2004年
にSpectrum Musicというところから出された、
Barrington Levyの1985年から95年まで
の彼の代表曲を集めたバスト盤です。

barrington_levy_03a
Barrington Levy - Here I Come (2004)

全12曲で収録時間は46分34秒。
オリジナルは10曲で曲順も変わっている
ようです。
5曲目「Real Thing」と7曲目「Struggler」
が、後から追加された2曲のようです。

ミュージシャンについては以下の記述があり
ます。

Produced by P. Love (Jah Screw)
All Tracks Laid by Jah Screw & B. Levy
Recorded at Channel One
Mixed at Easy St. Jah Screw & Geoff
Backed by Roots Radics & The Time All-Stars

Players:
Bass: Flabba Holt, Professor Larry
Drums: Style Scott, Ken, Jah Bunny
Rhythm Guitar: Tony, Stanley
Lead Guitar: Bingy Bunny
Percussion: Jah Screw
Keyboards: Bubbler, Michael
Hornes: Dean Fraser, Tan Tan

となっています。

プロデュースはTime OneレーベルのP. Love
(Jah Screw)で、バックはRoots Radicsと
The Time All-Starsが担当しています。
おそらくThe Time All-Starsとしての参加だと
思いますが、ドラムのJah BunnyはUKの
レゲエ・バンドMatumbiのドラマーとして知ら
れる人です。

さて今回のアルバムですが、Roots Radicsと
Barrington Levyという組み合わせというと、
あのHenry 'JunJo' Lawesの元で聴かれた
Roots Radicsの独特のアーリー・ダンスホール
のワン・ドロップというイメージですが、
このアルバムの発売が85年とデジタルの
ダンスホール・レゲエへの移行期のアルバム
という事もあって、リズムはもう少し激し目
な感じです。
この辺はプロデューサーのPaul Loveの好みも
多少反映しているのかもしれません。

ただダンスホール・レゲエという特徴は
ちょっと抑え気味ですが、激し目な曲から
スローなバラードまで歌手Barrington Levy
の魅力はうまく出たアルバムになっている
気がしました。
代表曲「Here I Come」と「Under Me Sensi」
のほか、バラード調の「Vibes Is Right」や
「Cool And Loving」、Joya Landisのヒット
曲のカヴァー「Moonlight Lover」など、
佳曲が多く聴きどころの多いアルバムに
なっています。

1曲目は表題曲の「Here I Come」です。
リディムはDennis Brownの「Revolution」
です。
「子供が欲しいっていうから彼女の家に行った
のに、2か月後もうあなたの子供はいらないと
言われた」という、かなり露骨なラヴ・ソング
です。
レゲエはダンスホールの時代になって、徐々に
スラックネス(下ネタ)やガン・トーク(暴力
的な内容のもの)の時代になって行くのですが、
この歌詞にはかなりスラックネスの要素が見ら
れるようです。

BARRINGTON LEVY - HERE I COME (ORIGINAL)


バーリントン・リーヴィ(Barrington Levy) - Here I Come - 1983

リズム特集 Revolution/Here I Come (レヴォリューション/ヒア・アイ・カム)

2曲目は「Do The Dance」です。
こちらはリズミカルな1曲。

3曲目は「Under Me Sensi」です。
リディムはBert Kaempfertの「African Beat」
です。
83年の曲ですがすでにWayne Smithの
「Under Me Sleng Teng」に通じるような
要素が見られる曲です。
曲はタイトルから解るように明らかな
「ガンジャ賛歌」です。

barrington levy - under mi sensi


リズム特集 African Beat/Under Mi Sensi (アフリカン・ビート/アンダー・ミ・センシ)

4曲目は「Vibes Is Right」です。
今回のアルバムの隠れ名曲です。
Dean Fraserと思われるサックスが良い味を
出している、ピアノのメロディに乗せた
Barrington Levyのヴォーカルがグッと来る
バラード・ナンバー。

Barrington Levy - Vibes Is Right (Here I Come)


5曲目は「Real Thing」です。
こちらはちょっとソウルフルなナンバーです。

6曲目は「Cool And Loving」です。
こちらはアーリー・レゲエを思わせる、ズシッ
と来るワンドロップが魅力の1曲。
スローなナンバーにBarrington Levyの
カナリア・ヴォイスが冴えます。

Barrington Levy - Cool and loving


7曲目は「Struggler」です。
こちらはオールドなロックン・ロールのノリ
の曲です。

8曲目は「Live Good」です。
リディムはBob Andyの「Unchained」です。
ビタビタとしたワン・ドロップとBarrington
Levyのカナリア・ヴォイスがうまくマッチした
1曲。

Barrington Levy - Live Good 1985


9曲目は「Moonlight Lover」です。
タイトルから解るように、Joya Landisの
ヒット曲「Moonlight Lover」のカヴァー。

Barrington Levy - Moonlight Lover ... Lovers Rock Reggae


リズム特集 Moonlight Lover (ムーンライト・ラバー)

10曲目は「A Ya We Deh」です。
こちらはピアノのメロディに乗せた1曲。

11曲目は「Give Me Your Love」です。
こちらはTan Tanと思われるトランペットが
イイ味を出している曲です。

12曲目は「Don't Run Away」です。
こちらはシンセと思われるメロディが印象的
な曲です。

ざっと追いかけて来ましたが、かなり曲の
ヴァラエティを意識した、Barrington Levy
という歌手の魅力をうまく引き出したアルバム
だと思います。
ただその分レゲエというテイストは幾分薄目。
そのあたりは多少好みの分かれるアルバム
かもしれません。

レゲエレコード・コムの「レーベル特集
Time One」の記述などを見ると、この
Time OneのPaul Loveのプロデュースを
きっかけに、Barrington Levyは世界的な
アーティストに成長して行ったとの事です。
そういう意味ではとても良い出会いだったの
かもしれません。

この80年代半ば頃からレゲエという音楽
は、それまでのルーツ・レゲエとは思想も
曲調もまったく違う音楽へと劇的に変わって
行くんですね。
そうしたレゲエの中で常にトップを走り
続けた人のひとりが、このBarrington Levy
だったんですね。

機会があれば聴いてみてください。


○アーティスト: Barrington Levy
○アルバム: Here I Come (1985)
○レーベル: Greensleeves
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1985

○Barrington Levy「Here I Come」曲目
1. Here I Come
2. Do The Dance
3. Under Me Sensi
4. Vibes Is Right
5. Real Thing
6. Cool And Loving
7. Struggler
8. Live Good
9. Moonlight Lover
10. A Ya We Deh
11. Give Me Your Love
12. Don't Run Away

●今までアップしたBarrington Levy関連の記事
〇Barrington Levy「Englishman」
〇Barrington Levy「Here I Come」(ベスト盤)
〇Barrington Levy「Poorman Style」
〇Barrington Levy「Prison Oval Rock」
〇Barrington Levy「Robin Hood」
〇Barrington Levy「Shaolin Temple」
〇Scientist「Jah Life In Dub」