今回はVarious(オムニバス)もののアルバム

stalag_01a

「Original Stalag 17-18 And 19」です。

今回はTechniquesレーベルの定番リディム
「Stalag」を集めた1984年に発売された
ワンウェイ・アルバムです。
ワンウェイ・アルバムとはヒットした同じ
リディムの曲だけを集めたアルバムで、レゲエ
の世界では80年代以降こうしたワンウェイ・
アルバムがよく作られるようになるんですね。

今回はWinston Rileyが率いるTechniques
レーベルの定番リディム「Stalag」の曲を
集めたワンウェイ・アルバムです。
このTechniquesレーベルは、ロックステディの
時代にSlim Smithが在籍した事で知られる
コーラス・グループThe Techniquesのリーダー
だったWinston Rileyが起こしたレーベルで、
地味ながら70年代頃から活躍するレーベル
だったんですね。
それが70年代のルーツ・レゲエが終わった
80年代頃から、この「Stalag」リディムなど
を武器に、その80年代頃から流行り始めた
ダンスホール・レゲエで一躍トップ・レーベル
へと登りつめて行くんですね。

レーベル特集 Techniques (テクニクス)

ちなみに「Stalag」のオリジナルは1974年
に、キーボード奏者のAnsel Collinsのリリース
したインスト曲「Stalag 17」なんだそうです。

リズム特集 Stalag (スタラグ)

ちなみにこの「Stalag」とはドイツの捕虜収容所
の事なんだそうで、Techniquesというレーベルは
このリディムをTenor SawやYami Boloという人気
シンガーに歌わせて、人気リディムへと育てたん
ですね。
そうした元々あったリディムなどをうまく再生
して、ダンスホール・レゲエを盛り上げたのが
このレーベルなんですね。

全14曲で収録時間は46分00秒。
オリジナルは全10曲で、それにCDボーナス・
トラックとして4曲がプラスされています。

詳細なミュージシャンの表記はありません。

Produced and Arranged: Winston Riley
Album Design: Limonious
Recorded and Mixed at Channel One Recording Studio and Dynamic Sounds
Mixed by Michael Riley and Sojie
Distributed by Techniques Records

という記述があります。

捕虜収容所で踊る囚人と看守の印象的なイラスト
は、Limoniousのいう人(会社?)の作品のよう
です。

収められているアーティストはTenor Saw、
Admiral Tibet、Little Kirk、Little John、
Lloyd Hemmings、Sugar Minott、Yammie Bolo、
Michael Prophet、Brigadier Jerry、Techniques
All Stars、さらにボーナス・トラックとして
Ian Sweetness、Doctor Nuts、Nardo Ranks、
Super Beagleが収められています。
オリジナル以上にヒットしたTenor Sawの
「Ring The Alarm」なども収められた「Stalag」
リディムの決定盤ともいえるアルバムです。

さて今回のアルバムですが、Tenor Sawの
「Ring The Alarm」の他にも、Sugar Minott
やYammie Boloなどの曲も収められたアルバム
で、ワンウェイ・アルバムとしては文句なし
の内容だと思います。

こうしたワンウェイ・アルバムというのは
ヒットした曲のメロディに魅力があり、その
リディムを多くのシンガーがカヴァーする事
で出来るわけですが、この「Stalag」は元の
曲がインスト・ナンバーという事で、かなり
スキの無いよく出来たメロディなんですね。
そのメロディに歌手がそれぞれのリリックを
盛って行く、それこそがいかにもレゲエと
いう世界観なんですね。

70年代のルーツ・レゲエの時代に作られた曲
ですが、ちょっとスローなリズムに80年代の
ダンスホールらしいセクシーな要素を盛り込ん
だ事が、このリディムをヒット・リディムに
変えた秘密なんじゃないかと思います。
今聴いてもアーリー・ダンスホールを感じさせる
魅力的なリディムなんですね。
歌手それぞれの違いが味わえるのも、こうした
アルバムの魅力です。

1曲目はTenor Sawの「Ring The Alarm」です。
「Stalag」の中でも極め付きの1曲がこれ。
Tenor Sawの代表曲中の代表曲です。
危険な香りが漂う、夭折のシンガーの超名曲
です。

Tenor Saw - Ring The Alarm WITH LYRICS HD 1080p [ HIGH QUALITY SOUND ]


2曲目はAdmiral Tibetの「Trouble To A Man」
です。
こちらは80年代から90年代に活躍した
コンシャスな名シンガーの1曲です。

Admiral Tibet - A Trouble To A Man


3曲目はLittle Kirkの「What's Love Got To
Do」です。
Little Kirkは80年代から90年代に活躍した
シンガーのようです。
この歌を歌っている頃は、声がまだ子供のよう
です。
ただ歌のウマさはなかなか。

LITTLE KIRK WHAT LOVE GOT TO DO WITH IT (STALAG RIDDIM)


4曲目はLittle Johnの「Look What You Have
Done」です。
Little Johnも80年代から90年代にかけて
大活躍したシンガーです。
彼も子供頃から歌っているシンガーですが、
独特の鼻にかかった歌い方が特徴的。
ファルセットも入ったなかなか魅力的な曲です。

5曲目はLloyd Hemmingsの「Ragamufin Soldier」
です。
Lloyd Hemmingsも80年代から90年代に活躍
したシンガーで、メロディカ奏者のAugustus
Pabloの元からもアルバムを出している人です。
いかにもアーリー・ダンスホールを感じる、
セクシーな1曲。

Lloyd Hemmings Raggamufin Soldier


6曲目はSugar Minottの「Jah Jah Rule」です。
こちらはレゲエの「兄貴」Sugar Minottの1曲。
歌のウマさは抜けたものがあります。

Sugar Minott Jah Jah Rule


7曲目はYammie Boloの「When A Man In Love」
です。
こちらも80年代から90年代に活躍した
シンガーです。
Augustus Pabloに可愛がられた事でも知られて
います。
この曲を歌った時にはまだ子供の声が残って
います。

Yami Bolo - When a Man's in Love


8曲目はMichael Prophetの「Room Full」です。
こちらも80年代から活躍するシンガーで、
Yabby You子飼いのシンガーとしても知られる
人です。
高音の魅力が生きた、ちょっとセクシーな曲。

9曲目はBrigadier Jerryの「What Kind Of
World」です。
80年代から常にコンシャスなメッセージを
発し続けるディージェイの1曲。

Brigadier Jerry What kind of world


10曲目はTechniques All Starsの「Stalag 17」
です。
こちらはインスト・ナンバーです。
ほぼオリジナルに近いものか?

Stalag 17 - The Techniques All Stars


11~14曲目まではCDボーナス・トラック
です。

11曲目はIan Sweetnessの「Ebony Eyes」
です。
男性のセクシーなヴォーカル。

12曲目はDoctor Nutsの「Crazy Glue」です。
ちょっとダブワイズした演奏に乗せたトース
ティングといった感じの曲です。

13曲目はNardo Ranksの「Skin Out」です。
こちらは合いの手が入るトースティングで、
ちょっとコミカルな味わいの曲です。

14曲目はSuper Beagleの「Just A Sound
Boy」です。
こちらはトースティングとヴォーカルが入った
曲です。

ざっと追いかけて来ましたが、独特のスローな
リズムに乗せたちょっとセクシーな空気感が、
このリディムが80年代のダンスホール・レゲエ
出会いされた秘密でしょう。
ダンスホールのような踊りの「現場」では、
かかれば絶対に盛り上がる、そうした「必殺」
の1曲がこの「Stalag」だったんだと思います。

音楽の聴き方がこの80年代になると明らかに
変わって、こうした「現場主義」の曲がリスナー
に評価されたんだと思います。
思想性よりも快楽性、そうした嗜好の転換が
あったのがこのアーリー・ダンスホールの時代
だったんですね。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Various
○アルバム: Original Stalag 17-18 And 19
○レーベル: Vif!, Virgin
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1984

○Various「Original Stalag 17-18 And 19」曲目
1. Ring The Alarm – Tenor Saw
2. Trouble To A Man – Admiral Tibet
3. What's Love Got To Do – Little Kirk
4. Look What You Have Done – Little John
5. Ragamufin Soldier – Lloyd Hemmings
6. Jah Jah Rule – Sugar Minott
7. When A Man In Love – Yammie Bolo
8. Room Full – Michael Prophet
9. What Kind Of World – Brigadier Jerry
10. Stalag 17 – Techniques All Stars
(Bonus Trakcs)
11. Ebony Eyes – Ian Sweetness
12. Crazy Glue – Doctor Nuts
13. Skin Out – Nardo Ranks
14. Just A Sound Boy – Super Beagle