今回はMad Professorのアルバム

mad_professor_16a

「Anti-Racist Dub Broadcast: Black Liberation
Dub Chapter Two」です。

Mad Professorは80年代からイギリスの自分
のスタジオAriwaを拠点に活動を続けるプロ
デューサーであり、ダブのクリエイターである
人です。
プロデューサーとしてはSandra Crossなど多く
のラヴァーズロック・レゲエのアーティストの
プロデュースや、Massive AttackやJamiroquai
など他ジャンルのアーティストのプロデュース
まで幅広いジャンルのアーティストをプロデュー
スしています。
また「Dub Me Crazy」シリーズや今回取り
上げた「Black Liberation Dub」シリーズなど
の数多くのダブを作った事でもよく知られて
います。

mad_professor_02a
Mad Professor - Dub Me Crazy (1982)

レーベル特集 Ariwa (アリワ)

今回のアルバムは1994年の作品です。
彼の一番の代表作「Dub Me Crazy」シリーズは
第1作が82年に作られており、その後93年に
第12作まで作られています。
その後に始まったシリーズがこの「Black
Liberation Dub」シリーズなんですね。
このアルバムはその「Black Liberation Dub」
シリーズの第2作目で、第1作と同年に作られ
ています。
このシリーズはその後98年の「Afrocentric
Dub: Black Liberation Dub Chapter 5」まで
5作が作られているようです。

mad_professor_12a
Mad Professor ‎– Black Liberation Dub (1994)

mad_professor_03a
Mad Professor ‎– Afrocentric Dub: Black Liberation Dub Chapter 5 (1998)

「Black Liberation Dub」シリーズの特徴は、
それまでの「Dub Me Crazy」シリーズなどでは
黒人問題や政治的な問題には冷笑的なスタンス
で距離を置いているように見えたMad Professor
が、「黒人解放ダブ」というかなり人種差別
などを意識したタイトルを付けるようになった
事です。
今回もその「Chapter Two」として「反人種
差別主義者のダブ放送」という副題が付いて
います。

アフリカのガイアナ出身のMad Professorは
もともとはレコード・コレクターで、King
TubbyやLee Perryのダブが好きで自分で
スタジオを作り、音楽を始めたという人
なんですよね。
もともとはそうしたジャマイカのルーツ・
レゲエの時代の音楽に影響を受けてUKに
スタジオを構えて制作を始めた彼ですが、
初めの頃はルーツ・レゲエのアルバムも
出していたものの、その後はラヴァーズとか
他ジャンルの音楽などあまり政治色の強くない
アルバムを多くリリースしているんですね。

ところがプロテスト色の強かったルーツの時代
からだいぶ経ったこの時代になって、こうした
差別問題を意識したタイトルを付け始めるん
ですね。
そのあたりは彼が実際に差別を受けたとか、
何か心境の変化を感じることがあったので
しょうか?
理由は解りませんが、それまでの冷笑的な
スタンスからより積極的なスタンスに変わった
事は間違いがないようです。

全12曲で収録時間は50分19秒。

ミュージシャンについては以下の記述があります。

Produced & Mixed by Mad Professor
Recorded & Mixed at Ariwa Studios

Drums: Drumtan Ward, Robotiks, Mad Professor
Bass: Preacher, William The Conqueror
Keyboards: Victor Cross, William
Guitars: Black Steel
Hornes: Rico, Bammie
Vocals: Pepe, Shaloma,
Featuring Voice Of Jesse Jackson

Design, Illustration: Cracker Brukout

となっています。

さて今回のアルバムですが、この「Black
Liberation Dub」シリーズになると「Dub Me
Crazy」シリーズよりも、より積極的でより
攻撃的なサウンドを作っている印象があります。
アルバムのタイトルだけでなく、作る音楽の
内容も微妙に変わっているんですね。
やはりそういう事が出来るのもこのMad
Professorという人の音楽性の豊かさがあるから
で、「Dub Me Crazy」シリーズや「Black
Liberation Dub」シリーズといったダブを
発表し続けていても、彼のダブのイメージは
枯れるという事は無いんですね。
こうしたジャマイカのダブとは全く違うダブを
生み出し続けた事、それがこのMad Professor
という人のスゴさであり、魅力だと思います。

1曲目は「The Anti-Racist Dub Broadcast」
です。
短い語りが入り激しいホーンのイントロから
ちょっとJazzyなホーンのメロディとパーカッ
ションを中心としたクールなダブです。
今回のアルバムはこうした攻撃的だけれど
クールなダブが多く収められています。

Mad Professor - Anti-Racist Broadcast


2曲目は「Dangerous Escapades Of Dub」
です。
緊張感のあるけれどユッタリとしたピアノの
メロディで構成されている曲です。

3曲目は「King Jimmy's Dub」です。
King Jimmyのようなダブという事なんでしょう
か?
ホーンを中心としたメロディアスでリズミック
なダブです。

4曲目は「Basking In Colonialism」です。
演説の声から入るダブです。
シンセか何かのリズミックな演奏に乗せたダブ
です。

5曲目は「Petty Bougeois Dub」です。
いかにもMad Professorらしいユーモラスな空気感
を持ったダブです。

6曲目は「Pandora's Box」です。
こちらは勢いの良いホーンがら始まるダブです。
リズミカルなパーカッションとホーンの調べが
独特の独特のクールな世界を作り上げています。

Mad Professor - Pandora's Box


7曲目は「Battle Of Ciskei」です。
ビタビタしたパーカッションを中心とした曲
です。
ホーンやピアノなどがうまく曲にメリハリの
効いたメロディを付けています。

8曲目は「Buthelezi Trump Card」です。
ホーンのイントロからシンセを中心とした曲
です。
途切れかけたような面白いエフェクトがうまく
アクセントになっています。

9曲目は「The Lion's Domain」です。
こちらはメロディアスなホーンとパーカッション
という組み合わせ。
ホーンが情感を、パーカッションがスピード感を
うまく付けています。

10曲目は「Rough Rough Dub」です。
こちらも演説が初めに入る、甲高いシンセの
サウンドを中心とした独特の情感があるダブ
です。

Rough Rough Dub


11曲目は「Legacy Of Mussolini」です。
こちらもシンセを中心としたダブ。
うまく入って来るホーンが情感をプラスして
います。

12曲目は「Ethnic Cleansing Dub」です。
心地良いパーカッションから、甲高いシンセの
メロディを使った独特の情感のあるダブです。

ざっと追いかけて来ましたが、パーカッションや
ホーンの使い方でうまく攻撃的なサウンドを演出
しています。
こうした音の使い方ひとつでウマく感情表現が
出来るところが、Mad Professorの凄さなのかも
しれません。

機会があればぜひ聴いてみてください。


○アーティスト: Mad Professor
○アルバム: Anti-Racist Dub Broadcast:
Black Liberation Dub Chapter Two
○レーベル: Ariwa
○フォーマット: CD
○オリジナル・アルバム制作年: 1994

○Mad Professor「Anti-Racist Dub Broadcast:
Black Liberation Dub Chapter Two」曲目
1. The Anti-Racist Dub Broadcast
2. Dangerous Escapades Of Dub
3. King Jimmy's Dub
4. Basking In Colonialism
5. Petty Bougeois Dub
6. Pandora's Box
7. Battle Of Ciskei
8. Buthelezi Trump Card
9. The Lion's Domain
10. Rough Rough Dub
11. Legacy Of Mussolini
12. Ethnic Cleansing Dub